SIMフリー OPPO R15 Neo (CPH1851)とau Samsung Galaxy S6 edge SCV31はどっちがいい?性能やスペックの違いを徹底比較してみた。

R15 NeoGalaxy S6 edge SCV31
R15 NeoGalaxy S6 edge SCV31

R15 NeoとGalaxy S6 edge SCV31を比較することによってR15 NeoとGalaxy S6 edge SCV31の違いを説明。機種変更を考えているがR15 NeoとGalaxy S6 edge SCV31のどっちを選ぶか迷っている方はぜひチェックしてください。

R15 NeoGalaxy S6 edge SCV31
R15 Neo

比較する製品を変更する

Galaxy S6 edge SCV31

比較する製品を変更する

総合評価:

73/100

(総合: 1088位)

79/100

(総合: 36位)

持ちやすさ
60/100
73/100
重たさ
63/100
77/100
画面の大きさ
90/100
75/100
画面のきれいさ
52/100
88/100
電池もち
80/100
59/100
処理性能
82/100
82/100
メモリ容量
70/100
60/100
ストレージ容量
67/100
67/100
リアカメラ性能
61/100
68/100
インカメラ性能
58/100
50/100

性能や使いやすさの違い・差を比較

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31のサイズ比較。どっちを選ぶ?

本体サイズは持ちやすさや片手操作性に大きく影響します。横幅が小さいほどしっかりと握れて持ちやすいですが、本体の厚みも考慮する必要があります。
また、横幅と縦幅が小さいと片手で操作する際に指が伸ばしやすくなるため操作がしやすくなります。逆に横幅と縦幅が大きいと、ポケットに入れづらかったり鞄に入れてもかさばってしまい、携帯性を損ねてしまいます。

R15 Neo CPH1851の本体の大きさは横幅76.0mm、縦幅157.0mm、厚さ8.2mmです。またGalaxy S6 edge SCV31の本体サイズは横幅70.0mm、縦幅142.0mm、厚さ7.0mmです。

本体の横幅と厚み、薄さについて比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べてかなりサイズは小さくコンパクトです。片手で持ちやすく、うっかり落としてしまうことが少ないためR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31が優れています。よりしっかりと握れて手にフィットするようなスマホを選ぶならR15 Neo CPH1851よりGalaxy S6 edge SCV31を買うことがおすすめです。

本体の横幅と縦幅について比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べてコンパクトなサイズです。そのためR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31のほうが片手での操作性が高く、持ち運びで邪魔になりにくく携帯性が高いです。そのためGalaxy S6 edge SCV31がおすすめです。

総合的に本体サイズを比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べてかなり大きなサイズです。片手で使うのに便利で、使わないときでも邪魔になりにくいという点でR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31が優れています。片手で扱いやすく、持ち運びしやすいサイズのスマホを選ぶならR15 Neo CPH1851よりGalaxy S6 edge SCV31を買うことがおすすめです。

握りやすさ縦 × 横 × 幅
R15 Neo CPH1851
51/100157.0mm × 76.0mm × 8.2mm
Galaxy S6 edge SCV31
62/100142.0mm × 70.0mm × 7.0mm

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31はどっちが手に優しい?違いを比べる

本体の重量は手の疲れやすさや手首への負荷に影響します。軽ければ軽いほど長時間操作していても疲れません。また手首への負担も低いため快適に使うことができます。しかし自分にあった重さでないと体に負担をかけてしまうためストレスを感じてしまいます。

R15 Neo CPH1851の重さは168.0gです。またGalaxy S6 edge SCV31は133.0gです。本体の重さについて比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べてかなり本体が軽いスマホで、約35gもの差があります。指や手首に負担がかかりにくいという点ではR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31が優れています。長時間操作でも手の疲労を感じにくく、指に負担がかかりにくいスマホを選ぶならR15 Neo CPH1851よりGalaxy S6 edge SCV31を買うことがおすすめです。

持ちやすさ本体重量
R15 Neo CPH1851
64/100168.0g
Galaxy S6 edge SCV31
80/100133.0g

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31はどちらのディスプレイが使いやすいのか

画面の大きさは操作性や画面の見やすさに影響します。画面が大きいとアプリの文字やボタンが大きく表示されるため、誤って横のボタンをタップしてしまうことが少なくなります。またゲームや動画をより大迫力で楽しむことができます。

R15 Neo CPH1851の画面サイズは6.2インチです。またGalaxy S6 edge SCV31は5.1インチです。ディスプレイや画面の大きさについて比較すると、R15 Neo CPH1851はGalaxy S6 edge SCV31に比べてかなり画面サイズは大きく、約1インチもの差があります。アプリの操作ボタンが押しやすく、より大迫力で動画やゲームを楽しめるという点ではGalaxy S6 edge SCV31よりもR15 Neo CPH1851が優れています。また画面が大きいR15 Neo CPH1851は目が疲れにくいというメリットもあります。誤タップしにくく、大画面で動画やゲームを楽しめ、かつ疲れ目になりにくいスマホを選ぶならGalaxy S6 edge SCV31よりR15 Neo CPH1851を買うことがおすすめです。

画面の見やすさ画面サイズ
R15 Neo CPH1851
74/1006.2inch
Galaxy S6 edge SCV31
64/1005.1inch

R15 Neo CPH1851のディスプレイとGalaxy S6 edge SCV31のディスプレイはどっちがくっきり映る?

ピクセル密度は画面のきれいさに影響し、ピクセル密度が高いほど画面がきれいに見えるため、よりゲームや動画を楽しむことができます。また画面がきれいなほど目にかかる負担が少なくなるため、長時間操作していても目が疲れにくくなる傾向にあります。

R15 Neo CPH1851の解像度は1520×720で、ピクセル密度は271dpiです。またGalaxy S6 edge SCV31の解像度は2560×1440で、ピクセル密度は576dpiです。画面のピクセル数について比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べてかなりピクセル密度が高く、約305ppiもの差があります。画面のきれいで目に負担がかかりにくいという点ではR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31が優れています。文字が画像などがにじまずくっきり映るディスプレイで目に優しいスマホを選ぶならR15 Neo CPH1851よりGalaxy S6 edge SCV31を買うことがおすすめです。

画面のきれいさピクセル密度
R15 Neo CPH1851
54/100271ppi
Galaxy S6 edge SCV31
100/100576ppi

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31の電池もちの差は?違いをまとめる

バッテリー性能は電池持ちに大きく影響します。ただし必ずしもバッテリー容量が多いほど長く電池もちするわけではなく、バッテリー消費効率を考慮しなければなりません。画面が大きいほど、CPUの性能が高いほど多くの電池を消費します。

R15 Neo CPH1851のバッテリー容量は4230mAhです。またGalaxy S6 edge SCV31のバッテリー容量は2600mAhです。また、バッテリー性能について、R15 Neo CPH1851はGalaxy S6 edge SCV31に比べてかなりバッテリー容量が大きく1630mAhもの差があります。

バッテリー性能容量
R15 Neo CPH1851
100/1004230mAh
Galaxy S6 edge SCV31
65/1002600mAh

R15 Neo CPH1851のCPU性能とGalaxy S6 edge SCV31のCPU性能はどちらのが上なのか

CPU性能はプログラムの処理性能に影響し、CPUのコア数とCPU周波数の掛け合わせによってプログラムの処理性能が決まります。この性能が高いほどアプリやゲームがサクサク動き、性能が低いとアプリやゲームが重くなりストレスを感じます。

R15 Neo CPH1851のCPU性能は8コアで1.8GHzです。またGalaxy S6 edge SCV31のCPU性能は8コアで2.1GHz+1.5GHzです。CPU性能について比較すると、R15 Neo CPH1851もGalaxy S6 edge SCV31もほとんどスペックに差はありません。そのためアプリを使うときに感じるサクサク度やゲームの快適さはどちらも同じくらいです。そのため他の性能面や機能面で比較する方がよいです。

CPU性能速度
R15 Neo CPH1851
93/1001.8GHzのオクタコア(8コア)
Galaxy S6 edge SCV31
93/1002.1GHz+1.5GHzのオクタコア(8コア)

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31について、メモリ容量の違いは?

メモリ容量はマルチタスク性能やアプリの安定性に影響します。メモリ容量が大きければ大きいほど、複数のアプリを同時に使う場面でも安定して快適に使うことができます。またアニメーションがカクカクしたりアプリが止まってしまったりクラッシュする可能性が低くなります。また十分なメモリ容量がないと遊べないゲームもあるので注意が必要です。

R15 Neo CPH1851のメモリ容量は4GBです。またGalaxy S6 edge SCV31のメモリ容量は3GBです。メモリ性能について比較すると、R15 Neo CPH1851はGalaxy S6 edge SCV31に比べてかなりメモリ容量が大きく、約1GBもの差があります。マルチタスクの快適さやクラッシュのしにくさ、3DゲームやVRの快適さという点ではGalaxy S6 edge SCV31よりもR15 Neo CPH1851が優れています。複数のアプリを同時に使っていても安定して使え、また快適に3DゲームやVRを遊べるスマホを選ぶならGalaxy S6 edge SCV31よりR15 Neo CPH1851を買うことがおすすめです。

メモリ性能容量
R15 Neo CPH1851
100/1004.0GB
Galaxy S6 edge SCV31
66/1003.0GB

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31はどちらがデータの保存容量が大きい?

ストレージ容量は保存できるデータ量に影響します。ストレージ容量が大きいほど、撮影できる写真の数やインストールできるアプリの数が多くなります。またSDカードに対応しているスマホであればストレージ容量を増やすことができます。ただし、本体よりも書き込み速度が遅いという性能面のデメリットや、すべてのデータを移動することができないため注意が必要です。

R15 Neo CPH1851のストレージ容量は64GBです。またGalaxy S6 edge SCV31の容量は64GBです。ROM、ストレージ容量について比較すると、R15 Neo CPH1851もGalaxy S6 edge SCV31もほとんど差はありません。そのため保存できる写真数やインストールできるアプリの数はどちらも同じくらいです。そのため他の性能面や機能面で比較する方がよいです。

ストレージ容量容量
R15 Neo CPH1851
100/10064GB
Galaxy S6 edge SCV31
100/10064GB

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31のリアカメラ性能比較。どっちの画素数が高いのか

本体背面についている外側のカメラ(リアカメラ/背面カメラ)の性能を決める一つの要素に画素数があります。画素数が多ければ多いほど高精細な写真を撮ることができ、プリントアウトする際にきれいに印刷することができます。

R15 Neo CPH1851のメインカメラの性能は1300万画素です。またGalaxy S6 edge SCV31は1600万画素です。リアカメラ性能について比較すると、Galaxy S6 edge SCV31はR15 Neo CPH1851に比べて画素数が高く、約300万画素の差があります。そのためR15 Neo CPH1851よりもGalaxy S6 edge SCV31のほうが高画質な風景写真が撮影できて綺麗にプリントアウトできます。そのためGalaxy S6 edge SCV31がおすすめです。

メインカメラ性能画素数
R15 Neo CPH1851
64/1001300万画素
Galaxy S6 edge SCV31
73/1001600万画素

R15 Neo CPH1851とGalaxy S6 edge SCV31のインカメラはどちらの画質が高いのか?

本体ディスプレイ側についている内側のカメラ(インカメラ/フロントカメラ)の性能を決める一つの要素に画素数があります。画素数が多ければ多いほど高精細な写真を撮ることができ、プリントアウトする際にきれいに印刷することができます。

R15 Neo CPH1851のインカメラの性能は800万画素です。またGalaxy S6 edge SCV31は500万画素です。インカメラ性能について比較すると、R15 Neo CPH1851はGalaxy S6 edge SCV31に比べてかなりフロントカメラの画素数は高く、約300万画素もの差があります。そのためGalaxy S6 edge SCV31よりもR15 Neo CPH1851がより動画撮影や写真撮影に適しています。高画質な自撮り写真が撮影できて綺麗にプリントアウトできるスマホを選ぶならGalaxy S6 edge SCV31よりR15 Neo CPH1851を買うことがおすすめです。

インカメラ性能画素数
R15 Neo CPH1851
71/100800万画素
Galaxy S6 edge SCV31
50/100500万画素

性能をスペック表で比較する

R15 Neo CPH1851Galaxy S6 edge SCV31
外観R15 Neo CPH1851 ImageGalaxy S6 edge SCV31 Image
メーカーOPPOSamsung
発売日2018年8月2015年4月
OSAndroidAndroid
ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンクブラック サファイア、ホワイト パール、ゴールド プラチナ
本体サイズ157.0mm×76.0mm×8.2mm142.0mm×70.0mm×7.0mm
本体重量168.0g133.0g
ディスプレイの大きさ6.2インチ5.1インチ
ディスプレイ種別TFTOLED(有機ELディスプレイ)
画面解像度1520×7202560×1440
ピクセル密度271ppi576ppi
バッテリー容量4230mAh2600mAh
CPU性能(Clock)1.8GHz2.1GHz+1.5GHz
CPU性能(コア数)8コア8コア
メモリ容量4GB3GB
ストレージ容量64GB64GB
メインカメラ性能1300万画素1600万画素
インカメラ性能800万画素500万画素

楽天で購入する

Amazonで購入する

Yahoo! JAPANで購入する

楽天で購入する

Amazonで購入する

Yahoo! JAPANで購入する

価格を比べる

R15 Neoの関連記事
Galaxy S6 edge SCV31の関連記事
R15 Neoと評価が同程度のスマートフォンを探す

R15 Neoの関連記事

R15 Neoの関連記事
Galaxy S6 edge SCV31の関連記事
Galaxy S6 edge SCV31と評価が同程度のスマートフォンを探す

Galaxy S6 edge SCV31の関連記事

スマートフォンランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でスマートフォンを探す
ブランド名でスマートフォンを探す
スマートフォン 新着記事
タブレット 新着記事