【2024年最新】 Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11 レビュー

2024-04-11 18:07:54

総合評価

41.4/100

(総合順位: 2219/4001)

評価項目点数
本体サイズ
13/100
本体重量
14/100
USBポート数
25/100
対応電圧
50/100
対応電流
58/100
バッテリー容量
87/100
総合評価41.4/100

評価レビュー

充電

バッテリー容量

バッテリー容量に関してPower Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は20000mAhというデータになっています。普及しているモバイルバッテリーと比べる場合、これは勝っているモバイルバッテリーと言えるかもしれません。すべてのモバイルバッテリーの中でもバッテリー容量についての点数は特に抜きん出たモバイルバッテリーの代表的存在であり100点満点中87.5点という得点をバッテリー容量につけています。当社で取り扱うこのモバイルバッテリーは、大きいバッテリー容量を持っています。つまり一度の充電での使用時間が長くなります。長時間、外出先でのスマートフォンの使用には欠かせないアイテムです。

バッテリー容量が大きいモバイルバッテリーには、多くのメリットがあります。まず、長時間の使用にも耐えられるため、外出先でのスマホやタブレットの充電不足を気にせずに使えます。また、複数のデバイスを同時に充電することもでき、不便な切れ目なく快適に使うことができます。さらに、自宅のコンセントと同じような電源が手軽に利用できるため、長時間の移動中のビジネスユースや旅行などで大変便利です。

実用的な使い方を考えると、Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は飛び抜けて秀でているモバイルバッテリーであるということが分かります。このモバイルバッテリーは強力な候補にあがるでしょう。またこのモバイルバッテリーはバッテリー容量に注目する場合魅力的と考えることができそうです。ともあれバッテリー容量は商品決定に関する大きな材料の1つになります。

バッテリー容量評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N1120000mAh87/100

出力

USBポート数

USBポート数において、Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は1個というデータであると言えます。これはUSBポート数がある程度微妙なレベルにあるモバイルバッテリーと言うことができるでしょう。全モバイルバッテリーの中でわりと下位にあります。

モバイルバッテリーには、USBポート数が多いものも多くなっています。これには、大きなメリットがあります。たくさんの機器を同時に充電できることで、一つのコンセントからでも多くの機器を充電できるため、省エネにもつながります。

現実的な視点から考えると、USBポート数に関してPower Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は感覚的にいって、わりと物足りない水準であると感じると思います。したがってこのモバイルバッテリーはUSBポート数を重視したい場合あまり良くない選択といえるかもしれません。ともあれUSBポート数は大きな手掛かりになります。一方で決定的ではない点を頭に入れていおく必要性があることが分かります。

USBポート数評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N111個25/100

対応電圧

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11の対応電圧は12Vになります。対応電圧についての評点は100点中50点となります。これは全てのモバイルバッテリーの中でも平均的ということができます。そこそこといった感じといえそうです。このモバイルバッテリーは、高い対応電圧を持っており、様々な機種に対応することが可能です。また、使用する際にも安定した動作が期待できるため、非常に便利です。

対応電圧が高いモバイルバッテリーは、安心して使うことができます。例えば、スマートフォンの充電中に誤って他の機器の充電を試みると、機器が故障する可能性がありますが、対応電圧が高いバッテリーであればその心配がありません。また、機器に合わせた充電ができるため、充電が早くなることもあるでしょう。

実際の現場で考えるとPower Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は標準的と思います。別の側面を見て選択した方が良さそうことが分かるでしょう。対応電圧の情報を確認しても選択において意味がありません。

対応電圧評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N1112V50/100

対応電流

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11に関して、対応電流は3000mAというデータとなっています。これは標準水準ということができそうです。全てのモバイルバッテリーの中で対応電流の評点は標準水準のモバイルバッテリーです。評価は100点中58点となっています。このモバイルバッテリーを使用する上での特徴の一つが、大きい対応電流だということです。大きい対応電流によって、高速な充電が可能であり、多くの機器に対応することができます。しかしながら、対応電流が大きいとバッテリー自体が大きくなってしまうため、利用者にとっては持ち運びがやや困難になるかもしれません。

対応電流が大きいモバイルバッテリーのもう一つのメリットは、多様な端末に対応できることです。全てのスマートフォンやタブレットと互換性がありますので、持ち運びにも便利です。また、旅行中や長時間部屋に居る場合にも、モバイルバッテリーを接続して充電でき、充電が切れても安心です。

実際に使う場合、対応電流に関してPower Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11はまあまあのグレードといったレベルであるということが分かるでしょう。ほかの側面で決めることを非常に提案します。商品選択において、対応電流の情報はほとんど参考にならないと思います。

対応電流評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N113000mA58/100

3A対応

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は3Aに対応していると言えるでしょう。当社が最近検証したこのモバイルバッテリーは、3Aに対応しており、高速充電が可能です。また、小型かつ軽量で持ち運びがしやすく、利便性に優れています。

3Aに対応しているモバイルバッテリーは、高出力の充電ができるので、急いで充電しなければならない時には特に頼れる存在となります。電池容量も大きいため、一度の充電で複数のデバイスを充電することもできます。また、外出先や旅行などでも活躍するので、長期滞在や長時間の使用にも便利です。

2.4A対応

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は2.4Aに対応しているモバイルバッテリーとなっています。当社が評価したこのモバイルバッテリーは、2.4Aに対応しているため、迅速な充電が可能です。これにより、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを快適に使用することができます。

2.1A対応

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は2.1Aに対応しているということができます。このモバイルバッテリーは2.1Aに対応しているため、充電時間を大幅に短縮することができます。さらに、デザイン性にも優れており、スマートフォンと一緒に持ち歩くとおしゃれな印象を与えることができます。

2.0A対応

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は2.0Aに対応しているといえます。

USB Type-C対応

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11はUSB Type-Cに対応しているといえるでしょう。このモバイルバッテリーは、USB Type-Cに対応しており、現代のスマートフォンやタブレットなどに対応しています。また、充電や持ち運びも簡単で、底を流しやすいデザインも魅力です。このモバイルバッテリーをお持ちの方は、安心してスマートフォンなどを使用できるでしょう。

全体仕様

本体サイズ

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11の本体サイズについては113mm × 72mm × 31mmとなります。平均と比べる場合これは非常に下回っているモバイルバッテリーでしょう。100点中13.4点といえます。

本体サイズが小さいモバイルバッテリーのメリットは、持ち運びが楽になることです。小さなボディに大容量のバッテリーを詰め込む技術が進化したため、一日中スマホを使ってもバッテリー切れの心配がなくなります。また、カバンやポケットに入れても邪魔にならず、デザインもオシャレなものが増えているため、女性や若者にも人気があります。

実用上の意味合いで言えば、本体サイズについてPower Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11は下位20%以内にあると言えるでしょう。そのためこのモバイルバッテリーは候補から除外すべきであると思います。本体サイズは欠かせない影響を与えると言えるでしょう。

本体サイズ評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11113mm × 72mm × 31mm13/100

本体重量

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11における本体重量については345gというデータです。本体重量について見てみると、100点満点中14.5点という評価得点をつけています。普通と比べる場合イマイチな水準にあるといえるでしょう。

本体重量が軽いモバイルバッテリーのメリットはたくさんあります。まず、持ち運びが楽になります。重いバッテリーを持ち運ぶのは大変ですが、軽いモバイルバッテリーならば手軽に持ち運べます。また、軽さがあるため、外出先での充電も簡単になるでしょう。さらに、使い勝手の面でも優れています。重いバッテリーは扱いにくかったり、場所を取ったりしますが、軽いモバイルバッテリーならば持ち運びやすく、使いやすいです。

この評価情報から明白に分かるように、Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11はの下位グレードにあると考えられます。このためこのモバイルバッテリーを選ばない場合の判断材料の一つと言えるでしょう。本体重量は選択において必要不可欠な指標の1つになると言えるでしょう。

本体重量評価
Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11345g14/100

ケーブル付属

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11はケーブルが付属しているといえます。このモバイルバッテリーには、ケーブルが付属しています。そのため、別途ケーブルを用意する手間が省けます。また、付属のケーブルは品質が高く、充電の効率が良いため、快適な充電体験ができます。

ケーブルが付属しているモバイルバッテリーのメリットとしては、手持ちの端末と簡単に接続ができるため、充電に必要なケーブルを別途用意する手間を省くことができます。また、必要なケーブルを持ち歩くことがないため、外出先でもスマートフォンなどの端末を手軽に充電でき、生活の利便性が向上します。

スペック

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11
画像Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11
本体サイズ113mm × 72mm × 31mm
本体重量345g
カラーブラック
ケーブル付属
接続端子USB/USB Type-C
USBポート数1個
対応電圧12V
対応電流3000mA
3A対応
2.4A対応
2.1A対応
2.0A対応
USB Type-C対応
バッテリー容量20000mAh

Power Bank (20000mAh 22.5W Built-In USB-C Cable) A1647N11 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。