Huawei P20 Pro 256GB と Huawei Mate RS Porsche Design 512GB を比較

2023-05-18 23:06:46

Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
総合評価:

60.3/100

(総合順位: 5/9316)

60.8/100

(総合順位: 4/9316)

本体サイズ
67/100
55/100
本体重量
41/100
38/100
画面サイズ
48/100
45/100
画面解像度
46/100
82/100
処理性能
67/100
60/100
CPUのプロセスノード
52/100
52/100
RAM
74/100
66/100
GPU性能
71/100
71/100
バッテリー容量
78/100
78/100
急速充電能力
26/100
26/100
ストレージ容量
82/100
84/100
防水性能
64/100
64/100
ダウンロード時の最大通信速度
66/100
70/100
背面カメラ画素数
78/100
78/100
背面の広角カメラ画素数
74/100
74/100
背面の望遠カメラ画素数
18/100
18/100
背面カメラ開放F値
50/100
50/100
前面カメラ画素数
74/100
74/100
前面カメラ開放F値
64/100
64/100

スペック

Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
Huawei P20 Pro 256GBHuawei Mate RS Porsche Design 512GB
基本情報
本体サイズ横:73.9mm、縦:155.0mm、厚さ:7.8mm横:72.5mm、縦:152.9mm、厚さ:8.5mm
本体重量180g183g
OSAndroidAndroid
Black/GoldBlack/Red
画面
ディスプレイの種類OLEDOLED
ゴリラガラス -
画面サイズ6.1インチ6インチ
画面解像度1080×22401440×2880
性能
処理性能Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)
CPUの型番Kirin 970Kirin 970
CPUのアーキテクチャーCortex A73 + Cortex A53Cortex A73 + Cortex A53
CPUのプロセスノード10nm10nm
CPUのコア数88
CPUのクロック数2.4GHz+1.8GHz2.4GHz+1.8GHz
RAM8GB6GB
搭載しているGPUMali-G72 MP12Mali-G72 MP12
バッテリー
バッテリー着脱対応××
バッテリー容量4000mAh4000mAh
急速充電能力22.5W22.5W
ストレージ
ストレージ容量256GB512GB
SDカード対応××
堅牢性
防水性能IPX7IPX7
防水性能IPX7IPX7
防塵性能IP6XIP6X
外部通信機能
ダウンロード時の最大通信速度1024Mbps1200Mbps
4G対応
対応4G帯域1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32/34/38/39/401/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/34/38/39/40
デュアルSIM対応
デュアルSIMデュアルスタンバイ機能
GPS対応
内部通信機能
無線LAN規格a/b/g/n/aca/b/g/n/ac
Wi-Fi Direct対応
Bluetooth規格Bluetooth 4.2Bluetooth 4.2
EDR対応
aptX HD対応
NFC対応
カメラ
複数レンズ対応
背面カメラ画素数4000万画素4000万画素
背面の広角カメラ画素数4000万画素4000万画素
背面の望遠カメラ画素数800万画素800万画素
背面カメラ開放F値f/2.4f/2.4
HDR撮影機能(背面カメラ)
前面カメラ画素数2400万画素2400万画素
前面カメラの画素サイズ0.9亮m0.9亮m
前面カメラ開放F値f/2f/2
手ブレ補正機能
搭載センサー
加速度センサー機能
電子コンパス
ジャイロセンサー機能
気圧センサー -
近接センサー
色温度センサー -
接続端子
充電端子Type-CType-C
イヤホンジャック搭載××
ワイヤレス充電機能 -
便利機能
指紋認証

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

類似のスマホを探す

他のスマホと比較

価格を見る

比較レビュー

カメラ

複数レンズ対応

どちらも複数のレンズを搭載しているスマホといえるでしょう。これらのスマホは、複数のレンズを搭載していることで、綺麗な写真が撮影できるだけでなく、動画撮影も高品質になります。また、インカメラにも複数のレンズを搭載しているため、セルフィーが美しく撮影できます。

複数のレンズを搭載しているスマホには、プロの写真家であっても、だれでも簡単に高品質な写真を撮ることができます。たとえば、ポートレートモードを使用することで、人物写真が美しく仕上がります。また、夜景モードを使用することで、暗い場所でも明るくきれいな写真を撮ることができます。スマホで写真を楽しむ人にとって、複数のレンズを備えたスマホは、多彩な表現ができる優れたツールです。

背面カメラ画素数

Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBを背面カメラ画素数に関して比較してみるとHuawei P20 Pro 256GBは4000万画素となっているのに対してHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは4000万画素となります。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBの差はほぼないデータであり、同程度の背面カメラ画素数となります。

背面カメラ画素数が多いスマホのメリットは、写真の画質の高さにあります。スマホで撮った写真が、プリントアウトしてもクリアな画像に仕上がります。光の加減にも左右されず、暗い場所での撮影でもブレずに撮影できます。

実際に使用する場合を考えるとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもほとんど同じレベルと考えることができます。背面カメラ画素数の情報を評価しても、意味がありません。

背面カメラ画素数評価
Huawei P20 Pro 256GB
4000万画素78/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
4000万画素78/100

背面の広角カメラ画素数

Huawei P20 Pro 256GBの背面の広角カメラ画素数は4000万画素に対し、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの背面の広角カメラ画素数は4000万画素です。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBの背面の広角カメラ画素数はよく類似しており、違いはほとんど無いというデータになっています。

背面の広角カメラ画素数が多いスマートフォンは、驚くほど広い範囲を撮影することができるだけでなく、写真の詳細までキレイに記録することができます。風景写真やグループ写真など、ライフスタイルによっては、広角カメラが必須アイテムに。画素数が多いほど、高品質な写真を撮影することができるので、この機能は是非チェックしたいです。

実際に利用することを考慮すると、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも体感上全くといえるほど同じような感じと言えるでしょう。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも全くといえるほど違いは存在しません。商品選びにおいて、背面の広角カメラ画素数の情報はあまり参考にならないでしょう。

背面の広角カメラ画素数評価
Huawei P20 Pro 256GB
4000万画素74/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
4000万画素74/100

背面の望遠カメラ画素数

背面の望遠カメラ画素数に関して比べてみるとHuawei P20 Pro 256GBは800万画素というデータであるといえます。それに対してHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは800万画素というデータであるといえます。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBの違いはほぼ無いデータであり、同程度の背面の望遠カメラ画素数というデータになっています。

今日のスマートフォンには、多くの機能が備わっていますが、その中でも望遠カメラ搭載のものは特に注目されています。特に、背面の望遠カメラ画素数が多いスマホは、高品質な写真を撮ることができます。背面の望遠カメラ画素数が多いスマホは、古い建物や風景などを撮影する場合に、見た目をより詳細に表現できるため、より美しい写真を撮ることができます。また、望遠カメラ画素数が多いスマホは、より遠くにいる被写体に対しても、高品質な写真を撮ることができます。望遠カメラ搭載のスマートフォンは、スポーツや野生動物などを撮影するときにも非常に便利です。スポーツでは、気になるプレイを、動く被写体に対してしっかりと捉えることができます。野生動物も、望遠カメラ画素数が多いスマホを使用することで、距離があっても美しい写真を撮影することができます。

背面の望遠カメラ画素数においてHuawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBも体感上、非常によく似ていると言えます。別の角度から選択した方がいいといえます。選択において、背面の望遠カメラ画素数の情報は全くといっていいほど役に立ちません。

背面の望遠カメラ画素数評価
Huawei P20 Pro 256GB
800万画素18/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
800万画素18/100

背面カメラ開放F値

背面カメラ開放F値に関して比較するとHuawei P20 Pro 256GBはf/2.4となっているのに対しHuawei Mate RS Porsche Design 512GBはf/2.4です。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの背面カメラ開放F値はHuawei P20 Pro 256GBと極めて似ています。

背面カメラ開放F値が小さいスマホのメリットは、より良い露光コントロールが可能になり、高品質な写真を撮影できることです。光の強さや質が変化した場合でも、F値が小さいスマホならば、最適なシャッタースピードを選択することで、調整が可能です。また、望遠撮影でも、細かいディテールをキャッチすることができます。

これらの比較から明確に分かるようにHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも相当似ていると言うことができます。背面カメラ開放F値の情報を考慮しても商品を選択する上で殆ど役に立ちません。ほかの観点で決める方が良さそうと言うことができます。

背面カメラ開放F値評価
Huawei P20 Pro 256GB
f/2.450/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
f/2.450/100

HDR撮影機能(背面カメラ)

Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは、両方とも背面カメラがHDR撮影に対応しているスマホであると言うことができるでしょう。これらのスマホには背面カメラがHDR撮影に対応しているので、夜景などの暗い場所でも明るい写真が撮影できます。また、手ぶれ補正機能も備えているため、ぼやけて撮れてしまう写真を防ぐことができます。

背面カメラがHDR撮影に対応しているスマホは、写真の美しさが格段にアップするだけでなく、見た目にも高級感が漂います。明るい部分もしっかり写し、暗い部分もより細かく描写されますので、撮影対象に不快なムラができにくく、品質の高い写真が撮れます。また、SNSでの投稿もより自分らしさを表現することができるため、自分の魅力をアピールするツールとしても優れています。

前面カメラ画素数

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの前面カメラ画素数は2400万画素というデータになっている一方、Huawei P20 Pro 256GBは2400万画素となります。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBの殆ど同水準と考えることが可能で、前面カメラ画素数に関して、相当よく類似しています。

前面カメラ画素数が多いスマホは、スマホ全体の性能が高いことが多く、高解像度の自撮り写真やビデオ通話ができることがメリットとなります。また、前面カメラだけでなく、背面カメラ画素数にも注目することが重要です。背面カメラにも高画素数のスマホが多数存在しており、スマホでの写真・ビデオ撮影にも優れていることが期待できます。

前面カメラ画素数についてHuawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもまったくと言っていいほど同水準に感じられると言えそうです。他の角度から評価するほうがいいことが分かるでしょう。

前面カメラ画素数評価
Huawei P20 Pro 256GB
2400万画素74/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
2400万画素74/100

前面カメラ開放F値

Huawei P20 Pro 256GBの前面カメラ開放F値はf/2となっており、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの前面カメラ開放F値はf/2となります。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは前面カメラ開放F値に関して全く存在しないといえるほど違いは見られません。

実際的な意味合いで考えるとHuawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBも感覚的に言って相当似ていると感じとれると言えるでしょう。前面カメラ開放F値の情報を考慮しても商品を選択するうえであまり参考になりません。他の側面を見て検討したほうが良いということが分かります。

前面カメラ開放F値評価
Huawei P20 Pro 256GB
f/264/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
f/264/100

手ブレ補正機能

両方とも手ブレ補正機能を搭載していると言えます。これらのスマホには手ブレ補正機能が搭載されており、写真や動画を安定して撮影することができます。特に、暗い場所や夜景モードでも手ぶれを抑えるため、高画質な映像を楽しむことができます。

手ブレ補正機能を搭載しているスマホには、撮影時の手ブレを軽減してくれるというメリットがあります。特に、高精度なカメラを搭載している最新機種では、手ブレ補正機能がより効果的に機能するため、クリアで鮮明な写真や動画を撮影することができます。

内部通信機能

Wi-Fi Direct対応

どちらもWi-Fi Directに対応しているスマホです。Wi-Fi Directに対応することで、これらのスマホはより便利になりました。近くにWi-Fi接続がなくても、Wi-Fi Directで直接つなげば、重要なデータも高画質な動画もすばやく送信できます。

当メディアがスマートフォンをレビューする際に、Wi-Fi Directに対応しているスマホを高く評価する理由はいくつかあります。まず、Wi-Fi Directは、インターネットの回線を必要とせず、P2P接続でファイル共有ができるため、高速なデータ転送ができます。また、Wi-Fi Directは、セキュリティ面でも優れており、パスワードの設定が可能なので、外部からの不正アクセスを防ぐことができます。以上のように、Wi-Fi Directに対応しているスマホは、データの転送がスムーズかつ安全であるため、ユーザーにとってメリットが大きいと言えます。

EDR対応

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもBluetoothがEDRに対応しているスマホです。Bluetoothの通信速度は、EDRに対応していることで、これらのスマホではより高速化されています。そのため、より快適な通信環境が提供されています。また、コネクティビティにも優れており、接続エラーが少ない点も魅力です。

BluetoothがEDRに対応しているスマホでは、外出先でも手軽にワイヤレス通信ができます。例えば、車載音声システムやカーオーディオなど、Bluetooth対応の機器と接続することで、ハンズフリー通話や音楽再生が可能です。また、Bluetoothキーボードやマウスを接続することで、スマホをより便利に利用することができます。

aptX HD対応

両方ともBluetoothがaptX HDに対応していると言えます。BluetoothがaptX HDに対応していることで、これらのスマホで音楽を楽しむことができます。ワイヤレスイヤホンを使う方に特におすすめです。

BluetoothがaptX HDに対応しているスマホのメリットは、音質の向上です。- aptX HDは、BluetoothでCD音質に匹敵する高音質伝送が可能な規格であり、スマホで音楽を聴く際の音質改善に効果的です。

NFC対応

両方ともNFCに対応しているといえるでしょう。NFCに対応しているこれらのスマホは、おサイフケータイやiDなど、様々な決済サービスをスムーズに利用することができます。さらに、オフィスの入口や自宅の玄関など、NFCリーダーが設置されている場所での利用も可能なので、大変便利となっています。

NFCに対応しているスマホは、電子マネーや公共交通機関の乗車券に対応しているため、お金や時間の節約になります。また、スマホのみで支払いが完結できるため、財布の中身を少なくすることができ、盗難や紛失のリスクも軽減できます。細かいお金のやり取りにも活用でき、スマホ一つで日常生活がスムーズになります。

外部通信機能

ダウンロード時の最大通信速度

Huawei P20 Pro 256GBのダウンロード時の最大通信速度は1024Mbpsで、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBは1200Mbpsです。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのダウンロード時の最大通信速度はHuawei P20 Pro 256GBと比べて違いはほとんど存在していません。

最近のスマートフォンには、ダウンロード時の最大通信速度が高いものが増えてきています。通信速度の速いスマホを選ぶことで、ダウンロードにかかる時間を大幅に短縮することができます。例えば、大容量のアプリをダウンロードする際には、高速通信速度によってストレスなくダウンロードすることが可能です。また、高速通信速度により、クラウド上のファイルを取り出すときも待ち時間が短くなります。

実際に使用するときには、Huawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBも非常に類似していると言えるでしょう。Huawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもまったくといえるほど違いは見られません。商品選択において、ダウンロード時の最大通信速度の情報はあまり意味がありません。

ダウンロード時の最大通信速度評価
Huawei P20 Pro 256GB
1024Mbps66/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
1200Mbps70/100

4G対応

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBは、どちらも4Gに対応しているスマホです。4Gに対応しているスマホは、現代社会において必須のアイテムとなりました。これらのスマホは、高速で安定したネットワーク接続を提供するため、ビジネスやプライベートにおいても大変便利です。機能面はもちろんのこと、デザイン性や使い勝手も考慮して、自分にぴったりなスマホを選びましょう。

4Gに対応しているスマホのメリットは、ネットワーク接続の安定性が向上する点です。4Gは、3Gと比較して多くのデータ量を扱えるため、通信トラフィックが集中しても快適に通信ができます。加えて、4Gは高い安全性を持っており、セキュリティレベルの高いビジネス向けアプリケーションにも対応しています。

デュアルSIM対応

どちらもデュアルSIMに対応しているということができます。これらのスマホの中で、デュアルSIMに対応しているものがあります。通常のSIMカードとともに、もう1つのSIMカードを使用できるため、人々は仕事とプライベート用の電話番号を同じ電話機で使うことができます。

デュアルSIMに対応しているスマホは、一つの端末で複数のSIMカードを使えるため、旅行などで現地のSIMカードを使って通信費用を節約することができます。また、仕事とプライベートを使い分けることができるため、ビジネス用とプライベート用を使い分けることができます。さらに、スマホの持ち運びも便利になります。デュアルSIMに対応しているスマホは、携帯電話メーカーからも注目を集める機能性の高いスマホであることがわかります。

デュアルSIMデュアルスタンバイ機能

どちらもデュアルSIMデュアルスタンバイに対応していると言えます。これらのスマホは、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しています。デュアルSIMデュアルスタンバイは、2つのSIMカードを使って、同時に電話をすることができます。また、広い液晶画面や高品質のカメラなどが搭載されており、スマホの使用感も快適です。

デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているスマホを使用することで、1つのスマホで2つのSIMカードを同時に利用できるため、コンパクトで持ち運びが便利です。また、海外旅行や出張など、長時間外出する場合でも、バッテリー残量や通信制限の心配が少なく、スムーズに利用することができます。

GPS対応

どちらもGPSに対応していると言えるでしょう。GPSに対応したこれらのスマホは、アウトドアや旅行などの場面で特に便利です。山岳地帯や海辺などGPS信号が弱い場所でも、高い精度で位置情報を取得することができます。また、地図アプリや旅行プランアプリなど、様々なアプリケーションとの連携もスムーズに行えます。

GPSに対応しているスマホは、遠出や旅行での必須アイテムです。地方への移動や海外旅行での使用も可能で、現在地から目的地までの道順や距離を簡単に調べることができます。また、周辺の観光スポットやお店の情報も把握することができ、移動中の情報収集にも役立ちます。GPSに対応しているスマホを利用することで、旅行がより充実したものになることでしょう。

搭載センサー

加速度センサー機能

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBは、どちらも加速度センサーを搭載しているスマホとなります。加速度センサーを搭載したこれらのスマホは、重力や動きを測定して、スマホをすばやく起動させたり、アプリケーションの応答性を向上させたりすることができます。また、ジャイロセンサーと連動して、スマホを傾けるだけで、写真の自動撮影や、遠隔操作によるドローンの操縦など、様々な便利な機能を利用することができます。

加速度センサーを搭載しているスマホのメリットはたくさんあります。例えば、画面の向きを自動で調節してくれることや、歩数計アプリなどに活用できることが挙げられます。また、ゲームの操作方法にも応用可能で、よりスムーズなプレイが可能になるでしょう。

電子コンパス

両方とも電子コンパスを搭載しているといえます。電子コンパスを搭載しているこれらのスマホは、未知の土地でも迷わずに目的地にたどり着くことができます。また、方位磁針として使用することで、遭難時には生命を守ることができます。

電子コンパスを搭載しているスマホの最大のメリットは、地図アプリの利便性の向上です。コンパス機能で正確な現在地を特定でき、地図上での方向感覚も向上します。また、方角も簡単に確認できるため、目的地までの道順を確認する際の迷いを軽減できます。

ジャイロセンサー機能

Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは、ジャイロセンサーを搭載しているスマホです。これらのスマホは、ジャイロセンサーを搭載しており、画像や映像の方向性を自動的に調整することができます。この機能により、スマホを傾けたり回転させたりするだけで、臨場感ある映像を楽しむことができます。また、写真や動画の撮影時にも、手ぶれ補正機能と連動して、安定した映像を収録することができます。

ジャイロセンサーを搭載しているスマホは、動きを感知する能力が高まるため、ゲームやVRコンテンツなどの利用においても優れたパフォーマンスを発揮することができます。さらに、ジャイロセンサーによって、スマホを横に傾けることでカメラの画角が変わる機能や、手ぶれ補正などの機能も実現されている場合が多いため、写真や動画撮影の機能性も向上します。

近接センサー

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBは、近接センサーを搭載していると言うことができるでしょう。これらのスマホは、近接センサーを搭載しています。この機能により、スマホを使う際に手を触れるだけで画面がオンになり、手を離せば自動的にスリープモードに戻ります。これにより、バッテリーの消費を抑えることができます。

最近のスマホには、近接センサーが搭載されているものが多くなっています。このセンサーを持つことで、画面を見ている際に手が触れた場合、自動的に画面を消したり、スリープモードにしたりすることが可能になります。これにより、誤操作を回避することが可能になり、より快適に利用することができます。

画面

画面サイズ

画面サイズに関してHuawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBで見てみるとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは6インチとなっている一方、Huawei P20 Pro 256GBは6.1インチというデータであると言えます。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBの極めて類似しており、差はまったく無いといってしまえるほど見られません。

最近の画面サイズが大きいスマホには、ゲームを楽しむためのメリットがあります。大画面でのゲームプレイは、より没入感があり、高精細な映像が楽しめます。また、画面内により多くの情報が表示できるため、戦略的なゲームであればより正確な判断ができ、より上手なプレイが可能になるでしょう。さらに、大きな画面面積によって、画面操作がより簡単に行えることもメリットのひとつです。

実際に活用する場面を考えると、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも類似しているといえます。画面サイズの情報を見ても、役に立たないといえます。

画面サイズ評価
Huawei P20 Pro 256GB
6.1インチ48/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
6インチ45/100

画面解像度

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの画面解像度は1440×2880となっているのに対してHuawei P20 Pro 256GBの画面解像度は1080×2240というデータであると言えます。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBの違いはダントツで開いています。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBはHuawei P20 Pro 256GBより非常に画面解像度が高いです。画面解像度が高いスマホのメリットとして、鮮明な画像表現と美しい色彩が挙げられます。

高精細な画面解像度を採用したスマートフォンは、非常に鮮明な映像が楽しめます。例えば、写真や動画を見る際、細部までくっきりと描写されるため、よりリアルな体験ができます。また、テキストの読みやすさも向上し、目の疲れを軽減できます。さらに、ネットサーフィンやSNSをする際にも、細かな情報を見落としづらくなります。

実際の利用を考えると、画面解像度においてHuawei P20 Pro 256GBはHuawei Mate RS Porsche Design 512GBよりも目に見えるほど良くないと感じるでしょう。感覚的にいって、まったくと言っていいほど全くの別物だと考えることができます。したがって画面解像度にこだわるのであればHuawei Mate RS Porsche Design 512GBが最適といえそうです。

画面解像度評価
Huawei P20 Pro 256GB
1080×224046/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
1440×288082/100

バッテリー

バッテリー容量

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのバッテリー容量は4000mAhとなっておりHuawei P20 Pro 256GBのバッテリー容量は4000mAhになります。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBの殆ど同水準であると言うことが可能で、極めてよく類似していると言えます。

バッテリー容量が大きいスマホのメリットは、充電回数の減少によるバッテリー寿命の延長です。スマホのバッテリーは充電回数が増えるほど寿命が短くなってしまいますが、バッテリー容量が大きいスマホであれば、一度の充電で長時間利用できるため、充電回数が少なくなります。これにより、バッテリー寿命を延ばすことができます。

実際の使用場面では、バッテリー容量についてHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも違いはほぼ存在していません。ほかの角度から選択するほうが良さそうといえるでしょう。

バッテリー容量評価
Huawei P20 Pro 256GB
4000mAh78/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
4000mAh78/100

急速充電能力

急速充電能力の点についてHuawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBを比べた場合、Huawei P20 Pro 256GBは22.5Wで、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBは22.5Wというデータです。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは非常によく似ている急速充電能力であるといえます。

急速充電能力が高いスマホは、スマホのバッテリー切れによるストレスを軽減することができます。ビジネスマンや旅行者など、長時間外出することが多い方には特におすすめです。また、急速充電能力が高いスマホは、充電器を持ち歩く必要がなくなるため、スマホの持ち運びがより軽便になります。

実際に活用する場合を考えると、Huawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBも殆ど同程度に感じとれるとなりそうです。急速充電能力の情報を見ても、判断を下す際にあまり役に立たないと言えます。他の角度から比較する必要性がありそうとなります。

急速充電能力評価
Huawei P20 Pro 256GB
22.5W26/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
22.5W26/100

便利機能

指紋認証

Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは、どちらも指紋認証に対応していると言えます。これらのスマホには、指紋認証機能が搭載されているため、セキュリティレベルが一段と向上しています。指紋認証によって、パスワードを覚える必要がなく、セキュリティ上のリスクを軽減できます。また、指紋を登録することで、複数人で利用することができるため、家族や友人とのシェアリングにも最適です。

スマホには最近、指紋認証が搭載されるようになりました。この機能を活用することで、スマホのセキュリティが強化され、安心して利用できます。また、うっかりパスワードを忘れてしまった場合でも、指紋認証機能を使えば簡単にロック解除ができます。指紋認証に対応したスマホは、セキュリティ面だけでなく、利便性面でも優れたものといえます。

基本情報

本体サイズ

本体サイズについて比べた場合、Huawei P20 Pro 256GBは横:73.9mm、縦:155.0mm、厚さ:7.8mmであるのに対しHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは横:72.5mm、縦:152.9mm、厚さ:8.5mmというデータです。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBは比較的大きい違いが存在しています。本体サイズについて見ると、Huawei P20 Pro 256GBはHuawei Mate RS Porsche Design 512GBよりも比較的小さいと言えるでしょう。本体サイズが小さいスマホを選ぶことで、長時間の通話やウェブ閲覧でも疲れにくくなります。軽量で小さいため、手に負担がかからず快適に利用できます。

小さい本体サイズのスマホは、携帯性が良いため、外出先でもストレスなく使えます。また、画面の大きさが小さいため、長時間の使用においても目にやさしく、疲れにくい点が魅力です。大型スマホに比べ、バッテリーの消費量も少なく、長時間のバッテリーライフを誇るものもあります。さらに、プライバシー保護の観点から、携帯性の良さが強く求められるニーズにも応えていると言えます。

実際の使用を想定するとHuawei P20 Pro 256GBの本体サイズの方がHuawei Mate RS Porsche Design 512GBよりも高い水準にあると感じると思います。しかし決定的なくらいの違いは存在しません。

本体サイズ評価
Huawei P20 Pro 256GB
横:73.9mm、縦:155.0mm、厚さ:7.8mm67/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
横:72.5mm、縦:152.9mm、厚さ:8.5mm55/100

本体重量

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBの本体重量は183gであるのに対しHuawei P20 Pro 256GBの本体重量は180gとなっています。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBのよく類似しており違いはすこししか存在していません。

スマホを使用する上で、本体重量が軽いことは大切なメリットといえます。2)特に、長い時間利用する場合は手や腕への負担が少なく、疲れにくいため、効率的な作業が可能となります。3)また、外出先での使用が多い方にとっては、持ち運びがしやすく、ストレスフリーなスマホライフを提供します。

本体重量においてHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも体感的に非常に類似していると言えます。商品を決めるうえで、本体重量の情報は参考になりません。

本体重量評価
Huawei P20 Pro 256GB
180g41/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
183g38/100

性能

処理性能

処理性能の角度でHuawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBで比べると、Huawei P20 Pro 256GBはKirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)となっているのに対して、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBはKirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)です。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBをHuawei P20 Pro 256GBの処理性能の方がすこし上回っていると言えます。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBとHuawei P20 Pro 256GBの差はすこし開いていると言えます。処理性能が高いスマホのメリットは、アプリやゲームをスムーズに繰り返し使えることです。

処理性能が高いスマホには多くのメリットがあります。まず、操作が非常にスムーズでストレスフリーになることが挙げられます。それに加えて、多くのアプリやデータを扱う場合でもスマートフォンがクラッシュする心配がありません。また、高性能なプロセッサーによって、複雑なゲームやグラフィックの処理も驚くほどスムーズになります。

この比較から明白にわかるように処理性能についてHuawei P20 Pro 256GBのほうがHuawei Mate RS Porsche Design 512GBより体感上、高い水準にあります。選択において、処理性能の情報は役に立たないでしょう。他の角度から比べる必要性がありそうといえます。

処理性能評価
Huawei P20 Pro 256GB
Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)67/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
Kirin 970(2.4GHz+1.8GHz, 8コア)60/100

CPUのプロセスノード

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのCPUのプロセスノードは10nmというデータとなっており、Huawei P20 Pro 256GBのCPUのプロセスノードは10nmというデータであると言えます。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのCPUのプロセスノードはHuawei P20 Pro 256GBのCPUのプロセスノードと比べて差はちょっとしか見られません。

スマートフォンのCPUのプロセスノードが小さいことには、いくつかのメリットがあります。まず第一に、そのスマートフォンは高速に動作します。小さいプロセスノードを採用することで、スマートフォンのCPUの動作クロックを高くすることができます。そのため、より高速でスムーズな動作が可能になります。次に、小さいプロセスノードによって、スマートフォンのバッテリー消費量が少なくなります。例えば、省電力性の高いSoCを搭載しているスマートフォンは、長時間の利用にも耐えられるのが特徴です。最後に、小さいプロセスノードにおいて、スマートフォンのフォトジェニック性が高くなります。画像処理機能が高性能であることで、写真の鮮明度や色彩の再現度が向上するため、美しい写真を撮影することができます。

実用的な使い方を考えると、Huawei P20 Pro 256GBもHuawei Mate RS Porsche Design 512GBも体感的にいって、極めてよく似ていると考えることができます。ほかの角度から選ぶことを強く推奨します。

CPUのプロセスノード評価
Huawei P20 Pro 256GB
10nm52/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
10nm52/100

RAM

Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBをRAMの視点について比較してみると、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBは6GBというデータに対して、Huawei P20 Pro 256GBは8GBです。2GBの比較的小さい違いがHuawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBに見られ、Huawei P20 Pro 256GBのほうがRAMは少しだけ大きいことがわかります。RAMが大きいスマホは、多くのデータを保存することもできるため、業務に必要なデータを手軽に持ち運ぶことができます。

RAMが大きいスマホは、スムーズな動作と高速化のメリットがあります。しかも、アプリケーションの起動速度も速くなるため、ストレスなくスマホを使用できます。また、大容量のRAMは、複数のアプリを同時に使用しているときでも、落ち込みにくく快適に使用できます。

実際の使用を想定すると、RAMに関してHuawei Mate RS Porsche Design 512GBよりもHuawei P20 Pro 256GBはちょっとだけ高い水準に感じるでしょう。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBについて違いはちょっとだけ開いていると思われます。RAMの情報を考慮しても決定する上であまり参考にならないといえます。

RAM評価
Huawei P20 Pro 256GB
8GB74/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
6GB66/100

GPU性能

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのGPU性能はHuawei P20 Pro 256GBのGPU性能と比べて違いは全くないと言ってしまえる程ありません。

GPU性能が高いスマホのメリットとしては、より高速で滑らかなグラフィックスの動作が可能になることが上げられます。アプリケーションをスムーズに動かすことができるため、ユーザーはストレスなくスマホを使用できます。また、高いGPU性能はゲームプレイにおいても大きなアドバンテージとなります。ユーザーはどんなに要求の高いゲームでも快適なプレイ体験をすることができます。

実際に活用する場面を考えると、GPU性能に関してHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもほぼ差は無いというデータになっています。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもほぼ同一に感じとれるといえそうです。別の観点から考えることを提案します。商品を決めるうえで、GPU性能の情報は全くといえるほど参考になりません。

評価
Huawei P20 Pro 256GB
71/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
71/100

堅牢性

防水性能

防水性能に関して対比すると、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBはIPX7というデータになっており、Huawei P20 Pro 256GBはIPX7というデータとなっています。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは防水性能について非常によく似ています。

防水性能が高いスマホには、様々なメリットがあります。まず、急な雨や水濡れからスマホを守ることができるため、アウトドア派や多忙なビジネスマンにとっては非常に便利です。また、水の中でも操作ができるため、水中での写真や動画の撮影が可能となり、素晴らしい思い出を残すことができます。さらに、防水性能が高いスマホは、耐久性も高く、長期間使用することができます。

実際に利用する上で、防水性能という側面においてHuawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBも全くといっていいほど違いは無いというデータになっています。Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもよく類似していると考えることができます。意思決定において、防水性能の情報はあまり参考になりません。

防水性能評価
Huawei P20 Pro 256GB
IPX764/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
IPX764/100

ストレージ

ストレージ容量

Huawei Mate RS Porsche Design 512GBのストレージ容量は512GBというデータである一方、Huawei P20 Pro 256GBは256GBというデータになっています。Huawei P20 Pro 256GBとHuawei Mate RS Porsche Design 512GBは全くと言えるほど同じくらいと考えることができます。

スマートフォンのストレージ容量は非常に重要な機能のひとつです。多くのユーザーは、大量の写真やビデオ、アプリケーションをスマホに保存するため、十分なストレージ容量が必要です。ストレージ容量が大きいスマホを所有すると、大容量のデータを保存することができ、常に十分な容量を確保できます。

ストレージ容量について実用的な利点を考えると、Huawei Mate RS Porsche Design 512GBもHuawei P20 Pro 256GBもまったくといえるほど違いはないです。ほかの角度から考慮することを非常に推奨します。意思決定において、ストレージ容量の情報はほぼ役に立たないでしょう。

ストレージ容量評価
Huawei P20 Pro 256GB
256GB82/100
Huawei Mate RS Porsche Design 512GB
512GB84/100

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

スマホランキング

カテゴリ一覧