EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの良い点や悪い点を解説。主な特徴別に詳細を評価しました。

作成日時: 2018年12月10日 09時46分57秒, 更新日時: 2020年04月04日 13時49分21秒

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル の性能を徹底評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルについてどのような面で良さがあるデスクトップなのでしょうか?どれくらい使い勝手が優れているのかを評価。機能や性能について詳細に評価しました!

メリット

  • RAM性能は非常に高い
  • 画面サイズは非常に大きい
  • 画面解像度は非常に高い

デメリット

  • ストレージ容量は比較的小さい

特徴

  • 4Kに対応している
  • 無線LANに対応している
  • スピーカーを搭載している
  • 顔認証に対応している
  • 指紋認証に対応している

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの特徴を評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの基本情報

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの色はブラックです。製造元はHPです。また発売日は2018年11月28日です。無線LANに対応しています。

画面は比較的大きく、机におくとそれなりの存在感があります。そのためパソコン以外の作業をする場合は、キーボードを少し横によけたりしてスペースを空ける使い方をする必要があるかもしれません。人によっては多少鬱陶しさを感じるほどの大きさです。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面を評価

画面の大きさ

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面サイズは27インチです。一般的なデスクトップと比べてEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面は比較的大きいデスクトップと言えます。ネットを使ったり文章作成するといった基本的な用途に最適な画面サイズです。また文字やボタンなどが全体的に大きく表示されるため、凝視する必要が無くなり目が疲れにくい画面サイズです。

目が悪い人が離れた位置から画面を見る場合でも見やすいと感じる画面サイズです。そのため、居間などにおいて動画を見たり、複数人でゲームをするのに向いています。細かい描画も大きく映るため目を凝らす必要があまりなく、長時間見続けていても疲れにくい画面です。画面のサイズがかなり大きいため画像や動画編集など広い作業領域を必要とする作業や、複数の資料を画面に出しながら作業をする人に最適な画面サイズです。プロ向けの画面と言えます。

画面のきれいさ

画面の画素密度は163ppiです。綺麗な画面で小さい文字でも自然に表示することができます。よく見ると輪郭がボケた感じに見えるため視力のいい人は気になるかもしれませんが、実用上ほとんど問題ないレベルといえます。画像や動画を描画する際、輪郭のギザギザが多少見えるためあまり綺麗に表示できないでしょう。画面が全体的にぼやけた感じに見えるため、映画鑑賞やゲームをしようとしている人にはあまりお勧めできません。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの処理性能を評価

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのOSはWindows 10 Pro 64bitです。Core i5 8500で、処理性能は3.0GHz×6.0(ヘキサコア)です。EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは標準的なデスクトップよりとても高い処理性能です。RAMは16GBあります。EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは普通のデスクトップと比較して非常に高いRAM性能と言えます。

非常に滑らかに動きます。全体的に動作がもたつくことがなく、素早く操作したり頻繁にアプリを切り替えたりしてもスムーズに動くため快適に使えます。ネット閲覧や、文章作成、動画閲覧といった比較的処理性能を必要としない用途であれば十分すぎる性能です。動作が遅いと感じたりもたつくと感じることはほとんどないでしょう。

3Dゲームや動画編集といった高い性能を必要とするような処理でもサクサク動くため、快適に使うことができます。マルチタスク性能に優れており複数のアプリを起動しておいて切り替えるといった用途でもほとんどストレスを感じることなく切り替えることができます。また使わないアプリを終了するなどをしなくとも十分快適に使うことができます。

処理性能評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルCore i5 8500(3.0GHz×6.0(ヘキサコア)) RAM: 16GB95/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのストレージ容量を評価

内蔵ストレージには最大512GBのデータを保存できます。EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは一般的なデスクトップと比べて比較的小さい方に分けられるストレージ容量と言えます。ネット検索したり文章を作成するといった用途であれば十分すぎるストレージ容量で、まったくストレスを感じることはありません。

音楽や写真をたくさん保存することができ、聞かなくなった音楽を残して置いたりほとんど見ないような写真を残しておいてもよほどのことが無い限りストレージ容量の不足を感じることはありません。そのため長期保管用のストレージとしての利用ができます。データ量が大きい3Dゲームや音声付ゲームや高画質な映画を保存しても容量不足を感じることはほとんどないでしょう。遊ばなくなったゲームをずっと残しておいたり見ない映画をずっと残しておくといった用途だとやや不足を感じるでしょう。

内蔵ストレージ評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル512GB81/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの便利機能について評価

スピーカー搭載について

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルはスピーカーを搭載しているデスクトップです。

顔認証について

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは顔認証に対応しているデスクトップです。

指紋認証について

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは指紋認証に対応しているデスクトップです。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの接続機能について評価

無線LANについて

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは無線LANに対応しているデスクトップです。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのメモリーについて評価

搭載可能な最大RAMについて

搭載可能な最大RAMについてEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは32GBです。EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは標準的なデスクトップと比べるとほぼ同じだと言えます。搭載可能な最大RAMという点ならあまりEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルはおすすめできないでしょう。

搭載可能な最大RAM評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル32GB50/100

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面について評価

画面解像度について

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの画面解像度は3840×2160です。標準的なデスクトップとくらべてEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの解像度はかなり高いと言えるデスクトップでしょう。通常利用であれば比較的問題になりにくい程度のため、EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルが決定的に優秀という程でもありません。少しでも快適に使いたい人や玄人にとっては不十分である可能性が高く、一つ上のデスクトップを見てみた方が良さそうです。

画面解像度評価
EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル3840×216090/100

4Kについて

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルは4Kに対応しているデスクトップです。

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのメリット・デメリット

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのメリット

  • 画面が大きいため作業がしやすく、目が疲れにくい
  • 遠くからでも細かい描画がはっきりと見える画面サイズのため、みんなで集まって動画を見たりゲームをしたりするのに適している
  • 画面が大きく、ウィンドウを並べて使っても作業しやすい
  • 全体的な動作が滑らかでサクサク動く性能
  • 高い性能を必要としない処理ならサクサク動く
  • 3Dゲームや動画編集など高い性能を必要ととする処理でもサクサク動く
  • マルチタスクに適したメモリ容量
  • ネット検索や文章作成など普通に使う分には十分な保存容量
  • 写真や音楽の大容量ストレージとして使える

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルのデメリット

  • -

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの詳細情報

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル
画像EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル
ブラック
OSWindows 10 Pro 64bit
接続端子HDMI端子,DisplayPort,USB3.1 Gen1(USB3.0),USB3.1 Type-C、Thunderbolt3兼用
処理性能Core i5 8500(3.0GHz, 6コア)
CPUの型番Core i5 8500
CPUの周波数3.0GHz
CPUの三次キャッシュメモリ9
CPUのコア数6
グラフィックボードの型番Intel UHD Graphics 630
RAM性能16GB
RAM性能16GB
搭載可能な最大RAM32GB
メモリの対応規格DDR4 PC4-21300
全メモリスロット数2
空メモリスロット数1
ストレージ容量512GB
画面サイズ27インチ
画面解像度3840×2160
4Kに対応しているかどうか
無線LANに対応しているかどうか
無線LAN規格a/b/g/n/ac
有線通信規格1000BASE
Bluetooth規格5
スピーカーを搭載しているかどうか
顔認証に対応しているかどうか
指紋認証に対応しているかどうか

類似した性能のデスクトップを見る

他のデスクトップと比較する

価格をチェックする

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの仕様・スペックを競合製品と比較

画面の見やすさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度画面の見やすさ

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル

72.2-画面の大きさ:27インチ

EliteOne 1000 G1

72.2画面の大きさ:27インチ

EliteOne 1000 G1

72.2画面の大きさ:27インチ

EliteOne 1000 G1

77.2画面の大きさ:34インチ

EliteOne 800 G3

55.0画面の大きさ:23.8インチ

EliteOne 800 G3

55.0画面の大きさ:23.8インチ

EliteOne 800 G4 All-in-One/CT スタンダードモデル

55.0画面の大きさ:23.8インチ

Pavilion All-in-One 24-xa0170jp タッチ機能/TVチューナ内蔵

55.0画面の大きさ:23.8インチ

メモリ最大容量

画像製品名評価比較したときのおススメ度メモリ最大容量

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル

50.0-搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 1000 G1

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 1000 G1

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 1000 G1

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 800 G3

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 800 G3

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

EliteOne 800 G4 All-in-One/CT スタンダードモデル

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

OMEN by HP 880-168jp ハイパフォーマンスモデル

50.0搭載可能な最大RAM:32GB

ストレージ

画像製品名評価比較したときのおススメ度ストレージ

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル

81.7-ストレージ容量:512GB

EliteOne 1000 G1

81.7ストレージ容量:512GB

EliteOne 1000 G1

81.7ストレージ容量:512GB

EliteOne 1000 G1

81.7ストレージ容量:512GB

EliteOne 800 G3

77.7ストレージ容量:256GB

EliteOne 800 G3

77.7ストレージ容量:256GB

EliteOne 800 G4 All-in-One/CT スタンダードモデル

81.5ストレージ容量:500GB

OMEN by HP 880-168jp ハイパフォーマンスモデル

96.7ストレージ容量:3584GB

処理性能

画像製品名評価比較したときのおススメ度処理性能

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデル

94.4-OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i5 8500(3.0GHz, 6コア)

EliteOne 1000 G1

94.3OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i7 7700(3.6GHz, 4コア)

EliteOne 1000 G1

94.3OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i7 7700(3.6GHz, 4コア)

EliteOne 1000 G1

94.3OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i7 7700(3.6GHz, 4コア)

EliteOne 800 G3

94.4OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i5 7500(3.4GHz, 4コア)

EliteOne 800 G3

94.4OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i5 7500(3.4GHz, 4コア)

EliteOne 800 G4 All-in-One/CT スタンダードモデル

94.1OS:Windows 10 Home 64bit, 処理性能:Core i3 8100(3.6GHz, 4コア)

OMEN by HP 880-168jp ハイパフォーマンスモデル

94.8OS:Windows 10 Pro 64bit, 処理性能:Core i7 9700K(3.6GHz, 8コア)

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルの価格を今すぐチェック

EliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルと評価が同程度のデスクトップを探す

全5299機種の中からEliteOne 1000 G2 All-in-One スタンダードモデルと評価が同程度のデスクトップを探す

デスクトップランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でデスクトップを探す
ブランド名でデスクトップを探す
デスクトップ 新着記事

Laplascale.comのコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Laplascale.comの利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。