HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankとGalaxy S10の違いを比較レビュー。幅広く網羅しました

作成日時: 2019年03月18日 21時00分40秒, 更新日時: 2019年10月25日 05時04分54秒

Galaxy S10HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank
Galaxy S10HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの比較レビュー。ディスプレイやデザイン、機能、性能について詳しく比べました。どうやってスマートフォンを選べばいいのかを初心者にもわかりやすく解説しています。

Galaxy S10HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank
Galaxy S10

比較する製品を変更する

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

比較する製品を変更する

総合評価:

78.6/100

(総合: 103位)

80.5/100

(総合: 42位)

持ちやすさ
63/100
55/100
画面の見やすさ
89/100
90/100
処理性能
98/100
96/100
ストレージ
93/100
90/100
バッテリー
99/100
100/100
リアカメラ画素数
80/100
100/100
インカメラ画素数
90/100
100/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの違いは?使いやすさや性能さを徹底比較

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの大きさ・重さを比較

Galaxy S10のデザイン

Galaxy S10の大きさは、縦が149.9mm、横が70.4mm、厚さは7.8mmとなっています。重さは157gです。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのデザイン

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの大きさは、縦が158mm、横が72mm、厚さは8.6mmとなっています。重さは189gです。

どちらが使いやすいデザインなのか?

大きさについて両者を比較すると、縦は8.1mm、幅は1.6mm、厚さは0.8mmの差があります。片手での扱いやすさだとGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankもほとんど同じくらいの持ちやすさです。フリック入力のしやすさはGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも同じくらいです。また、持ち運びやすさや携帯性はGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも同じくらいです。

重たさは32gの差があります。手への負担を考えるとGalaxy S10の方がはるかに軽く負担をかけないです。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
片手での扱いやすさ71/10069/100
片手で持っているときの重たさの感じにくさ48/10026/100
持ち運びやすさ64/10062/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのディスプレイを比較

Galaxy S10のディスプレイ

Galaxy S10の液晶はDynamic AMOLEDです。解像度は1440 x 3040で、ピクセル密度は551ppiです。またGalaxy S10の画面サイズは6.1インチです。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのディスプレイ

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの液晶は有機ELです。解像度は1440 x 3120で、ピクセル密度は536ppiです。またHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの画面サイズは6.4インチです。

どっちがより見やすい画面なのか?

ディスプレイの大きさについて比較すると、0.3インチほどの差があります。実際に画面を表示すると、どちらも同じくらいの大きさだということがわかります。ネットで調べ物をする、SNSをするような使い方ならこのくらいの差は大した違いではありません。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。ゲームの操作性で画面の大きさを比較した場合、どちらの端末も同程度です。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

ディスプレイのきれいさを比べると、調べ物やゲームといった使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankもほとんど違いはありません。VRとして使う場合、普段スマホを使う場合と違って画面をかなり顔に近づけて見ることになるため、画面のきれいさというのがかなり重要な要素になります。VRの見やすさで比較すると、両端末とも同じくらいの性能です。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
普段使いにどのくらい適した画面なのか?77/10079/100
ゲームを遊ぶのにどのくらい適した画面なのか?80/10083/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのカメラ性能を比較

Galaxy S10のカメラ

Galaxy S10のメインカメラの性能は1600万画素です。またインカメラの性能は1000万画素です。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのカメラ

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのメインカメラの性能は4000万画素です。またインカメラの性能は2400万画素です。

どっちのカメラがいいのか?

リアカメラの性能について比較すると2400万画素の差があります。リアカメラで遠くのモノを撮影するとき、例えばフォトジェニックなスポットの写真を撮ったり、みんなで集まった写真を撮るときにはHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの画素数の方が適しているといえます。また、リアカメラで近くのモノを撮影するとき、例えばフォトジェニックなスイーツや食事を撮るといった用途では両端末とも画素数の差はほとんど違いはないといえます。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

インカメラの画素数の差は1400万画素です。インカメラで自撮り棒を使って写真を撮ったり、自撮りしたときの背景をきれいに撮りたいといった遠距離を撮影するときの画素数はHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの方がはるかにおすすめです。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。また、インカメラで近くのモノを撮影するとき、例えば自撮りやプロフィール写真を撮るときにはHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの画素数の方が適しているといえます。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
リアカメラで遠くの写真を撮るのに適しているか?80/100100/100
近くをインカメラ撮影するのに適した性能か?90/100100/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのプロセッサー性能(CPU・メモリー)を比較

Galaxy S10の処理性能

処理性能を決めるGalaxy S10のチップセット、SoCはExynos 9820です。CPUの性能は2.73GHz+2.31GHz×8(オクタコア)です。またメモリ容量は8GBとなります。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの処理性能

処理性能を決めるHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのチップセット、SoCはHUAWEI Kirin 980です。CPUの性能は2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)です。またメモリ容量は6GBとなります。

どっちの処理性能がいいのか?

CPUのスペックはどちらの端末も同程度です。また、メモリ容量は2GBの差があります。メモリー容量はGalaxy S10の方がやや多く、マルチタスク性能で選ぶならHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankよりもGalaxy S10がおすすめです。

電話をする、メールやメッセする、SNSを使う、といった基本的な用途であればGalaxy S10、HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankどちらのスマホを選んでも大差はありません。ネットで調べ物をする、動画を見る、たまにミニゲームのようなものを遊ぶという使い方がメインの人にはGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankもほとんど同じくらいのおすすめ度です。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

2Dゲームやちょっとした3Dゲームを遊ぶならGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも実感できるほどの差はないでしょう。本格的な3Dゲームの場合、どちらの機種を選んでも同じくらいです。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
SNSやネットを使うときのCPUやメモリー評価100/100100/100
3Dゲームを遊ぶときのCPUやメモリー評価97/10094/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのバッテリー・電池もちを比較

Galaxy S10のバッテリー

Galaxy S10のバッテリー容量は3400mAhです。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのバッテリー

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのバッテリー容量は4200mAhです。

バッテリー性能はどっちがいい?

バッテリー容量については800mAhの差があります。しかし容量だけ比較するのでは不十分です。CPUが高性能であればその分電池の減りは早くなりますし、画面が大きければその分電池もちも悪くなります。

利用頻度が、日中電話くらいしか使わなかったり、時計を確認するといったようにほとんど使わない場合、HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの方がおすすめです。ちょくちょくネットで調べ物したり、SNSなどを確認したり、たまにゲームをするといった中くらいの利用頻度の場合、Galaxy S10やHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのどちらを選んでもあまり差は感じないでしょう。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

長時間のゲームプレイや映画鑑賞など日中の利用頻度が高い場合、HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの方が電池もちに優れていると感じるでしょう。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
SNSやネットを主に使ったときのバッテリー評価99/100100/100
ゲームや動画を主に使ったときのバッテリー評価93/100100/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのストレージ容量を比較

Galaxy S10のストレージ

Galaxy S10の内部メモリーは512GBあります。またSDカードに対応しているため、ストレージ容量が不足してもSDカードを使って拡張することができます。最大1024GBまでのSDを使用することができます。

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのストレージ

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの内部メモリーは128GBあります。またSDカードに対応しているため、ストレージ容量が不足してもSDカードを使って拡張することができます。

どっちが使いやすいストレージなのか?

内部メモリーの差は約384GBです。SNSなどのアプリやゲームを少しダウンロードして使うくらいならGalaxy S10を選んでもHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankを選んでも同じです。ゲームをたくさんインストールしたい人にとって、ストレージ容量という点ではどちらの端末を選んでも同じです。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

また、SDカードで拡張できる分を考えると約1152GBの差があります。SDカードは読み込みや書き込み速度が遅いため画像や動画の保存に適しています。映画観賞用に動画を保存したり、写真たくさん保存しておくような使い方をする場合はGalaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのどちらを選んでもほとんど同じです。このような使い方であればGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankも十分使い勝手がいいです。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
たくさんのゲームタイトルを遊ぶ時のストレージ評価93/10090/100
写真や動画をたくさん保存する場合の評価97/10092/100

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankはどっちを買うべきなのか

結局Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankはどっちがいいのか?

持ちやすさはGalaxy S10の方がコンパクトでおすすめです。画面の大きさで選ぶならGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankもほとんど変わりません。性能やスペックはGalaxy S10もHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankもほとんど変わりません。どちらも一長一短があるので、自分の重視したいポイントをおさえて判断すればよいと思います。

Galaxy S10

価格を見る

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank

価格を見る
扱いやすさ63/10055/100
ディスプレイ89/10090/100
処理性能98/10096/100
総合評価86/10088/100

ほかのスマホと比較したときGalaxy S10は買いなのか?

ほかのスマホと比べた場合、Galaxy S10は持ちやすいサイズで、見た感じコンパクトに感じます。楽に片手で操作することができます。画面の大きさは一般的なスマホと比べてかなり大きいです。長文を打ち込むにも適しているため、オフィス文章を見たり編集したりする用途に適しています。また、処理性能は平均的なスマホと比べてかなり高性能です。ゲームやVRなどを含めてほぼすべての用途に適しています。普段使いで考えると少し過剰な性能かもしれません。全体的なスペックを評価すると、Galaxy S10はハイエンドなスマホとなります。

ほかのスマホと比較したときHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankは買いなのか?

ほかのスマホと比べた場合、HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankは平均的な持ちやすさです。やや難を感じるときがあるものの、なんとか片手操作できるくらいの大きさです。画面の大きさは一般的なスマホと比べてかなり大きいです。長文を打ち込むにも適しているため、オフィス文章を見たり編集したりする用途に適しています。また、処理性能は平均的なスマホと比べてかなり高性能です。ゲームやVRなどを含めてほぼすべての用途に適しています。普段使いで考えると少し過剰な性能かもしれません。全体的なスペックを評価すると、HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankはハイエンドなスマホとなります。

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankのスペックの違いは?

Galaxy S10とHUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの仕様について表にまとめました。両機種で異なる機能や性能については赤字で記載しています。

Galaxy S10HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank
Galaxy S10HUAWEI Mate 20 Pro SoftBank
prism white,prism black,prism green,prism blue,canary yellow,flamingo pink,cardinal red,smoke blueブラック,ミッドナイトブルー
OSAndroidAndroid
本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ)70.4mm x 149.9mm x 7.8mm72mm x 158mm x 8.6mm
本体重量157g189g
ディスプレイの大きさ6.1インチ6.4インチ
ディスプレイの種類Dynamic AMOLED有機EL
画面解像度(横 x 縦)1440 x 30401440 x 3120
ピクセル密度551ppi536ppi
バッテリー容量3400mAh4200mAh
チップセットExynos 9820HUAWEI Kirin 980
処理性能2.73GHz+2.31GHz×8(オクタコア)2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)
メモリ容量8GB6GB
ストレージ容量512GB128GB
リアカメラの画素数1600万画素4000万画素
インカメラの画素数1000万画素2400万画素

類似した性能のスマートフォンを見る

他のスマートフォンと比較する

価格をチェックする

類似した性能のスマートフォンを見る

他のスマートフォンと比較する

価格をチェックする

価格をチェックする

Galaxy S10の関連記事
HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの関連記事
Galaxy S10と評価が同程度のスマートフォンを探す

Galaxy S10の関連記事

Galaxy S10の関連記事
HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの関連記事
HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankと評価が同程度のスマートフォンを探す

HUAWEI Mate 20 Pro SoftBankの関連記事

スマートフォンランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でスマートフォンを探す
ブランド名でスマートフォンを探す
スマートフォン 新着記事
タブレット 新着記事

Kuraberu [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。