Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)はどっちがいい?性能やスペックの違いを徹底比較してみた。

Huawei Mate 20 XMediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09
Huawei Mate 20 XMediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)は機能面や性能面でどう違うのか、使いやすさの差はどのくらいあってどっちを買うべきか迷っていませんか?この2つのタブレットについて機能やスペック、性能などの違いや差を徹底比較して、どっちを買うべきかを評価しました。

Huawei Mate 20 XMediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09
Huawei Mate 20 X

比較する製品を変更する

MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09

比較する製品を変更する

総合評価:

70/100

(総合: 2位)

64/100

(総合: 10位)

本体の大きさ
70/100
52/100
本体の重たさ
89/100
71/100
持ちやすさ
76/100
61/100
画面サイズ
61/100
70/100
画面の綺麗さ
72/100
74/100
画面の見やすさ
52/100
60/100
処理性能
92/100
84/100
RAM容量
80/100
60/100
ストレージ
76/100
52/100
バッテリー
56/100
57/100
リアカメラ画素数
51/100
75/100
インカメラ画素数
100/100
51/100

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)の性能の違いを比較

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)のサイズ比較。どっちを選ぶ?

本体サイズは持ちやすさや操作性に大きく影響します。横幅が小さいほどしっかりと握れて持ちやすいですが、本体の厚みも考慮する必要があります。また横幅と縦幅が小さいと片手で操作できる範囲が広くなり操作性が高いでしょう。逆に横幅と縦幅が大きいと鞄に入れた時に荷物になったり取り出しにくいというデメリットがあります。

Huawei Mate 20 Xの本体の大きさは横幅85.4mm、縦幅174.6mm、厚さ8.2mmです。またMediaPad M5(SHT-W09)の本体サイズは横幅212.6mm、縦幅124.8mm、厚さ7.3mmです。

本体の横幅と厚み、薄さについて比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べてかなりサイズは小さくコンパクトです。持ちやすいためうっかり落としてしまうことも少ないという点でMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xは優れています。しっかりと握れて手にフィットするようなタブレットを選ぶならMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xを買うことがおすすめです。

本体の横幅と縦幅について比較すると、MediaPad M5(SHT-W09)はHuawei Mate 20 Xに比べてかなりコンパクトなサイズです。操作性や持ち運びやすさという点ではHuawei Mate 20 XよりもMediaPad M5(SHT-W09)が優れています。片手で操作できる範囲が広く、鞄に入れても荷物になりにくいタブレットを選ぶならHuawei Mate 20 XよりMediaPad M5(SHT-W09)を買うことがおすすめです。

総合的に本体サイズを比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べて大きなサイズです。そのためMediaPad M5(SHT-W09)よりもHuawei Mate 20 Xのほうが扱いやすく、快適に持ち運びできるサイズです。そのためHuawei Mate 20 Xがおすすめです。

持ちやすさ本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ)
Huawei Mate 20 X76/10085.4mm x 174.6mm x 8.2mm
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0957/100212.6mm x 124.8mm x 7.3mm

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)はどっちが手に優しい?重さを比べる

本体の重量は手の疲れやすさや手首への負荷に影響します。軽ければ軽いほど長時間操作していても疲れません。また手首への負担も低いため快適に使うことができます。しかし自分にあった重さでないと手に負担をかけてしまうためストレスを感じるでしょう。

Huawei Mate 20 Xの重さは232gです。またMediaPad M5(SHT-W09)は320gです。本体の重さについて比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べてかなり本体が軽いタブレットで、約88gもの差があります。指や手首に負担がかかりにくいという点ではMediaPad M5(SHT-W09)よりもHuawei Mate 20 Xが優れています。長時間操作でも手の疲労を感じにくく、指に負担がかかりにくいタブレットを選ぶならMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xを買うことがおすすめです。

重たさ本体重量
Huawei Mate 20 X89/100232g
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0971/100320g

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)はどちらのディスプレイが使いやすいのか

画面の大きさは操作性や画面の見やすさに影響します。画面が大きいとアプリの文字が大きく表示されるため目が疲れにくいと感じる人も多いでしょう。またゲームや動画を大迫力で楽しむことができるため、お気に入りのゲームがある人に大きい画面のタブレットはかなりおすすめです。

Huawei Mate 20 Xの画面サイズは7.2インチです。またMediaPad M5(SHT-W09)は8.4インチです。ディスプレイや画面の大きさについて比較すると、MediaPad M5(SHT-W09)はHuawei Mate 20 Xに比べてかなり画面サイズは大きく、約1.2インチもの差があります。より大迫力で動画やゲームを楽しめるという点ではHuawei Mate 20 XよりもMediaPad M5(SHT-W09)が優れています。また画面が大きいMediaPad M5(SHT-W09)は目が疲れにくいというメリットもあります。誤タップしにくく、大画面で動画やゲームを楽しめ、かつ疲れ目になりにくいタブレットを選ぶならHuawei Mate 20 XよりMediaPad M5(SHT-W09)を買うことがおすすめです。

画面の大きさディスプレイの大きさ
Huawei Mate 20 X52/1007.2インチ
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0960/1008.4インチ

Huawei Mate 20 XのディスプレイとMediaPad M5(SHT-W09)のディスプレイはどっちがくっきり映る?

ピクセル密度は画面のきれいさに影響し、ピクセル密度が高いほど画面がきれいに見えるため、よりゲームや動画を楽しむことができます。また画面がきれいなほど目にかかる負担が少なくなるため、長時間操作していても目が疲れにくくなる傾向にあります。

Huawei Mate 20 Xの解像度は1080 x 2244で、ピクセル密度は346ppiです。またMediaPad M5(SHT-W09)の解像度は2560 x 1600で、ピクセル密度は359ppiです。画面のピクセル数について比較すると、Huawei Mate 20 XもMediaPad M5(SHT-W09)もほとんど差はありません。そのため画面のきれいさや目に対するやさしさはどちらも同じくらいです。そのため他の性能面や機能面で比較する方がよいです。

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)のバッテリー性能の差は?どちらの性能がいい?

バッテリー性能は電池持ちに大きく影響します。ただし必ずしもバッテリー容量が多いほど長く電池もちするわけではなく、バッテリー消費効率を考慮しなければなりません。画面が大きいほど、CPUの性能が高いほど多くの電池を消費します。

Huawei Mate 20 Xのバッテリー容量は5000mAhです。またMediaPad M5(SHT-W09)のバッテリー容量は5100mAhです。バッテリー性能について、Huawei Mate 20 XもMediaPad M5(SHT-W09)も同程度です。バッテリー容量はHuawei Mate 20 XもMediaPad M5(SHT-W09)もほとんど差はありません。電池の長持ち性能はどちらも同じくらいのため、他の性能面や機能面で比較した方がいいでしょう。

バッテリー性能バッテリー容量
Huawei Mate 20 X56/1005000mAh
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0957/1005100mAh

Huawei Mate 20 XのCPU性能とMediaPad M5(SHT-W09)のCPU性能はどちらのが上なのか

CPU性能はプログラムの処理性能に影響し、CPUのコア数とCPU周波数の掛け合わせによってプログラムの処理性能が決まります。この性能が高いほどアプリやゲームがサクサク動き、性能が低いとアプリやゲームが重くなりストレスを感じます。

Huawei Mate 20 XのCPUはHiSilicon Kirin 980で、性能は2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)です。またMediaPad M5(SHT-W09)のCPUはHuawei Kirin 9602.4GHz+で、性能は2.4GHz+1.8GHz×8(オクタコア)です。CPU性能について比較すると、Huawei Mate 20 XもMediaPad M5(SHT-W09)もほとんどスペックに差はありません。そのためアプリを使うときに感じるサクサク度やゲームの快適さはどちらも同じくらいです。そのため他の性能面や機能面で比較する方がよいです。

処理性能処理性能
Huawei Mate 20 X92/1002.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0984/1002.4GHz+1.8GHz×8(オクタコア)

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)について、メモリ容量の違いは?

メモリ容量はマルチタスク性能やアプリの安定性に影響します。メモリ容量が大きければ大きいほど、複数のアプリを同時に使う場面でも安定して快適に使うことができます。またアニメーションがカクカクしたりアプリが止まってしまったりクラッシュする可能性が低くなります。また十分なメモリ容量がないと遊べないゲームもあるので注意が必要です。

Huawei Mate 20 Xのメモリ容量は6GBです。またMediaPad M5(SHT-W09)のメモリ容量は4GBです。メモリ性能について比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べてかなりメモリ容量が大きく、約2GBもの差があります。マルチタスクの快適さやクラッシュのしにくさ、3DゲームやVRの快適さという点ではMediaPad M5(SHT-W09)よりもHuawei Mate 20 Xが優れています。複数のアプリを同時に使っていても安定して使え、また快適に3DゲームやVRを遊べるタブレットを選ぶならMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xを買うことがおすすめです。

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)はどちらがデータの保存容量が大きい?

ストレージ容量は保存できるデータ量に影響します。ストレージ容量が大きいほど、撮影できる写真の数やインストールできるアプリの数が多くなります。またSDカードに対応しているタブレットであればストレージ容量を増やすことができます。ただし、本体よりも書き込み速度が遅いという性能面のデメリットや、すべてのデータを移動することができないため注意が必要です。

Huawei Mate 20 Xのストレージ容量は128GBです。またMediaPad M5(SHT-W09)の容量は32GBです。ROM、ストレージ容量について比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べてかなり大きなデータの保存容量があり、約96GBもの差があります。保存できる写真数やインストールできるアプリの数という点ではMediaPad M5(SHT-W09)よりもHuawei Mate 20 Xのほうが多く保存できます。より多くのデータを保存できるタブレットを選ぶならMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xを買うことがおすすめです。

ストレージ容量ストレージ容量
Huawei Mate 20 X76/100128GB
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0952/10032GB

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)のリアカメラ性能比較。どっちの画素数が高いのか

本体背面についている外側のカメラ(リアカメラ/背面カメラ)の性能を決める一つの要素に画素数があります。画素数が多ければ多いほど高精細な写真を撮ることができ、プリントアウトする際にきれいに印刷することができます。

Huawei Mate 20 Xのメインカメラの性能は800万画素です。またMediaPad M5(SHT-W09)は1300万画素です。リアカメラ性能について比較すると、MediaPad M5(SHT-W09)はHuawei Mate 20 Xに比べてかなり高い画素数であり、約500万画素もの差があります。高精細な写真や動画を撮ったり、撮った写真をプリントアウトするという点ではHuawei Mate 20 XよりもMediaPad M5(SHT-W09)が優れています。より動画撮影や写真撮影に適しているタブレットを選ぶならHuawei Mate 20 XよりMediaPad M5(SHT-W09)を買うことがおすすめです。

リアカメラ性能リアカメラの画素数
Huawei Mate 20 X51/100800万画素
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0975/1001300万画素

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)のインカメラはどちらの画質がいいのか?

本体ディスプレイ側についている内側のカメラ(インカメラ/フロントカメラ)の性能を決める一つの要素に画素数があります。画素数が多ければ多いほど高精細な写真を撮ることができ、プリントアウトする際にきれいに印刷することができます。

Huawei Mate 20 Xのインカメラの性能は2400万画素です。またMediaPad M5(SHT-W09)は800万画素です。インカメラ性能について比較すると、Huawei Mate 20 XはMediaPad M5(SHT-W09)に比べてかなりフロントカメラの画素数は高く、約1600万画素もの差があります。そのためMediaPad M5(SHT-W09)よりもHuawei Mate 20 Xがより動画撮影や写真撮影に適しています。高画質な自撮り写真が撮影できて綺麗にプリントアウトできるタブレットを選ぶならMediaPad M5(SHT-W09)よりHuawei Mate 20 Xを買うことがおすすめです。

インカメラ性能インカメラの画素数
Huawei Mate 20 X100/1002400万画素
MediaPad M5 Wi-Fi SHT-W0951/100800万画素

Huawei Mate 20 XとMediaPad M5(SHT-W09)の性能をスペック表で比較する

Huawei Mate 20 XMediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09
画像Huawei Mate 20 XMediaPad M5 Wi-Fi SHT-W09
メーカーHuaweiHUAWEI
発売日2018年11月2018年5月
midnight blue,phantom silverスペースグレー
OSAndroidandroid
本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ)85.4mm x 174.6mm x 8.2mm212.6mm x 124.8mm x 7.3mm
本体重量232g320g
ディスプレイの大きさ7.2インチ8.4インチ
ディスプレイの種類AMOLEDIPS
画面解像度(横 x 縦)1080 x 22442560 x 1600
ピクセル密度346ppi359ppi
バッテリー容量5000mAh5100mAh
チップセットHiSilicon Kirin 980Huawei Kirin 9602.4GHz+
処理性能2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)2.4GHz+1.8GHz×8(オクタコア)
メモリ容量6GB4GB
ストレージ容量128GB32GB
リアカメラの画素数800万画素1300万画素
インカメラの画素数2400万画素800万画素

類似した性能のタブレットを見る

他のタブレットと比較する

価格をチェックする

類似した性能のタブレットを見る

他のタブレットと比較する

価格をチェックする

Huawei Mate 20 Xの価格を今すぐチェック

Huawei Mate 20 Xの関連記事
MediaPad M5(SHT-W09)の関連記事
Huawei Mate 20 Xと評価が同程度のタブレットを探す

Huawei Mate 20 Xの関連記事

Huawei Mate 20 Xの関連記事
MediaPad M5(SHT-W09)の関連記事
MediaPad M5(SHT-W09)と評価が同程度のタブレットを探す

MediaPad M5(SHT-W09)の関連記事

タブレットランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でタブレットを探す
ブランド名でタブレットを探す
タブレット 新着記事
スマートフォン 新着記事
ノートパソコン 新着記事