dynabook RZ83/FWの評価レビュー | 機能やスペック・性能のメリット・デメリットを徹底解説

dynabook RZ83/FW の性能を徹底レビュー

dynabook RZ83/FWを買うべきなのかを機能、スペック・性能、使いやすさの観点から評価・レビューしました。また良い点と悪い点が一目で分かるようにdynabook RZ83/FWを選ぶメリットとデメリットについても簡潔にまとめています。

dynabook RZ83/FWのメリット・デメリット

dynabook RZ83/FWのメリット

  • 大きいキーボードのため打ちやすい
  • 画面が大きいため作業がしやすく、目が疲れにくい
  • 全体的な動作が滑らかでサクサク動く性能
  • 高い性能を必要としない処理ならサクサク動く
  • 3Dゲームや動画編集など高い性能を必要ととする処理でもサクサク動く
  • マルチタスクに適したメモリ容量
  • ネット検索や文章作成など普通に使う分には十分な保存容量
  • 写真や音楽の大容量ストレージとして使える
  • 3Dゲームや高画質な動画の大容量ストレージとして使える

dynabook RZ83/FWのデメリット

  • 小さい机に置くと存在感がある大きさ

dynabook RZ83/FWを詳細に評価

dynabook RZ83/FWの大きさを評価

dynabook RZ83/FWの大きさは、横幅316mm、縦幅229mm、厚み21.4mmです。

持ち運び

リュックやビジネス用のバックに収納できるよう作っているサイズではあるものの、モノによってはギリギリ入らなかったりすることもあるので買う前に確認は必須といえるレベルの大きさです。手で持ったり肩にかけたりするような小さめのカバンだとほぼ確実に入らない大きさです。鞄の中に入れてみるとそれなりに存在感がある大きさで、他にたくさんのモノを入れようとしている人は入るかどうか確認した方がいいでしょう。ACアダプタなどのPC付属品くらいであれば余裕でしょうが、PC以外のモノを持ち運ぼうとしている人は購入前にチェックすることをお勧めします。

設置・配置

カフェに置いてあるような小さい机に置く場合、少しパソコンが邪魔に感じるものの作業するには問題ないレベルです。必要ならマウスを繋いで使っていてもそこまで邪魔に感じません。2人で使う場合相当邪魔に感じる大きさで、ストレスが溜まります。少し大きいため、膝の上に置いて使おうとする場合、人によって多少安定性を欠くと感じるかもしれません。うっかり落としてしまわないよう多少注意する必要があります。ベットやソファーに寝転んで使うにはややサイズが大きく、人によっては少し鬱陶しいと感じるかもしれません。寝転がって操作するにはやや操作しずらいサイズで、長文のタイピングにはあまり向かないかもしれません。

操作性

キーボードの幅はノートPCの中では標準的な大きさです。一般的なキーボードの幅と同じくらいの大きさのため、デスクワークなどで文字をたくさん打つ必要がある人におすすめです。

dynabook RZ83/FWの重さを評価

dynabook RZ83/FWの重さは1420gです。

パソコンを手で持つとやや重みを感じます。そのため部屋を移動するときやカバンからの出し入れで多少負担を感じるレベルです。慣れれば大したことはないほどですが、人によってはあまり手で持ちたくない重さです。鞄で持ち運ぶ場合、重たさに多少の負担は感じるもののリュックなどの大きいカバンに入れるのであればそこまでの負担は感じません。慣れれば1日中持ち歩いても余裕ですが慣れないうちは少し肩がこるかもしれません。

dynabook RZ83/FWの画面を評価

画面の大きさ

dynabook RZ83/FWの画面サイズは13.3インチです。

ネットを使ったり文章作成するといった用途であれば十分な画面サイズです。ただ初心者には文字やボタンなどが多少小さく感じるため、多少手間取るかもしれません。慣れれば特に問題ないレベルです。ゲームを遊んだり動画を見るには十分な画面サイズです。細かい描画部分が多少見づらいと感じるかもしれませんが、慣れればそこまで気になるほどではありません。複数のウィンドウを画面に並べるとやや狭く感じる画面サイズで大きい画面に慣れている人には多少ストレスを感じる小ささです。慣れている人でも多少作業効率が落ちてしまうため、複雑な作業をしようとしている人にはもう少し大きい画面の方がよいでしょう。

画面のきれいさ

解像度は1920 x 1080で、画面の画素数は165ppiです。

綺麗な画面で小さい文字でも自然に表示することができます。よく見ると輪郭がボケた感じに見えるため視力のいい人は気になるかもしれませんが、実用上ほとんど問題ないレベルといえます。画像や動画を描画する際、輪郭のギザギザが多少見えるためあまり綺麗に表示できないでしょう。画面が全体的にぼやけた感じに見えるため、映画鑑賞やゲームをしようとしている人にはあまりお勧めできません。

dynabook RZ83/FWの処理性能を評価

dynabook RZ83/FWはCore i7 7500U(Kaby Lake)で、処理性能は2.7GHz×2(デュアルコア)です。dynabook RZ83/FWのRAMは8GBあります。

非常に滑らかに動きます。全体的に動作がもたつくことがなく、素早く操作したり頻繁にアプリを切り替えたりしてもスムーズに動くため快適に使えます。ネット閲覧や、文章作成、動画閲覧といった比較的処理性能を必要としない用途であれば十分すぎる性能です。動作が遅いと感じたりもたつくと感じることはほとんどないでしょう。3Dゲームや動画編集といった高い性能を必要とするような処理でもサクサク動くため、快適に使うことができます。マルチタスク性能に優れており複数のアプリを起動しておいて切り替えるといった用途でもほとんどストレスを感じることなく切り替えることができます。また使わないアプリを終了するなどをしなくとも十分快適に使うことができます。

dynabook RZ83/FWのストレージ容量を評価

内蔵ストレージには最大1024GBのデータを保存できます。

ネット検索したり文章を作成するといった用途であれば十分すぎるストレージ容量で、まったくストレスを感じることはありません。音楽や写真をたくさん保存することができ、聞かなくなった音楽を残して置いたりほとんど見ないような写真を残しておいてもよほどのことが無い限りストレージ容量の不足を感じることはありません。そのため長期保管用のストレージとしての利用ができます。3Dゲームや高画質な映画をたくさん保存しておいても容量不足を感じることはほとんどないレベルです。また遊ばなくなったゲームや見ない映画を残しておいても余裕のある容量なので、いちいちアプリを消す必要がなく快適に使えます。

dynabook RZ83/FWのバッテリーを評価

dynabook RZ83/FWの稼働時間は11.0時間です。

1日中文章作成やネット検索をしていてもほとんどバッテリー容量の不足を感じることはありません。ただしディスプレイのバックライトの調整やCPUの動作制限などは必須です。外出先で多少の時間つぶしをする際に、動画を見たりゲームをしてもそこまで不安に感じないバッテリー容量です。ただし油断しているとすぐなくなるためACアダプターか予備バッテリーを持っておくと安心です。

dynabook RZ83/FWの性能一覧

dynabook RZ83/FW PRZ83FW-BND
画像dynabook RZ83/FW PRZ83FW-BND
プラチナホワイト
メーカー東芝
発売日2018年4月
OSWindows 10 Home 64bit
大きさ316mm x 229mm x 21.4mm
質量1420g
画面13.3インチ(1920 x 1080)
処理性能Core i7 7500U(Kaby Lake)(2.7GHz×2(デュアルコア)) RAM: 8GB
内蔵ストレージ1024GB
バッテリー持ち11.0時間
画素数
Wifi対応-

類似した性能のノートパソコンを見る

他のノートパソコンと比較する

価格をチェックする

dynabook RZ83/FWの価格を今すぐチェック

評価が同程度のノートパソコンを探す

もっと見る ▼

他のdynabookシリーズを見る
ノートパソコンランキング
対応カテゴリ
メーカー名でノートパソコンを探す
ブランド名でノートパソコンを探す
ノートパソコン 新着記事
カメラ 新着記事