【2024年最新】 富士フイルム FUJIFILM X100VI レビュー評価

2024-02-20 16:44:17

総合評価

63.7/100

(総合順位: 4018/4975)

評価項目点数
本体サイズ
40/100
本体重量
27/100
撮影枚数
42/100
最長撮影時間
18/100
総画素数
93/100
撮像素子サイズ
77/100
動画解像度
87/100
対応フレームレート
66/100
1秒あたりの記録可能コマ数
82/100
最長シャッタースピード
66/100
起動にかかる時間
71/100
最小F値
71/100
最低ISO感度
70/100
最高ISO感度
74/100
最短焦点距離
77/100
最短撮影距離
55/100
総合評価63.7/100

評価レビュー

調節機能

AF自動追尾機能

富士フイルム FUJIFILM X100VIは追尾AFに対応しているカメラです。このカメラの追尾AFにより、高速に動く被写体を追いかけながら正確なピントを合わせることができます。撮影する被写体によっては、この機能がなければ非常に難しい場合がありますが、このカメラを使えばプロ並みの撮影が可能です。

追尾AFに対応しているカメラは、スポーツや野生動物の撮影など、動きの速い被写体を撮影する際に非常に便利です。手動でピントを合わせようとすると、瞬間的な動きに対応することが難しくなってしまいますが、追尾AFを使うことで滑らかな動画や正確な静止画を簡単に撮影できます。

手ブレ補正機能

富士フイルム FUJIFILM X100VIは手ブレ補正機構を搭載しているということができます。2.手ブレ補正機構を搭載しているこのカメラは、手ブレによるブレやノイズを軽減し、安定した映像撮影を可能にします。撮影者が移動しながら撮影する場合や暗所での撮影においても、高画質な映像や写真を撮影することができます。

手ブレ補正機構を搭載しているカメラは、自然な動きを残しながら写真を撮ることができます。手を動かしながら写真を撮ると、ブレやノイズが生じることがよくありますが、手ブレ補正機構を搭載しているカメラは、そうした問題を解決してくれます。これにより、美しい写真を撮ることができるのは大きなメリットです。

マニュアルフォーカス機能

富士フイルム FUJIFILM X100VIはマニュアルフォーカスできるカメラです。このカメラはマニュアルフォーカスができるため、写真の細かい調整には便利です。撮影者自身がピント調整ができるため、自分の好みに合わせた写真撮影が可能です。

マニュアルフォーカスできるカメラには、数多くのメリットがあります。まず第一に、正確にピントを合わせることができるため、映像のクオリティが向上します。また、マニュアルフォーカスで撮影することで、被写体と背景をより自然なボケ具合で表現することができます。最後に、フォーカスを自分で調整することで、より細かな表現力を引き出すことができ、クリエイティブな撮影が可能となります。

顔認識機能

富士フイルム FUJIFILM X100VIは顔認識機能を搭載しているカメラとなります。このカメラは、顔認識機能を搭載しているため、撮影者が自分自身と被写体の両方を簡単に撮影できます。さらに、綺麗な肌に見せるためのエフェクト機能も搭載されているため、撮影した写真が美しく仕上がるでしょう。

パターン3:顔認識機能を搭載しているカメラの最大のメリットは、高精度な撮影ができる点です。顔認識機能によって、正確な距離感や被写体の位置を自動で調整してくれるため、写真のブレやズレが少なくなります。さらに、顔認識機能の高精度化により、より自然な色合いや明暗のバランスが保たれるため、より美しい写真を撮影することができます。

撮影速度

1秒あたりの記録可能コマ数

富士フイルム FUJIFILM X100VIの場合、1秒あたりの記録可能コマ数は20コマというデータとなっています。全カメラの中でも1秒あたりの記録可能コマ数に関する評価点数は特に秀でたカメラの代表的存在であることが分かります。クラベル[kuraberu]の独自評価では100点中82点という評点を1秒あたりの記録可能コマ数につけています。標準と比べる場合、著しく1秒あたりの記録可能コマ数は多いカメラであると思います。パッションを込めて、このカメラの多い1秒あたりの記録可能コマ数を評価したいと思います。視点が重要な場合に、このカメラは素晴らしい性能を発揮します。非常に有用で、高品質なショットを撮影できることに加えて、多い1秒あたりの記録可能コマ数が優れています。

1秒あたりの記録可能コマ数が多いカメラの最後のメリットは、映像や写真を編集する際に非常に便利なことです。高コマ数で撮影することで、非常に多くの画像を取得でき、後で編集することができます。また、高コマ数で撮影することで、特定の瞬間を捉え、後で編集することができます。そして、編集後の映像や写真は、非常に美しくプロフェッショナルな仕上がりとなります。

この評価情報から明らかなように富士フイルム FUJIFILM X100VIは一般的なカメラと比べる場合とても凄いと感じとれると思います。したがって、このカメラを選択する一つの重視すべき判断材料といえます。1秒あたりの記録可能コマ数で比較することで、より的確な選択ができるといえます。

1秒あたりの記録可能コマ数評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI20コマ82/100

最長シャッタースピード

富士フイルム FUJIFILM X100VIの最長シャッタースピードは30秒というデータになっています。最長シャッタースピードを考えると高いグレードに存在し、100点中66点という評価点数を最長シャッタースピードにつけています。通常のカメラと比較するとこれはやや高いレベルにあるカメラとなるでしょう。このカメラの最長シャッタースピードは長いと感じました。手ブレが気になるときでもしっかりと撮影することができるため、写真のクオリティが向上しました。また、夜景の撮影にも向いており、多様なシーンで活躍することができます。

最長シャッタースピードが長いカメラを使用することによって、風景写真や星空写真をよりクリアに撮影できます。また、長時間露光によって光を容易に調整し、色鮮やかな写真を撮影することができます。さらに、高速シャッターと組み合わせることで、夜間でも美しい写真を撮影することができます。

実際の利用を想定したとき富士フイルム FUJIFILM X100VIは標準と比べる場合そこそこ上回っていると感じると思います。このカメラは最長シャッタースピードが重要な場合適していると考えることができそうです。

最長シャッタースピード評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI30秒66/100

起動にかかる時間

起動にかかる時間に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIは0.5秒になります。これはそこそこ起動にかかる時間が短いカメラであるということが分かります。すべてのカメラの中でもそこそこ上位レベルに位置します。現在市場で販売されているこのカメラの起動時間は、素晴らしい速さを誇っています。撮影シーンが刻々と変化する中でも、1秒を切る速さで起動し、逸することなく瞬間を切り取ります。何より、起動時間が速いため、重要なシーンを見逃すことがありません。

起動にかかる時間が短いカメラは、機動性に優れるため、被写体との距離や角度に応じて、瞬時に撮影位置を変えることができます。これにより、撮影の幅を大幅に広げることが可能となります。例えば、移動中の車の中から風景を撮影する場合、起動に時間がかかるカメラでは撮影できない瞬間がありますが、起動にかかる時間が短いカメラならば思い通りのショットを撮ることができます。

実用的な観点から見ると起動にかかる時間に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIはそこそこ高いレベルであるカメラと言うことができるでしょう。従って、このカメラを選ぶ一つの着目すべきポイントになります。起動にかかる時間を考慮することで、より正確な決断を下せると言えます。

起動にかかる時間評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI0.5秒71/100

通信規格

Wi-Fi対応

富士フイルム FUJIFILM X100VIはWi-Fiに対応しているカメラと言えるでしょう。Wi-Fiに対応しているこのカメラは、有線接続だけでなく、ワイヤレスでも簡単にデータを転送することができます。そのため、ケーブルやカードリーダーを使ってデータを取り込む手間が省けます。また、リモートでカメラを操作できるため、一眼レフカメラのような機能を手軽に利用することができます。

Wi-Fiに対応しているカメラのメリットは、撮影した写真や動画をスマートフォンやパソコンに簡単に転送できることです。また、Wi-Fiを使用すれば、写真のバックアップも手軽に行うことができます。さらに、スマートフォンと接続し、撮影した写真をすぐに共有することも可能です。

接続機能

HDMI対応

富士フイルム FUJIFILM X100VIはHDMI端子で接続できるといえるでしょう。HDMI端子で接続できるこのカメラは、高品質な映像を楽しむために必要不可欠な機能です。映像や写真を大画面で見ることができるため、詳細な部分まで見逃すことなく、美しい色彩や表現力に酔いしれることができます。

HDMI端子で接続できるカメラの最大のメリットは、高画質な映像が得られることです。HDMI端子は、映像信号をデジタルで転送することができ、アナログ接続よりも劣化が少なく、高画質な映像を楽しむことができます。

ディスプレイ

チルト式可動モニター

富士フイルム FUJIFILM X100VIは画面がチルト方式で可動すると言うことができるでしょう。画面がチルト方式で可動する機能を持つこのカメラは、撮影者が静止した状態からでも、被写体に最適な角度で撮影することができます。さらに、上下左右に動かすことでクリエイティブな表現も可能になります。

画面がチルト方式で可動するカメラは、撮影の自由度が非常に高いため、様々なシーンで活躍します。例えば、風景や建物撮影において、高い位置からの撮影が必要な場合でも、画面を確認しながら撮影ができるため、足場の危険性がなくなります。また、狭い空間や低い位置からの撮影でも、チルト機能により画面を確認しながら撮影することができ、クオリティーの高い写真や動画が撮れます。

撮影明度

最小F値

最小F値について富士フイルム FUJIFILM X100VIはf/2となっています。最小F値を見ると、全カメラの中でもそこそこ高い水準であるといえます。専門家による独自評価では100点中71.3点という評価点数をつけています。通常と比較すると、このカメラの最小F値が比較的小さいカメラでしょう。このカメラの小さい最小F値は他のカメラと比べても優れた性能を誇っています。光量の少ない場所でもノイズを抑え、シャープな写真を撮影可能です。アマチュアからプロまで幅広く支持されており、信頼性の高さが特徴です。このカメラを使えば、さまざまな撮影シーンで美しい写真を撮ることができます。

最小F値が小さいカメラの特徴 最小F値が小さいカメラは、光量を減らすことができるため、写真のイメージや色味を調整しやすく、アーティスティックな表現をすることができます。また、最小F値が小さいため、背景をぼかした写真を撮影することができるため、被写体の魅力を引き出すことができます。

最小F値に関して実際に使用することを考えると、富士フイルム FUJIFILM X100VIはそれなりに勝っているカメラであることが分かるでしょう。したがって、最小F値を優先したい場合、このカメラを検討したほうが良いと考えられそうです。最小F値は、不可欠な基準の1つになります。

最小F値評価
富士フイルム FUJIFILM X100VIf/271/100

最低ISO感度

最低ISO感度に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIは64となります。これは最低ISO感度が高い水準にあるカメラことが分かります。全カメラの中でも最低ISO感度のスコア評価はそこそこ優れたカメラです。得点は100点満点中70点といえるでしょう。弊社が評価したカメラの中で、このカメラの低い最低ISO感度は、素晴らしい性能を発揮していると考えます。低いISO感度で撮影することは、高品質な写真を撮る上で必須な要素であり、このカメラはその要素を大変満足のいく形でクリアしています。

最低ISO感度が低いカメラを使用することにより、より自然な写真を撮ることができます。低ISOで撮影すると、画像に自然な色と美しい質感を与えることができます。また、ハイクオリティな画像処理技術により、色や濃淡が美しく表現されていることも特徴の一つです。最低ISO感度が低いカメラでも、風景写真や人物写真などの自然な表現を求める方におすすめのカメラです。

これらの評価で明白に分かるように最低ISO感度において富士フイルム FUJIFILM X100VIはそれなりに上位にあると思います。従って、最低ISO感度を重要視する人にとって、このカメラを採用したほうがよいと言えます。そうでなくともこのカメラを検討したほうがよい決め手の一つになります。

最低ISO感度評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI6470/100

最高ISO感度

最高ISO感度について、富士フイルム FUJIFILM X100VIは51200というデータになっています。全てのカメラの中でも最高ISO感度における評価点は秀でているカメラであり得点は100点中74.2点と言えるでしょう。そこそこ最高ISO感度が秀でているカメラであると言えます。このカメラの高い最高ISO感度に関して、私たちは詳細にレビューしました。その高感度は暗い場所での撮影に非常に役立ち、画質もきれいなものが得られます。しかしながら、高感度を使用するとノイズが発生することがあるため、使用する際は注意が必要です。

最高ISO感度が高いカメラのメリットは、暗い場所での撮影においてもクリアな画像を撮影できる点です。さらに、高ISO感度のためにノイズが気になりにくく、撮影した画像を後から修正する手間も省けます。高品質な写真を撮影するためには必要不可欠なカメラといえます。

最高ISO感度について実用的な観点から見ると、富士フイルム FUJIFILM X100VIは通常より上回っていると感じられると思います。ただ、決定的ではない点を頭に入れていおく必要があることが分かるでしょう。

最高ISO感度評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI5120074/100

バルブ撮影機能

富士フイルム FUJIFILM X100VIはバルブ撮影に対応していると言うことができるでしょう。このカメラは、高品質なバルブ撮影に対応しています。長時間露光が必要な場面でも、クリアなイメージを撮影できます。また、それぞれに好みに合わせた機能設定が可能です。

パターン2:バルブ撮影に対応しているカメラは、撮影の幅を広げることができます。長時間露光を行うことで、人物写真でも面白い効果を生み出すことができます。また、この機能があれば、花火などのイベントで、美しい写真を手軽に撮ることができます。

基本情報

本体サイズ

本体サイズに関して富士フイルム FUJIFILM X100VIは横:128mm、縦:74.8mm、厚さ:55.3mmというデータです。100点中40点というデータです。通常水準ということができるカメラであると思います。このカメラは、たったの小さい本体サイズでありながら、高機能な機能が備わっています。例えば、フルHDの高画質な動画が撮影可能であり、また、風景なども美しく写真として残すことができます。

デジタルカメラの本体サイズが小さいことは、持ち運びしやすく、旅行や外出時に便利です。また、小型化に伴い機能性も向上し、高画質であったり、豊富な撮影モードを搭載したものも増えています。

実際に使用する場面において、富士フイルム FUJIFILM X100VIは典型的なカメラと言えるでしょう。決定する上で、本体サイズの情報は参考になりません。

本体サイズ評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI横:128mm、縦:74.8mm、厚さ:55.3mm40/100

本体重量

本体重量において、富士フイルム FUJIFILM X100VIは521gというデータです。本体重量に関していえば、すべてのカメラの中でも比較的不十分であると言えます。これは平均より、本体重量は比較的重いでしょう。

本体重量が軽いカメラのメリットは、撮影時の負担が軽いことです。軽いカメラは長時間の撮影でも疲れにくく、移動にも便利なため、よりスムーズな撮影ができます。また、軽量化は付加機能や耐久性が低下しないため、高性能な撮影を実現できるという点も魅力です。

実際の使用上のことを考えると、本体重量に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIはそこそこ下位レベルにあると考えることができます。ただし、決定的とまでは必ずしも言い切ることができない点には要注意です。

本体重量評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI521g27/100

タッチパネル

富士フイルム FUJIFILM X100VIはタッチパネルに対応しているカメラです。タッチパネルに対応しているこのカメラは、指先1つでカメラをコントロールできるので、非常に快適です。また、ボタンを押すときの音も気にならないため、撮影中に静かに操作できます。

タッチパネルに対応したカメラは、ファインダーを覗かなくても撮影が可能であるため、被写体を観察しながら撮影ができるメリットがある。また、画面全体を活用できるため、被写体の位置や大きさを自由に変えることができ、よりクリエイティブな撮影が可能になる。

撮影性能

総画素数

富士フイルム FUJIFILM X100VIについて、総画素数は4020万画素というデータとなっています。すべてのカメラの中でも最上位に位置するでしょう。100点中93.1点となります。圧倒的に総画素数が優れた水準にあるカメラの代表格であるといえます。このカメラは多い総画素数を持っていることで、画質が高く、ディテールが鮮明に写し出されます。また、暗い場所でも鮮明に撮影することができるため、夜景撮影にも最適です。

総画素数が多いカメラは、高品質な写真や映像を撮影できる上、編集時にも有利です。例えば、大きなプリントサイズや細部の拡大の場合、総画素数が多いほど詳細な表現ができます。また、高解像度の動画撮影も可能となり、高画質な映像作品が制作できます。

総画素数について実際的なメリットを考慮すると、富士フイルム FUJIFILM X100VIはとても秀でているカメラと言えるでしょう。そのため、このカメラは総画素数を優先する人にとっては適しているということができます。ともあれ、総画素数に着目して比較することが、より賢明な決断を下すことにつながると思います。

総画素数評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI4020万画素93/100

撮像素子サイズ

富士フイルム FUJIFILM X100VIにおいて、撮像素子サイズはAPS-Cとなります。撮像素子サイズでいえば高いグレードに位置するでしょう。当サイトにおける独自評価では100点満点中77.9点というデータになっています。これは通常のカメラよりやや優位にあると考えられるかもしれません。このカメラの大きい撮像素子サイズは、特に風景写真を撮影する際に威力を発揮します。その広い視野を捉えることができ、美しい景色を余すことなく記録することができます。

撮像素子サイズが大きいカメラは、よりノイズの少ない、より色彩豊かな画像を生成することができます。そのため、プロのフォトグラファーやビデオグラファーにとっては欠かせない機能です。また、撮像素子サイズが大きいカメラは、ダイナミックレンジが広く、夜景や高コントラストのシーンでも美しい画像を生み出します。

これらの評価から分かるように、実際に活用する場面を考えると、撮像素子サイズについて富士フイルム FUJIFILM X100VIはやや高いレベルにあると思われます。このためこのカメラは撮像素子サイズを優先するのであれば最適と言うことができそうです。いずれにしても撮像素子サイズは商品選びに関する不可欠な要素の1つになると思います。

撮像素子サイズ評価
富士フイルム FUJIFILM X100VIAPS-C77/100

ローパスフィルターレス対応

富士フイルム FUJIFILM X100VIはローパスフィルターレスとなっていると言うことができるでしょう。・このカメラは、ローパスフィルターレスとなっているため、よりクリアな画像を撮影できます。・また、低照度環境下でも高画質な写真を撮影することができるため、プロのフォトグラファーからも高い評価を得ています。・しかも、その効果は明確でありながら、画像処理技術に頼らずに実現できる点も、このカメラの大きな魅力です。

ローパスフィルターレスとなっているカメラには、モヤが発生しにくいことがメリットの一つです。ローパスフィルターがない場合、光の屈折や回折が誘発するミリングという現象が抑制され、写真にモヤが発生しにくくなります。さらに、細かいディテールまで繊細に表現できるため、より美しい写真を撮影することができます。

4K対応

富士フイルム FUJIFILM X100VIは4Kに対応しているカメラです。4Kに対応しているこのカメラは、美しい映像を撮影することができます。撮影した映像は、細かなディテールが繊細に表現され、まるで目の前にいるかのような臨場感を味わうことができます。

4K対応カメラの利点は、静止画においても高解像度での保存やトリミングによるクロップが可能となり、より柔軟な編集ができることです。さらに、4K同時録画機能が搭載されているカメラであれば、撮影者がより充実した撮影体験を得ることができます。

動画解像度

動画解像度に関して、富士フイルム FUJIFILM X100VIは6240x3510というデータです。典型的なカメラより、とても高い水準であるカメラだと思います。すべてのカメラの中でもすばらしいであることが分かるでしょう。このカメラは、高い動画解像度で素晴らしい映像を撮影することができます。さまざまな環境下での撮影にも、迫真のある映像を撮ります。このカメラは、高品質な映像を求める方にオススメです。

動画解像度が高いカメラの優れた点は、ビジネスシーンでも活用できることです。例えば、プレゼンテーションやセミナーの際に、映像を使って効果的に説明することができます。高画質で撮影することで、細かな情報まで伝えることができ、聴衆の方々にしっかりと理解してもらうことができます。

この評価から明らかなように、動画解像度に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIはかなり高い水準であるカメラといえるでしょう。したがって、このカメラの選択を推奨する一つの決め手と言えます。また、このカメラは動画解像度に注目する人にとってはお勧めと考えられるかもしれません。動画解像度は、必要不可欠な基準になると言えるでしょう。

動画解像度評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI6240x351087/100

対応フレームレート

対応フレームレートに関して富士フイルム FUJIFILM X100VIは29.97fpsというデータと言えます。平均より、抜きん出ているカメラと言えるかもしれません。クラベル[kuraberu]上における評価では100点中66点を対応フレームレートにつけています。これは全カメラの中でもそこそこ高いレベルに位置するでしょう。高い対応フレームレートを誇るこのカメラは、スポーツや舞台などのイベント撮影に最適です。さらに、高精細な映像をキャプチャーするため、映画撮影にも向いています。設計が優れているため、誰でも使いやすく、高度な技術を持たなくても非常にクオリティの高い作品を作ることができます。

対応フレームレートが高いカメラのメリットは、ビデオ撮影時の映像劣化を最小限に抑えることができることです。フレームレートが低いと、映像の美しさや鮮やかさが損なわれ、動きの速い被写体がぶれたりすることがあります。しかし、対応フレームレートが高いカメラは、このような映像劣化を最小限に抑えるため、美しい映像を撮影することができます。

実際に使用する場合富士フイルム FUJIFILM X100VIは一般的なカメラと比べる場合幾分か秀逸と感じるでしょう。したがって、このカメラを使う重視すべき理由の一つと言えます。また、対応フレームレートに注目する人にとっては、このカメラが適切と考えられます。

対応フレームレート評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI29.97fps66/100

ストレージ

撮影枚数

富士フイルム FUJIFILM X100VIの撮影枚数において310枚というデータであると言えます。撮影枚数でいえばそこそこな感じであると言うことができます。これはそこそこな感じと言うことができそうです。

実用目的で考えると、撮影枚数において、富士フイルム FUJIFILM X100VIは標準的といえるでしょう。別の角度から考慮する必要がありそうと言えるでしょう。

撮影枚数評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI310枚42/100

最長撮影時間

最長撮影時間において富士フイルム FUJIFILM X100VIは55時間となります。最長撮影時間について見るとすべてのカメラの中でも最低水準に位置づけられます。これは最長撮影時間がかなり物足りないレベルなカメラの一つです。

最長撮影時間が長いカメラのメリットは、長時間の撮影が可能であることです。このようなカメラは、スポーツや野生動物を撮影する際に非常に役立ちます。また、タイムラプス撮影や長時間露光などの撮影も可能です。

最長撮影時間について実際の利用を考えると、富士フイルム FUJIFILM X100VIは下回っていると感じられると思います。従ってこのカメラが候補にあらない重視すべき判断材料の一つとなります。またこのカメラは最長撮影時間にこだわる人の場合イマイチな選択でしょう。

最長撮影時間評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI55時間18/100

レンズ

最短焦点距離

富士フイルム FUJIFILM X100VIの最短焦点距離において23mmになります。通常のカメラと比較する場合これは幾分か勝っているカメラかもしれません。全てのカメラの中でも最短焦点距離における評価得点は勝っているカメラです。クラベル[kuraberu]上では100点中77.3点を最短焦点距離につけています。このカメラの短い最短焦点距離は非常に便利です。被写体によっては、より近い距離から撮影することができ、よりクリアな写真を撮影することができます。このカメラは高品質な写真を撮影するために必要なものを備えています。

最短焦点距離が短いカメラを使うことで、被写体に対してより自由に撮影することができます。例えば、鳥や動物を撮影する場合、最短焦点距離が短いカメラでは、被写体に対してより近づくことができます。その結果、より生き生きとした写真を撮影することができます。

最短焦点距離に関して富士フイルム FUJIFILM X100VIはわりと高いグレードにあるといえます。したがって最短焦点距離を気にするならこのカメラが適切と言うことができそうです。

最短焦点距離評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI23mm77/100

最短撮影距離

富士フイルム FUJIFILM X100VIの場合、最短撮影距離は100mmとなっています。最短撮影距離という視点から見ると、そこそこのグレードにあります。弊サイト独自のスコアは100点中55.3点というデータです。最短撮影距離が平均グレードであることがわかります。このカメラの短い最短撮影距離は、撮影者が身近にいる被写体を美しく引き立てることができます。さらに、狭い空間での撮影にも適しているため、室内での写真撮影にも最適です。

最短撮影距離が短いカメラのメリットとして、被写体に近づけることができるため、より詳細な撮影が可能になります。また、被写体との距離が近いため、背景をボケさせて立体感のある写真を撮影することもできます。さらに、マクロ撮影にも優れており、小さな被写体や花などを美しく撮影することができます。

実際に使用する場合には、富士フイルム FUJIFILM X100VIは標準的なカメラであることがわかります。他の側面を見て選ぶほうが良さそうことが分かります。

最短撮影距離評価
富士フイルム FUJIFILM X100VI100mm55/100

スペック

富士フイルム FUJIFILM X100VI
画像富士フイルム FUJIFILM X100VI
本体サイズ横:128mm、縦:74.8mm、厚さ:55.3mm
本体重量521g
タッチパネル
シルバー/ブラック
電池の型番NP-W126S
画面の可動方式チルト式
チルト式可動モニター
ファインダー方式光学式/電子式
撮影枚数310枚
最長撮影時間55時間
対応外部ストレージSD/SDHC/SDXC
総画素数4020万画素
撮像素子サイズAPS-C
イメージセンサーの大きさAPS-C
ローパスフィルターレス対応
4K対応
動画解像度6240x3510
動画解像度6240x3510
対応フレームレート29.97fps
AF自動追尾機能
手ブレ補正機能
手ブレ補正方式イメージセンサーシフト方式
マニュアルフォーカス機能
顔認識機能
1秒あたりの記録可能コマ数20コマ
最短シャッタースピード1/180000
最短シャッタースピード1/180000
最長シャッタースピード30
最長シャッタースピード30秒
起動にかかる時間0.5秒
最小F値f/2
最低ISO感度64
最高ISO感度51200
バルブ撮影機能
最短焦点距離23mm
最短撮影距離100mm
データの保存形式MOV(HEVC/H.265/MPEG-4 AVC/H.264/リニアPCM ステレオ)、MP4(MPEG-4 AVC/H.264/AAC)/JPEG/RAW/HEIF/TIFF
Wi-Fi対応
HDMI対応

富士フイルム FUJIFILM X100VI の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

カメラランキング

カテゴリ一覧