EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの性能を徹底評価。メリット・デメリットを分かりやすく解説しました

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル の性能を徹底評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルを買うべきなのかを機能、スペック・性能、使いやすさの観点から評価・レビューしました。また良い点と悪い点が一目で分かるようにEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルを選ぶメリットとデメリットについても簡潔にまとめています。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのメリット・デメリット

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのメリット

  • 画面が大きいため作業がしやすく、目が疲れにくい
  • 遠くからでも細かい描画がはっきりと見える画面サイズのため、みんなで集まって動画を見たりゲームをしたりするのに適している
  • 画面が大きく、ウィンドウを並べて使っても作業しやすい
  • 全体的な動作が滑らかでサクサク動く性能
  • 高い性能を必要としない処理ならサクサク動く
  • 3Dゲームや動画編集など高い性能を必要ととする処理でもサクサク動く
  • マルチタスクに適したメモリ容量
  • ネット検索や文章作成など普通に使う分には十分な保存容量
  • 写真や音楽の大容量ストレージとして使える
  • 3Dゲームや高画質な動画の大容量ストレージとして使える

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのデメリット

  • 小さい机に置くには画面が大きいため作業スペースがほとんど確保できない。パソコン以外の作業が不向き
  • 動画やゲームの描画が全体的にボケた感じに見える

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルを詳細に評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの基本情報

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの色はブラック系です。製造元はHPです。また発売日は2018年11月です。無線LANに対応しています。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは液晶一体型型の大きさです。デスクトップパソコンの中では小さい方です。小さい机でも設置できるサイズで、置き場所をあまり選ばないという点でおすすめです。画面がかなり大きく、机に置くと画面だけもかなり空間を占有します。机にかなりの横幅や奥行きが必要になるため、机が小さいとキーボードくらいしか置けないといったこともありえるほど大きいです。PC以外にも机の上で作業をすることが多い人には不向きな大きさでしょう。

持ちやすさ
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル30/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面を評価

画面の大きさ

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面サイズは34インチです。ネットを使ったり文章作成するといった基本的な用途に最適な画面サイズです。また文字やボタンなどが全体的に大きく表示されるため、凝視する必要が無くなり目が疲れにくい画面サイズです。

目が悪い人が離れた位置から画面を見る場合でも見やすいと感じる画面サイズです。そのため、居間などにおいて動画を見たり、複数人でゲームをするのに向いています。細かい描画も大きく映るため目を凝らす必要があまりなく、長時間見続けていても疲れにくい画面です。画面のサイズがかなり大きいため画像や動画編集など広い作業領域を必要とする作業や、複数の資料を画面に出しながら作業をする人に最適な画面サイズです。プロ向けの画面と言えます。

画面のきれいさ

解像度は3440 x 1440で、画面の画素数は109ppiです。

画面の綺麗さはそれなりで、文字を大きく表示する場合は自然に表示することができますが、小さく表示する場合は輪郭がボケた感じに見えてしまいます。輪郭がボケている分注視する必要が出てくるため、多少目が疲れやすい画面になります。画像や動画などを画面に表示する際、ボケた感じに映ります。綺麗な画面に慣れている人にはかなり扱いにくさを感じ人によってはストレスを感じるほどです。動画やゲームを楽しもうと考えている人に対しては不向きな画面です。

画面の見やすさ
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル77/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの処理性能を評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのOSはWindows 10 Pro 64bitです。Core i7 8700(Coffee Lake)で、処理性能は3.2GHz×6.0(ヘキサコア)です。RAMは16GBあります。

非常に滑らかに動きます。全体的に動作がもたつくことがなく、素早く操作したり頻繁にアプリを切り替えたりしてもスムーズに動くため快適に使えます。ネット閲覧や、文章作成、動画閲覧といった比較的処理性能を必要としない用途であれば十分すぎる性能です。動作が遅いと感じたりもたつくと感じることはほとんどないでしょう。

3Dゲームや動画編集といった高い性能を必要とするような処理でもサクサク動くため、快適に使うことができます。マルチタスク性能に優れており複数のアプリを起動しておいて切り替えるといった用途でもほとんどストレスを感じることなく切り替えることができます。また使わないアプリを終了するなどをしなくとも十分快適に使うことができます。

処理性能評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルCore i7 8700(Coffee Lake)(3.2GHz×6.0(ヘキサコア)) RAM: 16GB99/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのストレージ容量を評価

内蔵ストレージには最大1024GBのデータを保存できます。ネット検索したり文章を作成するといった用途であれば十分すぎるストレージ容量で、まったくストレスを感じることはありません。

音楽や写真をたくさん保存することができ、聞かなくなった音楽を残して置いたりほとんど見ないような写真を残しておいてもよほどのことが無い限りストレージ容量の不足を感じることはありません。そのため長期保管用のストレージとしての利用ができます。3Dゲームや高画質な映画をたくさん保存しておいても容量不足を感じることはほとんどないレベルです。また遊ばなくなったゲームや見ない映画を残しておいても余裕のある容量なので、いちいちアプリを消す必要がなく快適に使えます。

内蔵ストレージ評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル1024GB95/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの性能一覧

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル
画像EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル
大きさ液晶一体型
ブラック系
メーカーHP
発売日2018年11月
OSWindows 10 Pro 64bit
画面の有無
画面の大きさ34インチ
画面解像度3440 x 1440
処理性能Core i7 8700(Coffee Lake)(3.2GHz×6.0(ヘキサコア)) RAM: 16GB
内蔵ストレージ1024GB
Webカメラの有無
Wifi対応

類似した性能のデスクトップを見る

他のデスクトップと比較する

価格をチェックする

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの価格を今すぐチェック

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルと評価が同程度のデスクトップを探す

全3384機種の中からEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルと評価が同程度のデスクトップを探す

デスクトップランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でデスクトップを探す
ブランド名でデスクトップを探す
デスクトップ 新着記事
ノートパソコン 新着記事