LEICA Q Typ 116の性能を徹底評価。メリット・デメリットを分かりやすく解説しました

LEICA Q Typ 116を徹底評価

LEICA Q Typ 116を買うべきなのかを機能、スペック・性能、使いやすさの観点から評価・レビューしました。また良い点と悪い点が一目で分かるようにLEICA Q Typ 116を選ぶメリットとデメリットについても簡潔にまとめています。

評価のサマリー
カメラ全1269機種とおススメ度を比較

総合評価

64/100

(総合: - 位)

評価項目点数
重量21/100
イメージセンサー100/100
最大F値6/100
静止画画素数90/100
最速シャッタースピード87/100
最高ISO感度86/100
サイズ23/100
最低F値96/100
総合評価64/100

LEICA Q Typ 116のメリット

  • かなり大きいイメージセンサー
  • とても大きい静止画画素数
  • かなり速い最速シャッタースピード
  • とても大きい最高ISO感度
  • かなり小さい最小F値

LEICA Q Typ 116のデメリット

  • 重い質量
  • 非常に小さい最大F値
  • 大きいサイズ

よく注目される点からLEICA Q Typ 116を評価する

LEICA Q Typ 116の重量を評価

LEICA Q Typ 116の質量は640gで、比較的重いと言えるでしょう。重さに振り回されてうっかり落としやすいという点でLEICA Q Typ 116は一般的なデジタルカメラよりも劣っています。三脚の使えない場所でも手元を安定させて撮影するにはLEICA Q Typ 116はかなり不向きです。本体の重たさにあまりこだわりが無い人でも不満を感じるレベルのため、ワンランク上のデカメラの検討をお勧めします。

重さ評価
LEICA Q Typ 116640g21/100

LEICA Q Typ 116のイメージセンサーを評価

LEICA Q Typ 116のイメージセンサーはフルサイズで、非常に大きい部類のカメラです。レンズを絞り込んでも回折ボケのない撮影ができるという点でLEICA Q Typ 116は標準的なカメラより秀でています。天体写真の撮影するならLEICA Q Typ 116がとても向いています。LEICA Q Typ 116を選ぶ上で一つの決め手になるでしょう。

イメージセンサー
LEICA Q Typ 116100/100

LEICA Q Typ 116の最大F値を評価

LEICA Q Typ 116の最高F値はかなり小さいと言えるカメラで、1.7です。スローシャッターで撮影するには光を取り込みすぎる点でLEICA Q Typ 116は一般的なカメラより良くありません。電球など照明器具を撮影するならLEICA Q Typ 116が全くおすすめ出来ません。最大F値にあまりこだわりが無い人でも不満を感じるレベルのため、ワンランク上のデカメラの検討をお勧めします。

F値評価
LEICA Q Typ 1161.7~1.76/100

LEICA Q Typ 116の静止画有効画素数を評価

LEICA Q Typ 116の静止画有効画素数は非常に大きいと言えるデジタルカメラで、2420万画素です。写真のピクセル数を増やすことができるという点でLEICA Q Typ 116は標準的なカメラよりもよいです。色彩豊かな風景を撮影するならLEICA Q Typ 116が多少適しているでしょう。LEICA Q Typ 116の静止画有効画素数は優れた特徴の一つでしょう。しかし全体でみるとワンランク上もあるため、決定的に優れている程ではありません。

静止画有効画素数評価
LEICA Q Typ 1162420万画素90/100

LEICA Q Typ 116の最速シャッタースピードを評価

LEICA Q Typ 116の最速シャッタースピードは0.0000625~30秒で、非常に速いです。動きの速い被写体でも一瞬でシャッターを切れるため被写体が原因の振れを最小限にできる点でLEICA Q Typ 116は平均的なカメラよりも使い勝手が良いです。野鳥や動物撮影するならLEICA Q Typ 116が非常にオススメです。最速シャッタースピードが速いという点はLEICA Q Typ 116の特筆すべき特徴の一つです。

最小シャッタースピード
LEICA Q Typ 11687/100

LEICA Q Typ 116の最大ISO感度を評価

LEICA Q Typ 116の最大ISO感度は非常に大きいデジカメで、50000です。少ない光量でも撮影できるという点でLEICA Q Typ 116は平均的なカメラより多少優れているでしょう。暗い場所でフラッシュを使わず撮影するにはLEICA Q Typ 116はややおすすめです。LEICA Q Typ 116の最大ISO感度は優れた特徴の一つでしょう。しかし全体でみるとワンランク上もあるため、決定的に優れている程ではありません。

最高ISO感度
LEICA Q Typ 11686/100

LEICA Q Typ 116のサイズを評価

LEICA Q Typ 116のサイズはどちらかといえば大きいデジタルカメラで、縦:93.0mm、横:130.0mm、幅:80.0mmです。握りが浅くなりがちで落としやすく、手元が不安定の為ブレたやすいという点でLEICA Q Typ 116は普通のデジタルカメラより良くありません。ふらっとカメラを持って日常を記録するならLEICA Q Typ 116が非常に不向きです。あまり大きさに関心が無い人でもかなり不満を感じる可能性があるためワンランク上を検討した方がいいでしょう。

サイズ評価
LEICA Q Typ 116縦:93.0mm、横:130.0mm、幅:80.0mm23/100

LEICA Q Typ 116の最低F値を評価

LEICA Q Typ 116の最小F値はとても小さいデジカメで、1.7です。光量を取り込めて暗い場所でも鮮明に撮影できる点でLEICA Q Typ 116は平均的なデジカメよりも使い勝手が良いです。背景のボケを大きく撮影するならLEICA Q Typ 116がとても向いています。最小F値が小さいという点はLEICA Q Typ 116の特筆すべき特徴の一つです。

最小F値
LEICA Q Typ 11696/100

LEICA Q Typ 116の詳細情報

LEICA Q Typ 116
画像LEICA Q Typ 116
重量640g
イメージセンサーフルサイズ
最大F値1.7
静止画画素数2420万画素
最速シャッタースピード0.0000625~30秒
最高ISO感度50000
サイズ縦:93.0mm、横:130.0mm、幅:80.0mm
最低F値1.7

類似した性能のカメラを見る

他のカメラと比較する

価格をチェックする

LEICA Q Typ 116の価格を今すぐチェック

評価が同程度のカメラを探す

評価が同程度のカメラを探す

他のLEICAシリーズを見る
他のライカ製のカメラを見る
カメラランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でカメラを探す
ブランド名でカメラを探す
カメラ 新着記事