徹底レビュー: Oppo F7 (2018) 128GB と AQUOS R2 SHV42 au 64GB

2023-05-18 23:37:45

Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
総合評価:

59.2/100

(総合順位: 1008/9174)

61/100

(総合順位: 10/9174)

本体サイズ
61/100
16/100
本体重量
58/100
40/100
画面サイズ
53/100
45/100
画面解像度
48/100
86/100
処理性能
59/100
72/100
RAM
66/100
58/100
バッテリー容量
66/100
57/100
ストレージ容量
74/100
66/100
SDカード最大容量
46/100
55/100
ダウンロード時の最大通信速度
53/100
64/100
背面カメラ画素数
47/100
66/100
背面カメラ開放F値
78/100
74/100
前面カメラ画素数
75/100
66/100

スペック

Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
Oppo F7 (2018) 128GBシャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
基本情報
本体サイズ横:75.3mm、縦:156.0mm、厚さ:7.8mm横:74.0mm、縦:156.0mm、厚さ:10.0mm
本体重量158g181g
OSAndroidAndroid
Solar Red/Diamond Black/Moonlight Silverアクアマリン/プラチナホワイト/プレミアムブラック
画面
ディスプレイの種類LTPS IPS LCDハイスピードIGZO液晶
ゴリラガラス -
画面サイズ6.23インチ6インチ
画面解像度1080×22801440×3040
性能
処理性能Mediatek MT6771 Helio P60(2.0GHz+2.0GHz, 8コア)Snapdragon 845 SDM845(2.8GHz, 8コア)
CPUの型番Mediatek MT6771 Helio P60Snapdragon 845 SDM845
CPUのアーキテクチャーCortex A73 + Cortex A53 -
CPUのプロセスノード12nm -
CPUのコア数88
CPUのクロック数2.0GHz+2.0GHz2.8GHz
RAM6GB4GB
搭載しているGPUMali-G72 MP3 -
バッテリー
バッテリー着脱対応× -
バッテリー容量3400mAh3130mAh
最大待受可能時間 - 630時間
ストレージ
ストレージ容量128GB64GB
SDカード対応
SDカード最大容量256GB400GB
堅牢性
防水性能 - IP8X
防水性能 - IP8X
外部通信機能
対応キャリア - au
ダウンロード時の最大通信速度600Mbps958Mbps
4G対応
対応4G帯域1/3/5/8/38/40/41 -
WiMAX 2+対応 -
SIMロック解除対応 -
デュアルSIM対応 -
デュアルSIMデュアルスタンバイ機能 -
GPS対応
内部通信機能
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Wi-Fi Direct対応 -
Bluetooth規格Bluetooth 4.2Bluetooth 5.0
NFC対応×
おサイフケータイ -
カメラ
複数レンズ対応 -
背面カメラ画素数1600万画素2260万画素
背面カメラ開放F値f/1.8f/1.9
HDR撮影機能(背面カメラ) -
前面カメラ画素数2500万画素1630万画素
前面カメラの画素サイズ0.9亮m -
前面カメラ開放F値f/2 -
手ブレ補正機能 -
搭載センサー
加速度センサー機能 -
電子コンパス -
ジャイロセンサー機能 -
近接センサー -
接続端子
充電端子microUSBUSB Type-C
イヤホンジャック搭載
ハイレゾ対応 -
便利機能
4K対応 -
スローモーション撮影機能 -
フルセグ対応 -
ワンセグ対応 -
指紋認証

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

比較レビュー

便利機能

指紋認証

AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBは指紋認証に対応しているスマホとなっています。これらのスマホは、指紋認証に対応しており、セキュリティに大きな貢献をしています。指紋認証は素早く正確に行われるため、スマホを開く時間が短縮され、スムーズな操作が可能になります。

指紋認証に対応したスマホには、さまざまなメリットがあります。まず、指紋認証機能により、他の人にスマホを勝手に操作される心配がなくなります。また、指紋を使ったセキュリティは、パスワードよりも高度なセキュリティ性が確保できます。そして、指紋認証により、銀行口座やクレジットカードの決済など、より高度なセキュリティが必要なアプリも手軽に利用することができます。

外部通信機能

ダウンロード時の最大通信速度

ダウンロード時の最大通信速度の観点についてOppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBで比較すると、Oppo F7 (2018) 128GBは600Mbpsというデータであるのに対してAQUOS R2 SHV42 au 64GBは958Mbpsになります。AQUOS R2 SHV42 au 64GBのほうがダウンロード時の最大通信速度がごくわずかに速いと言うことができ358Mbpsのそこそこ小さな違いがOppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBに存在します。ダウンロード時の最大通信速度が速いスマホのメリットは、時間の節約です。いちいちダウンロードが遅いスマホを使っていると、大きなサイズのアプリなどをダウンロードするのに時間がかかりますが、通信速度が速ければ、さくさくとダウンロードが完了します。

ダウンロード時の最大通信速度が速いスマホは、外出先でも高速でインターネットを利用することができます。公共のWi-Fi環境がなくても、高速に通信することができるため、ビジネスやプライベートでの利用シーンで非常に便利です。

実際的な面から見るとダウンロード時の最大通信速度に関してOppo F7 (2018) 128GBに比べてAQUOS R2 SHV42 au 64GBはちょっとだけ優れていると感じると思います。他の視点をみてみていく必要性がありそうと言えます。

ダウンロード時の最大通信速度評価
Oppo F7 (2018) 128GB
600Mbps53/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
958Mbps64/100

4G対応

Oppo F7 (2018) 128GBもAQUOS R2 SHV42 au 64GBも4Gに対応しているスマホであるといえます。これらのスマホが4Gに対応していることは、ネットサーフィンだけでなく、データ通信にも大きなメリットがあります。高速通信により、動画や音声をストリーミングしながら、快適な利用が可能です。

4Gに対応しているスマホは、より高速で安定したデータ通信を実現し、大容量の動画や音楽をストレスフリーで楽しめます。また、オンラインゲームや動画通話にも最適で、ユーザーに対して迅速な情報提供ができます。

GPS対応

どちらもGPSに対応していると言えるでしょう。これらのスマホはGPSに対応しているので、地図を使ってナビ機能を使うことができます。さらに、渋滞情報をリアルタイムで確認し、交通事情に応じたルート提案もできます。これらのスマホを使用することで、運転中に迷子になったり、渋滞に巻き込まれたりすることが減ります。

GPSに対応しているスマホは、スポーツやアウトドアの活動にも便利です。例えば、ランニングやサイクリングをしている際には、距離や速度、ルートなどの情報がリアルタイムで表示されるため、自己ベストや記録更新に挑戦することができます。また、山登りやキャンプでは、地図とGPSを利用し、現在位置と登山ルートを確認することができます。

性能

処理性能

処理性能の視点について比べるとAQUOS R2 SHV42 au 64GBはSnapdragon 845 SDM845(2.8GHz, 8コア)というデータになっており、Oppo F7 (2018) 128GBはMediatek MT6771 Helio P60(2.0GHz+2.0GHz, 8コア)です。処理性能に関してAQUOS R2 SHV42 au 64GBよりOppo F7 (2018) 128GBは微妙に低いと言えるでしょう。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBはまあまあ小さい差があります。処理性能が高いスマホのメリットは、快適な操作や高速なアプリ起動にあります。

処理性能が高いスマホには、多くのメリットがあります。まず第一に、スマホを高速で使用することができるため、快適な使い心地が得られます。また、動画やゲームなどの重いアプリケーションも、スムーズに動作するため、ストレスが軽減されます。最後に、高速処理により、バッテリー消耗が抑えられるため、長時間の使用にも対応できます。

Oppo F7 (2018) 128GBの方がほんの僅かに劣っていると考えることができます。感覚的にいってまあまあ小さい差を感じることと言えます。処理性能の情報を評価しても参考になりません。

処理性能評価
Oppo F7 (2018) 128GB
Mediatek MT6771 Helio P60(2.0GHz+2.0GHz, 8コア)59/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
Snapdragon 845 SDM845(2.8GHz, 8コア)72/100

RAM

Oppo F7 (2018) 128GBのRAMは6GBというデータとなっています。一方でAQUOS R2 SHV42 au 64GBは4GBというデータとなっています。これらの比較でわかるようにOppo F7 (2018) 128GBのRAMと比べるとAQUOS R2 SHV42 au 64GBのRAMはほんのわずかに良くないであることが分かるでしょう。AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBは差は全くと言える程存在していません。RAMが大きいスマホは、大容量のデータを扱う際にもサクサクと処理でき、ストレスフリーなスマートフォンライフを実現できます。

RAMが大きいスマホは、スマホの利便性を最大限に活用することができます。例えば、スマホでのビジネス利用に際しては、複数のアプリの同時実行が求められます。RAMが大きいスマホは、ビジネスマンの生産性を向上させるために必要不可欠です。また、RAMが大きいスマホは、SNSやマルチメディアコンテンツを用いたスマホのエンターテイメント性を高めることも可能です。

実際に使う場合を考えるとRAMにおいてAQUOS R2 SHV42 au 64GBの方がOppo F7 (2018) 128GBよりもほんの少し良くないと感じられると思います。RAMの情報を検討しても商品を選択するうえで参考にならないでしょう。

RAM評価
Oppo F7 (2018) 128GB
6GB66/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
4GB58/100

基本情報

本体サイズ

Oppo F7 (2018) 128GBの本体サイズは横:75.3mm、縦:156.0mm、厚さ:7.8mmというデータである一方AQUOS R2 SHV42 au 64GBの本体サイズは横:74.0mm、縦:156.0mm、厚さ:10.0mmというデータになっています。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBは全く別物であると思います。本体サイズに関してOppo F7 (2018) 128GBよりAQUOS R2 SHV42 au 64GBはダントツで大きいということが分かります。本体サイズが小さいスマホの利点は、持ち運びが容易であることです。荷物が少なく軽くなり、移動の際のストレスが軽減されます。

小さい本体サイズのスマートフォンは、電話やメッセージなどの基本的な機能が充実しているものが多く、シンプルな使い方ができます。また、バッテリーの消費も少なく、長時間使用することができるため、外出先での急な充電が不要になります。

実際のところOppo F7 (2018) 128GBに比べてAQUOS R2 SHV42 au 64GBのほうが著しく低い部類にあると考えることができます。したがってAQUOS R2 SHV42 au 64GBを選択するべきでない判断材料と言えるでしょう。またOppo F7 (2018) 128GBは本体サイズに注目する人の場合最適の選択肢と言えそうです。

本体サイズ評価
Oppo F7 (2018) 128GB
横:75.3mm、縦:156.0mm、厚さ:7.8mm61/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
横:74.0mm、縦:156.0mm、厚さ:10.0mm16/100

本体重量

Oppo F7 (2018) 128GBの本体重量は158gとなっておりAQUOS R2 SHV42 au 64GBの本体重量は181gというデータです。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBの違いは23g存在しOppo F7 (2018) 128GBの方が本体重量は比較的軽いと言えるでしょう。軽い本体重量を持つスマホは、長時間使用している場合でも疲れにくく、使い勝手が優れています。

本体重量が軽いスマホのメリットは何でしょうか。まず第一に、持ち運びがしやすくなるという点が挙げられます。軽い本体重量であれば、バッグやポケットなどに簡単に入れられ、外出先での利用がより便利になります。また、長時間の利用においても、手首や腕に負担がかからず快適に使用できるため、ストレスフリーなスマホライフを送ることができます。

実用的な観点から見ると本体重量に関してAQUOS R2 SHV42 au 64GBよりOppo F7 (2018) 128GBは幾分か高い水準であるといえます。このため、本体重量にこだわるなら、AQUOS R2 SHV42 au 64GBを使うべきではないと考えることができそうです。

本体重量評価
Oppo F7 (2018) 128GB
158g58/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
181g40/100

カメラ

背面カメラ画素数

AQUOS R2 SHV42 au 64GBの背面カメラ画素数は2260万画素というデータとなっている一方、Oppo F7 (2018) 128GBの背面カメラ画素数は1600万画素というデータになっています。Oppo F7 (2018) 128GBの方がAQUOS R2 SHV42 au 64GBの背面カメラ画素数よりも比較にならない程少ないと言うことができます。差は一回り大きく開いていると思います。660万画素という比べ物にならないくらいの差があります。背面カメラ画素数が多いスマホの利点は、より美しい写真が撮影できることです。

背面カメラ画素数が多いスマホのメリットは、高画質な写真を撮影できることです。画素数が多いことで、細かいディテールまでキャプチャーすることが可能で、写真の美しさを引き立てます。また、夜景を撮影する際にも、暗い場所でも鮮明な写真を撮ることができるます。

実際に利用することを考慮すると、Oppo F7 (2018) 128GBの背面カメラ画素数の方がAQUOS R2 SHV42 au 64GBの背面カメラ画素数と比べると感覚上、際立って低い部類にあります。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBの差は極端に飛び抜けて開いています。従って背面カメラ画素数を気にするのならOppo F7 (2018) 128GBに決めるべきではないと言えるかもしれません。

背面カメラ画素数評価
Oppo F7 (2018) 128GB
1600万画素47/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
2260万画素66/100

背面カメラ開放F値

背面カメラ開放F値の観点についてOppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBをみてみると、Oppo F7 (2018) 128GBはf/1.8というデータであるのに対し、AQUOS R2 SHV42 au 64GBはf/1.9となります。AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBは殆ど同じような感じと思います。

スマートフォンのカメラ性能は、今やスマホの売れ行きに大きく関わっています。背面カメラ開放F値が小さいスマホは、より鮮明な写真が撮影できるだけでなく、レンズに距離感が出るため人物写真も美しく映し出されます。また、ボケ味も自然で美しく、これまで一眼レフカメラが持つ特長だった撮影効果が手軽にスマホで楽しめるようになったということもポイントです。

実用的な観点から見ると、背面カメラ開放F値に関してAQUOS R2 SHV42 au 64GBもOppo F7 (2018) 128GBも全くといっていいほど差は存在しません。背面カメラ開放F値の情報を比べても決定を下すうえであまり参考になりません。

背面カメラ開放F値評価
Oppo F7 (2018) 128GB
f/1.878/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
f/1.974/100

前面カメラ画素数

前面カメラ画素数においてOppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBを比較してみると、AQUOS R2 SHV42 au 64GBは1630万画素となっている一方、Oppo F7 (2018) 128GBは2500万画素です。AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBはそれなりに小さな差が存在しています。この比較情報で明白に分かるようにAQUOS R2 SHV42 au 64GBをOppo F7 (2018) 128GBの前面カメラ画素数の方が僅かに上回っています。前面カメラ画素数が多いスマホの最大のメリットは、自撮り写真の美しさが向上することです。

前面カメラ画素数が多いスマホは、セキュリティーの向上にもつながります。例えば、フェイスIDという機能を使うことで、スマホを持ち主以外が使おうとした場合、認証NGとなります。画素数が多いことでより精度の高い認証が可能となり、セキュリティーにつながります。

体感的な視点から考えると前面カメラ画素数に関してAQUOS R2 SHV42 au 64GBはOppo F7 (2018) 128GBに比べて感覚的に、ほんのちょっと良くないと言うことができるでしょう。他の角度から判断するほうが良さそうことが分かります。

前面カメラ画素数評価
Oppo F7 (2018) 128GB
2500万画素75/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
1630万画素66/100

バッテリー

バッテリー容量

Oppo F7 (2018) 128GBのバッテリー容量は3400mAhに対してAQUOS R2 SHV42 au 64GBのバッテリー容量は3130mAhというデータです。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBの違いは270mAh見られOppo F7 (2018) 128GBの方がバッテリー容量が微妙に大きいと言えるでしょう。スマホを頻繁に使用する人にとって、バッテリー容量が大きいスマホは、充電頻度を減らすことができるため、効率的な選択肢となります。

普段からスマホを多用する方には、バッテリー容量が大きいスマホはおすすめです。充電器を持ち歩かなくても、一日中使用することができるため、スマホにかける時間が多い方には快適なスマホライフが送れます。

これらの比較から明確なように、AQUOS R2 SHV42 au 64GBと比べるとOppo F7 (2018) 128GBのバッテリー容量の方がほんのちょっと上回っています。違いはほんの少しというデータになっています。単純な数字で見ればOppo F7 (2018) 128GBの方が大きいということが分かります。ただ、バッテリー容量の情報を比較しても、意味がないと思います。

バッテリー容量評価
Oppo F7 (2018) 128GB
3400mAh66/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
3130mAh57/100

ストレージ

ストレージ容量

Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBをストレージ容量について比較すると、AQUOS R2 SHV42 au 64GBは64GBとなっているのに対してOppo F7 (2018) 128GBは128GBというデータです。Oppo F7 (2018) 128GBはストレージ容量がごくわずかに大きいと言うことができます。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBの差は64GBと言えるでしょう。ストレージ容量が大きいスマホのメリットは、大量の写真や動画を保存できることです。

容量が大きいスマホは、プライバシーの確保にも効果的です。セキュリティが不十分な場合、個人情報が外部に流出するリスクがありますが、大きいストレージ容量を持つスマホなら、個人情報や重要なデータを安心して保存することができます。さらに、ストレージの空き容量が十分にあれば、アップデートやバックアップもスムーズに行えます。大容量ストレージは、スマホをより快適に使うことができる重要な要素のひとつです。

これらの比較情報で明白にわかるように、Oppo F7 (2018) 128GBよりもAQUOS R2 SHV42 au 64GBのストレージ容量はごく僅かに下回っていると感じとれるでしょう。ほかの角度から評価することを推奨します。

ストレージ容量評価
Oppo F7 (2018) 128GB
128GB74/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
64GB66/100

SDカード対応

両方ともSDカードに対応しているスマホであると言えるでしょう。これらのスマホは、SDカードに対応しております。写真や動画など、大容量のデータを取り扱う方には、便利な機能となります。また、SDカードを挿していない場合でも、内蔵ストレージの容量が少なくなっても、気軽に補充することができます。

SDカードに対応しているスマホを選ぶことで、ストレージ容量が不足する心配をすることなく、快適にスマホを使うことができます。特にビジネスシーンでは、大量のデータを扱うことが多く、SDカードがあることで仕事の効率が格段に上がることもあります。また、SDカードによるバックアップも手軽に行えるため、いざという時の備えにも役立ちます。

SDカード最大容量

AQUOS R2 SHV42 au 64GBのSDカード最大容量は400GBとなっている一方、Oppo F7 (2018) 128GBのSDカード最大容量は256GBです。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBの違いは144GB見られOppo F7 (2018) 128GBのほうがSDカード最大容量は少しだけ小さいことが分かります。SDカード最大容量が大きいスマホは、外部の容量不足を気にせず、ストレスなくアプリやデータをダウンロードできます。多忙なビジネスマンや学生にとって非常に助かる機能です。

SDカード最大容量が大きいスマホのメリットは、コスト削減に繋がることです。大容量のスマホを購入するよりも、SDカードの容量拡張によって、スマホを使用することができます。また、SDカードの容量によってスマホの容量が増やせるため、使い捨てのスマホを減らすことができ、環境保護につながるという利点もあります。

実際に活用する上で考えると、SDカード最大容量に関してOppo F7 (2018) 128GBはAQUOS R2 SHV42 au 64GBよりもほんのすこし低い水準にあると言うことができるでしょう。AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBの違いはほんのすこし開いています。SDカード最大容量の情報を検討しても、全くといっていいほど役に立ちません。

SDカード最大容量評価
Oppo F7 (2018) 128GB
256GB46/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
400GB55/100

接続端子

イヤホンジャック搭載

AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBは、イヤホンジャックを搭載しているといえます。イヤホンジャックを搭載していないスマホに比べると、これらのスマホは、使い勝手が良いと言えます。有線イヤホンを使いたいときに、変換アダプターを準備する手間がなく、音楽を楽しむことができます。

イヤホンジャックを搭載しているスマホの利点としては、イヤホンの種類に制限がない点が挙げられます。Bluetoothイヤホンやノイズキャンセリング機能のついたイヤホンを使用することもできますが、有線イヤホンも使用可能であり、音質重視の方にも適しています。また、有線のイヤホンを使用することで、音声通話中に音楽を聴き流すことができるため、便利な点が多いです。

画面

画面サイズ

AQUOS R2 SHV42 au 64GBの画面サイズは6インチというデータとなっており、Oppo F7 (2018) 128GBは6.23インチというデータとなっています。画面サイズという視点関していえばOppo F7 (2018) 128GBはAQUOS R2 SHV42 au 64GBよりわずかに大きいと言うことができるでしょう。Oppo F7 (2018) 128GBとAQUOS R2 SHV42 au 64GBはほんのわずかな違いが存在しています。画面サイズが大きいスマホのメリットは、より広い視野を提供し、多くの情報を一度に表示できることです。

現代社会において、スマホは私たちの生活に欠かせないものとなっています。そこで画面サイズが大きいスマホは、情報収集やSNSなどのコミュニケーションツールとしても、非常に有用です。特に、多くの方がスマホを使ってビジネスコミュニケーションを行っている現在においては、大きな画面サイズは取引先とのやりとりや、書類作成などにも活用できます。

画面サイズという点について違いはちょっとしか存在していません。Oppo F7 (2018) 128GBの画面サイズの方がAQUOS R2 SHV42 au 64GBよりも感覚上、わずかに優れた水準にあると言えます。別の角度から比較するほうが良さそうということが分かります。商品を決める上で、画面サイズの情報はあまり役に立たないと思います。

画面サイズ評価
Oppo F7 (2018) 128GB
6.23インチ53/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
6インチ45/100

画面解像度

Oppo F7 (2018) 128GBの画面解像度は1080×2280であるのに対してAQUOS R2 SHV42 au 64GBは1440×3040というデータです。AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBはとても大きく異なるものであると思います。AQUOS R2 SHV42 au 64GBの画面解像度よりOppo F7 (2018) 128GBはとても低いということがわかります。画面解像度が高いスマホは、文字やアイコンの描写が鮮明で、目が疲れずに長時間利用することができます。

高画質はスマホの画面解像度が高い場合には欠かせません。高画質は、たとえば大画面で映画やビデオを観る場合に重要です。より高い画質で映像を楽しむことができ、それにより、視聴体験が一層向上します。高画質はまた、写真やイラストなど、映像以外のものにも効果を発揮します。

画面解像度において実際のところ、AQUOS R2 SHV42 au 64GBとOppo F7 (2018) 128GBの違いは圧倒的に飛び抜けて開いています。画面解像度に関してAQUOS R2 SHV42 au 64GBの方が非常に優位に感じられるでしょう。従ってAQUOS R2 SHV42 au 64GBは一つの有力な候補といえるでしょう。画面解像度を基準に考えることは合理的な決断をする上で不可欠な要素といえます。

画面解像度評価
Oppo F7 (2018) 128GB
1080×228048/100
シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB
1440×304086/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Oppo F7 (2018) 128GB
AQUOS R2 SHV42 au 64GB

Oppo F7 (2018) 128GB

Oppo F7 (2018) 128GB と評価が同程度のスマホを探す

Oppo F7 (2018) 128GB
AQUOS R2 SHV42 au 64GB

シャープ AQUOS R2 SHV42 au 64GB

AQUOS R2 SHV42 au 64GB と評価が同程度のスマホを探す