Df ボディを評価をレビュー|ほかのカメラとくらべたときの良い点を解説してみた

作成日時: 2021年03月09日 14時12分44秒

Df ボディを徹底評価

Df ボディを選ぶべき16の理由

  • 画面サイズはとても大きい
  • 内部ストレージに保存できる写真枚数はとても多い
  • イメージセンサーはかなり大きい(130位/1565製品中)
  • 起動にかかる時間はかなり短い(32位/423製品中)
  • 最低ISO感度はとても低い
  • 最高ISO感度はかなり高い(61位/1432製品中)
  • 防水に対応している
  • 防塵仕様となっている
  • ファインダー視野率が100%となっているか
  • バルブ撮影に対応している
  • タイム撮影に対応している
  • ライブビュー撮影ができる
  • ゴミ取り機構機能を搭載している
  • RAWとJPEGを同時に記録できる
  • PictBridgeに対応している
  • HDMI端子で接続できる

よく注目される点からDf ボディを評価する

Df ボディのストレージについて評価

内部ストレージに保存できる写真枚数について

内部ストレージに保存できる写真枚数が多いカメラは撮影した画像をカメラに多く保存できる点で使い勝手が良いです。例えばより多くの写真を撮影するのにおススメです。

内部ストレージに保存できる写真枚数について、「Df ボディ」は1400枚です。平均的なカメラと比べて「Df ボディ」の撮影枚数はとても多いカメラと言えるでしょう。より多くの写真や動画の保存が可能なのでメモリーカードを交換することなく撮影を続行できる点で「Df ボディ」は非常に良いです。より多くの写真を保存するなら「Df ボディ」は非常にオススメです。そのため「Df ボディ」にする大きな理由の一つとなります。内部ストレージに保存できる写真枚数という点でこれより多いカメラを選んでも「Df ボディ」との違いをほとんど感じられないと思われます。

内部ストレージに保存できる写真枚数評価
Df ボディ1400枚97/100

Df ボディの基本情報について評価

本体のサイズについて

本体のサイズが小さいカメラはカバンにも入れやすく、簡単に持ち運びできる点で優れています。特にポケットに入れて手軽に持ち歩きするといったときで重宝します。

「Df ボディ」の本体のサイズは横:143.5 mm、縦:110 mm、厚さ:66.5 mmです。標準的なカメラと比べて「Df ボディ」のサイズはどちらかといえば大きい方に分けられるカメラと言えます。本体のサイズにほとんど興味がない人でもストレスを感じるでしょう。従ってワンランク上にした方が良さそうです。

本体のサイズ評価
Df ボディ横:143.5 mm、縦:110 mm、厚さ:66.5 mm20/100

本体重量について

本体重量が軽いカメラは重さを気にせず気軽に携帯できる点で使い勝手が良いです。例えば外出時などに持ち運びながら撮影するようなケースで役に立ちます。

「Df ボディ」の本体重量は710 gです。「Df ボディ」は平均的なカメラよりもとても重いと言えるカメラでしょう。本体重量にあまり関心がない人でも日常で利用していてストレスを感じることがありそうです。そのためもう一つ上を見てみた方がいいのかもしれません。

本体重量評価
Df ボディ710 g16/100

Df ボディの堅牢性について評価

防水対応について

防水に対応しているカメラはプールや海などの水辺での撮影ができる点で使い勝手が良いです。特にアウトドアで使用するといったケースにおススメです。

「Df ボディ」は防水に対応しているカメラです。そのため水中や水に濡れるような場面でも撮影できる点で使い勝手が良いです。海や川といった水辺で写真撮影するなら「Df ボディ」は適しています。

防塵対応について

防塵仕様となっているカメラは微細な粉塵が浮遊した環境で撮影できる点で使い勝手が良いです。例えばキャンプなどのアウトドアシーンや工事現場などでも安心して撮影するといったときで役立ちます。

「Df ボディ」は防塵仕様となっているカメラです。そのため砂塵の多い環境下でも安心して使用できる点で優れています。高い気密性により砂やホコリの侵入を防止するなら「Df ボディ」は向いています。

Df ボディのディスプレイについて評価

画面サイズについて

画面サイズが大きいカメラは撮影時に構図をしっかり決める事ができる点で秀でています。特に広い視野でより綺麗な写真を撮影するといったようなときに適しています。

画面サイズについて「Df ボディ」は3.2インチです。「Df ボディ」は普通のカメラと比べてとても大きいと言える画面です。自分が撮影したい写真をイメージ通り撮影できたり、撮影した写真が期待通りかすぐに確認できる点で「Df ボディ」は秀でていると言えるでしょう。画面が見やすいためより様々なアングルで撮影したい場合に「Df ボディ」はとても向いています。そのため「Df ボディ」にする大きな理由となると思います。これよりも大きい画面のカメラでもほとんど「Df ボディ」と同じでしょう。

画面サイズ評価
Df ボディ3.2インチ86/100

Df ボディのレンズについて評価

ゴミ取り機構機能について

ゴミ取り機構機能を搭載しているカメラはカメラの手入れが行き届かない部分も自動で掃除できる点で秀でています。特にレンズに付着するほこりを自動的に除去し画像にほこりが写ることなく撮影するのにおススメです。

「Df ボディ」はゴミ取り機構機能を搭載しているカメラです。そのためセンサーについたゴミを落とすことができる点で優れています。ホコリなどの映り込みがないきれいな写真を撮影するのに「Df ボディ」はオススメです。

Df ボディの撮影モードについて評価

ライブビュー撮影撮影について

ライブビュー撮影ができるカメラは液晶モニターに写った写真を見ながら撮影できるので、写っているものや角度などを確認できる点で使い勝手が良いです。特にファインダーを覗かずに、液晶に写ったまま撮れるので、楽な態勢で撮影、また三脚に固定して撮影するといったようなときにおススメです。

「Df ボディ」はライブビュー撮影ができるカメラです。そのためファインダーを覗き込まずにモニターを見ながら撮影できる点で秀でています。モデルの撮影時など、被写体を確認しながら撮影するなら「Df ボディ」はおすすめです。

Df ボディのファインダーについて評価

ファインダーの倍率について

ファインダーの倍率が高いカメラはより遠くの被写体を撮影できる点で優れています。特に肉眼で見るのと同じような感覚で写真を撮影するようなケースで役立ちます。

「Df ボディ」のファインダーの倍率は0.7倍です。「Df ボディ」は標準的なカメラと比べてとても低いと言えるファインダー倍率です。ファインダーの倍率にほとんど興味がない人でも使っていて不満を感じるでしょう。そのためワンランク上を検討した方がいいでしょう。

ファインダーの倍率評価
Df ボディ0.7倍17/100

ファインダー視野率について

ファインダー視野率が100%となっているかカメラはファインダーで見える画像と同じ視野の範囲で撮影できる点で使い勝手が良いです。例えばファインダーで見える範囲がそのまま写真になるので、「撮影時にはファインダーに邪魔なものは無かったのに写真で確認すると端に意図しないものが写りこんでいる」という事象を防止するのにおススメです。

「Df ボディ」はファインダー視野率が100%となっているかカメラです。そのためファインダーでみたままの画角で作品を撮影できる点で使い勝手が良いです。実際に出来上がる写真と全く同じ範囲をファインダーで確認しながら撮影するなら「Df ボディ」はおすすめです。

Df ボディの撮影速度について評価

1秒あたりの記録可能コマ数について

1秒あたりの記録可能コマ数が多いカメラは連写が得意なので、スポーツ撮影などの決定的瞬間を撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば1秒間に沢山のコマを撮影するのに向いています。

1秒あたりの記録可能コマ数について「Df ボディ」は5.5コマです。「Df ボディ」は平均的なカメラよりもやや少ない方のカメラと言えます。1秒あたりの記録可能コマ数という点場合において「Df ボディ」はあまり選択肢に入ってこないです。

1秒あたりの記録可能コマ数評価
Df ボディ5.5コマ25/100

最短シャッタースピードについて

最短シャッタースピードが短いカメラは動きのある被写体の一瞬をブレることなくはっきりとした画像で撮影できる点で秀でています。特に走っている動物などの動いている被写体をブレずに撮影するといったような場合で役立ちます。

最短シャッタースピードについて「Df ボディ」は1/4000です。「Df ボディ」は平均的なカメラと比べてほぼ同じだと言えるでしょう。水遊びしている動物を、水しぶきと一緒に躍動感のある写真を撮りたいときに使用したい場合でも通常の場合であれば「Df ボディ」を選んでもおそらく十分でしょう。通常利用であればあまり困らないくらいのモノであるため決定的とまでは言えません。こだわりが強い人には不十分であるかもしれないため、一つ上を考えることをお勧めします。

最短シャッタースピード評価
Df ボディ1/400050/100

最長シャッタースピードについて

最長シャッタースピードが長いカメラはシャッターを長時間開けておけるので、星空の軌跡などを美しく撮影できる点で使い勝手が良いです。例えば星を撮影したり、夜景を撮影したりするような場合で役立ちます。

「Df ボディ」の最長シャッタースピードは4秒です。「Df ボディ」は普通のカメラよりもとても短い部類に入るシャッタースピードと言えるでしょう。最長シャッタースピードという観点で見るならほとんど「Df ボディ」はおすすめできないです。

最長シャッタースピード評価
Df ボディ4秒14/100

起動にかかる時間について

起動にかかる時間が短いカメラは撮影するまでのタイムラグが短くシャッターチャンスを逃さず撮影できる点で使い勝手が良いです。特にシャッターチャンスを逃さずに撮影するといったようなときで役立ちます。

「Df ボディ」の起動にかかる時間は0.14秒です。「Df ボディ」は標準的なカメラとくらべて非常に短い部類に分けられるカメラです。撮りたいと思った時にすぐに撮影ができるため、シャッターチャンスを逃さずに撮影ができる点で「Df ボディ」は秀でているでしょう。撮影したいと思った時に素早く撮影開始するときに「Df ボディ」は非常に適しています。従って「Df ボディ」に決める大きな要素となると思います。起動にかかる時間という観点でこれ以上短いカメラを選んでもほぼ意味がないと思います。

起動にかかる時間評価
Df ボディ0.14秒90/100

Df ボディの撮影明度について評価

最低ISO感度について

最低ISO感度が低いカメラは写真のノイズをより抑えることができ、画質の良い写真を残すことができる点で使い勝手が良いです。例えば直射日光の下など、極端に明るい場所でも露出オーバーにならずに撮影するといったときで役立ちます。

「Df ボディ」の最低ISO感度は50です。「Df ボディ」は平均的なカメラより非常に低いと言えるISO感度です。デジタル処理によって生じるノイズの影響を低減できる点で「Df ボディ」は優れていると言えます。画質の良いきめ細かな写真の撮影したいときに「Df ボディ」は非常におすすめです。従って「Df ボディ」はかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。最低ISO感度という視点でこれより低いカメラでもほぼ意味がないでしょう。

最低ISO感度評価
Df ボディ5092/100

最高ISO感度について

最高ISO感度が高いカメラは光の量が少なくても明るく撮影することができ、絞りを絞ったりシャッタースピードを早くしたりと難しい設定をしなくても撮影することができる点で使い勝手が良いです。特に暗い夜間における撮影や明かりの少ない部屋の中での撮影に際して、ノイズの少ない高感度な撮影をするのに適しています。

最高ISO感度について、「Df ボディ」は204800です。「Df ボディ」は平均的なカメラと比較してとても高い方に入るISO感度です。暗い場所でも素早く撮影することができる点で「Df ボディ」は優れています。暗いところで光っているものを撮影したいときに「Df ボディ」はとてもおすすめです。従って「Df ボディ」はかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。最高ISO感度という観点でこれ以上高いカメラを選んでもほとんど意味がないでしょう。

最高ISO感度評価
Df ボディ20480097/100

バルブ撮影機能について

バルブ撮影に対応しているカメラはシャッターボタンを押している間はずっとシャッターが開いたままで長時間露光になるので夜景や花火などのシーンを美しく撮影できる点で秀でています。特にタイム撮影と似ているが、シャッターを閉じたいところで閉じることができるので、車のライトや花火など光の軌跡を撮影するといったようなときで役に立ちます。

「Df ボディ」はバルブ撮影に対応しているカメラです。そのため夜景や花火、星空などの天体を綺麗に撮影できる点で使い勝手が良いです。長時間露出での撮影が出来るため、肉眼では見ることが出来ない幻想的な写真を撮影するなら「Df ボディ」はオススメです。

タイム撮影機能について

タイム撮影に対応しているカメラはシャッターボタンを押し続けている間ずっと露光するので花火や星空を美しく撮影できる点で秀でています。特に花火や星など、暗い場所でシャッターを開く時間を自由に決める撮影をするといったようなときで役立ちます。

「Df ボディ」はタイム撮影に対応しているカメラです。そのため時間経過による記録撮影が簡単にできる点で使い勝手が良いです。星の動きのような点の被写体を線形として撮影したり、動きのあるものを一枚の写真として撮影するのに「Df ボディ」はオススメです。

Df ボディの撮影性能について評価

総画素数について

総画素数が多いカメラは解像度の高い綺麗な写真が撮影できる点で使い勝手が良いです。例えばディテールのしっかりした画像の撮影をするといったときにおすすめです。

「Df ボディ」の総画素数は1661万画素です。一般的なカメラとくらべて「Df ボディ」の画素数はほとんど同じくらいと言えるでしょう。総画素数という点で見るつもりなら「Df ボディ」は選択肢に入れない方がいいです。

総画素数評価
Df ボディ1661万画素42/100

イメージセンサーについて

イメージセンサーが大きいカメラは画質の良い写真を撮影することができる点で秀でています。特により高画質に撮影するのにおすすめです。

イメージセンサーについて、「Df ボディ」はフルサイズです。平均的なカメラより「Df ボディ」の撮像素子はかなり大きい部類のカメラです。また「Df ボディ」は光を多く集められることで、高画質な画像を撮影できる点で秀でていると言えるでしょう。より鮮やかに滑らかに撮影をしたいときに「Df ボディ」はとてもオススメです。従って「Df ボディ」はかなりおすすめでしょう。これよりも大きい撮像素子のカメラでも「Df ボディ」との違いをほとんど感じられないと思われます。

イメージセンサー評価
Df ボディフルサイズ92/100

Df ボディの接続機能について評価

PictBridge対応可否について

PictBridgeに対応しているカメラはパソコンを使用せずに簡単にデジタルプリントができる点で優れています。特にパソコンを使用せず写真を印刷するといったときにおススメです。

「Df ボディ」はPictBridgeに対応しているカメラです。そのためパソコンを使わずにカメラからプリンタへ直接写真をプリントアウトできる点で秀でています。撮った画像をPCに取り込まずにプリンタで直接印刷するのに「Df ボディ」はおすすめです。

HDMI対応について

HDMI端子で接続できるカメラはテレビやパソコンなどに繋ぎ、大画面で画像を見ることができる点で秀でています。特に撮影したものをテレビなど外部に出力するといったケースに最適です。

「Df ボディ」はHDMI端子で接続できるカメラです。そのためテレビなど外部出力を簡単にできる点で優れています。撮影した動画などをテレビなど外部のものに出力するのに「Df ボディ」はおすすめです。

Df ボディの調節機能について評価

AF測距点の最大数について

AF測距点の最大数が多いカメラはより広い範囲でピントを合わすことができる点で秀でています。特に虫などの小さな被写体に細かくピントを合わせた撮影をするのにおすすめです。

「Df ボディ」のAF測距点の最大数は39点です。「Df ボディ」は一般的なカメラと比べると同じくらいと言えるでしょう。電車や動物など、動くものを撮影するのに通常なら「Df ボディ」でもおそらく問題に感じることはないでしょう。通常利用であれば比較的問題を感じずに使えるものであるため、「Df ボディ」が決定的に優秀という程ではないでしょう。少しでも快適に使いたい人にとっては不十分である可能性が高く、ワンランク上のカメラを見てみた方がいいのかもしれません。

AF測距点の最大数評価
Df ボディ39点43/100

Df ボディの保存形式について評価

RAW+JPEG同時記録機能について

RAWとJPEGを同時に記録できるカメラは被写体のシーンにあわせ、動きの速い被写体や高画質で保存したい被写体などそれぞれのメリットを活かして保存できる点で優れています。特に高画質な画像と容量の軽い画像を同時に保存するといったときに最適です。

「Df ボディ」はRAWとJPEGを同時に記録できるカメラです。そのため撮影した写真に満足できなかった場合でもRAWデータを現像し直すことで好みの1枚を作ることができる点で秀でています。加工せずに使える写真と後から加工する写真を同時に記録するなら「Df ボディ」はオススメです。

Df ボディの詳細情報

Df ボディ
画像Df ボディ
本体のサイズ横:143.5 mm、縦:110 mm、厚さ:66.5 mm
本体重量710 g
ブラック/シルバー
電池の型番EN-EL14a
防水に対応しているかどうか
防塵仕様となっているかどうか
画面サイズ3.2インチ
ファインダーの倍率0.7倍
ファインダー形式ペンタプリズム
ファインダー視野率が100%となっているかどうか
内部ストレージに保存できる写真枚数1400枚
対応外部ストレージSDHC/SD/SDXC
外部ストレージのスロット数が2つあるかどうか×
総画素数1661万画素
イメージセンサーフルサイズ
イメージセンサーの大きさフルサイズ
AF測距点の最大数39点
1秒あたりの記録可能コマ数5.5コマ
最短シャッタースピード1/4000
最短シャッタースピード1/4000
最長シャッタースピード4
最長シャッタースピード4秒
起動にかかる時間0.14秒
最低ISO感度50
最高ISO感度204800
バルブ撮影に対応しているかどうか
タイム撮影に対応しているかどうか
ライブビュー撮影ができるかどうか
レンズマウントニコンFマウント
ゴミ取り機構機能を搭載しているかどうか
データの保存形式JPEG/RAW/TIFF
RAWとJPEGを同時に記録できるかどうか
RAW撮影時のビット数12bit/14bit
PictBridgeに対応しているかどうか
HDMI端子で接続できるかどうか

類似のカメラを探す

他のカメラと比較する

価格をチェックする

Df ボディの価格を今すぐチェック

Df ボディと評価が同程度のカメラを探す

α6400 ILCE-6400 ボディ

本体のサイズ:横:120 mm、縦:66.9 mm、厚さ:59.7 mm, 本体重量:359 g, 画面サイズ:3インチ, ファインダーの倍率:1.07倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:410枚, 総画素数:2500万画素, イメージセンサー:APS-C, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:425点, 1秒あたりの記録可能コマ数:11コマ, 最短シャッタースピード:1/4000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:102400

EOS M6 Mark II ボディ

本体のサイズ:横:119.6 mm、縦:70 mm、厚さ:49.2 mm, 本体重量:361 g, 起動にかかる時間:1.02秒, 画面サイズ:3インチ, 内部ストレージに保存できる写真枚数:305枚, 総画素数:3440万画素, イメージセンサー:APS-C, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:143点, 1秒あたりの記録可能コマ数:14コマ, 最短シャッタースピード:1/4000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:51200

ライカSL2 ボディ

本体のサイズ:横:146 mm、縦:107 mm、厚さ:42 mm, 本体重量:835 g, 画面サイズ:3.2インチ, ファインダーの倍率:0.78倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:370枚, イメージセンサー:フルサイズ, 動画解像度:5120x2880, AF測距点の最大数:225点, 1秒あたりの記録可能コマ数:20コマ, 最短シャッタースピード:1/40000, 最長シャッタースピード:1秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:50000

PENTAX XG-1

本体のサイズ:横:119 mm、縦:97.5 mm、厚さ:89 mm, 本体重量:567 g, 画面サイズ:3インチ, ファインダーのドット数:20ドット, ストレージ容量:4MB, 内部ストレージに保存できる写真枚数:240枚, 総画素数:1600万画素, イメージセンサー:1/2.3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:30fps, 光学ズームの倍率:52倍, デジタルズームの倍率:4倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:60コマ, 最短シャッタースピード:1/2000, 最長シャッタースピード:0.25秒, 最小F値:F2.8, 最大F値:F5.6, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:3200, 設定可能な最短焦点距離:24 mm, 設定可能な最長焦点距離:1.3 m, 最短撮影距離:10 mm

LUMIX DMC-SZ10

本体のサイズ:横:99 mm、縦:59.9 mm、厚さ:29.8 mm, 本体重量:177 g, 画面サイズ:2.7インチ, ストレージ容量:80MB, 内部ストレージに保存できる写真枚数:200枚, 内部ストレージに保存できる動画時間:35時間, 総画素数:1660万画素, イメージセンサー:1/2.33型, 動画解像度:1280x720, 対応フレームレート:30fps, 光学ズームの倍率:12倍, デジタルズームの倍率:4倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:3.5コマ, 最短シャッタースピード:1/2000, 最長シャッタースピード:8秒, 最小F値:F3.1, 最大F値:F6.3, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:6400, 設定可能な最短焦点距離:24 mm, 設定可能な最長焦点距離:288 mm, 最短撮影距離:30 mm

PowerShot ZOOM

本体のサイズ:横:103.2 mm、縦:50.8 mm、厚さ:33.4 mm, 本体重量:145 g, ファインダーのドット数:236ドット, 内部ストレージに保存できる写真枚数:150枚, 総画素数:2110万画素, イメージセンサー:1/3型, 動画解像度:1920x1080, 対応フレームレート:30.0fps, 光学ズームの倍率:4倍, デジタルズームの倍率:2倍, 1秒あたりの記録可能コマ数:10コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:0.0333333秒, 最小F値:F5.6, 最大F値:F6.3, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:3200, 設定可能な最短焦点距離:35 mm, 設定可能な最長焦点距離:40 cm, 最短撮影距離:1 m

SIGMA fp L ELECTRONIC VIEWFINDER EVF-11 キット

本体のサイズ:横:112.6 mm、縦:69.9 mm、厚さ:45.3 mm, 本体重量:375 g, ファインダーの倍率:0.83倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:240枚, 総画素数:6240万画素, イメージセンサー:フルサイズ, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:49点, 1秒あたりの記録可能コマ数:10コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:6, 最高ISO感度:102400

関連リンク

MOZA MOIN Camera

本体のサイズ:横:129 mm、縦:37.8 mm、厚さ:32 mm, 本体重量:175 g, イメージセンサー:1/2.3型, 静止画解像度:4000x3000, 動画解像度:3840x2160, 最小F値:F2.2, 設定可能な最短焦点距離:14 mm

関連リンク

α7R III ILCE-7RM3A ボディ

本体のサイズ:横:126.9 mm、縦:95.6 mm、厚さ:73.7 mm, 本体重量:572 g, ファインダーの倍率:0.78倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:640枚, 総画素数:4360万画素, イメージセンサー:フルサイズ, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:425点, 1秒あたりの記録可能コマ数:10コマ, 最短シャッタースピード:1/8000, 最長シャッタースピード:30秒, 最低ISO感度:50, 最高ISO感度:102400

関連リンク

LUMIX DC-GH5M2 ボディ

本体のサイズ:横:138.5 mm、縦:98.1 mm、厚さ:87.4 mm, 本体重量:647 g, ファインダーの倍率:1.52倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:410枚, 総画素数:2177万画素, イメージセンサー:4/3型, 動画解像度:4096x2160, AF測距点の最大数:225点, 1秒あたりの記録可能コマ数:12コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:1秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600

関連リンク

LUMIX DC-GH5M2M 標準ズームレンズキット

本体のサイズ:横:138.5 mm、縦:98.1 mm、厚さ:87.4 mm, 本体重量:647 g, ファインダーの倍率:1.52倍, 内部ストレージに保存できる写真枚数:410枚, 総画素数:2177万画素, イメージセンサー:4/3型, 動画解像度:4096x2160, AF測距点の最大数:225点, 1秒あたりの記録可能コマ数:12コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:1秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600

関連リンク

OLYMPUS PEN E-P7 ボディ

本体のサイズ:横:118.3 mm、縦:68.5 mm、厚さ:38.1 mm, 本体重量:289 g, 内部ストレージに保存できる写真枚数:360枚, 総画素数:2177万画素, イメージセンサー:4/3型, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:121点, 1秒あたりの記録可能コマ数:15コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:60秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600

関連リンク

OLYMPUS PEN E-P7 14-42mm EZレンズキット

本体のサイズ:横:118.3 mm、縦:68.5 mm、厚さ:38.1 mm, 本体重量:289 g, 内部ストレージに保存できる写真枚数:360枚, 総画素数:2177万画素, イメージセンサー:4/3型, 動画解像度:3840x2160, AF測距点の最大数:121点, 1秒あたりの記録可能コマ数:15コマ, 最短シャッタースピード:1/16000, 最長シャッタースピード:60秒, 最低ISO感度:100, 最高ISO感度:25600

関連リンク

もっと見る ▼

カメラランキング

カテゴリ一覧

メーカー名でカメラを探す

ブランド名でカメラを探す

カメラ 新着記事