LEICA C Typ 112の評価レビュー | 機能やスペック・性能のメリット・デメリットを徹底解説

LEICA C Typ 112を徹底評価

LEICA C Typ 112の良い点と悪い点を徹底評価しました。みんなの関心が高い項目別に点数評価をしたうえで詳細レビューをしました。LEICA C Typ 112が買いなのかどうかが簡単に分かります。

評価のサマリー
カメラ全1227機種とおススメ度を比較

総合評価

59/100

(総合: 10位)

評価項目点数
写真の綺麗さ41/100
シャッターチャンス65/100
機能の豊富さ64/100
持ちやすさ71/100
総合評価59/100

LEICA C Typ 112のメリット

  • 旅行などで持ち運ぶ場合、あまり邪魔に感じない大きさ
  • 手に収まるサイズでさっと取り出したり操作がしやすいようなサイズ

LEICA C Typ 112のデメリット

  • -

よく注目される点からLEICA C Typ 112を評価

LEICA C Typ 112で撮影できる写真の綺麗さを評価

LEICA C Typ 112の静止画有効画素数は1210万画素です。イメージセンサーは1/1.7型です。

LEICA C Typ 112の静止画有効画素数だと影や色合いなどの細かい部分の描画が曖昧に映ってしまうため、高精細に風景を綺麗に撮影する用途にはやや不向きです。そこそこ綺麗に撮影出来ればいいという場合でもワンランク上を選んだ方が不満を感じにくいでしょう。綺麗さにこだわりたい人には不向きなカメラです。

撮影した写真をプリントアウトするといった用途にはLEICA C Typ 112はどちらかといえば向いていない静止画有効画素数で、印刷のために写真を大きく引き伸ばしたときに粗く感じるでしょう。家族写真をアルバムなどを綺麗に撮って残そうと考えている場合には比較的不満を感じるレベルです。

LEICA C Typ 112はデジタルズームを使ったりトリミングするには不十分な静止画有効画素数で、画質の劣化が目につくほどです。撮影後にちょっと体裁を整えようと考えているくらいでもやや性能不足を感じるため、撮影後に画像加工するといった使い方はあまり考えない方がいいでしょう。

LEICA C Typ 112のイメージセンサーは細部を取り込む際にややデータがロストしやすい小ささです。したがって綺麗な写真を撮影するのにはやや良くありません。

LEICA C Typ 112のシャッターチャンスの逃しにくさを評価

LEICA C Typ 112のシャッタースピードは0.00025~250秒です。LEICA C Typ 112の最小F値は2です。

LEICA C Typ 112は平均的なカメラより多少シャッタースピードが速く素早く光を取り込めるため、その間に被写体が動いたりカメラが動いてもあまり影響を受けにくいです。手振れを抑えることができたり、動きのあるものを撮影するのに多少適してはいるものの、子供の活動写真を綺麗に撮ったり、ペットが動いている写真を綺麗に撮影しようと考えている人には多少やや不満を感じるレベルのシャッタースピードかもしれません。

LEICA C Typ 112の最小F値は適正露出に必要な光をすぐ取り込めます。そのためシャッタースピードを早めに設定しても十分な光量を取り込むことができるため明るく写せるうえ、暗い場所で撮影する場合でも十分な時間をかけて光を取り込めば綺麗に写すことができます。

LEICA C Typ 112で綺麗な写真を撮るための機能性を評価

LEICA C Typ 112の最小F値は2です。LEICA C Typ 112の最大F値は5.9です。LEICA C Typ 112の最短焦点距離は28cmです。

LEICA C Typ 112の最小F値は平均的なカメラよりも小さく設定できます。被写界深度を浅くしてピントが合って見える範囲を狭くできるため、風景の一部を強調してピントがあってない範囲をぼかすといったことが光学的に実現できます。写真表現に幅を持たせることができ一般的なレベルでは十分な性能だといえます。

LEICA C Typ 112の最大F値はかなり高く、被写界深度を深くピントが広範囲で合うため、背景までしっかりと写すことができるほど大きいです。風景全体をくっきりと撮影する場合に適しており、一般的な用途であれば十分綺麗に撮影できます。

あまり距離を取らずに広い範囲を撮影するのにLEICA C Typ 112の最短焦点距離は平均的なカメラよりやや適しており、例えば室内で集合写真を撮影するときには多少便利といえるでしょう。

LEICA C Typ 112の持ちやすさや扱いやすさを評価

LEICA C Typ 112のサイズは63.0mm x 103.0mm x 28.0mmです。LEICA C Typ 112の重さは195gです。

LEICA C Typ 112は普通のバックに入れて持ち運ぶのにかさばらないサイズです。従っていつもカメラを持ち運ぶ用途にそれなりに優れています。旅行などで可能な限り荷物を少なくしようと考えている人にはLEICA C Typ 112のサイズは非常におすすめです。

LEICA C Typ 112は日常生活で頻繁にカメラを出し入れするときに適した大きさです。平均的なカメラよりもかなりコンパクトで、さっと取り出て撮影することが楽にできます。

旅行などで長時間持ち歩こうと考えている場合にLEICA C Typ 112の重量は適しているくらい軽いといえます。筋肉に自信がない人が長時間扱うとなると少し疲れるかもしれませんが、ほとんど場合気にならないレベルだと言えます。

LEICA C Typ 112の性能・スペック詳細

LEICA C Typ 112
画像LEICA C Typ 112
静止画有効画素数1210万画素
イメージセンサー1/1.7型
シャッタースピード0.00025~250秒
F値5.9~2
焦点距離28cm~200cm
サイズ63.0mm x 103.0mm x 28.0mm
重さ195g

類似した性能のカメラを見る

他のカメラと比較する

価格をチェックする

LEICA C Typ 112の価格を今すぐチェック

評価が同程度のカメラを探す

もっと見る ▼

他のLEICAシリーズを見る
カメラランキング
対応カテゴリ
メーカー名でカメラを探す
ブランド名でカメラを探す
カメラ 新着記事