比較: Honor 10 (2018) 128GB と HTC U11+ (2017) 128GB

2023-05-18 22:11:22

Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
総合評価:

63.6/100

(総合順位: 1/9316)

58.6/100

(総合順位: 2/9316)

本体サイズ
81/100
39/100
本体重量
61/100
35/100
画面サイズ
40/100
45/100
画面解像度
48/100
82/100
処理性能
67/100
71/100
CPUのプロセスノード
52/100
52/100
RAM
74/100
66/100
GPU性能
71/100
82/100
バッテリー容量
66/100
76/100
急速充電能力
26/100
16/100
ストレージ容量
74/100
74/100
ダウンロード時の最大通信速度
66/100
58/100
背面カメラ画素数
70/100
33/100
背面カメラ開放F値
78/100
82/100
前面カメラ画素数
74/100
41/100
前面カメラ開放F値
64/100
64/100

スペック

Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
Honor 10 (2018) 128GBHTC U11+ (2017) 128GB
基本情報
本体サイズ横:71.2mm、縦:149.6mm、厚さ:7.7mm横:74.9mm、縦:158.5mm、厚さ:8.5mm
本体重量153g188g
OSAndroidAndroid
Phantom Blue/Phantom Green/Midnight Black/Glacier Grey/Lily WhiteTranslucent Black/Ceramic Black/Amazing Silver
画面
ディスプレイの種類IPS LCDSuper LCD6
ゴリラガラス
画面サイズ5.84インチ6インチ
画面解像度1080×22801440×2880
性能
処理性能Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835(2.45GHz+1.9GHz, 8コア)
CPUの型番Kirin 970Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835
CPUのアーキテクチャーCortex A73 + Cortex A53Kryo
CPUのプロセスノード10nm10nm
CPUのコア数88
CPUのクロック数2.4GHz+1.8GHz2.45GHz+1.9GHz
RAM8GB6GB
搭載しているGPUMali-G72 MP12Adreno 540
バッテリー
バッテリー着脱対応××
バッテリー容量3400mAh3930mAh
急速充電能力22.5W18W
ストレージ
ストレージ容量128GB128GB
SDカード対応×
堅牢性
防水性能 - IPX8
防水性能 - IPX8
防塵性能 - IP6X
外部通信機能
ダウンロード時の最大通信速度1024Mbps800Mbps
4G対応
対応4G帯域1/3/5/7/8/19/20/38/40/411/3/4/5/7/8/12/17/20/28/32/38/39/40/41
デュアルSIM対応
デュアルSIMデュアルスタンバイ機能
GPS対応
内部通信機能
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Wi-Fi Direct対応
Bluetooth規格Bluetooth 4.2Bluetooth 5.0
aptX HD対応
NFC対応
カメラ
複数レンズ対応 -
背面カメラ画素数2400万画素1200万画素
背面カメラの画素サイズ - 1.4亮m
背面カメラ開放F値f/1.8f/1.7
HDR撮影機能(背面カメラ)
HDR撮影機能(インカメラ) -
前面カメラ画素数2400万画素800万画素
前面カメラの画素サイズ0.9亮m -
前面カメラ開放F値f/2f/2
手ブレ補正機能 -
搭載センサー
加速度センサー機能
電子コンパス
ジャイロセンサー機能
近接センサー
接続端子
充電端子Type-CType-C
イヤホンジャック搭載×
便利機能
指紋認証

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

比較レビュー

ストレージ

ストレージ容量

ストレージ容量の角度においてHonor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBを対比するとHTC U11+ (2017) 128GBは128GBというデータに対しHonor 10 (2018) 128GBは128GBとなっています。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBのあいだに全く存在しないと言っていいほど差は見られません。

ストレージ容量が大きいスマホの最大のメリットは、たくさんの写真や動画を保存できることです。これにより、外出先でも撮った写真やダウンロードした動画を気軽に楽しめます。また、大容量のストレージを活用することで、音楽やアプリを多数ダウンロードしておき、ストレスなく高速に利用することが可能です。

実際的な面で考えるとHonor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBも類似していると考えられます。他の観点を見て比較することを非常に推奨します。ストレージ容量の情報を比較しても、全くといっていいほど参考になりません。

ストレージ容量評価
Honor 10 (2018) 128GB
128GB74/100
HTC U11+ (2017) 128GB
128GB74/100

カメラ

背面カメラ画素数

Honor 10 (2018) 128GBの背面カメラ画素数は2400万画素となっています。それに対してHTC U11+ (2017) 128GBの背面カメラ画素数は1200万画素となっています。HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBは断然異なるほどの違いがあります。全く異なるものと言うことができます。HTC U11+ (2017) 128GBの方が背面カメラ画素数は極めて少ないということが分かります。背面カメラ画素数が多いスマホは、より明るく鮮明な画像を撮影できるため、美しい風景や人物写真を記録するには最適です。

背面カメラ画素数が多いスマホは、望遠レンズやマクロレンズ機能が充実しているものが多く、撮影の幅が広がります。特に、風景や動物など遠くの被写体を撮影する際に便利です。また、鮮やかな色彩や細かいディテールが見えるため、美しい花や食べ物の写真も簡単に撮影できます。

実利的な視点から見ると、背面カメラ画素数について、相当ずば抜けて違うものであることが分かるでしょう。背面カメラ画素数についてHonor 10 (2018) 128GBよりもHTC U11+ (2017) 128GBは実際に感じられるほどイマイチな水準にあると感じると思います。したがって、背面カメラ画素数を重要視する場合、Honor 10 (2018) 128GBは最適の選択肢でしょう。HTC U11+ (2017) 128GBを採用するべきではない理由の一つと言えるかもしれません。

背面カメラ画素数評価
Honor 10 (2018) 128GB
2400万画素70/100
HTC U11+ (2017) 128GB
1200万画素33/100

背面カメラ開放F値

背面カメラ開放F値の観点についてHonor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBをみてみると、Honor 10 (2018) 128GBはf/1.8というデータであるのに対し、HTC U11+ (2017) 128GBはf/1.7となります。背面カメラ開放F値という点に関しては非常によく類似していると考えることが可能で、全くといっていいほど同じレベルであると言うことができます。

背面カメラ開放F値が小さいスマホは、撮影時の明るさがアップして、より鮮明な写真を撮影することができます。また、暗い場所でも撮影が可能なため、夜景や屋内などでも高品質な写真を撮ることができます。

この比較情報から明確なように、HTC U11+ (2017) 128GBもHonor 10 (2018) 128GBもよく似ていると考えることができます。判断する上で、背面カメラ開放F値の情報はあまり役に立ちません。

背面カメラ開放F値評価
Honor 10 (2018) 128GB
f/1.878/100
HTC U11+ (2017) 128GB
f/1.782/100

HDR撮影機能(背面カメラ)

Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBも背面カメラがHDR撮影に対応しているといえるでしょう。背面カメラがHDR撮影に対応していることは、これらのスマホの優れた機能の1つです。自然な色合いと鮮明な画像を生み出すため、高品質な写真を手軽に撮影することが可能です。

現在、背面カメラがHDR撮影に対応しているスマホは、多くの商品で標準的に採用されています。HDR機能を使うと、美しい絵画のような写真が撮影できます。また、HDR機能をオンにすることで、同じ場所で撮影した写真でも、天候変化や明るさの違いによって全然違った写真が撮影できます。動物園・公園・花火大会などのイベントでも、HDR撮影により美しい写真を手軽に撮影することができます。

前面カメラ画素数

HTC U11+ (2017) 128GBの前面カメラ画素数は800万画素というデータに対して、Honor 10 (2018) 128GBは2400万画素となります。Honor 10 (2018) 128GBのほうが前面カメラ画素数がひときわ多いと言うことができます。HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBの違いは1600万画素となっています。前面カメラ画素数が多いスマホのメリットは、自撮り写真や動画を鮮明に撮影できることです。対面通話やテレビ電話も、より高画質で楽しめます。

最近のスマホでは、前面カメラ画素数が多い機種が増えていますが、その理由は、自撮り文化の浸透や、ビデオ通話やライブ配信の需要の増加などが挙げられます。そのため、前面カメラ画素数が多いスマホは、日常生活に欠かせない存在となっています。

前面カメラ画素数に関して実際に使うことを考えると、すごい隔たりが存在すると考えられます。Honor 10 (2018) 128GBが選択肢となる大きなポイントの一つと言えそうです。前面カメラ画素数を加味することが、より的確な選択を下すことにつながると思います。

前面カメラ画素数評価
Honor 10 (2018) 128GB
2400万画素74/100
HTC U11+ (2017) 128GB
800万画素41/100

前面カメラ開放F値

HTC U11+ (2017) 128GBの前面カメラ開放F値はf/2というデータに対しHonor 10 (2018) 128GBの前面カメラ開放F値はf/2となっています。Honor 10 (2018) 128GBの前面カメラ開放F値はHTC U11+ (2017) 128GBと比較して全くと言えるほど同じにあると思います。

前面カメラ開放F値という点で、Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBもほとんど差はありません。意思決定において、前面カメラ開放F値の情報はあまり意味がないでしょう。

前面カメラ開放F値評価
Honor 10 (2018) 128GB
f/264/100
HTC U11+ (2017) 128GB
f/264/100

バッテリー

バッテリー容量

HTC U11+ (2017) 128GBのバッテリー容量は3930mAhというデータであるのに対して、Honor 10 (2018) 128GBのバッテリー容量は3400mAhというデータであるといえます。バッテリー容量についてHonor 10 (2018) 128GBよりもHTC U11+ (2017) 128GBは一段と大きいということが分かるでしょう。HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBの違いは530mAhあり、ぜんぜん異なっています。バッテリー容量が大きいスマホを使用することで、充電時間の短縮にもつながります。スマホを利用する上で、時間に余裕がない方にもおすすめです。

スマホを常に使用する人にとって、バッテリー容量が大きいスマホは非常に魅力的なものです。例えば、ビジネスマンや学生の方々は、スマホを利用してメールやSNS、ネット検索などを行っているため、バッテリーが切れてしまうと困ります。しかし、バッテリー容量が大きいスマホならば、使用中でも充電を気にせずにいられます。また、家でも外でもスマホをたくさん使用する方も、バッテリー容量が大きいスマホならば充電の頻度を減らすことができます。

実際的な意味合いで考えると、バッテリー容量についてHTC U11+ (2017) 128GBの方がHonor 10 (2018) 128GBよりも上回っていることが分かるでしょう。従ってHonor 10 (2018) 128GBはバッテリー容量に注目する場合よくない選択と考えられるかもしれません。いずれにしてもバッテリー容量を考えることでより賢明な判断を下すことができると言えるでしょう。

バッテリー容量評価
Honor 10 (2018) 128GB
3400mAh66/100
HTC U11+ (2017) 128GB
3930mAh76/100

急速充電能力

Honor 10 (2018) 128GBの急速充電能力は22.5Wとなります。それに対してHTC U11+ (2017) 128GBは18Wとなります。4.5Wのそこそこ小さい差がHonor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBに存在しておりHonor 10 (2018) 128GBのほうが急速充電能力はごくわずかに高いと言えるでしょう。急速充電能力が高いスマホを所有することで、充電に時間を取られずスマホライフをより快適に楽しむことができます。

急速充電能力が高いスマホは、特に忙しい人にとって大きなメリットがあります。通勤や外出中にスマホのバッテリーが残り少なくなっても、30分程度の充電で復活させることができるため、重宝されています。さらに、急速充電が可能なスマホは、長時間の動画鑑賞やゲームプレイなど、バッテリーの消費が激しいシーンでも安心して利用することができます。

実際的な側面から言えば急速充電能力についてHTC U11+ (2017) 128GBよりHonor 10 (2018) 128GBは少しだけ優れた水準にあると感じられると思います。あえて考えるならHTC U11+ (2017) 128GBよりもHonor 10 (2018) 128GBであると言えるでしょう。一方で、ほかの角度から比較することを断然お勧めします。

急速充電能力評価
Honor 10 (2018) 128GB
22.5W26/100
HTC U11+ (2017) 128GB
18W16/100

便利機能

指紋認証

Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBはどちらも指紋認証に対応していると言うことができます。これらのスマホは、指紋認証に対応しています。指先の微細な模様を読み取り、素早く本人確認ができるため、セキュリティーにも優れています。

指紋認証に対応しているスマホのメリットは、セキュリティー面で高いレベルの保護が得られることです。侵入者は、指紋が認証されない場合、スマホにアクセスすることができません。また、指紋認証は、パスワードやパターンロックと比べて、早く簡単にスマホにアクセスできるため、利便性も高くなっています。

搭載センサー

加速度センサー機能

HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBは、どちらも加速度センサーを搭載しているスマホと言えるでしょう。これらのスマホは、加速度センサーを搭載しているため、操作性が高く、快適な利用が可能です。加速度センサーは、スマホの向きを自動調整してくれるため、画面を見る際に常に最適な角度で見ることができます。

加速度センサーを搭載しているスマホのメリットはたくさんあります。例えば、画面の向きを自動で調節してくれることや、歩数計アプリなどに活用できることが挙げられます。また、ゲームの操作方法にも応用可能で、よりスムーズなプレイが可能になるでしょう。

電子コンパス

どちらも電子コンパスを搭載していると言うことができるでしょう。これらのスマホは、電子コンパスを搭載しており、面倒な地図の方向を調べる手間が省けます。また、外出時の迷子予防にも役立ちます。

電子コンパスを搭載しているスマホの最大のメリットは、地図アプリの利便性の向上です。コンパス機能で正確な現在地を特定でき、地図上での方向感覚も向上します。また、方角も簡単に確認できるため、目的地までの道順を確認する際の迷いを軽減できます。

ジャイロセンサー機能

Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBは、どちらもジャイロセンサーを搭載しているということができます。ジャイロセンサーを搭載しているこれらのスマホは、スムーズな動きを実現し、快適な操作感を提供します。さらに、ジャイロセンサーによる画面の回転機能が備わっていることで、縦形式の閲覧から横形式の表示への切り替えがスムーズに行えます。

ジャイロセンサーを搭載しているスマホのメリットは、手ブレ補正機能を利用して、高品質な写真や動画を撮影できることです。また、VRアプリを楽しむことができ、身体を動かすゲームもスムーズに遊べます。さらに、方向感覚を正確に測定することができるため、GPSを利用したナビゲーションや地図アプリでも、より快適な利用が可能です。

近接センサー

Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBも近接センサーを搭載していると言うことができるでしょう。近接センサーを搭載しているこれらのスマホは、より利便性が向上しています。例えば、タッチスクリーンの時、間違えて誤った場所をタッチしてしまうことがありますが、この機能により、不必要な操作がなくなります。また、通話中に頬に触れたり、電話が切れたりすることを防止することもできます。実用的な機能であると言えます。

近接センサーを搭載しているスマホの最大のメリットは、通話時のミスタッチを防止できる点です。通話中に画面に触れた場合、不意に電話が切れてしまうことがありますが、近接センサーが搭載されていることで、このようなトラブルを防止することができます。また、近接センサーがあることで、指紋認証機能が正確に機能することが期待できます。

性能

処理性能

Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBで処理性能の角度で比べてみると、HTC U11+ (2017) 128GBはQualcomm MSM8998 Snapdragon 835(2.45GHz+1.9GHz, 8コア)というデータとなっている一方、Honor 10 (2018) 128GBはKirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)というデータになっています。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBについて処理性能の差は殆ど存在していません。

処理性能が高いスマートフォンは、カメラ機能にも優れた効果を与えます。迅速かつ正確なフォーカスが可能になり、高画質で美しい写真を撮影できます。さらに、動画撮影も滑らかで安定した状態で行え、より高品質な映像が作れます。

実際に使用することを考えると、処理性能について、Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBもまったくと言っていいほど差はないです。処理性能の情報を評価しても、あまり意味がないと思います。

処理性能評価
Honor 10 (2018) 128GB
Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)67/100
HTC U11+ (2017) 128GB
Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835(2.45GHz+1.9GHz, 8コア)71/100

CPUのプロセスノード

HTC U11+ (2017) 128GBのCPUのプロセスノードは10nmというデータである一方、Honor 10 (2018) 128GBのCPUのプロセスノードは10nmというデータとなっています。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBの全くといっていいほど同じくらいにあると考えることが可能で、極めて似ています。

小さなCPUのプロセスノードを搭載したスマートフォンは、省電力性と高速処理性を両立させたデバイスです。多くの方がスマートフォンを日常的に使用する現代では、バッテリーの持ちが長く、快適な使用体験ができるスマートフォンは非常に重要です。このような特性を持つスマートフォンは、利用者にとって大きなメリットをもたらします。

実用的な使い方を考えると、Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBも体感的にいって、極めてよく似ていると考えることができます。ほかの角度から検討する必要がある点は気を付けるべきです。

CPUのプロセスノード評価
Honor 10 (2018) 128GB
10nm52/100
HTC U11+ (2017) 128GB
10nm52/100

RAM

HTC U11+ (2017) 128GBのRAMは6GBになります。一方でHonor 10 (2018) 128GBのRAMは8GBになります。HTC U11+ (2017) 128GBの方がRAMは比較的小さいと言うことができます。2GBのある程度大きな差がHonor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBに存在します。RAMが大きいスマホは、アプリの起動や切り替えが速く、快適にスマホを利用することができます。

RAMが大きいスマホには、多彩なメリットがあります。例えば、高性能なアプリや複数のアプリを同時に利用するユーザーにとって、カクつきの少ないスムーズな動作が実現できます。そして、RAMが大きいスマホは、毎日の利用時にもストレスなく使えるだけでなく、OSのアップグレードなどにも、長期的な安定性が期待できます。このようなメリットから、多くのスマホユーザーにとって、RAMが大きいスマホは高い魅力を持っています。

実際に使用する場合、RAMについて、差はやや大きいというデータになっています。ただし確定的なくらいの差はありません。

RAM評価
Honor 10 (2018) 128GB
8GB74/100
HTC U11+ (2017) 128GB
6GB66/100

GPU性能

Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBは比較的小さな違いがあります。これらの比較情報を考えると、HTC U11+ (2017) 128GBのGPU性能と比べるとHonor 10 (2018) 128GBのGPU性能はごくわずかに微妙であるといえるでしょう。スマートフォンのGPU性能が高く、複雑な3DアプリケーションやVRコンテンツを快適に楽しめるだけでなく、ビジネスでのグラフィック処理やデータ分析などもよりスムーズに行えます。

最近のスマホゲーム市場はますます拡大し、GPU性能が高いスマホはゲームプレイヤーにとっては魅力的な選択肢です。高速かつ滑らかなグラフィック処理によって、より本格的なゲーム体験を楽しむことができます。また、高性能なGPUはバッテリーの消費を抑えることができ、長時間のプレイにも適しています。

実際的に考えるとGPU性能においてHTC U11+ (2017) 128GBに比べてHonor 10 (2018) 128GBは体感的に低いレベルにあると感じとれると思います。別の点をみて考えることを提案します。

評価
Honor 10 (2018) 128GB
71/100
HTC U11+ (2017) 128GB
82/100

基本情報

本体サイズ

Honor 10 (2018) 128GBの本体サイズは横:71.2mm、縦:149.6mm、厚さ:7.7mmとなっている一方、HTC U11+ (2017) 128GBは横:74.9mm、縦:158.5mm、厚さ:8.5mmというデータとなっています。Honor 10 (2018) 128GBよりもHTC U11+ (2017) 128GBはひときわ本体サイズが大きいということが分かるでしょう。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBの違いはひときわ大きく開いています。本体サイズが小さいスマホのメリットは、携帯性が高く、持ち運びに便利です。

本体サイズが小さいスマホのメリットは何かと考えると、まずポータビリティが挙げられます。小型で軽量なため、持ち運びが簡単で、携帯に最適です。また、小さいサイズのため、片手での操作が可能であるという利点もあります。これにより、片手が塞がっている場合でもスマホを使いやすく、手軽に利用することができます。

本体サイズに関してHonor 10 (2018) 128GBはHTC U11+ (2017) 128GBよりひときわ上回っていると考えられるかもしれません。従ってHonor 10 (2018) 128GBの選択を推奨することができる一つの着目すべきポイントになります。本体サイズが重要な場合Honor 10 (2018) 128GBを考慮した方がいいといえそうです。

本体サイズ評価
Honor 10 (2018) 128GB
横:71.2mm、縦:149.6mm、厚さ:7.7mm81/100
HTC U11+ (2017) 128GB
横:74.9mm、縦:158.5mm、厚さ:8.5mm39/100

本体重量

Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBの本体重量に関して比較してみると、HTC U11+ (2017) 128GBは188gというデータとなっている一方、Honor 10 (2018) 128GBは153gというデータになっています。それなりに大きい差が存在すると思います。本体重量を見てみると、Honor 10 (2018) 128GBよりHTC U11+ (2017) 128GBは比較的重いということができます。本体重量が軽いスマホのメリットは、持ち運びが楽でストレスフリーな日常を過ごすことができます。

本体重量が軽いスマホは、外出時に非常に便利です。身軽に持ち運べるため、買い物や旅行など、荷物が多い場合でもスマホを持ち運びしやすくなります。また、長時間歩いている場合も、スマホの重さが負担にならず、ストレスを感じにくいという利点があります。それに加えて、スマホが軽いほど、通信量が多く、バッテリーの消費も少なくなるため、外出時に必要な機能を存分に使いたいユーザーにおすすめです。

実際の使用を想定するとHonor 10 (2018) 128GBの本体重量のほうがHTC U11+ (2017) 128GBの本体重量よりもわりと高い水準であるでしょう。したがって、HTC U11+ (2017) 128GBを選択肢の一つから除外すべきかもしれません。本体重量は、商品選択において欠かせない指標の1つになります。一方で、確定的といえるほどの違いはないため気を付ける必要があるといえるでしょう。

本体重量評価
Honor 10 (2018) 128GB
153g61/100
HTC U11+ (2017) 128GB
188g35/100

内部通信機能

Wi-Fi Direct対応

両方ともWi-Fi Directに対応しているスマホとなります。Wi-Fi Directに対応しているこれらのスマホは、Bluetoothよりも高速でデータを転送できます。また、ネットワーク接続が必要ないため、屋外で使う際にも優れています。

Wi-Fi Directに対応しているスマホには多くのメリットがあります。例えば、ネットワークに接続することなく、直接他のWi-Fi Directデバイスと通信することができます。また、ファイル転送が非常に高速であり、Bluetoothを使用するよりもはるかに便利です。さらに、Wi-Fi Directはお手軽に使えるため、新たなデバイスの接続にも問題が少なく、優れた使い勝手を提供します。

aptX HD対応

両方ともBluetoothがaptX HDに対応していると言えます。BluetoothのaptX HDに対応していることで、これらのスマホは有線接続と同じような音質で音楽や動画を楽しむことができます。

BluetoothがaptX HDに対応しているスマホを利用すると、音声遅延が低減されます。この機能は特に、音楽を聴きながら動画を観る場合に大きなメリットがあります。aptX HDに対応したスマホを利用することで、音声とビデオの同期がより正確になり、ストレスフリーで快適な視聴体験ができます。

NFC対応

Honor 10 (2018) 128GBもHTC U11+ (2017) 128GBもNFCに対応しているスマホとなっています。NFCに対応していることは、このご時世において当たり前のように感じるかもしれないが、実はそうでないスマホも多く存在する。これらのスマホはNFCを搭載していないため、電子マネーや交通系ICカードとの連携ができない。その点、これらのスマホは重要な機能を備えることで、人々の生活を豊かにしていると言える。W

NFCに対応しているスマホのメリットとしては、スマートフォンがキャッシュレス社会をリードする上で、必要な機能として高く評価されています。アプリのダウンロードや設定が容易で、決済もスマホ一つで完結できるため、スマホを使ってお買い物する人が増えています。さらに、チケットや入場券をスマホに保存し、サクサクタッチするだけで入場できるイベントもあり、スマホ所有者にとっては大変魅力的な要素となっています。

画面

ゴリラガラス

HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBはどちらもゴリラガラスを採用していると言うことができるでしょう。多くのスマホがゴリラガラスに対応している中、これらのスマホも例外ではありません。ゴリラガラス技術の進化によって、より強化された画面であることが期待できます。

スマホのゴリラガラスに対応しているかどうかは、スマホ選びの際に重要なポイントです。落下や衝撃による画面の割れや破損は多くのユーザーを悩ませますが、ゴリラガラスに対応しているスマホであれば、その不安を解消することができます。優れた品質と耐久性を兼ね備えたスマホをお探しの方には、ぜひゴリラガラスに対応したスマホをおすすめします。

画面サイズ

HTC U11+ (2017) 128GBの画面サイズは6インチとなっています。一方でHonor 10 (2018) 128GBは5.84インチとなっています。0.16インチのほんのわずかな差がHTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBにあります。Honor 10 (2018) 128GBの方が画面サイズは微妙に小さいことがわかります。画面サイズが大きいスマホは、仕事や勉強においても、複数のアプリを同時に表示できるため、効率的な作業が可能です。

画面サイズが大きいスマホは、仕事や学習にも向いています。特に、プレゼンテーション用のスライド作成やビデオ会議など、外付けディスプレイを使用する必要がなくなり、スマホだけで完結できるため、移動中などでも手軽に行うことができます。さらに、タブレット代わりに使えるため、文書作成や読書など生産性の高い作業にも役立つでしょう。

HTC U11+ (2017) 128GBの画面サイズに比べてHonor 10 (2018) 128GBは感覚的に言って物足りないレベルであると感じられると思います。あえて考えるならHonor 10 (2018) 128GBよりHTC U11+ (2017) 128GBであることが分かります。ただ画面サイズの情報を比べても選択においてあまり意味がないと思います。他の角度から採用することを非常に推奨します。

画面サイズ評価
Honor 10 (2018) 128GB
5.84インチ40/100
HTC U11+ (2017) 128GB
6インチ45/100

画面解像度

HTC U11+ (2017) 128GBの画面解像度は1440×2880というデータとなっています。一方Honor 10 (2018) 128GBは1080×2280というデータとなっています。HTC U11+ (2017) 128GBはHonor 10 (2018) 128GBよりはるかに高いと言えます。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBは極めて顕著な差異があります。画面解像度が高いスマートフォンのメリットは、鮮明な画像や文字の表示ができることです。更に、映画や動画などの視聴体験がより一層楽しめます。

高い画面解像度のスマートフォンを持つことで、ビジネスシーンでも重宝することができます。プレゼン資料を投影する際などに、美しいグラフィックや写真を使うことができます。また、オンラインビデオ会議でも高解像度の画面で参加することができ、よりリアルなコミュニケーションができるでしょう。

これらの比較情報でわかるように、Honor 10 (2018) 128GBの画面解像度はHTC U11+ (2017) 128GBの画面解像度に比べてダントツで下回っていると言うことができそうです。HTC U11+ (2017) 128GBとHonor 10 (2018) 128GBの感覚上の違いはダントツで存在しています。そのため、HTC U11+ (2017) 128GBを選ぶ際に決め手の一つといえそうです。画面解像度は、欠かせない影響を持つと思います。

画面解像度評価
Honor 10 (2018) 128GB
1080×228048/100
HTC U11+ (2017) 128GB
1440×288082/100

外部通信機能

ダウンロード時の最大通信速度

Honor 10 (2018) 128GBのダウンロード時の最大通信速度は1024Mbpsというデータであるのに対して、HTC U11+ (2017) 128GBのダウンロード時の最大通信速度は800Mbpsとなります。この比較を見るとダウンロード時の最大通信速度に関してHonor 10 (2018) 128GBに比べてHTC U11+ (2017) 128GBは微妙に遅いです。Honor 10 (2018) 128GBとHTC U11+ (2017) 128GBの違いは少しだけ開いています。ダウンロード時の最大通信速度が速いスマホの優れた点は、短時間で大量のデータをダウンロードできることです。これにより、ユーザーは時間を節約し、より多くの作業に集中することができます。また、ストレスのないネットサーフィンも大きなメリットとなります。

ダウンロード時の最大通信速度が速いスマホは、外出先でも高速でインターネットを利用することができます。公共のWi-Fi環境がなくても、高速に通信することができるため、ビジネスやプライベートでの利用シーンで非常に便利です。

これらの比較を考えると、HTC U11+ (2017) 128GBのほうがHonor 10 (2018) 128GBのダウンロード時の最大通信速度よりすこし微妙な水準に感じとれるでしょう。ダウンロード時の最大通信速度の情報を比べても商品選びにおいて意味がありません。他の角度から検討する必要性がありそうということが分かるでしょう。ただしあえて考えるならHTC U11+ (2017) 128GBよりもHonor 10 (2018) 128GBということが分かります。

ダウンロード時の最大通信速度評価
Honor 10 (2018) 128GB
1024Mbps66/100
HTC U11+ (2017) 128GB
800Mbps58/100

4G対応

どちらも4Gに対応しているスマホです。これらのスマホは全て4Gに対応しており、ストレスなくスムーズな通信が可能です。また、高速通信によりアプリやウェブサイトの読み込みも早く、快適なスマホライフを送ることができます。

4Gに対応しているスマホのメリットとして、高速通信が挙げられます。4GはLTEとも呼ばれ、最大で300Mbpsのダウンロード速度が可能です。この高速通信により、動画のストリーミングやダウンロード、ウェブサイトの閲覧、オンラインゲームなどがより快適に楽しめます。また、通話品質の向上やGPS情報の高精度化など、様々な面で利便性が高まります。

デュアルSIM対応

HTC U11+ (2017) 128GBもHonor 10 (2018) 128GBもデュアルSIMに対応していると言えるでしょう。これらのスマホはデュアルSIMに対応しており、同時に2つのSIMカードを使用することができます。ビジネスマンや旅行者にとって、別の国でのローミング料金を避けることができ、通信サービスを強化することができます。また、2つの電話番号を持つことで、社用と私用の電話を分けることができ、より柔軟にコミュニケーションが取れるようになります。

デュアルSIMに対応しているスマホは、特にビジネスマンや海外に頻繁に出張する人にとっては利便性が高いです。異なる国のSIMカードを持ち歩くことができるため、旅先での通信料を大幅に抑えることができ、ビジネスにおいてもコスト削減につながります。また、プライベート用と仕事用にそれぞれSIMカードを挿入し、スマホを持ち歩くことで、迅速かつ安全に電話やメッセージを切り替えることができます。

デュアルSIMデュアルスタンバイ機能

両方ともデュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているといえるでしょう。これらのスマホの中で、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているモデルがあります。2つのSIMカードを同時に使えるため、ビジネスやプライベートなど目的に応じて使い分けが可能で、便利です。

デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているスマホを利用することで、2つのSIMカードを同時に使用することで、通信速度や品質が向上し、ストレスなく通信できます。また、海外旅行や長期滞在の場合、留学先や現地でのビジネスシーンで、異なる通信環境にも対応できるため、必要な情報や連絡をスムーズに取り交わすことができます。

GPS対応

HTC U11+ (2017) 128GBもHonor 10 (2018) 128GBもGPSに対応しているスマホとなっています。GPSに対応しているこれらのスマホは、アウトドアアクティビティに最適です。山や海でのトレッキングや釣り、キャンプなどで、正確な位置情報が必要な場合に役立ちます。

最近のGPSに対応しているスマホは、スマートウォッチとの連携ができるものもあります。これにより、ランニング時には、スマートウォッチで歩数や距離を計測し、スマホでルート確認を行うことができます。また、スマートウォッチの連携機能を利用することで、スマホへの電話着信や、メッセージの通知も確認できるため、運動中に着信を取り逃す心配もありません。

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

スマホランキング

カテゴリ一覧