HP ProOne 600 G3 と ProDesk 400 G4 SF の違いや差を比較。どっちを選ぶべきなのでしょうか?

作成日時: 2018-09-30 21:59:44、更新日時: 2021-10-20 17:22:43

HP ProOne 600 G3 CTProDesk 400 G4 SF
HP ProOne 600 G3 CTProDesk 400 G4 SF

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較するとどちらがおすすめなのかについて評価しました。どっちを選ぶべきなのか検討している人にオススメの記事です。

HP ProOne 600 G3 CTProDesk 400 G4 SF
HP ProOne 600 G3 CT

別のデスクトップと比較

ProDesk 400 G4 SF

別のデスクトップと比較

総合評価:
持ちやすさrating-image
- /100
rating-image2.8
56/100
画面の見やすさrating-image2.4
48/100
rating-image1.9
38/100
処理性能rating-image3.9
77/100
rating-image1.5
30/100
ストレージrating-image4.1
81/100
rating-image1.6
32/100

価格を見る

価格を見る

HP ProOne 600 G3は、操作システムがWindows 10 Home 64bitであり、デスクトップのボディカラーはブラックです。搭載ドライブはDVD-ROMであり、DVDドライブも装備されています。このデスクトップは、Celeron Dual-Core G3930というCPUを搭載し、CPUの周波数は2.9GHz、CPUの三次キャッシュメモリは2で、コア数は2となっています。グラフィックボードの型番はIntel HD Graphics 610であり、RAM性能は4GB、RAM性能は6.59GBとなっています。メモリの最大搭載量は32GBであり、メモリの対応規格はDDR4 PC4-19200です。HDDの対応規格はSATA600であり、ストレージ容量は500GBです。HDDの回転数は7200 rpmです。また、画面サイズは21.5インチで、有線通信規格は1000BASEです。スピーカーも装備されています。

ProDesk 400 G4 SFは、HP ProOne 600 G3と同じく、Windows 10 Home 64bitを搭載しており、ボディカラーはブラックです。搭載ドライブはDVD-ROMで、DVDドライブも装備されています。接続端子はDisplayPort/USB3.1で、CPUの型番はCore i5 7500でCPUの周波数は3.4GHz、CPUの三次キャッシュメモリは6、CPUのコア数は4となっています。グラフィックボードの型番はIntel HD Graphics 630で、ビデオメモリーは4GB、RAM性能は4GB、RAM性能は6.59GBとなっています。メモリの最大搭載量は、32GBであり、メモリの対応規格はDDR4 PC4-19200です。全メモリスロット数は2枚で、空メモリスロットは1枚あります。HDDの対応規格はSATA600で、ストレージ容量は500GB、HDDの回転数は7200 rpmです。画面サイズは19.5インチで、4K対応しており、モニタ接続端子はD-Subであり、有線通信規格は1000BASEです。

HP ProOne 600 G3とProDesk 400 G4 SFを比較すると、どちらもWindows 10 Home 64bitを搭載していること、そして搭載ドライブがDVD-ROMで、CPUの核数が2以上であることがわかります。一方で、HP ProOne 600 G3は、CPUがCeleron Dual-Core G3930、画面サイズが21.5インチ、そしてグラフィックボードがIntel HD Graphics 610であるのに対して、ProDesk 400 G4 SFは、CPUがCore i5 7500、画面サイズが19.5インチ、そしてグラフィックボードがIntel HD Graphics 630であるという違いがあります。また、ProDesk 400 G4 SFは、ビデオメモリーが4GBあり、モニタ接続端子がD-Subで、4K対応していることが特徴です。

どちらのデスクトップも優れた機能を持っていますが、ProDesk 400 G4 SFは、CPUの性能が高く、ビデオメモリーが4GBと多く、さらにモニタ接続端子がD-Subで4K対応しているため、高画質な表示が可能です。また、全メモリスロット数が2枚あり、空メモリスロットが1枚あるため、メモリ拡張が可能です。ProDesk 400 G4 SFの評価は高く、おすすめできます。

icn
ProDesk 400 G4 SF と比較して HP ProOne 600 G3 を選ぶメリット
画面サイズ
11.6点(21.5インチ) vs 0点(19.5インチ)
画面解像度
30点(1920×1080) vs 9.7点(1440×900)
スピーカー搭載
icn
HP ProOne 600 G3 と比較して ProDesk 400 G4 SF を選ぶメリット
処理性能
5.8点(Celeron Dual-Core G3930(2.9GHz, 2コア)) vs 30.5点(Core i5 7500(3.4GHz, 4コア))
4K対応

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」の異なる点をレビュー

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」の大きさを比較

画面を机に置いた時に邪魔に感じにくいのは「HP ProOne 600 G3」より「ProDesk 400 G4 SF」です。目に見えるくらいの差はあり「ProDesk 400 G4 SF」の方がパソコン以外の作業ができるため、ペンタブを使ったり本を開きながらパソコンを使う人にお勧めです。そのため基本的には「HP ProOne 600 G3」より「ProDesk 400 G4 SF」の方がお勧めですが、ペンタブを使ったり本を開きながらパソコンを使う人でないとメリットをあまり感じないです。他の観点から選ぶことをお勧めします。

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」の画面を比較

画面の大きさ

「HP ProOne 600 G3」の画面サイズは21.5インチです。また「ProDesk 400 G4 SF」の画面サイズは19.5インチです。「HP ProOne 600 G3」の方が「ProDesk 400 G4 SF」より作業のしやすさという点で勝っています。その差は作業のしやすさにこだわりが無い人でもはっきりとわかるくらいで、目が疲れにくく、ストレスも感じにくいメリットがあります。ネット検索や文章作成をすることが多い人にとっては「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方が圧倒的に使い勝手がいいと感じるでしょう。

「HP ProOne 600 G3」は「ProDesk 400 G4 SF」よりも離れた位置からの画面の見やすさという点で優れています。その差は離れた位置からの画面の見やすさにこだわりが無い人でもはっきりとわかるくらいで、家族で動画を見たりみんなでゲームしやすいメリットがあります。リビングなどで家族で一緒に利用することを考えている人にとっては「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方が圧倒的に使い勝手がいいと感じるでしょう。「HP ProOne 600 G3」は「ProDesk 400 G4 SF」よりも離れた位置からの画面の見やすさという点で優れています。その差は離れた位置からの画面の見やすさにこだわりが無い人でもはっきりとわかるくらいで、家族で動画を見たりみんなでゲームしやすいメリットがあります。リビングなどで家族で一緒に利用することを考えている人にとっては「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方が圧倒的に使い勝手がいいと感じるでしょう。

マルチタスクのしやすさという点で「HP ProOne 600 G3」は「ProDesk 400 G4 SF」よりも良いです。比較的大きな違いがあるため、広い作業領域を必要とする仕事をする人で特にマルチタスクのしやすさを重視している人には「HP ProOne 600 G3」がお勧めです。そのため基本的には「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方がお勧めですが、広い作業領域を必要とする仕事をする人でないとメリットをあまり感じないです。他の観点から選ぶことをお勧めします。

画面のきれいさ

「HP ProOne 600 G3」の画面解像度は1920 x 1080で、画素数は102ppiになります。一方で「ProDesk 400 G4 SF」の画面解像度は1440 x 900で、画素数は87ppiになります。

文字の読み書きという点で「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」が比較的優れています。比較的大きな違いがあるため、長時間文章を読み書きする人で特に文字の読み書きを重視している人には「HP ProOne 600 G3」がお勧めです。とはいえ慣れれば気にならないくらいのため、そこまで強いこだわりが無いと決め手には欠けるでしょう。他の観点を見た上で迷うなら「HP ProOne 600 G3」を選んでみても良いかもしれません。画面の綺麗さという点で比較すると「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方が良いです。違いを体感するくらいの差はあるため、画面の綺麗さに強いこだわりがあるような動画やゲームでたくさん遊ぶけれど目が疲れやすい人に「HP ProOne 600 G3」はおすすめです。そのため基本的には「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方がお勧めですが、動画やゲームでたくさん遊ぶけれど目が疲れやすい人でないとメリットをあまり感じないです。他の観点から選ぶことをお勧めします。

画面
HP ProOne 600 G3 CT48/100
ProDesk 400 G4 SF38/100

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」の処理性能を比較

「HP ProOne 600 G3」はCeleron Dual-Core G3930で、処理性能は2.9GHz×2.0(デュアルコア)です。また「ProDesk 400 G4 SF」はCore i5 7500で、処理性能は3.4GHz×4.0(クアッドコア)となります。「HP ProOne 600 G3」のメモリー容量は4GBです。また「ProDesk 400 G4 SF」のメモリー容量は4GBとなります。

「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」も全体的な動作の滑らかさという点で比較してもほとんど変わりありません。このレベルだとほとんど違いはないといえます。どちらを選んでも同じと言えるため、別の角度から選ぶことをお勧めします。ネット閲覧や文章作成などの基本的な操作性という点では「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」もほとんど同一です。感覚的にわかるほどの差は無いです。ネット閲覧や文章作成などの基本的な操作性を物凄く重視している人でも別の角度からから比較するほうが良さそうです。

「HP ProOne 600 G3」は「ProDesk 400 G4 SF」よりもグラフィックス処理という点で優れています。その差はグラフィックス処理にこだわりが無い人でもはっきりとわかるくらいで、3Dゲームや動画作成をしても処理落ちしにくいメリットがあります。特にYoutuberやゲーム好きな人には「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」が適しています。マルチタスク性能という点では「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」もほとんど同一です。実用上の差はほとんどゼロといえます。どちらを選んでも同じと言えるため、別の角度から選ぶことをお勧めします。

処理性能
HP ProOne 600 G3 CT87/100
ProDesk 400 G4 SF92/100

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」のストレージ容量を比較

「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」も文章やウェブ閲覧時のキャッシュなどの軽量なデータを大量に保存できるという点で比較してもほとんど変わりありません。感覚的にわかるほどの差は無いです。文章やウェブ閲覧時のキャッシュなどの軽量なデータを大量に保存できるを物凄く重視している人でも別の角度からから比較するほうが良さそうです。

写真や音楽など中くらいのデータ量の保存のしやすさで「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較してもほぼ変わりません。このレベルだとほとんど違いはないといえます。どちらを選んでも同じと言えるため、別の角度から選ぶことをお勧めします。高画質な動画や3Dゲームといった大容量のデータを大量に保存できるという点では「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」も同じくらいです。このレベルだとほとんど違いはないといえます。高画質な動画や3Dゲームといった大容量のデータを大量に保存できるで比較しても意味がなく、他の観点をじっくり見て選んだ方がいいでしょう。

保存容量
HP ProOne 600 G3 CT81/100
ProDesk 400 G4 SF32/100

メモリーについて「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較

メモリ最大搭載量について

搭載可能な最大RAMについて「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較すると「HP ProOne 600 G3」は32GBに対して「ProDesk 400 G4 SF」は32GBです。「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」も容量について差がほとんど無いと言えます。ほかの観点から比較することをおすすめします。

メモリ最大搭載量評価
HP ProOne 600 G3 CT
32GB50/100
ProDesk 400 G4 SF
32GB50/100

画面について「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較

画面解像度について

画面解像度について比較すると「ProDesk 400 G4 SF」は1440×900であり「HP ProOne 600 G3」は1920×1080です。「ProDesk 400 G4 SF」の解像度と比較して「HP ProOne 600 G3」は非常に高いです。実際に使う場面において「ProDesk 400 G4 SF」より「HP ProOne 600 G3」の方がとても優れています。「HP ProOne 600 G3」を選ぶための一つの重要な理由になります。

画面解像度評価
HP ProOne 600 G3 CT
1920×108030/100
ProDesk 400 G4 SF
1440×9009/100

基本情報について「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」を比較

DVDドライブ搭載可否について

「HP ProOne 600 G3」も「ProDesk 400 G4 SF」もDVDドライブを搭載しているデスクトップです。

「HP ProOne 600 G3」と「ProDesk 400 G4 SF」の違いを表で比較する

HP ProOne 600 G3 CTProDesk 400 G4 SF
画像HP ProOne 600 G3 CTProDesk 400 G4 SF
ブラックブラック
OSWindows 10 Home 64bitWindows 10 Home 64bit
搭載ドライブDVD-ROMDVD-ROM
DVDドライブ
接続端子 - DisplayPort,USB3.1
処理性能Celeron Dual-Core G3930(2.9GHz, 2コア)Core i5 7500(3.4GHz, 4コア)
CPUの型番Celeron Dual-Core G3930Core i5 7500
CPUの周波数2.9GHz3.4GHz
CPUの三次キャッシュメモリ26
CPUのコア数24
グラフィックボードの型番Intel HD Graphics 610Intel HD Graphics 630
ビデオメモリー - 4GB
RAM性能4GB4GB
RAM性能4GB4GB
メモリ最大搭載量32GB32GB
メモリの対応規格DDR4 PC4-19200DDR4 PC4-19200
全メモリスロット数 - 2
空メモリスロット数 - 1
HDDの対応規格SATA600SATA600
ストレージ容量500GB500GB
HDDの回転数7200 rpm7200 rpm
画面サイズ21.5インチ19.5インチ
画面解像度1920×10801440×900
4K対応 -
モニタ接続端子 - D-Sub
有線通信規格1000BASE1000BASE
スピーカー搭載 -

類似のデスクトップを探す

他のデスクトップと比較する

価格をチェック

類似のデスクトップを探す

他のデスクトップと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

HP ProOne 600 G3 の関連記事
ProDesk 400 G4 SF の関連記事
HP ProOne 600 G3

総合評価: 40.3/100

(総合: 783位)

詳細を見る

HP ProOne 600 G3 CT

HP ProOne 600 G3 と評価が同程度のデスクトップを探す

HP ProOne 600 G3 の関連記事
ProDesk 400 G4 SF の関連記事
ProDesk 400 G4 SF

総合評価: 42.3/100

(総合: 735位)

詳細を見る

ProDesk 400 G4 SF

ProDesk 400 G4 SF と評価が同程度のデスクトップを探す

新着情報