RICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6の違いや差は?選ぶならどっちにするかについて徹底検証します

作成日時: 2021年06月16日 17時25分13秒、更新日時: 2021年10月19日 22時18分43秒

RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6
RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6

OLYMPUS Tough TG-6とRICOH WG-7はどちらがおすすめなのでしょうか。違いや差を評価/検証。どっちのカメラにするか悩んでいる人は今すぐチェックしてください。

RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6
RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6
総合評価:
本体サイズrating-image3.7
横:118.2mm、縦:65.5mm、厚さ:33.1mm
rating-image3.9
横:113mm、縦:66mm、厚さ:32.4mm
本体重量rating-image3.4
246g
rating-image3.4
253g
耐衝撃性能rating-image4.7
2.1m
rating-image4.7
2.1m
耐水深度rating-image4.0
20m
rating-image3.1
15m
撮影枚数rating-image1.9
340枚
rating-image1.9
340枚
総画素数rating-image3.0
2000万画素
rating-image1.1
1271万画素
撮像素子サイズrating-image1
1/2.3型
rating-image1
1/2.33型
動画解像度rating-image4.5
3840x2160
rating-image4.5
3840x2160
対応フレームレートrating-image1.5
30fps
rating-image1.5
30.0fps
光学ズーム倍率rating-image1
5倍
rating-image1
4倍
最短シャッタースピードrating-image2.5
1/4000
rating-image1
1/2000
最長シャッタースピードrating-image1
0.25秒
rating-image1
0.5秒
最小F値rating-image1
F3.5
rating-image4.1
F2
最大F値rating-image3.1
F5.5
rating-image2.3
F4.9
最低ISO感度rating-image1
125
rating-image2.1
100
最高ISO感度rating-image1
6400
rating-image1.5
12800
最短焦点距離rating-image2.7
25mm
rating-image2.7
25mm
最長焦点距離rating-image1.0
140mm
rating-image1
100mm
最短撮影距離rating-image4.9
10mm
rating-image4.9
10mm

OLYMPUS Tough TG-6と比較してRICOH WG-7を選ぶメリット

RICOH WG-7と比較してOLYMPUS Tough TG-6を選ぶメリット

RICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を徹底比較する

接続機能についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

HDMI対応について

HDMI端子で接続できるカメラはテレビなど外部に出力できる点で使い勝手が良いです。例えば撮影した写真をテレビで視聴するといった場合で役立ちます。

「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」もHDMI端子で接続できるカメラです。そのためパソコンに繋いでデータを再生できる点で優れています。どちらも撮影した動画を大画面テレビで再生するのに向いています。

撮影モードについてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

タイムラプス撮影機能について

タイムラプス撮影ができるカメラは定点から長時間撮影できる点で秀でています。特にコマ送りのような味のある画像に撮影するのにおススメです。

「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」もタイムラプス撮影ができるカメラです。そのため星を撮る時に軌跡まで撮影できる点で秀でています。どちらも太陽が沈む様子などゆっくり動くものを撮影するのにオススメです。

堅牢性についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

耐衝撃性能について

耐衝撃性能が高いカメラは厳しい環境でも撮影できる点で秀でています。例えばフィールドワークなどの激しい動きを伴うシチュエーションで撮影するようなケースに向いています。

耐衝撃性能を比べると「OLYMPUS Tough TG-6」は2.1mであり「RICOH WG-7」は2.1mです。「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」もほとんど同じくらいの耐衝撃性能です。

体感上の違いはありません。別の角度を見て比較したほうがいいでしょう。

耐衝撃性能評価
RICOH WG-7
2.1m94/100
OLYMPUS Tough TG-6
2.1m94/100

耐水深度について

防水機能の限界深度が深いカメラは深い水の中でも利用できる点で秀でています。特にスキューバダイビングの際に海中で写真を撮影するといったようなケースにおススメです。

防水機能の限界深度について「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」を比較すると、「RICOH WG-7」は20mで「OLYMPUS Tough TG-6」は15mです。5mもの違いがあります。「OLYMPUS Tough TG-6」の深度と比較して「RICOH WG-7」は非常に深いです。

水深の深いところでも撮影することができる点でOLYMPUS Tough TG-6よりRICOH WG-7の方が秀でていると言えます。水場に近いアウトドアで撮影するのにRICOH WG-7はかなりオススメです。実際に利用する上で「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」の実用上の差は非常に大きいです。「RICOH WG-7」に決めるための一つの重要な決め手となります。

耐水深度評価
RICOH WG-7
20m80/100
OLYMPUS Tough TG-6
15m62/100

防水対応について

防水に対応しているカメラは天候不順の状況でも撮影できる点で優れています。特に子どもとの水遊び中に子どもの写真を撮影するといったときに向いています。

「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も防水に対応しているカメラです。そのため悪天候時でも外撮影ができる点で秀でています。どちらもプールや海などの濡れやすい場所で撮影するのにオススメです。

防塵対応について

防塵仕様となっているカメラは豪雨や強風などハードな環境で撮影できる点で使い勝手が良いです。特に砂丘や砂浜で写真撮影するといったときにおススメです。

「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も防塵仕様となっているカメラです。そのため風が強く砂嵐の状態でもカメラ内部に塵が侵入することなく、故障を気にせず撮影できる点で秀でています。どちらも砂塵の多い環境下で使用するのにおすすめです。

レンズについてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

最短焦点距離について

設定可能な最短焦点距離が短いカメラはより細かな距離を撮影できる点で使い勝手が良いです。特により近くのものも撮影するような場合で役立ちます。

設定可能な最短焦点距離を比べると「RICOH WG-7」は25mmに対して「OLYMPUS Tough TG-6」は25mmです。「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も同じくらいの焦点距離です。

体感できるほどの違いは無いです。他の視点で比べた方がいいでしょう。

最短焦点距離評価
RICOH WG-7
25mm54/100
OLYMPUS Tough TG-6
25mm54/100

最長焦点距離について

設定可能な最長焦点距離が長いカメラはより遠くの被写体を撮影できる点で優れています。特に遠いところにある物体を撮影するといった場合で役立ちます。

設定可能な最長焦点距離について比較すると「OLYMPUS Tough TG-6」は100mmで「RICOH WG-7」は140mmです。「OLYMPUS Tough TG-6」と比較して「RICOH WG-7」は多少長いです。

RICOH WG-7は遠くをキレイに撮影できるので、スポーツ選手を観客席から撮影できる点でOLYMPUS Tough TG-6よりもどちらかといえば良いと言えるでしょう。しかしながらより遠くの被写体を撮影する場合でも体感上の差はほとんど無いと思われます。あえて決めるなら「RICOH WG-7」の方が良いですが、通常利用において体感差はほとんど感じないです。

最長焦点距離評価
RICOH WG-7
140mm20/100
OLYMPUS Tough TG-6
100mm9/100

最短撮影距離について

最短撮影距離が短いカメラは被写体にとても近づいて撮影できる点で秀でています。例えば少し離れた場所からでも、まるで近づいたかのように撮影するといったケースに向いています。

最短撮影距離について比較すると「OLYMPUS Tough TG-6」は10mmであり「RICOH WG-7」は10mmです。「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も違いがほぼ無いと言えるでしょう。

体感できるほどの差は無いです。ほかの角度を見て決めたほうが良いでしょう。

最短撮影距離評価
RICOH WG-7
10mm97/100
OLYMPUS Tough TG-6
10mm97/100

調節機能についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

光学ズーム倍率について

光学ズームの倍率が高いカメラはより遠くの被写体を高画質で撮影できる点で優れています。例えばスタジアムでの撮影や野鳥撮影など、遠くのものを撮影するような場合で重宝します。

光学ズームの倍率を比較すると、「RICOH WG-7」は5倍に対して、「OLYMPUS Tough TG-6」は4倍です。「RICOH WG-7」は「OLYMPUS Tough TG-6」と比較してどちらかといえば光学ズーム倍率が高いです。

ズームしても画質の劣化がなく撮影できる点でRICOH WG-7の方がOLYMPUS Tough TG-6よりも無難です。しかしながら遠くのものを綺麗に撮影する場合でもよっぽどこだわりがある人でないと体感できるほどの差を感じられないだと思います。あえて選ぶなら「RICOH WG-7」ですが、通常の利用において体感差はほとんど感じません。

光学ズーム倍率評価
RICOH WG-7
5倍16/100
OLYMPUS Tough TG-6
4倍8/100

AF自動追尾機能について

追尾AFに対応しているカメラは動く被写体にずっとピントを合わせ続けられるため、子供の運動会などでも我が子に焦点を当て続けて、楽に撮影できる点で秀でています。例えば動物や電車など移動する被写体を撮影するといった場合で役に立ちます。

「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も追尾AFに対応しているカメラです。そのため特定の被写体にピントを合わせると、その被写体が動いてもピントを合わせ続けることができる点で優れています。どちらも移動する被写体を撮影するのにおすすめです。

手ブレ補正機能について

手ブレ補正機構を搭載しているカメラは写真や動画のブレを抑えて撮影できる点で優れています。特に手持ちで撮影するときぶれずに撮影するといったようなときに適しています。

「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も手ブレ補正機構を搭載しているカメラです。そのため動きのある写真をきれいに撮影できる点で秀でています。どちらも三脚を使用せずに撮影するのにオススメです。

マニュアルフォーカス機能について

マニュアルフォーカスできるカメラはカメラが自動でピントを合わせてくれるオートフォーカスとは違い、自分でピントを合わせて撮影できる点で使い勝手が良いです。特に手動でピントが合わせられ、より凝った作品を撮影するのに適しています。

「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」もマニュアルフォーカスできるカメラです。そのため設定を自分の思い通りにできる点で秀でています。どちらもより正解なピント合わせを可能にするのに向いています。

顔認識機能について

顔認識機能を搭載しているカメラは自動で顔にピントを合わせて撮影できる点で秀でています。特に人物に標準をあてて撮影するようなときにおススメです。

「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も顔認識機能を搭載しているカメラです。そのため顔を追ってピントを合わせることができる点で使い勝手が良いです。どちらも顔のピンぼけがなく撮影するのに向いています。

基本情報についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

本体サイズについて

本体のサイズが小さいカメラは旅行などの際、コンパクトに持ち運びできる点で優れています。例えば服のポケットに入れて気軽に持ち運びするといったような場合で役に立ちます。

本体のサイズを「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」を比較すると、「OLYMPUS Tough TG-6」は横:113mm、縦:66mm、厚さ:32.4mmであるのに対して「RICOH WG-7」は横:118.2mm、縦:65.5mm、厚さ:33.1mmです。「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」もほとんど違いが無いと言えるでしょう。

実用上の差は無いです。他の視点から見て比較した方がよいでしょう。

本体サイズ評価
RICOH WG-7
横:118.2mm、縦:65.5mm、厚さ:33.1mm74/100
OLYMPUS Tough TG-6
横:113mm、縦:66mm、厚さ:32.4mm77/100

本体重量について

本体重量が軽いカメラは女性でも安心して撮影ができる点で秀でています。例えば持ち運びしやすく手に持ったまま移動して撮影するようなときに向いています。

本体重量について比べると、「OLYMPUS Tough TG-6」は253gであるのに対して、「RICOH WG-7」は246gです。本体重量という点で見てみると「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も同じくらいです。

実用上の差はありません。ほかの視点で選ぶことをおすすめします。

本体重量評価
RICOH WG-7
246g68/100
OLYMPUS Tough TG-6
253g67/100

撮影明度についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

最小F値について

最小F値が小さいカメラは背景を強くぼかして対象物にインパクトを残すことができたり、よりたくさんの光を集めることができることで全体を明るく撮影できる点で秀でています。特に背景をぼかして一点のものを強調するといった場合で役に立ちます。

最小F値について「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」を比べると「OLYMPUS Tough TG-6」はF2であり、「RICOH WG-7」はF3.5です。F1.5もの違いがあります。「OLYMPUS Tough TG-6」は「RICOH WG-7」に比べて非常にF値が小さいです。

写真全体にピントを合わせられるので、風景写真などを綺麗に撮影できる点でOLYMPUS Tough TG-6の方がRICOH WG-7よりも優れています。OLYMPUS Tough TG-6はまわりをぼかして柔らかい感じの表現を作成するのに非常に向いています。実際の利用において、「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」は実用上非常に大きい違いがあります。「OLYMPUS Tough TG-6」を選ぶ一つの主な決め手となると思います。

最小F値評価
RICOH WG-7
F3.512/100
OLYMPUS Tough TG-6
F282/100

最大F値について

最大F値が大きいカメラはピントの合う範囲が大きくなるので、ボケにくい写真を撮影できる点で使い勝手が良いです。特に雨の日や夜間など、光量不足の環境で撮影するといったような場合におススメです。

最大F値を「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」を比較すると、「OLYMPUS Tough TG-6」はF4.9に対して「RICOH WG-7」はF5.5です。F0.5の差があります。「RICOH WG-7」は「OLYMPUS Tough TG-6」に比べて比較的大きいです。

RICOH WG-7は暗い場所でも画質の良い写真を撮影したり、効果的なぼかしを加えることができる点でOLYMPUS Tough TG-6よりもよいです。RICOH WG-7は焦点が当たっている場所以外の風景もぼかさず撮影するのに比較的おすすめです。実際の利用を考えると「RICOH WG-7」は「OLYMPUS Tough TG-6」に比べてどちらかといえば良いです。「RICOH WG-7」の方がいいのかもしれませんが、決め手になるくらいの違いはないです。

最大F値評価
RICOH WG-7
F5.561/100
OLYMPUS Tough TG-6
F4.945/100

最低ISO感度について

最低ISO感度が低いカメラはノイズの少ない美しい写真が撮影できる、また滝の流れなどスローシャッターが必要な場面でNDフィルターを使わずに簡単に撮影できる点で秀でています。特に三脚などでカメラを固定した状態できめ細かくノイズの少ない高画質の写真を撮影するようなときにおススメです。

最低ISO感度を「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」を比べると、「RICOH WG-7」は125であるのに対して「OLYMPUS Tough TG-6」は100です。25もの差があります。「OLYMPUS Tough TG-6」は「RICOH WG-7」よりとても低いISO感度です。

画像の粗さを抑える事ができる点でOLYMPUS Tough TG-6の方が優れていると言えます。OLYMPUS Tough TG-6は光量の自動調整が入らないため素に近い映像を撮影することができるするのに非常に適しています。実際に利用する上で、「RICOH WG-7」と比べて「OLYMPUS Tough TG-6」は遥かに優れているでしょう。「OLYMPUS Tough TG-6」にするための主な決め手の一つになります。

最低ISO感度評価
RICOH WG-7
12515/100
OLYMPUS Tough TG-6
10041/100

最高ISO感度について

最高ISO感度が高いカメラは夜間や室内など光量が少ない場所でも適正露出をしっかりと得られるので、被写体の形を鮮明に撮影できる点で使い勝手が良いです。特に暗い中でも手振れ抑え明るいするといったときにおススメです。

最高ISO感度を比べると「OLYMPUS Tough TG-6」は12800で「RICOH WG-7」は6400です。6400の違いがあります。最高ISO感度という角度において「RICOH WG-7」と比べて「OLYMPUS Tough TG-6」はやや高いです。

暗い場所でもISOの値を高めることで明るい画像を撮影できる点でRICOH WG-7よりOLYMPUS Tough TG-6の方がよいです。光量を電子的に増幅できるためシャッタースピードを上げて高速撮影をしても暗い仕上がりになりにくく、特に暗い所で撮影するのにOLYMPUS Tough TG-6は多少適しています。実際に使うことを想定したとき「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」は実用において比較的大きい差があります。「OLYMPUS Tough TG-6」がいいのかもしれませんが非常に優れているとまでは言えません。

最高ISO感度評価
RICOH WG-7
640010/100
OLYMPUS Tough TG-6
1280030/100

撮影速度についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

最短シャッタースピードについて

最短シャッタースピードが短いカメラは動きのある被写体をピンボケすることなく撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば動いている被写体でも止まっているように撮影するのに向いています。

最短シャッタースピードについて比べると、「OLYMPUS Tough TG-6」は1/2000で「RICOH WG-7」は1/4000です。「OLYMPUS Tough TG-6」のシャッタースピードと比較して「RICOH WG-7」は非常に短いです。

動きの速い被写体をぶれずに鮮明に撮影できる点でRICOH WG-7の方が秀でていると言えます。RICOH WG-7は逃したくない瞬間を捉えやすくするのにかなりおすすめです。実際に使うことを想定したとき「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」は実用上とても大きい違いがあります。「RICOH WG-7」にするための一つの主な理由になります。

最短シャッタースピード評価
RICOH WG-7
1/400050/100
OLYMPUS Tough TG-6
1/200010/100

最長シャッタースピードについて

最長シャッタースピードが長いカメラは動いている被写体がブレて躍動感のある写真を撮影できる点で使い勝手が良いです。特に躍動感のある写真を撮影するといったときで役立ちます。

最長シャッタースピードについて「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」を比べると、「RICOH WG-7」は0.25秒であるのに対して「OLYMPUS Tough TG-6」は0.5秒です。最長シャッタースピードという角度で見ると「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」も差はほとんど無いです。

体感上の差は無いです。他の角度で決めることをおすすめします。

最長シャッタースピード評価
RICOH WG-7
0.25秒9/100
OLYMPUS Tough TG-6
0.5秒10/100

通信規格についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

GPSについて

GPSを搭載しているカメラは撮影した場所を撮影と同時に記録できる点で優れています。特に撮影した写真や動画の位置情報を記録するのに向いています。

「RICOH WG-7」も「OLYMPUS Tough TG-6」もGPSを搭載しているカメラです。そのため撮った場所を記録することできる点で秀でています。どちらも撮影した位置情報を記録するのに向いています。

ストレージについてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

撮影枚数について

内部ストレージに保存できる写真枚数が多いカメラはSDカードに頼らず画像を記録できる点で使い勝手が良いです。特に多くの写真を撮影するといったようなときにおススメです。

内部ストレージに保存できる写真枚数を「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」を比較すると、「RICOH WG-7」は340枚であり「OLYMPUS Tough TG-6」は340枚です。「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も同じくらいでしょう。

体感できるほどの違いは無いです。別の角度から決めるほうがいいでしょう。

撮影枚数評価
RICOH WG-7
340枚38/100
OLYMPUS Tough TG-6
340枚38/100

撮影性能についてRICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6を比較

総画素数について

総画素数が多いカメラは高画質でカメラ撮影できる点で使い勝手が良いです。特に鮮明な画像を記録するといったときにおすすめです。

総画素数を比べると、「RICOH WG-7」は2000万画素に対して「OLYMPUS Tough TG-6」は1271万画素です。729万画素の差があります。「OLYMPUS Tough TG-6」より「RICOH WG-7」の方がとても画素数が多いです。

RICOH WG-7は被写体の繊細な色を表現できる点でOLYMPUS Tough TG-6よりも秀でているでしょう。RICOH WG-7は色が鮮やかな画像を撮影するのにかなり向いています。実際に使う場面で、「OLYMPUS Tough TG-6」と「RICOH WG-7」は体感上遥かに大きい違いがあります。「RICOH WG-7」を選ぶ上で一つの主な理由となるでしょう。

総画素数評価
RICOH WG-7
2000万画素60/100
OLYMPUS Tough TG-6
1271万画素22/100

撮像素子サイズについて

イメージセンサーが大きいカメラは更に高画質な撮影できる点で使い勝手が良いです。例えばより大きく鮮明な画像を撮影するような場合に最適です。

イメージセンサーについて比べると「RICOH WG-7」は1/2.3型に対して、「OLYMPUS Tough TG-6」は1/2.33型です。「RICOH WG-7」の撮像素子は「OLYMPUS Tough TG-6」とほとんど同じでしょう。

体感上の差は無いです。ほかの視点で比較することをおすすめします。

撮像素子サイズ評価
RICOH WG-7
1/2.3型16/100
OLYMPUS Tough TG-6
1/2.33型15/100

4Kについて

4Kに対応しているカメラはより高画質高解像度で撮影できる点で使い勝手が良いです。特に映像の情報量がより多くなるので貴重なシーンを美しく撮影するといったような場合で重宝します。

「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も4Kに対応しているカメラです。そのため鮮明が映像を撮影することができる点で優れています。どちらも絵画など繊細な色使いのものを撮影するのにオススメです。

動画解像度について

動画解像度が高いカメラはとても精巧な動画を撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば鮮明な画質の映像を撮影するようなケースにおすすめです。

動画解像度について比較すると、「RICOH WG-7」は3840x2160に対して、「OLYMPUS Tough TG-6」は3840x2160です。「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」も解像度についてはほぼ違いが無いでしょう。

実用上の差は無いです。別の角度で決める方が良いでしょう。

動画解像度評価
RICOH WG-7
3840x216090/100
OLYMPUS Tough TG-6
3840x216090/100

対応フレームレートについて

対応フレームレートが高いカメラはよりなめらかな動画が撮影できる点で秀でています。例えばスムーズな動きの動画になるので、激しい動きをしている被写体を撮影するような場合で役立ちます。

対応フレームレートを「RICOH WG-7」と「OLYMPUS Tough TG-6」を比較すると、「RICOH WG-7」は30fpsに対して「OLYMPUS Tough TG-6」は30.0fpsです。「OLYMPUS Tough TG-6」も「RICOH WG-7」もほぼ差がゼロです。

実用上の差はありません。別の角度から選んだほうがよさそうです。

対応フレームレート評価
RICOH WG-7
30fps30/100
OLYMPUS Tough TG-6
30.0fps29/100

RICOH WG-7とOLYMPUS Tough TG-6の違いを表で比較する

RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6
RICOH WG-7OLYMPUS Tough TG-6
基本情報
本体サイズ横:118.2mm、縦:65.5mm、厚さ:33.1mm横:113mm、縦:66mm、厚さ:32.4mm
本体重量246g253g
ブラック/レッドブラック/レッド
電池の型番DB-110LI-92B
堅牢性
耐衝撃性能2.1m2.1m
耐水深度20m15m
防水対応
防塵対応
耐結露対応 -
ディスプレイ
画面サイズ - 3インチ
ファインダー
ファインダーのドット数156ドット -
ストレージ
ストレージ容量27MB -
撮影枚数340枚340枚
対応外部ストレージSD/SDHC/SDXCSD/SDHC/SDXC
撮影性能
総画素数2000万画素1271万画素
撮像素子サイズ1/2.3型1/2.33型
イメージセンサーの大きさ1/2.3型1/2.33型
4K対応
動画解像度3840x21603840x2160
動画解像度3840x21603840x2160
対応フレームレート30fps30.0fps
調節機能
光学ズーム倍率5倍4倍
デジタルズーム倍率8.1倍 -
AF測距点の最大数567点 -
AF自動追尾機能
手ブレ補正機能
手ブレ補正方式電子式イメージセンサーシフト方式
マニュアルフォーカス機能
顔認識機能
撮影速度
1秒あたりの記録可能コマ数10コマ -
最短シャッタースピード1/40001/2000
最短シャッタースピード1/40001/2000
最長シャッタースピード1/41/2
最長シャッタースピード0.25秒0.5秒
起動にかかる時間1.5秒 -
撮影明度
最小F値F3.5F2
最大F値F5.5F4.9
最低ISO感度125100
最高ISO感度640012800
撮影に必要な最低被写体照度3ルクス -
撮影モード
タイムラプス撮影機能
ライブビュー撮影撮影 -
レンズ
最短焦点距離25mm25mm
最長焦点距離140mm100mm
最短撮影距離10mm10mm
保存形式
データの保存形式H.264MOV(MPEG-4AVC/H.264)/ステレオリニアPCM/JPEG/RAW
通信規格
GPS対応
Wi-Fi対応 -
接続機能
HDMI対応

類似のカメラを探す

他のカメラと比較する

価格をチェック

類似のカメラを探す

他のカメラと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

RICOH WG-7の関連記事
OLYMPUS Tough TG-6の関連記事

RICOH WG-7と評価が同程度のカメラを探す

本体サイズ:横:129mm、縦:37.8mm、厚さ:32mm, 本体重量:175g, 起動にかかる時間:1.5秒, 画面サイズ:2.45インチ, ファインダーの倍率:1.05倍, 総画素数:1200万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 静止画解像度:4000x3000, 動画解像度:3840x2160, 対応フレームレート:60fps, 最長シャッタースピード:4秒, 最小F値:F2.2, 最大F値:F2.2, 最低ISO感度:100, 最短焦点距離:14mm, 最長焦点距離:14mm

本体サイズ:横:128.9mm、縦:96.4mm、厚さ:77.5mm, 本体重量:580g, ファインダーの倍率:0.78倍, 撮影枚数:660枚, 総画素数:6250万画素, 撮像素子サイズ:フルサイズ, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:567点, 1秒あたりの記録可能コマ数:10コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:50, 最高ISO感度:102400

本体サイズ:横:138.5mm、縦:98.1mm、厚さ:87.4mm, 本体重量:647g, 画面サイズ:3インチ, ファインダーのドット数:368ドット, ファインダーの倍率:1.52倍, 撮影枚数:410枚, 総画素数:2177万画素, 撮像素子サイズ:4/3型, 動画解像度:4992x3744, 対応フレームレート:180fps, デジタルズーム倍率:4倍, AF測距点の最大数:225点, 1秒あたりの記録可能コマ数:12コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:1秒, 最小F値:F2.2, 最大F値:F4.9, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600, 最長焦点距離:60mm

本体サイズ:横:129.5mm、縦:41.5mm、厚さ:38mm, 本体重量:134g, 耐衝撃性能:2.1m, 画面サイズ:3インチ, ファインダーのドット数:156ドット, 最長撮影時間:140時間, 総画素数:500万画素, 静止画解像度:4000x3000, 対応フレームレート:30fps, 光学ズーム倍率:4.2倍, AF測距点の最大数:567点, 最大F値:F4.9, 最高ISO感度:1600, 最短撮影距離:40cm

本体サイズ:横:118.3mm、縦:68.5mm、厚さ:38.1mm, 本体重量:289g, ファインダーのドット数:1040000ドット, 撮影枚数:360枚, 総画素数:2177万画素, 撮像素子サイズ:4/3型, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:121点, 1秒あたりの記録可能コマ数:15コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:60秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600, 最長焦点距離:42mm, 最短撮影距離:250mm

本体サイズ:横:118.3mm、縦:68.5mm、厚さ:38.1mm, 本体重量:289g, 画面サイズ:3インチ, 撮影枚数:360枚, 総画素数:2177万画素, 撮像素子サイズ:4/3型, 動画解像度:3840x2160, 光学ズーム倍率:3倍, AF測距点の最大数:121点, 1秒あたりの記録可能コマ数:15コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:60秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600, 最短焦点距離:14mm, 最長焦点距離:42mm, 最短撮影距離:200mm

本体サイズ:横:107.4mm、縦:60mm、厚さ:30.7mm, 本体重量:222g, 起動にかかる時間:1.3秒, 画面サイズ:3インチ, ストレージ容量:9MB, 撮影枚数:470枚, 総画素数:1679万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:30fps, 光学ズーム倍率:18倍, デジタルズーム倍率:4倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:30コマ, 最短シャッタースピード:1/2000, 最長シャッタースピード:0.25秒, 最小F値:F3.5, 最大F値:F5.9, 最低ISO感度:80, 最高ISO感度:25600, 最短焦点距離:25mm, 最長焦点距離:45cm, 最短撮影距離:40mm

本体サイズ:横:106.3mm、縦:69.2mm、厚さ:39.7mm, 本体重量:244g, 画面サイズ:3インチ, ストレージ容量:43MB, 総画素数:1600万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:30fps, 光学ズーム倍率:24倍, デジタルズーム倍率:4倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:60コマ, 最短シャッタースピード:1/1700, 最長シャッタースピード:0.25秒, 最小F値:F3, 最大F値:F6.9, 最低ISO感度:80, 最高ISO感度:6400, 最短焦点距離:25mm, 最長焦点距離:60cm, 最短撮影距離:30mm

本体サイズ:横:128mm、縦:60mm、厚さ:59.5mm, 本体重量:306g, 耐衝撃性能:1.5m, 耐水深度:5m, 画面サイズ:3インチ, ストレージ容量:64GB, 最長撮影時間:260時間, 総画素数:228万画素, 撮像素子サイズ:1/5.8型, 静止画解像度:3680x2760, 動画解像度:1920x1080, 光学ズーム倍率:40倍, デジタルズーム倍率:200倍, AF測距点の最大数:121点, 1秒あたりの記録可能コマ数:8コマ, 最小F値:F1.8, 最大F値:F6.3, 最高ISO感度:51200, 撮影に必要な最低被写体照度:3ルクス, 最短焦点距離:40.5mm, 最長焦点距離:2.8m, 最短撮影距離:40.5mm

本体サイズ:横:307mm、縦:191mm、厚さ:149mm, 画面サイズ:3.45インチ, ファインダーのドット数:156ドット, 総画素数:1240万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:3840x2160, 光学ズーム倍率:12倍, デジタルズーム倍率:8.1倍, 最小F値:F1.2, 最大F値:F3.5, 最低ISO感度:100, 撮影に必要な最低被写体照度:3ルクス, 最短焦点距離:29.6mm, 最長焦点距離:355mm, 最短撮影距離:24.5mm

本体サイズ:横:307mm、縦:191mm、厚さ:149mm, 耐衝撃性能:2.1m, 耐水深度:20m, 画面サイズ:3.45インチ, ファインダーのドット数:156ドット, 総画素数:1240万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:3840x2160, 対応フレームレート:120fps, 光学ズーム倍率:12倍, デジタルズーム倍率:8.1倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:15コマ, 最長シャッタースピード:0.16秒, 最小F値:F1.2, 最大F値:F3.5, 撮影に必要な最低被写体照度:3ルクス, 最短焦点距離:29.6mm, 最長焦点距離:355mm

本体サイズ:横:139mm、縦:19.7mm、厚さ:19.7mm, 本体重量:60g, 起動にかかる時間:1.4秒, ストレージ容量:4GB, 最長撮影時間:30分, 動画解像度:2880x1440, 対応フレームレート:30fps, 光学ズーム倍率:1倍, AF測距点の最大数:567点, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:0.25秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:1600, 最短焦点距離:25mm, 最短撮影距離:40cm

RICOH WG-7の関連記事
OLYMPUS Tough TG-6の関連記事

OLYMPUS Tough TG-6と評価が同程度のカメラを探す

本体サイズ:横:116.9mm、縦:66.5mm、厚さ:39mm, 本体重量:280g, 起動にかかる時間:0.5秒, 画面サイズ:3インチ, 撮影枚数:350枚, 総画素数:1650万画素, 撮像素子サイズ:APS-C, 動画解像度:1920x1080, AF測距点の最大数:49点, 1秒あたりの記録可能コマ数:5.6コマ, 最短シャッタースピード:1/4000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600

本体サイズ:横:180mm、縦:123mm、厚さ:112mm, 本体重量:1.2kg, 最長撮影時間:60時間, 動画解像度:6144x3456

本体サイズ:横:140mm、縦:113mm、厚さ:111mm, 本体重量:1kg, 画面サイズ:3.2インチ, ファインダーの倍率:0.7倍, 撮影枚数:670枚, 総画素数:3677万画素, 撮像素子サイズ:フルサイズ, 動画解像度:1920x1080, AF測距点の最大数:33点, 1秒あたりの記録可能コマ数:35コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:819200

本体サイズ:横:129.7mm、縦:84.5mm、厚さ:77.8mm, 本体重量:640g, 耐衝撃性能:1.6m, 耐水深度:15m, 画面サイズ:3インチ, 最長撮影時間:780時間, 総画素数:1210万画素, 静止画解像度:4240x2832, 動画解像度:3840x2160, デジタルズーム倍率:4倍, AF測距点の最大数:759点, 1秒あたりの記録可能コマ数:5コマ, 最長シャッタースピード:60分, 最低ISO感度:50, 最高ISO感度:409600, 撮影に必要な最低被写体照度:1.5ルクス, 最短焦点距離:28mm, 最長焦点距離:1.2m

本体サイズ:横:122.5mm、縦:61.5mm、厚さ:29.5mm, 本体重量:193g, 耐衝撃性能:1.6m, 耐水深度:14m, 画面サイズ:2.7インチ, ストレージ容量:68MB, 撮影枚数:300枚, 総画素数:1600万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:30fps, 光学ズーム倍率:5倍, デジタルズーム倍率:7.2倍, 最短シャッタースピード:1/4000, 最長シャッタースピード:0.25秒, 最小F値:F3.5, 最大F値:F5.5, 最低ISO感度:125, 最高ISO感度:6400, 最短焦点距離:28mm, 最長焦点距離:140mm, 最短撮影距離:10mm

本体サイズ:横:150.7mm、縦:116.4mm、厚さ:75.9mm, 本体重量:800g, 起動にかかる時間:0.96秒, 画面サイズ:3.2インチ, ファインダーの倍率:0.71倍, 撮影枚数:900枚, 総画素数:3170万画素, 撮像素子サイズ:フルサイズ, 動画解像度:4096x2160, AF測距点の最大数:61点, 1秒あたりの記録可能コマ数:7コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:50, 最高ISO感度:102400

本体サイズ:横:108.3mm、縦:58.9mm、厚さ:27.7mm, 本体重量:198g, 画面サイズ:3インチ, ストレージ容量:12MB, 撮影枚数:300枚, 総画素数:1890万画素, 撮像素子サイズ:1/2.3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:60fps, 光学ズーム倍率:20倍, デジタルズーム倍率:4倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:60コマ, 最短シャッタースピード:1/2000, 最長シャッタースピード:4秒, 最小F値:F3.3, 最大F値:F6.4, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:6400, 最短焦点距離:24mm, 最長焦点距離:48cm, 最短撮影距離:30mm

本体サイズ:横:122.5mm、縦:91mm、厚さ:72.5mm, 本体重量:618g, 画面サイズ:3インチ, ファインダーの倍率:0.95倍, 撮影枚数:480枚, 総画素数:2042万画素, 撮像素子サイズ:APS-C, 動画解像度:1920x1080, AF測距点の最大数:11点, 1秒あたりの記録可能コマ数:5.5コマ, 最短シャッタースピード:1/6000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:51200

本体サイズ:横:220mm、縦:159mm、厚さ:129mm, 本体重量:900g, 起動にかかる時間:0.14秒, 画面サイズ:3.5インチ, ファインダーのドット数:156ドット, ストレージ容量:64MB, 撮影枚数:260枚, 最長撮影時間:275時間, 総画素数:857万画素, 撮像素子サイズ:1/2.5型, 静止画解像度:3840x2160, 動画解像度:3840x2160, 光学ズーム倍率:24倍, デジタルズーム倍率:10倍, AF測距点の最大数:143点, 1秒あたりの記録可能コマ数:5.5コマ, 最小F値:F1.8, 最大F値:F4, 最低ISO感度:64, 最高ISO感度:1600, 撮影に必要な最低被写体照度:1.5ルクス, 最短焦点距離:25mm, 最長焦点距離:60cm

本体サイズ:横:214mm、縦:135mm、厚さ:97mm, 本体重量:1.2kg, 画面サイズ:3.5インチ, ファインダーのドット数:156ドット, 最長撮影時間:115時間, 総画素数:829万画素, 撮像素子サイズ:1型, 動画解像度:3840x2160, 光学ズーム倍率:15倍, 最小F値:F2.8, 最大F値:F4.5, 撮影に必要な最低被写体照度:0.1ルクス, 最短焦点距離:25.5mm, 最長焦点距離:382.5mm

本体サイズ:横:128.9mm、縦:96.9mm、厚さ:80.8mm, 本体重量:614g, 画面サイズ:3インチ, ファインダーの倍率:0.9倍, 撮影枚数:600枚, 総画素数:1290万画素, 撮像素子サイズ:フルサイズ, 動画解像度:3840x2160, デジタルズーム倍率:8倍, AF測距点の最大数:759点, 1秒あたりの記録可能コマ数:10コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:40, 最高ISO感度:409600

本体サイズ:横:138.4mm、縦:97.5mm、厚さ:88.4mm, 本体重量:598g, 起動にかかる時間:0.4秒, 画面サイズ:3インチ, ファインダーの倍率:0.76倍, 撮影枚数:360枚, 総画素数:2140万画素, 撮像素子サイズ:フルサイズ, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:6072点, 1秒あたりの記録可能コマ数:20コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:50, 最高ISO感度:204800

カメラランキング

カテゴリ一覧

人気カメラ

17位

20位

関連人気記事

新着情報