比較: MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080 vs DAIV-DGX715H4-SH2

2023-05-20 10:34:14

MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
総合評価:

75.6/100

(総合順位: 1016/45382)

75.7/100

(総合順位: 11/45382)

処理性能
80/100
68/100
ビデオメモリー
75/100
88/100
RAM性能
72/100
82/100
メモリ最大搭載量
66/100
74/100
ストレージ容量
83/100
65/100

スペック

MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
基本情報
ブラックブラック
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
搭載ドライブDVD賊R/賊RW/RAM/賊RDL -
DVDドライブ -
接続端子HDMI端子,DisplayPort,光デジタル端子,USB3.1 Gen1(USB3.0),USB3.1 Type-A/Type-C,USB Type-CHDMI端子,DisplayPort,光デジタル端子,USB3.1 Gen1(USB3.0),USB3.1 Type-A/Type-C
性能
処理性能第9世代 インテル Core i9 9900K(3.6GHz, 8コア)Core i7 6850K(3.6GHz, 6コア)
CPUの型番第9世代 インテル Core i9 9900KCore i7 6850K
CPUの周波数3.6GHz3.6GHz
CPUの三次キャッシュメモリ1615
CPUのコア数86
グラフィックボードの型番GeForce RTX 2080Ti2-way SLI,GeForce GTX 1080Ti
ビデオメモリー11GB22GB
メモリー
RAM性能32GB64GB
RAM性能32GB64GB
メモリ最大搭載量64GB128GB
メモリの対応規格DDR4 PC4-21300DDR4 PC4-19200
全メモリスロット数48
空メモリスロット数24
ストレージ
HDDの対応規格SATA600SATA600
ストレージ容量3584GB2288GB
画面
4K対応
接続機能
有線通信規格1000BASE1000BASE

類似のデスクトップを探す

他のデスクトップと比較

価格を見る

類似のデスクトップを探す

他のデスクトップと比較

価格を見る

比較レビュー

性能

処理性能

処理性能という視点において比べた場合、DAIV-DGX715H4-SH2はCore i7 6850K(3.6GHz, 6コア)というデータである一方MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は第9世代 インテル Core i9 9900K(3.6GHz, 8コア)というデータとなっています。この比較情報で分かるように処理性能という点についてMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080のほうがDAIV-DGX715H4-SH2よりごくわずかに高いと言うことができるでしょう。ほんのすこし異うと考えることができます。高い処理性能を持つデスクトップは、複数のアプリケーションを同時に使用する場合でもストレスなく使用できます。

高い処理性能を持ったデスクトップには、多くのメリットが存在します。まず第一に、高速・スムーズな動作を実現することができます。データの処理速度やファイルの読み込み速度が飛躍的に向上するため、煩わしい待ち時間を解消することができます。また、複数のアプリケーションを同時に起動してもストレスを感じることがなく、快適な作業環境を実現することができます。さらに、高い処理性能を持ったデスクトップは、3Dゲームや映像編集などの高負荷な作業にも対応することができ、より高品質な作業成果を生み出すことができます。

実際に使う場面でDAIV-DGX715H4-SH2のほうがMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080の処理性能と比べると体感的に言って、ほんのわずかに不十分と感じられるでしょう。DAIV-DGX715H4-SH2とMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は違いは僅かしか見られません。ほかの角度から評価するほうが良さそうです。

処理性能評価
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080
第9世代 インテル Core i9 9900K(3.6GHz, 8コア)80/100
マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
Core i7 6850K(3.6GHz, 6コア)68/100

ビデオメモリー

DAIV-DGX715H4-SH2のビデオメモリーは22GBというデータに対して、MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は11GBというデータとなっています。この比較情報で分かるようにMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080のビデオメモリーはDAIV-DGX715H4-SH2のビデオメモリーよりちょっとだけ劣っていると言うことができそうです。MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080とDAIV-DGX715H4-SH2は比較的小さい差があります。

実用的な面から言えばMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080はDAIV-DGX715H4-SH2のビデオメモリーよりも体感的に言って物足りない水準にあると感じるでしょう。DAIV-DGX715H4-SH2とMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080の体感的な差はほんのちょっと開いていると言うことができます。定量的にみればMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080に比べてDAIV-DGX715H4-SH2は小さいということがわかります。しかし別の視点から考えた方がいいといえます。

ビデオメモリー評価
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080
11GB75/100
マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
22GB88/100

画面

4K対応

DAIV-DGX715H4-SH2もMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080も4Kに対応しているデスクトップであると言うことができます。これらのデスクトップは、4Kに対応しています。そのため、高画質な映像や写真を楽しむことができ、ビジュアルコンテンツを扱う仕事にも最適です。また、モニターサイズを大きくしても、画像の質は損なわれることがありません。

4Kに対応しているデスクトップは、ゲームや動画鑑賞にも最適です。高精細な画像が本来持つ情報の多さや立体感を実感でき、没入感が増します。また、4Kに対応することで、色の再現性も向上し、より鮮やかな色彩表現が可能です。

メモリー

RAM性能

DAIV-DGX715H4-SH2とMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080のRAM性能について比べると、DAIV-DGX715H4-SH2は64GBとなっているのに対し、MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は32GBとなります。ほんのわずかに異なっています。DAIV-DGX715H4-SH2に比べてMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080はRAM性能は少しだけ低いです。RAM性能が高いデスクトップを利用することで、大容量のファイルをスムーズに開くことができます。

RAM性能が高いデスクトップを使うことで、より高速かつスムーズな作業が可能となります。例えば、DLNAサーバーなどを利用して動画をストリーミングする際にも、RAMの性能が影響力を持ってきます。RAM性能が高いデスクトップは、高速な動画ストリーミングが実現可能です。また、ビジネスユーザーやゲーマーにとっても、高速な処理が可能になり、作業の効率アップにつながります。

RAM性能という点についていえば、DAIV-DGX715H4-SH2とMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080の違いはすこししか存在しません。商品を選択する上で、RAM性能の情報はまったくと言えるほど参考になりません。しかし、敢えて選択肢するならMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080よりDAIV-DGX715H4-SH2であることが分かるでしょう。

RAM性能評価
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080
32GB72/100
マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
64GB82/100

メモリ最大搭載量

MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080のメモリ最大搭載量は64GBです。一方でDAIV-DGX715H4-SH2は128GBです。MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080とDAIV-DGX715H4-SH2の違いはまあまあ小さいと言うことができます。これらの比較情報で明白なように、MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080に比べてDAIV-DGX715H4-SH2はメモリ最大搭載量はわずかに大きいということが分かります。メモリ最大搭載量が大きいデスクトップは、ストレスなく快適に作業をすることができます。クラッシュや遅延などのトラブルを回避することができ、作業の安定性を保つことができます。

メモリ最大搭載量が大きいデスクトップは、大規模なプロジェクトやデータ処理作業を行う上で、非常に重要な役割を果たします。高速で正確な処理を実現するためには、大量のメモリが必要不可欠です。そのため、作業効率の向上に加え、作業精度や正確性も向上するというメリットがあります。

実際に使うことを考えるとDAIV-DGX715H4-SH2のメモリ最大搭載量よりMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は感覚上ほんのわずかに下回っていると感じとれるでしょう。敢えて選ぶならMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080よりDAIV-DGX715H4-SH2です。ただし、商品を選択するうえで、メモリ最大搭載量の情報はあまり意味がありません。

メモリ最大搭載量評価
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080
64GB66/100
マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
128GB74/100

ストレージ

ストレージ容量

DAIV-DGX715H4-SH2とMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080でストレージ容量に関して対比するとDAIV-DGX715H4-SH2は2288GBというデータに対して、MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080は3584GBです。この比較情報から明白にわかるように、DAIV-DGX715H4-SH2はMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080よりも際立ってイマイチなレベルにあると思われます。1296GB程度のかなりの違いが存在します。ストレージ容量が大きいデスクトップは、データのバックアップを取ることが簡単で、セキュリティ面でも安心です。

ストレージ容量が大きいデスクトップは、フォトグラファーや映像編集者などの創造的作業にも大変役立ちます。高精度で大きなファイルを扱うためにはスペックが高く、ストレージ容量が大きいデスクトップが必要になります。、大容量のストレージを備えることで画像や映像の編集作業がスムーズに進み、高品質な作品をより速やかに完成することが可能となります。

体感上の視点で見るとDAIV-DGX715H4-SH2のストレージ容量と比べるとMASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080のほうが感覚的に、かなり高い水準と言うことができるでしょう。このため、DAIV-DGX715H4-SH2の採用を推奨したくない大きな判断材料の一つとなるでしょう。ストレージ容量は、大きなヒントの1つになると思います。

ストレージ容量評価
MASTERPIECE i1640PA2-SP2 RTX2080
3584GB83/100
マウスコンピューター DAIV-DGX715H4-SH2 (2017)
2288GB65/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。