【2023年最新】 PowerCore III 5000 A1217021 vs エレコム DE-C38-10000WH: 徹底比較

2023-05-20 18:24:59 (更新日時: 2023-08-26 22:32:18)

PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
総合評価:

39.6/100

(総合順位: 1667/3761)

40/100

(総合順位: 1649/3761)

本体重量
66/100
25/100
USBポート数
25/100
25/100
対応電圧
10/100
10/100
対応電流
48/100
58/100
バッテリー容量
48/100
74/100

スペック

PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
PowerCore III 5000 A1217021エレコム DE-C38-10000WH
全体仕様
本体サイズ - 143mm × 70mm × 16mm
本体重量113g231g
カラーホワイトホワイト
出力
接続端子USB/USB Type-CUSB/USB Type-C
USBポート数1個1個
対応電圧5V5V
対応電流2400mA3000mA
3A対応 -
2.4A対応
2.1A対応
2.0A対応
USB Type-C対応
充電
バッテリー容量5000mAh10000mAh
充電時間 - 5時間

類似のモバイルバッテリーを探す

他のモバイルバッテリーと比較

価格を見る

類似のモバイルバッテリーを探す

他のモバイルバッテリーと比較

価格を見る

比較レビュー

出力

USBポート数

エレコム DE-C38-10000WHのUSBポート数は1個というデータに対しPowerCore III 5000 A1217021は1個になります。PowerCore III 5000 A1217021のUSBポート数はエレコム DE-C38-10000WHのUSBポート数と比べてほとんど違いは存在していません。

USBポート数が多いモバイルバッテリーのメリットは、複数のデバイスを同時に充電できることです。例えば、スマートフォンとタブレットを同時に充電したい場合や、友人と一緒に出かけた際に、皆がモバイルバッテリーを使いたい場合に非常に便利です。また、USBポート数が多いほど、一度に充電できるデバイスの数が増えるため、充電時間を短縮できることも大きなメリットです。

USBポート数についてPowerCore III 5000 A1217021もエレコム DE-C38-10000WHも感覚的にいって、ほとんど同程度にあると言うことができます。ほかの側面で確認する必要がありそうことがわかります。

USBポート数評価
PowerCore III 5000 A1217021
1個25/100
エレコム DE-C38-10000WH
1個25/100

対応電圧

PowerCore III 5000 A1217021の対応電圧は5Vというデータに対してエレコム DE-C38-10000WHは5Vになります。PowerCore III 5000 A1217021とエレコム DE-C38-10000WHはよく似ているといえるでしょう。

高い対応電圧を持つモバイルバッテリーの特徴を調べました モバイルバッテリーの対応電圧が高くなると、様々な製品に対応できることがわかりました。一つ持っておけば、多種多様なデバイスの充電ができるため、充電の手間を省くことができます。また、充電速度も速くなるため、急いで充電したい時にも役立ちます。しかし、高い対応電圧を持つモバイルバッテリーは、大容量であるため、重い場合が多く、携帯性に欠けることが欠点です。

実際のところエレコム DE-C38-10000WHもPowerCore III 5000 A1217021も感覚的に、相当類似していると感じとれるかもしれません。ほかの側面を見て判断する必要がありそうと言えます。

対応電圧評価
PowerCore III 5000 A1217021
5V10/100
エレコム DE-C38-10000WH
5V10/100

対応電流

PowerCore III 5000 A1217021の対応電流は2400mAとなっているのに対して、エレコム DE-C38-10000WHの対応電流は3000mAというデータとなっています。600mAの多少の差がPowerCore III 5000 A1217021とエレコム DE-C38-10000WHに存在しておりPowerCore III 5000 A1217021のほうが対応電流が微妙に小さいといえるでしょう。対応電流が大きいモバイルバッテリーのメリットのひとつは、急速充電が可能であることです。スマートフォンやタブレットなどのデバイスを急いで使用する場合に、スピーディな充電が必要となることもあります。そんな時に、対応電流が大きいモバイルバッテリーがあれば、素早く充電することができます。

対応電流が大きいモバイルバッテリーのメリットは、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを高速で充電できる点にあります。対応電流が大きいバッテリーは、充電速度が速く、急いで出かけるときにも大変便利です。また、複数のデバイスを同時に充電することも可能なので、友人や家族と出かけるときにも重宝します。

対応電流の点で体感的な面から言えば、差はかなり小さいと言うことができます。別の角度から比較した方が良さそうということが分かります。

対応電流評価
PowerCore III 5000 A1217021
2400mA48/100
エレコム DE-C38-10000WH
3000mA58/100

2.4A対応

PowerCore III 5000 A1217021もエレコム DE-C38-10000WHも2.4Aに対応しているモバイルバッテリーとなります。これらのモバイルバッテリーは、2.4Aに対応しているため、スマートフォンやタブレットを急速に充電できます。旅行や外出先での使用には特に便利です。

2.4Aに対応しているモバイルバッテリーは、生産性を高めるための必須アイテムです。充電時間が短縮されることで、スマートフォンやタブレットをより長時間使用することができます。また、異なるデバイスを同時に充電できるので、ビジネスシーンでも便利です。

2.1A対応

エレコム DE-C38-10000WHとPowerCore III 5000 A1217021は、両方とも2.1Aに対応しているといえます。これらのモバイルバッテリーは、2.1Aに対応しているため、充電時間が短縮され、急ぎの場合でも効率的な充電ができます。また、使い方によっては、スマートフォンの充電だけでなく、カメラや音楽プレイヤーなどの充電にも対応しています。

パターン2:2.1Aに対応しているモバイルバッテリーは、大容量かつ高速充電が可能で、スマートフォンやタブレットなどの多くのデバイスで使用できます。充電時間が短縮されるため、外出先や旅行先でも便利です。また、2.1Aに対応していることで、充電中のデバイスが発熱することがなく、充電効率を高めることができます。

2.0A対応

PowerCore III 5000 A1217021とエレコム DE-C38-10000WHは両方とも2.0Aに対応していると言えるでしょう。

USB Type-C対応

PowerCore III 5000 A1217021もエレコム DE-C38-10000WHもUSB Type-Cに対応していると言うことができます。USB Type-Cは、近年急速に普及している規格です。そんな中、これらのモバイルバッテリーがUSB Type-Cに対応しているため、最新の機種でも充電が可能です。しかも、コンパクトに収納できるので、スマートフォンと一緒に持ち歩くことができます。

全体仕様

本体重量

PowerCore III 5000 A1217021の本体重量は113gとなっている一方エレコム DE-C38-10000WHの本体重量は231gというデータになっています。PowerCore III 5000 A1217021とエレコム DE-C38-10000WHは大幅な違いが存在しておりぜんぜん別物と考えられます。これらの比較情報で明白に分かるようにPowerCore III 5000 A1217021の本体重量と比べるとエレコム DE-C38-10000WHの方が相当下回っています。本体重量が軽いモバイルバッテリーは、外出先でのスマホの充電が必要な場合に最適です。

本体重量が軽いモバイルバッテリーは、様々な点でメリットがあります。例えば、軽いということは、持ち運びが楽になるだけではなく、デバイスに取り付けたままでも負担が少なくなります。手元において、手軽に充電できるため、モバイルバッテリーの利便性が増します。また、軽量のモバイルバッテリーは、複数所有する人にも便利です。折りたたみ式やキーホルダー型、クリップタイプなど、携帯性の高さが求められるモバイルバッテリーが好まれることもあります。最後に、デザインの自由度が増すというところもあります。軽量なので、モバイルバッテリーの形状や色、素材などに工夫ができ、もっとおしゃれで使いやすいモバイルバッテリーが生まれる可能性があります。本体重量が軽いモバイルバッテリーは、多くのユーザーに楽しみながら利用されているといえます。

実際の使用においては、本体重量という点について、エレコム DE-C38-10000WHとPowerCore III 5000 A1217021の差はダントツで際立って開いています。このためPowerCore III 5000 A1217021の選択を推奨することができる一つの決め手といえます。本体重量は不可欠な判断材料の1つになるといえます。

本体重量評価
PowerCore III 5000 A1217021
113g66/100
エレコム DE-C38-10000WH
231g25/100

充電

バッテリー容量

エレコム DE-C38-10000WHのバッテリー容量は10000mAhというデータに対し、PowerCore III 5000 A1217021は5000mAhというデータです。PowerCore III 5000 A1217021のほうがバッテリー容量は非常に小さいと言うことができエレコム DE-C38-10000WHとPowerCore III 5000 A1217021の違いは5000mAhとなります。バッテリー容量が大きいモバイルバッテリーを持つことで、スマートフォンやタブレットが一日中利用可能なため、業務時の生産性向上など、様々なシーンでの利用価値があります。

バッテリー容量が大きいモバイルバッテリーのメリットとして、普段からスマートフォンを多用する人にとっては、外出先でも安心して長時間利用できることが挙げられます。また、急ぎの場合にもスマートフォンを迅速に充電することができ、大きなストレスを軽減することができます。さらに、複数のデバイスを同時に充電することができるため、一度に複数のデバイスを利用する際にも便利です。

バッテリー容量に関して実際的な視点から判断すると、エレコム DE-C38-10000WHとPowerCore III 5000 A1217021の違いはひときわ存在しています。バッテリー容量に関してエレコム DE-C38-10000WHよりPowerCore III 5000 A1217021はいまいちと感じると思います。PowerCore III 5000 A1217021の採用を推奨できない理由の一つになるでしょう。またPowerCore III 5000 A1217021はバッテリー容量が重要な場合良くない選択と考えられるかもしれません。

バッテリー容量評価
PowerCore III 5000 A1217021
5000mAh48/100
エレコム DE-C38-10000WH
10000mAh74/100
PowerCore III 5000 A1217021
エレコム DE-C38-10000WH

PowerCore III 5000 A1217021

PowerCore III 5000 A1217021 と評価が同程度のモバイルバッテリーを探す

PowerCore III 5000 A1217021
エレコム DE-C38-10000WH

エレコム DE-C38-10000WH

エレコム DE-C38-10000WH と評価が同程度のモバイルバッテリーを探す