LEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillのどっちを買うべき?機能やスペック・性能の違いや差を徹底比較

LEICA C Typ 112SIGMA DP1 Merrill
LEICA C Typ 112SIGMA DP1 Merrill

LEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillについてみんなの関心度が高い順に両者の違いを分かりやすく比較しました。ポイント別に点数化しているため、誰でも簡単にLEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillのどちらがいいのかがすぐにわかります。

LEICA C Typ 112SIGMA DP1 Merrill
LEICA C Typ 112

比較する製品を変更する

SIGMA DP1 Merrill

比較する製品を変更する

総合評価:

62.8/100

(総合: - 位)

53.8/100

(総合: - 位)

写真の綺麗さ
37/100
97/100
シャッターチャンス
- /100
- /100
機能の豊富さ
- /100
- /100
扱いやすさ
71/100
- /100

LEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillを徹底比較する

写真の綺麗さについてLEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillを比較

LEICA C Typ 112の静止画有効画素数は1210万画素で、SIGMA DP1 Merrillは4600万画素です。LEICA C Typ 112のイメージセンサーは1/1.7型で、SIGMA DP1 MerrillはAPS-Cです。

夜空や旅行先などで風景を綺麗に撮影するのに向いているかどうかという点で静止画有効画素数を見てみると、SIGMA DP1 Merrillの方がLEICA C Typ 112よりもすごく適しています。影や色合いを細部まで表現できるというメリットがあり、かなり大きい違いがあります。そこそこ綺麗に撮影出来ればいいと考えているときは圧倒的にSIGMA DP1 Merrillの方がおすすめです。

綺麗な写真を撮影する人に適しているかどうかという観点でイメージセンサーを比べてみると、SIGMA DP1 Merrillの方がLEICA C Typ 112よりやや適しています。細部の描画データを失いにくく、写真にノイズが入りにくいという利点があり、差は比較的大きいです。

写真の綺麗さ
LEICA C Typ 112 - /100
SIGMA DP1 Merrill - /100

シャッターチャンスについてLEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillを比較

LEICA C Typ 112の最小F値は2で、SIGMA DP1 Merrillは2.8です。

シャッタースピードを早めに設定したり暗い場所で撮影しようと考えている人に向いているかどうかの観点で最小F値を比べてみると、LEICA C Typ 112はSIGMA DP1 Merrillよりかなり向いています。適正露出に必要な光を一瞬で取り込めるという利点があり、違いはかなりはっきりとわかるくらいです。

シャッターチャンス
LEICA C Typ 112 - /100
SIGMA DP1 Merrill - /100

撮影可能な写真種別についてLEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillを比較

LEICA C Typ 112の最小F値は2で、SIGMA DP1 Merrillは2.8です。LEICA C Typ 112の最大F値は5.9で、SIGMA DP1 Merrillは2.8です。LEICA C Typ 112の最短焦点距離は28cmで、SIGMA DP1 Merrillは28cmです。

風景全体をくっきりと撮影する場合にはLEICA C Typ 112の最大F値の方がSIGMA DP1 Merrillよりもとても優れています。被写界深度が深く広範囲に対してピントが合うため、背景までくっきり写すことができる。というメリットがあり、違いはかなり大きいです。

どちらの最短焦点距離も室内で集合写真を撮影するなど被写体と距離を取らずに広い範囲を撮影するといった場合だとほぼ同程度です。ほとんど差はありません。

撮影可能な写真種別
LEICA C Typ 112 - /100
SIGMA DP1 Merrill - /100

使いやすさについてLEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillを比較

LEICA C Typ 112のサイズは縦:63.0mm、横:103.0mm、幅:28.0mmで、SIGMA DP1 Merrillは縦:66.7mm、横:121.5mm、幅:64.3mmです。

いつもカメラを持ち運ぶことをする場合にはSIGMA DP1 MerrillのサイズよりもSIGMA DP1 Merrillのサイズの方が非常に優れています。ハンドバックに入れてても荷物にならず気軽に持ち運べるといったメリットがあり、かなり大きい違いがあります。旅行などで可能な限り荷物を少なくしようと考えている人には特にLEICA C Typ 112の方を選ぶべきでしょう。

使いやすさ
LEICA C Typ 11271/100
SIGMA DP1 Merrill - /100

LEICA C Typ 112とSIGMA DP1 Merrillの違いを表で比較する

LEICA C Typ 112SIGMA DP1 Merrill
画像LEICA C Typ 112SIGMA DP1 Merrill
静止画有効画素数1210万画素4600万画素
イメージセンサー1/1.7型APS-C
F値5.9~22.8~2.8
焦点距離28cm~200cm28cm~28cm
サイズ縦:63.0mm、横:103.0mm、幅:28.0mm縦:66.7mm、横:121.5mm、幅:64.3mm

類似した性能のカメラを見る

他のカメラと比較する

価格をチェックする

類似した性能のカメラを見る

他のカメラと比較する

価格をチェックする

LEICA C Typ 112の価格を今すぐチェック

LEICA C Typ 112の関連記事
SIGMA DP1 Merrillの関連記事
LEICA C Typ 112と評価が同程度のカメラを探す

富士フイルム FUJIFILM XF10

静止画有効画素数:2424万画素, イメージセンサー:APS-C, ISO感度:100~51200, F値:2.8~2.8, シャッタースピード:0.0000625~4秒, 起動までの時間:0.7秒, サイズ:縦:64.4mm、横:112.5mm、幅:41.0mm, 重さ:278.9g

富士フイルム FUJIFILM X70

静止画有効画素数:1630万画素, イメージセンサー:APS-C, ISO感度:100~51200, F値:2.8~2.8, シャッタースピード:0.00003125~4秒, 起動までの時間:0.5秒, サイズ:縦:64.4mm、横:112.5mm、幅:44.4mm, 重さ:340g

LEICA C Typ 112の関連記事

LEICA C Typ 112の関連記事
SIGMA DP1 Merrillの関連記事
SIGMA DP1 Merrillと評価が同程度のカメラを探す

富士フイルム FUJIFILM XQ1

静止画有効画素数:1200万画素, イメージセンサー:2/3型, ISO感度:100~12800, F値:4.9~1.8, シャッタースピード:0.000333333~0.25秒, 起動までの時間:0.99秒, サイズ:縦:58.5mm、横:100.0mm、幅:33.3mm, 重さ:206g

GR II Silver Edition

静止画有効画素数:1620万画素, イメージセンサー:APS-C, ISO感度:100~25600, F値:2.8~2.8, シャッタースピード:0.00025~300秒, 起動までの時間:1秒, サイズ:縦:62.8mm、横:117.0mm、幅:34.7mm, 重さ:251g

RICOH GR Limited Edition

静止画有効画素数:1620万画素, イメージセンサー:APS-C, ISO感度:100~25600, F値:2.8~2.8, シャッタースピード:0.00025~300秒, 起動までの時間:1秒, サイズ:縦:61.0mm、横:117.0mm、幅:34.7mm, 重さ:245g

D-LUX 7

静止画有効画素数:1700万画素, イメージセンサー:フォーサーズ, ISO感度:100~25000, F値:2.8~1.7, シャッタースピード:0.0000625~60秒, サイズ:縦:66.0mm、横:118.0mm、幅:64.0mm, 重さ:403g

SIGMA DP1 Merrillの関連記事

カメラランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でカメラを探す
ブランド名でカメラを探す
カメラ 新着記事

Kuraberu [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害等については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。