徹底比較: DJI Zenmuse X4S vs UMAX UMX-700W/32G (2018)

2023-05-21 00:59:46

DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
総合評価:

71.4/100

(総合順位: 9/4975)

71.7/100

(総合順位: 8/4975)

本体重量
56/100
94/100
動画解像度
74/100
50/100
最小F値
50/100
71/100

スペック

DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
DJI Zenmuse X4SUMAX UMX-700W/32G (2018)
基本情報
本体サイズ - 横:66mm、縦:42mm、厚さ:29mm
本体重量253g70g
ブラックブラック
堅牢性
耐水深度 - 1m
防水対応 -
ストレージ
ストレージ容量 - 32GB
最長撮影時間 - 300時間
対応外部ストレージmicroSD/microSDHC/microSDXC内蔵メモリー
撮影性能
総画素数2000万画素 -
撮像素子サイズ1型 -
イメージセンサーの大きさ1型 -
4K対応×
静止画解像度5472x3078 -
静止画解像度5472x3078 -
動画解像度4096x21601920x1080
動画解像度4096x21601920x1080
撮影明度
最小F値f/2.8f/2
撮影モード
夜間で撮影機能 -
レンズ
最短焦点距離24mm -
保存形式
データの保存形式JPEG/DNGJPEG
通信規格
Wi-Fi対応 -

類似のカメラを探す

他のカメラと比較

価格を見る

類似のカメラを探す

他のカメラと比較

価格を見る

比較レビュー

撮影性能

動画解像度

動画解像度という側面において比べた場合、DJI Zenmuse X4Sは4096x2160となります。一方でUMAX UMX-700W/32G (2018)は1920x1080となります。DJI Zenmuse X4SとUMAX UMX-700W/32G (2018)は相当の隔たりが存在します。動画解像度をみるとUMAX UMX-700W/32G (2018)に比べてDJI Zenmuse X4Sは断然高いことがわかります。動画解像度が高いカメラは、色彩やコントラストの豊かさが特徴であり、臨場感あふれる映像が撮影できます。

スポーツの試合やライブイベントなど、一度きりの瞬間を記録する場合にも、動画解像度が高いカメラは威力を発揮します。映像のズームアップやスローモーションなどの編集が容易になるため、驚くような瞬間を余すことなく表現することができます。

UMAX UMX-700W/32G (2018)の動画解像度のほうがDJI Zenmuse X4Sに比べて感覚的にいって、ずば抜けて劣っています。DJI Zenmuse X4Sは強力な選択肢にあがると言えます。動画解像度は、判断する上で欠かせない意味合いを持つと思います。

動画解像度評価
DJI Zenmuse X4S
4096x216074/100
UMAX UMX-700W/32G (2018)
1920x108050/100

撮影明度

最小F値

DJI Zenmuse X4SとUMAX UMX-700W/32G (2018)の最小F値について比べるとDJI Zenmuse X4Sはf/2.8となっているのに対してUMAX UMX-700W/32G (2018)はf/2というデータです。DJI Zenmuse X4Sの方が最小F値が極端に大きいと言え、f/0.7もの遥かに異なる程の違いがDJI Zenmuse X4SとUMAX UMX-700W/32G (2018)に存在します。最小F値が小さいカメラは、背景をボケさせることができ、被写体を際立たせることができます。

最小F値が小さいカメラのメリット最小F値が小さいカメラには、被写体の背景をぼかすことができるため、ポートレート写真など人物を中心に撮影する際に非常に優れています。また、光量が少ない場所でも撮影ができるため、夜景写真や屋内での撮影にも適しています。最小F値が小さいカメラを使用することで、より美しい写真を撮ることができます。

DJI Zenmuse X4Sの最小F値よりUMAX UMX-700W/32G (2018)は体感的に、かなり抜きん出ています。このため、最小F値を重要視するのなら、UMAX UMX-700W/32G (2018)にした方が良いということができそうです。そうでなくともDJI Zenmuse X4Sに決めるべきではない大きなポイントの一つといえそうです。

最小F値評価
DJI Zenmuse X4S
f/2.850/100
UMAX UMX-700W/32G (2018)
f/271/100

基本情報

本体重量

DJI Zenmuse X4Sの本体重量は253gというデータとなっており、UMAX UMX-700W/32G (2018)の本体重量は70gというデータとなっています。DJI Zenmuse X4Sは本体重量は際立って重いと言え183gもの大幅な差がDJI Zenmuse X4SとUMAX UMX-700W/32G (2018)にあります。本体重量が軽いカメラは、片手での撮影も容易で、操作性が向上するため、瞬間的なショットも逃しません。

本体重量が軽いカメラのメリットは数多くあります。まず、持ち運びが簡単であることが挙げられます。そのため、旅行やアウトドアなどでの撮影に適しています。また、重いカメラは長時間持ち上げていると疲れがたまりますが、軽いカメラはそれほど疲れずに撮影ができます。さらに、手ブレを防止するための三脚の使用が必要な場合でも、軽いカメラであれば持ち運びが容易で、使用も楽になります。

実用上の側面で言えば本体重量に関してDJI Zenmuse X4SはUMAX UMX-700W/32G (2018)に比べて微妙と感じられるでしょう。UMAX UMX-700W/32G (2018)とDJI Zenmuse X4Sについて相当な差異があると言えます。DJI Zenmuse X4Sに決めない上での重要な材料の一つと言えそうです。本体重量で比較することで、最適な決定につながるでしょう。

本体重量評価
DJI Zenmuse X4S
253g56/100
UMAX UMX-700W/32G (2018)
70g94/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

カメラランキング

カテゴリ一覧