LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット のメリットとデメリットを解説

作成日時: 2023-01-04 19:19:53

 LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット を徹底評価

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキットは、657gの本体重量を持ち、ブラックの色が特徴です。また、タッチパネルが備わっているため、スムーズな操作が可能です。さらに、防水対応と防塵対応を備えており、様々な環境下での撮影にも対応できます。

画面の可動方式は、バリアングル式を採用しており、バリアングル式可動モニターも備わっています。セルフィー撮影にも適しているため、様々なシーンで活躍することができます。

ファインダーの倍率は0.78倍であり、有機EL(OLED)LVFを採用しています。また、ファインダー視野率が100%あるため、非常に高画質で撮影できます。

撮影枚数は370枚であり、SD/SDHC/SDXCといった外部ストレージにも対応しています。外部ストレージのスロットも備わっており、容量の心配をすることなく撮影を続けることができます。

イメージセンサーの大きさはフルサイズで、総画素数は2528万画素となっています。ローパスフィルターレス対応で高画質な撮影ができるため、愛好家からも高い評価を得ています。

4K解像度にも対応しており、5952x3968の動画解像度で撮影することが可能です。また、5軸手ぶれ補正機能や手ぶれ補正機能を搭載しているため、手振れによる画像のブレを軽減することができます。

1秒あたりの記録可能コマ数は30コマであり、最短シャッタースピードは1/8000秒、最長シャッタースピードは60秒です。また、バルブ撮影機能やタイムラプス撮影機能、ライブビュー撮影撮影も備えているため、様々な表現力を持った撮影が可能です。

レンズマウントはライカLマウントを採用しており、データの保存形式はMOV/MP4/JPEG/RAWに対応しています。RAW+JPEG同時記録機能も備わっているため、撮影したデータをより柔軟に編集することができます。

さらに、Wi-Fi対応・Bluetooth対応で、Bluetooth 5.0、BLE規格にも対応しているため、スマートフォンやタブレットとのデータのやりとりがスムーズに行えます。

以上のように、LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキットは高性能な機能を持ち合わせており、様々な撮影シーンに対応できます。そのため、カメラ愛好家やプロのカメラマンにもおすすめできる製品であると言えます。

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット のメリット

  • 総画素数は極めて多い
  • 撮像素子サイズはもの凄く大きい
  • 非常に高い動画解像度
  • 1秒あたりの記録可能コマ数はどちらかと言うと多い
  • かなり短い最短シャッタースピード
  • 最長シャッタースピードはもの凄く長い
  • 最低ISO感度は上位レベルに位置づけられるほど低い
  • 最高ISO感度はとても高い

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット のデメリット

  • 非常に大きい本体サイズ
  • どちらかといえば重い本体重量
  • ファインダーの倍率はどちらかと言うと低い

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の特徴

  • タッチパネルに対応している
  • 防水に対応している
  • 防塵仕様となっている
  • 画面がバリアングル方式で可動する
  • 自撮りに対応している
  • ファインダー視野率が100%となっている
  • 外部ストレージのスロット数が2つある
  • ローパスフィルターレスとなっている
  • 4Kに対応している
  • 5軸手ブレ補正機能を搭載している
  • 手ブレ補正機構を搭載している
  • バルブ撮影に対応している
  • タイムラプス撮影ができる
  • ライブビュー撮影ができる
  • RAWとJPEGを同時に記録できる
  • Wi-Fiに対応している
  • Bluetoothに対応している
  • BluetoothがBLE規格に対応している
  • HDMI端子で接続できる

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット のメリットと微妙な点についての評価

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の撮影速度について

1秒あたりの記録可能コマ数について

1秒あたりの記録可能コマ数が多いカメラはよりリアルに近い、細やかな動画を撮影できるので優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。とくに外出先で膨大な量の撮影をしたい人が使用するときにオススメです。

1秒あたりの記録可能コマ数について「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は30コマです。平均よりこのカメラの1秒あたりの記録可能コマ数はどちらかと言うと多い方のカメラと言えます。素早く動いている被写体でも的確に撮影することができる為、この商品はどちらかといえば秀でているといえるかもしれません。連射機能を使用して撮影したい時に「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はどちらかといえばお勧めです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は実の所1秒あたりの記録可能コマ数という点においてどちらかと言うと良い部類に入るでしょう。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、こだわりを追及してもう一つ上を検討してもいいでしょう。

1秒あたりの記録可能コマ数評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット30コマ77/100

最短シャッタースピードについて

動く被写体をきっちりと止める事ができ、撮影者の手ぶれを抑制できる点で短い最短シャッタースピードのカメラは良い部類に入るでしょう。特に動く被写体をブラさずに撮影するような時におすすめだと思います。

最短シャッタースピードについて「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は1/8000です。平均的なカメラよりこのカメラの最短シャッタースピードはもの凄く短いカメラと言えます。シャッターチャンスを逃すことなく撮影できるのでこの商品は大変優れているといえなくもないでしょう。スポーツシーンで決定的瞬間を逃さず撮影したいときに「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はとても向いています。

最短シャッタースピードという点でみたときの実際の使用感はもの凄く優れていると言えそうです。これより短いシャッタースピードのカメラでもほとんど意味がないでしょう。

最短シャッタースピード評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット1/800090/100

最長シャッタースピードについて

最長シャッタースピードが長いカメラは暗い場所での撮影できる点でよい部類に入るかと思います。例えば被写体のブレを少なくし綺麗に撮影したいような時に適していると言えそうです。

最長シャッタースピードについて「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は60秒です。これは凄く長い部類の最長シャッタースピードでしょう。写真をより明るく撮影できるため、この商品はとてもよいでしょう。夜間や天体撮影したい時に「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はとても適しています。

実際のところ「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は最長シャッタースピードという点でみたとき非常に優れた部類に入るでしょう。そのためこのカメラに決める上で大きな理由となるでしょう。最長シャッタースピードという点でこれよりも長いカメラを選んでもほぼ意味がないでしょう。

最長シャッタースピード評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット60秒90/100

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の撮影性能の詳細

総画素数について

多い総画素数のカメラはトリミングしたり、大伸ばしにしたりできるため優れていると言えそうです。例えば綺麗な静止画や動画を撮影する時におすすめと言えるでしょう。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の総画素数は2528万画素です。これはかなり多いと言えるカメラでしょう。情報量の多い写真が撮影できる為、この商品は非常に良いかもしれません。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は画質の良い写真を撮影するならとてもお勧めだと思います。

総画素数に関する「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の使用感はかなり優れた部類に入るでしょう。従ってこのカメラはかなりおすすめです。総画素数という観点でこれよりも多いカメラを選んでも「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」とほとんど同じでしょう。

総画素数評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット2528万画素87/100

撮像素子サイズについて

撮像素子サイズが大きいカメラは滑らかな写真を撮影できる点において優れていると言えるかもしれません。特にきめ細やかで鮮やかな画像を再現したいような場合に適しているといえそうです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の撮像素子サイズはフルサイズです。これは標準と比べるととても大きい部類に分けられる撮像素子サイズでしょう。綺麗な画像を撮ることができるため、この商品はとても優秀と言えるかもしれません。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は色を詳細に表現して高画質な撮影をする場合にお勧めと言えるでしょう。

従ってこのカメラに決める大きな理由になると思います。これより大きいイメージセンサーのカメラでもほとんど「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」と同じでしょう。

撮像素子サイズ評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキットフルサイズ92/100

ローパスフィルターレス対応について

余計なフィルターを必要としないで撮影できるため、ローパスフィルターレスとなっているカメラは優れた部類に入るかと思います。とくにより解像度を重視した被写体を撮影するようなときおすすめと言えそうです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はローパスフィルターレスとなっているカメラです。シャープではっきりとした画像を撮影できるのでこのカメラは秀でているかもしれません。干渉皺と呼ばれるモアレを抑制して綺麗な映像を撮影したいような時に「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は適しています。

4Kについて

4Kに対応しているカメラはフルハイビジョン対応カメラより、鮮明な映像を撮影できるという点でよいでしょう。高画質な画像を撮影するときにオススメだと思います。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は4Kに対応しているカメラです。4K(3840×2160)解像度を利用できるといった点でこのカメラは優れてます。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は映像の画質の劣化が少なく、きれいなまま記録をしたいようなときにお勧めです。

動画解像度について

鮮明で高画質な動画が撮影できる為、動画解像度が高いカメラは優れた部類に入るかもしれません。特に鮮明な動画を撮影したい人が使用したいなら適しています。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の動画解像度は5952x3968です。これはトップレベルに位置づけられるほど高いと言える解像度でしょう。よりクリアで綺麗な映像を映し出すことができる為この商品はすごく秀でていると言えるかもしれません。きめ細やかな画像で視認するような場合「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はとても向いています。

動画解像度という点からみたとき実際「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はすごく秀でていると言えるかもしれません。そのためこのカメラを選ぶ大きな要因になるでしょう。動画解像度という観点でこれよりも高いカメラでもほとんど意味がないと思います。

動画解像度評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット5952x396898/100

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の基本情報について

本体サイズについて

手軽に持ち運んで使用することができる為、小さい本体サイズのカメラは優秀と言えるでしょう。例えばより小さなスペースに収納するならおすすめだと思います。

本体サイズについて「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は横:134.3mm、縦:102.3mm、厚さ:90.1mmです。このカメラのサイズはもの凄く大きいと言えます。

本体サイズ評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット横:134.3mm、縦:102.3mm、厚さ:90.1mm13/100

本体重量について

荷物を軽量化し、手軽に持ち運びできるため、軽い本体重量のカメラは優秀です。軽量なため持ち運んで使用したいような時に適していると言えるかもしれません。

本体重量について「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は657gです。このカメラの重量は割と重いと言えるカメラでしょう。

本体重量評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット657g20/100

タッチパネルについて

画面タッチで操作ができるといった点でタッチパネルに対応しているカメラは秀でた部類に入るといえるかもしれません。例えば、液晶モニターにタッチすることでピントを合わせたり、タッチによりその他の直感的な操作を簡単に実行したりするような場合にお勧めです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はタッチパネルに対応しているカメラです。画面をタッチするだけでピントをあわせることができるため、このカメラは優秀です。画面をタッチするだけでピントをあわせをしたいような場合に「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はおすすめだと思います。

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の撮影明度について

最低ISO感度について

ノイズを減らして撮影できるといった点で最低ISO感度が低いカメラは秀でていそうです。特に明るい場所での撮影が得意なので、屋外で撮影する事が多い人が使用したいなら向いています。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の最低ISO感度は50です。これは上位に位置づけられるほど低い部類の最低ISO感度です。より高品質な写真を撮ることができるため、この商品は非常に秀でているといえなくもありません。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はノイズの少ない写真を撮影したい人が使用したいようなときにとてもオススメだと思います。

これ以上低いISO感度のカメラでも「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」との違いをほとんど感じられないと思われます。

最低ISO感度評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット5092/100

最高ISO感度について

暗い所でも撮影ができるため、高い最高ISO感度のカメラは優秀と言えそうです。夜間撮影する機会が多い人が使用するような時に適しています。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」の最高ISO感度は204800です。平均とくらべるとこのカメラのISO感度は上位に位置づけられるほど高いカメラと言えます。暗い場所で適切な明るさの写真を撮影できるため、この商品は優れていると思います。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は光を取り込む時間を短縮できるため、シャッタースピードを速くするようなときにおすすめです。

そのためこのカメラに決める上で大きな理由となると思います。これより高いISO感度のカメラでもあまり意味がないでしょう。

最高ISO感度評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット20480097/100

バルブ撮影機能について

バルブ撮影に対応しているカメラは夜景などの撮影時にできるといった点でよいです。長時間露光できるため夜景や花火などを撮影する場合におすすめです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はバルブ撮影に対応しているカメラです。シャッターを押し続けている間シャッターが開いたままになり、その間に被写体が動いた軌跡を映す長時間露光撮影ができるためこのカメラは優れた部類に入るといえそうです。夜景や天体撮影時などの長時間露光撮影する場合に「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はおすすめだと思います。

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の調節機能についての情報詳細

5軸手ブレ補正機能について

5軸手ブレ補正機能を搭載しているカメラはイメージセンサーがカメラの動きを打ち消すように動くことで手ブレを軽減できるので優れているかと思います。たとえば手ぶれの補正をしたいときにおすすめといえそうです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は5軸手ブレ補正機能を搭載しているカメラです。水平、上下、角度とあらゆる手ブレを補正できる為、このカメラは優れていそうです。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は高画質な制御で手ブレ補正したいような時にお勧めと言えるでしょう。

手ブレ補正機能について

手ブレのない画像を撮影することができるという点で手ブレ補正機構を搭載しているカメラは優秀な部類に入るといえそうです。例えば手ブレを防止し確実に撮影したいときに向いています。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は手ブレ補正機構を搭載しているカメラです。そのため撮影するときのわずかなカメラの動き(手の揺れ)を補正して、鮮明な写真を撮ることができるという点でよいと言えるかもしれません。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は手ブレを気にせずに撮影したい時にお勧めと言えるでしょう。

撮影モードを徹底評価

タイムラプス撮影機能について

タイムラプス撮影ができるカメラは時間経過での変化を撮影できるため、優秀といえるかもしれません。たとえば時間経過を表す写真を撮影するときにお勧めだと思います。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はタイムラプス撮影ができるカメラです。そのため時間経過の風景を長く撮影できるといった点で良いです。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は同じ地点から数秒のインターバルを空けて撮影した写真を、連続でつなぎ合わせするようなときにオススメです。

ライブビュー撮影撮影について

ライブビューで撮影できるという点でライブビュー撮影ができるカメラは秀でているといえなくもありません。例えば光学ファインダーを使わずに、液晶モニターに写った映像を見ながら撮影する場合におすすめと言えるかもしれません。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はライブビュー撮影ができるカメラです。撮影前に撮影後のイメージが把握できるため、このカメラは優秀です。ファインダーで撮るよりもアングルの自由度が高く撮影したいようなときに「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はおすすめと思います。

堅牢性を詳しく評価してみた

防水対応について

水濡れによる故障のリスクを回避できるので、防水に対応しているカメラは優れているといえなくもないでしょう。梅雨時や雨の日に撮影をするなら適しているといえそうです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は防水に対応しているカメラです。そのため雨天時や悪天候でも使用できるといった点で秀でていると言えるかもしれません。ダイビングでの海の中や、プールやビーチでの撮影をしたい人が使用する時「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はお勧めです。

防塵対応について

ホコリの多い野外の環境でも撮影できるので、防塵仕様となっているカメラは優れています。野外などの環境でも使用したいようなときにオススメです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は防塵仕様となっているカメラです。塵やホコリが舞うような環境で故障を回避して撮影できるのでこのカメラは優れているかと思います。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は屋外で風景を撮影する人が使用するようなときに向いていると言えるでしょう。

ストレージについての詳細

撮影枚数について

撮影枚数について「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は370枚です。平均と比較するとこのカメラの枚数はほとんど同一と言えます。

撮影枚数という視点でみたとき「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は実の所中程度です。通常利用であればそれなりに使えるくらいのモノのため、特別に優秀とは言えないでしょう。少しのストレスも感じたくない人や玄人には物足りなさを感じる可能性が高く、一つ上を検討をお勧めします。

撮影枚数評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット370枚42/100

外部ストレージのスロット数について

1つだけのカメラより沢山の映像を保管できるので、外部ストレージのスロット数が2つあるカメラは優れているかと思います。たとえばバックアップ記録できるので撮影の信頼性が高く、例えば、2枚のメモリーカードに同じデータを同時記録でき、メモリーカードを入れ忘れても、もう一方のスロットにカードが入っているようにするような場合にオススメです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は外部ストレージのスロット数が2つあるカメラです。2つあるスロットの両方を使って画像を記録するスロット2の機能を設定できる為このカメラは良いです。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は大量に写真撮影したいようなときにお勧めだと思います。

接続機能に関する LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の情報詳細

HDMI対応について

HDMI機器と接続連携できるという点でHDMI端子で接続できるカメラは優秀といえるかもしれません。複数の機器と接続したいような場合にオススメだと思います。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はHDMI端子で接続できるカメラです。モニターに直接繋いで、撮った写真を家族で鑑賞することができるため、このカメラは秀でているかと思います。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はケーブル一本でデータを転送するならお勧めだと思います。

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の通信規格に関する徹底評価

Wi-Fiについて

Wi-Fiに対応しているカメラは撮った画像を無線で転送できるので優れた部類に入るかと思います。PCやスマホ、プリンターと接続してデータを共有したいようなときに適しています。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はWi-Fiに対応しているカメラです。撮影データをワイヤレスでスマホに転送することができるためこのカメラは良いかと思います。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はWi-Fiでネット接続したいような時に適していると言えそうです。

Bluetoothについて

Bluetoothに対応しているカメラはスマホに転送することができる為優れているといえるかもしれません。撮影した写真をスマホやパソコンに手軽に転送したいような場合にお勧めと言えるかもしれません。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はBluetoothに対応しているカメラです。そのためこのカメラは周辺装置と連携して操作できる点において優れているかもしれません。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は撮影データをスマートフォンなどに移動したいときに使用するならオススメです。

BLE規格対応について

消費電力を抑え電池を長持ちさせることができるので、BluetoothがBLE規格に対応しているカメラは優れた部類に入るかもしれません。特にBluetooth機能を利用したい時にオススメと思います。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はBluetoothがBLE規格に対応しているカメラです。データ通信などを従来よりも大幅に消費電力を削減できるためこのカメラは優秀です。ワイヤレスイヤホンを使った場合、省電力なので長時間の使用をするような時「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は向いています。

ファインダーの詳細について

ファインダーの倍率について

ファインダーの倍率が高いカメラはピントなどの確認をより正確にできる為、優秀な部類に入るかと思います。特に写した映像や画像を拡大してもぼやけたり、不鮮明になりにくいので、絵画などを縮小して撮影した後で実寸大と同じサイズに拡大するのにオススメだと思います。

ファインダーの倍率について「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は0.78倍です。このカメラのファインダー倍率はどちらかといえば低い方のカメラと言えるでしょう。

ファインダーの倍率という点つもりならあまりこのカメラはおすすめできないでしょう。

ファインダーの倍率評価
LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット0.78倍29/100

ファインダー視野率100%について

100%て被写体を視認できるという点でファインダー視野率が100%となっているカメラは優秀と言えそうです。特にファインダーで覗いた範囲がそのまま画像として撮影するのにおすすめだと思います。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はファインダー視野率が100%となっているカメラです。肉眼で見るのと同じように、ピントなどの確認が正確に行うことができる為このカメラは秀でていると言えるかもしれません。ファインダー越しに正確に撮影するようなときに「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は適していると言えるかもしれません。

保存形式についての詳細

RAW+JPEG同時記録機能について

RAWとJPEGを同時に記録できるカメラはJPEG形式とRAW形式の両方で保存することができるといった点で優れているといえそうです。JPEG撮影で得た画像の発色や階調が気にいらない場合に、RAWデータを操作して自分で納得のいく画像を生成するようなときにオススメです。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はRAWとJPEGを同時に記録できるカメラです。そのためこのカメラはファイル変換の作業が必要ないので効率的に利用できる点でよいです。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は友達にサッとシェアできるJPEGと、家に帰ってじっくり編集できるRAWを同時に記録するようなときにオススメと言えそうです。

ディスプレイについての徹底評価

バリアングル式可動モニターについて

画面がバリアングル方式で可動するカメラはアングルの自由度が高く色々な角度での撮影ができるという点で秀でているといえそうです。様々なアングルの写真を撮影するような場合におすすめと言えるでしょう。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は画面がバリアングル方式で可動するカメラです。アングルを自由に変えられ自撮りもできるためこのカメラは秀でていそうです。「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はアングルの自由度が高く、自撮りをする時にお勧めだと思います。

セルフィー対応について

自画像を撮り、SNSにアップロードできる点で自撮りに対応しているカメラは優秀な部類に入るかもしれません。スマートフォンのように気軽に自撮りする場合、向いていると言えるかもしれません。

「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」は自撮りに対応しているカメラです。そのためこのカメラは自撮りに対応した機能を多く利用できる点においてよい部類に入るかと思います。自撮りを撮ったりする場合「LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット」はお勧めです。

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット 関して表で詳細を確認する

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット
画像LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット
本体サイズ横:134.3mm、縦:102.3mm、厚さ:90.1mm
本体重量657g
タッチパネル
ブラック
電池の型番DMW-BLK22
防水対応
防塵対応
画面の可動方式バリアングル式
バリアングル式可動モニター
セルフィー対応
ファインダーの倍率0.78倍
ファインダー形式有機EL(OLED)LVF
ファインダー視野率100%
撮影枚数370枚
対応外部ストレージSD/SDHC/SDXC
外部ストレージのスロット数
総画素数2528万画素
撮像素子サイズフルサイズ
イメージセンサーの大きさフルサイズ
ローパスフィルターレス対応
4K対応
動画解像度5952x3968
動画解像度5952x3968
5軸手ブレ補正機能
手ブレ補正機能
1秒あたりの記録可能コマ数30コマ
最短シャッタースピード1/8000
最短シャッタースピード1/8000
最長シャッタースピード60
最長シャッタースピード60秒
最低ISO感度50
最高ISO感度204800
バルブ撮影機能
タイムラプス撮影機能
ライブビュー撮影撮影
レンズマウントライカLマウント
データの保存形式MOV/MP4/JPEG/RAW
RAW+JPEG同時記録機能
Wi-Fi対応
Bluetooth対応
Bluetooth規格Bluetooth 5.0
BLE規格対応
HDMI対応

類似のカメラを探す

他のカメラと比較する

価格をチェック

LUMIX DC-S5M2XK 標準ズームレンズキット の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

カメラランキング

カテゴリ一覧