Huawei Mate Xs 2のメリット/デメリットとは?詳細レビューしてみた

作成日時: 2022年05月20日 21時19分17秒、更新日時: 2022年06月22日 15時28分46秒

Huawei Mate Xs 2のどのような良さがあるタブレットなのかについて詳しく評価しています。みんなの注目度から詳細な部分の情報まで公平に評価。類似のものと比較してHuawei Mate Xs 2はどうなのかについてレビューします。

Huawei Mate Xs 2について表で詳細情報を見る

Huawei Mate Xs 2
画像Huawei Mate Xs 2
本体重量257g
本体サイズ横:139.3mm、縦:156.5mm、厚さ:5.4mm
Black/White/Purple
処理性能Qualcomm SM8350 Snapdragon 888 4G(2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)
CPUの型番Qualcomm SM8350 Snapdragon 888 4G
CPUのクロック数2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz
CPUのコア数8
RAM12GB
プロセスノード5nm
CPUのアーキテクチャーCortex X1 + Cortex A78 + Cortex A55
搭載しているGPUAdreno 660
ストレージ容量512GB
画面サイズ7.8インチ
ディスプレイの種類Foldable OLED
Full HD対応
画面解像度2200×2480
急速充電機能
急速充電能力66W
GPS対応
モバイルデータ通信×
Wi-Fi Direct対応
NFC対応
Bluetooth規格Bluetooth 5.2
無線LAN規格a/b/g/n/ac/6
加速度センサー機能
ジャイロセンサー機能
近接センサー
電子コンパス
気圧センサー
色温度センサー
背面カメラ画素数5000万画素
前面カメラ画素数700万画素
カメラ搭載
オートフォーカス機能
HD動画撮影対応
背面カメラ開放F値F2.4
前面カメラ開放F値F2.2
背面カメラでのHDR撮影
前面カメラでのHDR撮影
指紋認証

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較する

価格をチェック

特色と特徴についてHuawei Mate Xs 2を詳しく評価する

基本情報を徹底評価

本体重量について

持っていてストレスがなく、楽に使用できるので、軽い本体重量のタブレットは優れているかと思います。持ち運び使用したいときにおすすめです。

本体重量についてHuawei Mate Xs 2は257gです。Huawei Mate Xs 2は普通のモノと比べるとかなり軽い方に入る重量と言えるでしょう。持ち運びを手軽にできるので、Huawei Mate Xs 2は非常によいでしょう。Huawei Mate Xs 2は持ち運びの頻度が高い人が使用したいときに適していると思います。

そのためHuawei Mate Xs 2はかなりおすすめです。これよりも軽い重量のタブレットでもHuawei Mate Xs 2との差をほとんど感じられないでしょう。

本体重量評価
Huawei Mate Xs 2257g97/100

本体サイズについて

本体サイズが小さいタブレットは持ち運びしやすく、抵抗なく外に持っていけるできるという点で優秀な部類に入るかと思います。カバンなどに収納したいようなときにオススメです。

本体サイズについて、Huawei Mate Xs 2は横:139.3mm、縦:156.5mm、厚さ:5.4mmです。Huawei Mate Xs 2は標準的なタブレットと比べると上位に位置づけられるほど小さい方の本体サイズです。手軽に持ち運びができ、カバンの中の収納でもかさばらないで携帯できるためHuawei Mate Xs 2はすごく優秀です。コンパクトなため携帯して使用したいときにHuawei Mate Xs 2はとても向いていると言えるかもしれません。

本体サイズについてのHuawei Mate Xs 2の使用感はかなり優秀といえそうです。そのためHuawei Mate Xs 2はかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。本体サイズという視点でこれよりも小さいタブレットでもほぼ意味がないと思われます。

本体サイズ評価
Huawei Mate Xs 2横:139.3mm、縦:156.5mm、厚さ:5.4mm98/100

Huawei Mate Xs 2の外部通信機能をレビューしてみた

GPSについて

GPSに対応しているタブレットは常にタブレットの位置を把握できる為、優れていると言えるかもしれません。たとえばGPSにて現在位置を認識するような場合にオススメだと思います。

Huawei Mate Xs 2はGPSに対応しているタブレットです。そのため操作性が良く気軽に持ち運びのできるカーナビとしても使用できるといった点で秀でているといえるかもしれません。Huawei Mate Xs 2は地図アプリや、位置情報を使用するのにおすすめと言えそうです。

Wi-Fi Direct対応について

ダイレクトにつなぐのでケーブルが不要で接続できるため、Wi-Fi Directに対応しているタブレットは優れているでしょう。とくにWifiに接続している他の機器と接続したいような場合におすすめです。

Huawei Mate Xs 2はWi-Fi Directに対応しているタブレットです。Wi-Fiにてネット等に接続できる為、Huawei Mate Xs 2は優れていると言えそうです。無線LANルーターを使わずに、Wi-Fi機能が搭載されている機器同士を無線で直接接続したいならHuawei Mate Xs 2はおすすめと言えそうです。

画面について詳細評価する

画面サイズについて

画面が見やすく情報を正確に把握できるという点で画面サイズが大きいタブレットは優れているでしょう。特に迫力ある画面で楽しみたい人が使用するような時に適していると言えるでしょう。

Huawei Mate Xs 2の画面サイズは7.8インチです。Huawei Mate Xs 2は一般的なタブレットよりもすごく小さい画面サイズと言えるでしょう。

画面サイズにほとんど興味がない人でも普通に使っていてストレスを感じる可能性があるため一つ上を検討した方がいいのかもしれません。

画面サイズ評価
Huawei Mate Xs 27.8インチ14/100

Full HDについて

非常に高精度な映像を表示できるため、Full HDに対応しているタブレットは優秀な部類に入ると言えるかもしれません。鮮明な画像を視聴したい時にお勧めだと思います。

Huawei Mate Xs 2はFull HDに対応しているタブレットです。画像や映像をより鮮明に見ることができるといった点でHuawei Mate Xs 2は優れた部類に入るでしょう。画面の映像をさらに楽しみたい人が使用したいようなときにHuawei Mate Xs 2は向いています。

画面解像度について

画像の品質をさらに向上できる点において画面解像度が高いタブレットは優れているかもしれません。たとえば高画質の映像を表示するようなときにおすすめだと思います。

Huawei Mate Xs 2の画面解像度は2200×2480です。Huawei Mate Xs 2はものすごく高い部類に入る画面解像度です。またHuawei Mate Xs 2は一つの画面で多くの情報を表示できるといった点で非常に優れていると言えるでしょう。Huawei Mate Xs 2は動画や画像などを高画質で視聴したい時にお勧めです。

実際の所のHuawei Mate Xs 2は画面解像度という点で極めて優れた部類に入るでしょう。画面解像度という視点でこれ以上高いタブレットでもあまり意味がないでしょう。

画面解像度評価
Huawei Mate Xs 22200×248097/100

Huawei Mate Xs 2の便利機能について詳しく評価

指紋認証について

指紋認証に対応しているタブレットは指紋認証にて立ち上げできるという点でよいといえそうです。特に他の人に勝手に使われることを心配せずに、安心して使用する時におすすめと思います。

Huawei Mate Xs 2は指紋認証に対応しているタブレットです。パスワードを入れなくてもロック解除できるのでHuawei Mate Xs 2は優れているといえなくもありません。Huawei Mate Xs 2はパスワードを入力せずにロック解除が出来るので、パスワードを覚えるのが苦手だという人が使用する時に向いていると言えそうです。

Huawei Mate Xs 2のストレージについて詳しく評価する

ストレージ容量について

大きいストレージ容量のタブレットはより多くのデータを保存できるので、優秀な部類に入るでしょう。より多くの動画を撮影し保存したいような時にお勧めと言えそうです。

ストレージ容量についてHuawei Mate Xs 2は512GBです。標準的なものと比べるとHuawei Mate Xs 2の容量は極めて大きいと言えるタブレットです。大量のデータを保管できるため、Huawei Mate Xs 2は良いといえそうです。データをより多く保存したいような時にHuawei Mate Xs 2はとてもオススメといえるかもしれません。

実際の所ストレージ容量という点に関するHuawei Mate Xs 2の使用感は極めて優れた部類に入るでしょう。これ以上大きい容量のタブレットを選んでもあまり意味がないでしょう。

ストレージ容量評価
Huawei Mate Xs 2512GB86/100

Huawei Mate Xs 2のバッテリーの徹底評価

急速充電機能について

急速充電に対応しているタブレットは充電を極めて速くできるという点で良いかもしれません。極めて短時間で充電したい時にオススメです。

Huawei Mate Xs 2は急速充電に対応しているタブレットです。電池が切れた場合でも再充電する時間を短くすることができる為、Huawei Mate Xs 2は秀でているといえなくもありません。バッテリー切れの際もすぐに充電出来るので、バッテリーを限界まで使いたいという人が使用するような時にHuawei Mate Xs 2は向いていると言えそうです。

急速充電能力について

急速充電能力が高いタブレットは充電を短時間で完了させることができる点においてよいといえそうです。電子機器が複数ある中で、早急な充電するとき適していると言えるかもしれません。

Huawei Mate Xs 2の急速充電能力は66Wです。Huawei Mate Xs 2の充電能力はやや高いほうのタブレットだと言えるでしょう。またHuawei Mate Xs 2は短時間で充電ができるといった点で比較的秀でた部類に入ると思います。バッテリー切れから短時間で充電して作業を再開するときにHuawei Mate Xs 2はややお勧めです。

急速充電能力という点でみたときの実際の使用感は比較的秀でた部類に入るでしょう。

急速充電能力評価
Huawei Mate Xs 266W78/100

Huawei Mate Xs 2の性能を徹底評価する

処理性能について

大きな容量のデータをより速く処理できるため、処理性能が高いタブレットは優秀と言えそうです。処理負荷の高い処理をしたいような時にオススメだと思います。

処理性能について、Huawei Mate Xs 2はQualcomm SM8350 Snapdragon 888 4G(2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)です。Huawei Mate Xs 2は一般的なタブレットよりどちらかといえば高い方の処理性能と言えます。アプリケーションの作業効率が上がり、ラグがなく素早く作業できるので、Huawei Mate Xs 2は割と良いです。Huawei Mate Xs 2はゲームなどの高負荷の処理でも素早く処理できるため、ストレスなく使用するような場合にどちらかといえばおすすめです。

処理性能という観点におけるHuawei Mate Xs 2の使用感はどちらかといえば秀でています。そのため処理性能という観点で見る場合においてHuawei Mate Xs 2は候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば不満を感じない水準ですが、こだわりがある人はワンランク上のタブレットを見てみてもいいのかもしれません。

処理性能評価
Huawei Mate Xs 2Qualcomm SM8350 Snapdragon 888 4G(2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)73/100

RAMについて

処理速度が上がるので、一度に多くのアプリを起動することができる点においてRAMが大きいタブレットは秀でた部類に入るでしょう。とくに処理性能が高いため並行して複数の作業をしたい時にお勧めといえそうです。

RAMについてHuawei Mate Xs 2は12GBです。平均的なタブレットよりHuawei Mate Xs 2のメモリーはとても大きいです。処理速度が速く作業効率を上げることができる為、Huawei Mate Xs 2はすごく優秀な部類に入るといえなくもないでしょう。Huawei Mate Xs 2は処理負荷の高い処理をしたい時にとても適していると言えるでしょう。

実のところRAMという観点で見たときの実際の使用感はすごく秀でているでしょう。従ってHuawei Mate Xs 2に決める上で大きな要素となるでしょう。これよりも大きいメモリーのタブレットを選んでもほとんどHuawei Mate Xs 2と同じと思われます。

RAM評価
Huawei Mate Xs 212GB97/100

プロセスノードについて

CPUの処理速度を向上できるといった点でプロセスノードが小さいタブレットは優秀と言えるでしょう。高性能CPUを搭載しており、高速処理をしたいならお勧めです。

プロセスノードについて、Huawei Mate Xs 2は5nmです。Huawei Mate Xs 2は標準的なものよりも並外れて小さいと言えるプロセスノードでしょう。またHuawei Mate Xs 2は高速に演算ができるといった点で大変よいです。Huawei Mate Xs 2は処理負荷の高い処理をするときにとてもおすすめだと思います。

プロセスノードにおけるHuawei Mate Xs 2は実のところ使用感は並外れて秀でています。従ってHuawei Mate Xs 2はかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。プロセスノードという点でこれ以上小さいタブレットを選んでもあまり意味がないと思われます。

プロセスノード評価
Huawei Mate Xs 25nm98/100

Huawei Mate Xs 2のカメラに関する評価

背面カメラ画素数について

より鮮明な映像を撮ることができるという点で背面カメラ画素数が多いタブレットは優れているといえそうです。たとえば色鮮やかできれいな撮影をしたいような場合にオススメだと思います。

背面カメラ画素数についてHuawei Mate Xs 2は5000万画素です。平均とくらべてHuawei Mate Xs 2の画素数はすごく多いと言えるでしょう。背面でも確実に撮影できるためHuawei Mate Xs 2は良いでしょう。Huawei Mate Xs 2は液晶画面で確認しながら高画質な写真を撮影したいような時にオススメです。

背面カメラ画素数に関する実際Huawei Mate Xs 2は使用感はものすごく優れているといえるかもしれません。そのためHuawei Mate Xs 2を選ぶ上で大きな要素となると思います。

背面カメラ画素数評価
Huawei Mate Xs 25000万画素90/100

前面カメラ画素数について

多い前面カメラ画素数のタブレットは質の高い撮影ができる為優れた部類に入るかもしれません。とくにより高画質な撮影をするような場合、お勧めだと思います。

前面カメラ画素数について、Huawei Mate Xs 2は700万画素です。一般的なモノと比較するとHuawei Mate Xs 2の画素数は同程度でしょう。より綺麗な映像を表示するのにHuawei Mate Xs 2を選んでも通常のケースであればおそらく問題に感じることはないです。

普通に使う分にはあまり問題なく使えるもののため、Huawei Mate Xs 2が特別とは言えません。

前面カメラ画素数評価
Huawei Mate Xs 2700万画素48/100

カメラ搭載について

写真を撮る事ができるといった点でカメラを搭載しているタブレットは良いかもしれません。写真撮影やビデオチャットをしたい時に向いています。

Huawei Mate Xs 2はカメラを搭載しているタブレットです。画像や動画などを撮影できるといった点でHuawei Mate Xs 2は秀でてます。テレビ電話でコミュニケーションをするようなとき、Huawei Mate Xs 2はおすすめと思います。

オートフォーカス機能について

自動でピントを合わせる事ができるため、オートフォーカスに対応しているタブレットは優れた部類に入ると思います。ピントをに自動で合わせたい人が使用するようなときにおすすめと言えるかもしれません。

Huawei Mate Xs 2はオートフォーカスに対応しているタブレットです。シャッターボタンを半押ししたり、タッチパネルで被写体をタッチすると自動的にフォーカスできるので、Huawei Mate Xs 2はよいと言えるかもしれません。Huawei Mate Xs 2はピンぼけせずにキレイな写真を撮影するのに適しているといえるかもしれません。

背面カメラ開放F値について

背面カメラ開放F値が小さいタブレットは背面での撮影時に、背景をぼやけた写真を撮影できるという点で良いかもしれません。手ぶれを抑制して撮影をするときに向いているといえそうです。

背面カメラ開放F値について、Huawei Mate Xs 2はF2.4です。Huawei Mate Xs 2の開放F値はほとんど同程度だと言えるでしょう。ブレを抑制して撮影する場合Huawei Mate Xs 2で通常の場合であればおそらく十分でしょう。

背面カメラ開放F値という点についてのHuawei Mate Xs 2は実の所中程度な感じです。普通に使う分にはあまり問題なく使えるくらいのものであるため、Huawei Mate Xs 2が特段という程ではないでしょう。

背面カメラ開放F値評価
Huawei Mate Xs 2F2.457/100

前面カメラ開放F値について

前面での撮影時に、背景をぼやけた写真を撮影できる点において小さい前面カメラ開放F値のタブレットは優秀な部類に入るといえなくもありません。前面カメラが取り込む光の量を多くするような場合、オススメです。

Huawei Mate Xs 2の前面カメラ開放F値はF2.2です。Huawei Mate Xs 2は標準的なものとくらべるとどちらかと言うと小さいでしょう。綺麗にぼやけた画像を映し出すことができる為、Huawei Mate Xs 2はどちらかと言うと秀でているでしょう。ブレずに撮影ができるため、子供の運動会で使用したいようなときにHuawei Mate Xs 2はわりとオススメです。

実際の所前面カメラ開放F値に関する実際の使用感はどちらかといえば良いでしょう。そのため前面カメラ開放F値という観点で見るならHuawei Mate Xs 2は候補の一つに挙がるでしょう。通常利用であれば不満を感じない水準と思われますが、もう少し小さい開放F値のタブレットもあるため決定的に優れている程ではありません。

前面カメラ開放F値評価
Huawei Mate Xs 2F2.265/100

背面カメラでのHDR撮影について

背面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットは夜間の撮影がより綺麗に撮影できるという点で秀でています。背面カメラで逆光や暗所での撮影をするならオススメだと思います。

Huawei Mate Xs 2は背面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットです。背面カメラで明暗の差をよりダイナミックに撮影できるため、Huawei Mate Xs 2は良いです。Huawei Mate Xs 2は明るさの再現幅が広い画像を撮影したい人が使用するならお勧めといえそうです。

前面カメラでのHDR撮影について

前面カメラで明暗の差をよりダイナミックに撮影できる点において前面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットは優れていそうです。前面カメラで逆光や暗所での撮影をするような時、オススメだと思います。

Huawei Mate Xs 2は前面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットです。高画質な画像を撮影できるためHuawei Mate Xs 2は良いです。Huawei Mate Xs 2は高画質で撮影する場合に向いていると言えるかもしれません。

内部通信機能に関するHuawei Mate Xs 2の徹底評価

NFC対応について

NFCに対応しているタブレットはNFC対応の機器同士なら、無線通信ができる点において優れた部類に入るといえなくもないでしょう。対応のワイヤレスイヤホンをかざしてペアリングするような時にオススメだと思います。

Huawei Mate Xs 2はNFCに対応しているタブレットです。キャッシュレス決済できるといった点でHuawei Mate Xs 2は良い部類に入るでしょう。Huawei Mate Xs 2は非接触型サービスを利用したいときにオススメです。

搭載センサーについて

加速度センサー機能について

画面を自動で回転させたり、カメラアプリでタブレットが縦向きか横向きかを判断できる点において加速度センサーを搭載しているタブレットは良い部類に入るといえなくもありません。歩数計などの距離を測ったりかしたいようなときに向いています。

Huawei Mate Xs 2は加速度センサーを搭載しているタブレットです。そのためHuawei Mate Xs 2は車を運転する時にカーナビのように使用できるという点で優れていると思います。Huawei Mate Xs 2は単位時間当たりの速度を測定するような場合に向いています。

ジャイロセンサー機能について

ジャイロセンサーを搭載しているタブレットはゲーム等のモーションセンシングに使用できるため、優秀です。自動で画面の向きを変更する場合にお勧めだと思います。

Huawei Mate Xs 2はジャイロセンサーを搭載しているタブレットです。そのため単位時間において角度の変化率である角速度を測定できる点において優れていると思います。ARアプリやVRアプリを使用するときにHuawei Mate Xs 2は向いていると思います。

近接センサーについて

カバーなど閉じると画面を閉じる事ができる為、近接センサーを搭載しているタブレットは優れていると言えそうです。たとえばタブレットカバーの開閉で電源をオンとオフにするときにお勧めです。

Huawei Mate Xs 2は近接センサーを搭載しているタブレットです。そのためHuawei Mate Xs 2は端末の左端に手をかざすことにより近接センサーが反応し、ディスプレイに手を触れずに自動でページを送ることができるといった点で良い部類に入るかと思います。近づいただけで触ることなくON/OFFを切り替えたい人が使用したいときにHuawei Mate Xs 2は適しているといえそうです。

電子コンパスについて

地図アプリなどを使用できる為、電子コンパスを搭載しているタブレットは優秀です。例えば地図アプリを使用時正確な方位を確認したいならお勧めと言えそうです。

Huawei Mate Xs 2は電子コンパスを搭載しているタブレットです。そのため方位を検知することができる点で秀でているといえるかもしれません。ナビソフトを正常動作するような場合Huawei Mate Xs 2は向いていると言えそうです。

気圧センサーについて

気圧を計測し表示できるため、気圧センサーを搭載しているタブレットは優秀です。湿度や温度などを計測したいようなときに向いていると思います。

Huawei Mate Xs 2は気圧センサーを搭載しているタブレットです。そのためHuawei Mate Xs 2は気圧で標高が割り出せることを利用して、位置情報の精度を上昇できる点において良い部類に入ると思います。Huawei Mate Xs 2は気圧を測定し、確認したいときにオススメだと思います。

色温度センサーについて

温度を色で可視化できる為、色温度センサーを搭載しているタブレットは優秀な部類に入るでしょう。たとえば周囲の明るさにあわせて自動的に画面の明るさを調節する時、お勧めです。

Huawei Mate Xs 2は色温度センサーを搭載しているタブレットです。温度による色の変化を認識できるため、Huawei Mate Xs 2はよいです。照度などを自動的に把握させて画面の明るさを調節するときにHuawei Mate Xs 2は向いていると言えるでしょう。

Huawei Mate Xs 2の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

Huawei Mate Xs 2と評価が同程度のタブレットを探す

本体サイズ:横:326.4mm、縦:208.6mm、厚さ:5.5mm, 本体重量:726g, 色:グラファイト, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):326.4mm x 208.6mm x 5.5mm, 本体重量:726g, 画面サイズ:14.6インチ, ディスプレイの種類:有機EL, 画面解像度(横 x 縦):2960 x 1848, ピクセル密度:239ppi, 画面解像度:2960×1848, ディスプレイの大きさ:14.6インチ, プロセスノード:1nm, OS:Android, メモリ容量:12GB, RAM:12GB, ストレージ容量:256GB, バッテリー容量:10880mAh, 背面カメラ画素数:1300万画素, 前面カメラ画素数:1200万画素, リフレッシュレート:120Hz

本体サイズ:横:285mm、縦:185mm、厚さ:5.7mm, 本体重量:567g, 色:グラファイト, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):285mm x 185mm x 5.7mm, 本体重量:567g, 画面サイズ:12.4インチ, ディスプレイの種類:有機EL, 画面解像度(横 x 縦):2800 x 1752, ピクセル密度:266ppi, 画面解像度:2800×1752, ディスプレイの大きさ:12.4インチ, プロセスノード:4nm, OS:Android, メモリ容量:8GB, RAM:8GB, ストレージ容量:128GB, バッテリー容量:9800mAh, 背面カメラ画素数:1300万画素, 前面カメラ画素数:1200万画素, 急速充電能力:45W

本体サイズ:横:210mm、縦:124.5mm、厚さ:9.6mm, 本体重量:434g, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):210mm x 124.5mm x 9.6mm, 本体重量:434g, 画面サイズ:8インチ, ストレージ容量:128GB, 前面カメラ開放F値:F2.6

本体サイズ:横:244mm、縦:172mm、厚さ:9mm, 本体重量:500g, 色:ブラック, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):244mm x 172mm x 9mm, 本体重量:500g, 画面サイズ:10.1インチ, ディスプレイの種類:IPS, 画面解像度(横 x 縦):1280 x 800, ピクセル密度:149ppi, 画面解像度:1280×800, ディスプレイの大きさ:10.1インチ, OS:Android, 処理性能:MT8765(1.3GHz, 4コア), メモリ容量:3GB, RAM:3GB, ストレージ容量:32GB, バッテリー容量:6000mAh, 背面カメラ画素数:500万画素, 前面カメラ画素数:200万画素, 最大駆動可能時間:6時間, 急速充電能力:10W

本体サイズ:横:289.3mm、縦:215.8mm、厚さ:8.8mm, 本体重量:820g, 色:シルバー, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):289.3mm x 215.8mm x 8.8mm, 本体重量:820g, 画面サイズ:13インチ, ディスプレイの種類:IPS, 画面解像度(横 x 縦):3000 x 2000, ピクセル密度:277ppi, 画面解像度:3000×2000, ディスプレイの大きさ:13インチ, OS:Windows, 処理性能:Core i7 1185G7(3.0GHz, 4コア), メモリ容量:16GB, RAM:16GB, ストレージ容量:512GB, 背面カメラ画素数:800万画素, 背面カメラ開放F値:F800, 最大駆動可能時間:11時間

本体サイズ:横:283.3mm、縦:203.5mm、厚さ:8.8mm, 本体重量:760g, 色:ブラック, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):283.3mm x 203.5mm x 8.8mm, 本体重量:760g, 画面サイズ:12.3インチ, ディスプレイの種類:IPS, 画面解像度(横 x 縦):1920 x 1280, ピクセル密度:187ppi, 画面解像度:1920×1280, ディスプレイの大きさ:12.3インチ, OS:Windows, 処理性能:Core i5 1130G7(1.8GHz, 4コア), メモリ容量:16GB, RAM:16GB, ストレージ容量:512GB, 背面カメラ画素数:800万画素, 前面カメラ画素数:500万画素, 最大駆動可能時間:15.2時間, 連続通話可能時間:60分

本体サイズ:横:244.8mm、縦:153.9mm、厚さ:8.2mm, 本体重量:360g, 色:アビスブルー, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):244.8mm x 153.9mm x 8.2mm, 本体重量:360g, 画面サイズ:10.3インチ, ディスプレイの種類:IPS, 画面解像度(横 x 縦):1920 x 1200, ピクセル密度:219ppi, 画面解像度:1920×1200, ディスプレイの大きさ:10.3インチ, OS:Android, 処理性能:Helio P22T(4.1GHz, 8コア), メモリ容量:3GB, RAM:3GB, ストレージ容量:32GB, 背面カメラ画素数:800万画素, 前面カメラ画素数:500万画素

Huawei Mate Xs 2比較シミュレータ-Huawei Mate Xs 2 と比較するタブレットを探す

フリーワードで探す

機能で探す

マイク対応

Full HD対応

ゴリラガラス

HDR対応

USB Power Delivery対応

急速充電機能

バッテリー着脱対応

GPS対応

モバイルデータ通信

SIMフリー対応

SIMロック解除対応

WiDi対応

AirPlay対応

Wi-Fi Direct対応

NFC対応

Miracast対応

EDR対応

aptX HD対応

aptX Adaptive対応

加速度センサー機能

光センサー機能

ジャイロセンサー機能

近接センサー

電子コンパス

重力センサー

気圧センサー

色温度センサー

カメラ搭載

オートフォーカス機能

HD動画撮影対応

背面カメラでのHDR撮影

前面カメラでのHDR撮影

デュアルスピーカー

Dolby Atmos対応

DTS:X対応

タッチペン付属

ワンセグ対応

フルセグ対応

顔認証

指紋認証

メーカー名で探す

Acer

Acer

AKART

alcatel

alcatel

Alldocube

Allview

Allview

Amazon

Amazon

Apple

Apple

Archos

Archos

Astell&Kern

Asus

ASUS

B&Sパートナーズ

Blackview

BLU

BLU

BLUEDOT

BQ

BungBungame

Camangi

Celkon

CHUWI

COBY

COMPAQ

CORED

CREATIVE

CURTIS

Dell

Dell

docomo

Dynabook

ECS

EFUN

Energizer

epict

EPSON

EPSON DIRECT

FFF SMART LIFE CONNECTED

FRONTIER

Geanee

Gecoo

Google

Google

Honor

Honor

HP

HP

HTC

Huawei

HUAWEI

Icemobile

IDO

iiyama

IODATA

Jolla

JVC

KAIHOU

Kano

KEIAN

KEIYO

Lava

Leader

Lenovo

Lenovo

LG

LG

LGエレクトロニクス

Maxwest

Micromax

Micromax

Microsoft

Mobile In Style

Motorola

MOTOROLA

MSI

NEC

NECカシオモバイルコミュニケーションズ

Nokia

NTT東日本

Nvidia

Nvidia

ONKYO

ONYX

Oppo

Planet Computers

PLOYER

Plum

Plum

POINT OF VIEW

Posh

Posh

RAMASU

REALLIFE JAPAN

Realme

RWC

Samsung

Samsung

SKNET

Sony

Sony

TAXAN

TCL

TCL

Teclast

TECNO

TECNO

TJC

TOSHIBA

TOSHIBA

TruLuX

Ulefone

VAIO

VANTOP

verykool

verykool

ViewSonic

VITRO

vivo

Vodafone

WSL JAPAN

Xiaomi

Xiaomi

Yukyung Technologies

Zenithink

ZOTAC

ZTE

アシベ電機

イーバランス

カシオ

グリーンハウス

コヴィア・ネットワークス

サイエルインターナショナル

サムスン

シャープ

シルバーウイン

ソニーモバイルコミュニケーションズ

テックウインド

トライポッドワークス

ドスパラ

ドン・キホーテ

ハイセンス

ハロッズ

パイオニア

パソコン工房

パナソニック

ベルソス

マイクロソフト

マイタック

マウスコンピューター

レボリューション

ロジテック

京セラ

富士通

日立

楽天

ブランド名で探す

ASUS Pad

Chromebook

Diginnos

Elite

Endeavor

Equal

Galaxy

GALAXY Tab

Iconia

iPad

iPad Air

Lenovo Tab

MateBook

Memo Pad

Miix

MousePro

Nexus

Optimax

raytrek

REGZA Tablet

ROG

SlateBook

Spectre

STYLISTIC

Surface

VAIO

Venue

Viva

VivoTab

Xperia

XPS

YOGA

YOGA TABLET

Zenpad

Huawei Mate Xs 2の仕様・スペックを競合製品と比較

本体の大きさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度本体の大きさ

Huawei Mate Xs 2

62.7-本体サイズ:横:139.3mm、縦:156.5mm、厚さ:5.4mm

Huawei Mate X

60.0本体サイズ:横:146.2mm、縦:161.3mm、厚さ:5.4mm

Huawei Mate 20 X (5G)

70.7本体サイズ:横:85.4mm、縦:174.6mm、厚さ:8.4mm

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

52.0本体サイズ:横:125.2mm、縦:206.4mm、厚さ:8.2mm

Huawei MatePad Pro

4.0本体サイズ:横:159mm、縦:246mm、厚さ:7.2mm

Huawei MatePad Pro 5G

4.0本体サイズ:横:159mm、縦:246mm、厚さ:7.2mm

Huawei Mate Xs

60.0本体サイズ:横:146.2mm、縦:161.3mm、厚さ:5.4mm

Huawei MatePad

12.0本体サイズ:横:155mm、縦:245.2mm、厚さ:7.4mm

画面サイズ

画像製品名評価比較したときのおススメ度画面サイズ

Huawei Mate Xs 2

37.3-画面サイズ:7.8インチ

Huawei Mate X

40.0画面サイズ:8インチ

Huawei Mate 20 X (5G)

29.3画面サイズ:7.2インチ

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

48.0画面サイズ:8.4インチ

Huawei MatePad Pro

81.6画面サイズ:10.8インチ

Huawei MatePad Pro 5G

81.6画面サイズ:10.8インチ

Huawei Mate Xs

40.0画面サイズ:8インチ

Huawei MatePad

80.8画面サイズ:10.4インチ

画面解像度

画像製品名評価比較したときのおススメ度画面解像度

Huawei Mate Xs 2

97.8-画面解像度:2200×2480

Huawei Mate X

97.8画面解像度:2200×2480

Huawei Mate 20 X (5G)

73.9画面解像度:1080×2244

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

91.4画面解像度:1600×2560

Huawei MatePad Pro

91.4画面解像度:1600×2560

Huawei MatePad Pro 5G

91.4画面解像度:1600×2560

Huawei Mate Xs

97.8画面解像度:2200×2480

Huawei MatePad

73.6画面解像度:1200×2000

プロセスの集積度

画像製品名評価比較したときのおススメ度プロセスの集積度

Huawei Mate Xs 2

98.4-プロセスノード:5nm

Huawei Mate X

98.0プロセスノード:7nm

Huawei Mate 20 X (5G)

98.0プロセスノード:7nm

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

98.0プロセスノード:7nm

Huawei MatePad Pro

98.0プロセスノード:7nm

Huawei MatePad Pro 5G

98.0プロセスノード:7nm

Huawei Mate Xs

98.0プロセスノード:7nm

Huawei MatePad

98.0プロセスノード:7nm

ストレージ

画像製品名評価比較したときのおススメ度ストレージ

Huawei Mate Xs 2

92.5-ストレージ容量:512GB

Huawei Mate X

92.5ストレージ容量:512GB

Huawei Mate 20 X (5G)

87.5ストレージ容量:256GB

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

76.5ストレージ容量:128GB

Huawei MatePad Pro

92.5ストレージ容量:512GB

Huawei MatePad Pro 5G

92.5ストレージ容量:512GB

Huawei Mate Xs

92.5ストレージ容量:512GB

Huawei MatePad

76.5ストレージ容量:128GB

リアカメラ画素数

画像製品名評価比較したときのおススメ度リアカメラ画素数

Huawei Mate Xs 2

95.5-背面カメラ画素数:5000万画素

Huawei Mate X

92.0背面カメラ画素数:4000万画素

Huawei Mate 20 X (5G)

92.0背面カメラ画素数:4000万画素

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

70.0背面カメラ画素数:1300万画素

Huawei MatePad Pro

70.0背面カメラ画素数:1300万画素

Huawei MatePad Pro 5G

70.0背面カメラ画素数:1300万画素

Huawei Mate Xs

92.0背面カメラ画素数:4000万画素

Huawei MatePad

51.8背面カメラ画素数:800万画素

背面カメラの開放F値

画像製品名評価比較したときのおススメ度背面カメラの開放F値

Huawei Mate Xs 2

57.1-背面カメラ開放F値:F2.4

Huawei Mate X

57.1背面カメラ開放F値:F2.4

Huawei Mate 20 X (5G)

57.1背面カメラ開放F値:F2.4

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

85.6背面カメラ開放F値:F1.8

Huawei MatePad Pro

85.6背面カメラ開放F値:F1.8

Huawei MatePad Pro 5G

85.6背面カメラ開放F値:F1.8

Huawei Mate Xs

57.1背面カメラ開放F値:F2.4

Huawei MatePad T8

65.3背面カメラ開放F値:F2.2

インカメラ画素数

画像製品名評価比較したときのおススメ度インカメラ画素数

Huawei Mate Xs 2

52.5-前面カメラ画素数:700万画素

Huawei Mate 20 X (5G)

95.4前面カメラ画素数:2400万画素

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

56.9前面カメラ画素数:800万画素

Huawei MatePad Pro

56.9前面カメラ画素数:800万画素

Huawei MatePad Pro 5G

56.9前面カメラ画素数:800万画素

Huawei MatePad

56.9前面カメラ画素数:800万画素

Huawei MatePad T8

31.0前面カメラ画素数:200万画素

Huawei Enjoy Tablet 2

31.0前面カメラ画素数:200万画素

前面カメラの開放F値

画像製品名評価比較したときのおススメ度前面カメラの開放F値

Huawei Mate Xs 2

65.3-前面カメラ開放F値:F2.2

Huawei Mate 20 X (5G)

74.8前面カメラ開放F値:F2

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

74.8前面カメラ開放F値:F2

Huawei MatePad Pro

74.8前面カメラ開放F値:F2

Huawei MatePad Pro 5G

74.8前面カメラ開放F値:F2

Huawei MatePad T8

57.1前面カメラ開放F値:F2.4

Huawei Enjoy Tablet 2

57.1前面カメラ開放F値:F2.4

Huawei MatePad 10.8

74.8前面カメラ開放F値:F2

処理性能

画像製品名評価比較したときのおススメ度処理性能

Huawei Mate Xs 2

73.1-処理性能:Qualcomm SM8350 Snapdragon 888 4G(2.84GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)

Huawei Mate X

54.8処理性能:Kirin 980(2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz, 8コア)

Huawei Mate 20 X (5G)

54.1処理性能:HiSilicon Kirin 980(2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz, 8コア)

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

49.8処理性能:Kirin 980(2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz, 8コア)

Huawei MatePad Pro

56.7処理性能:Kirin 990(2.86GHz+2.09GHz+1.86GHz, 8コア)

Huawei MatePad Pro 5G

58.6処理性能:HiSilicon Kirin 990 5G(2.86GHz+2.36GHz+1.95GHz, 8コア)

Huawei Mate Xs

58.4処理性能:Kirin 990 5G(2.86GHz+2.36GHz+1.95GHz, 8コア)

Huawei MatePad

50.7処理性能:HiSilicon Kirin 810(2.27GHz+1.88GHz, 8コア)

持ちやすさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度持ちやすさ

Huawei Mate Xs 2

70.9-色:Black/White/Purple, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):139.3mm x 156.5mm x 5.4mm, 本体重量:257g

Huawei Mate X

67.0色:Interstellar Blue, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):146.2mm x 161.3mm x 5.4mm, 本体重量:295g

Huawei Mate 20 X (5G)

76.5色:Emerald Green, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):85.4mm x 174.6mm x 8.4mm, 本体重量:233g

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

60.1色:Phantom Red/Phantom Blue, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):125.2mm x 206.4mm x 8.2mm, 本体重量:340g

Huawei MatePad Pro

29.0色:Gray/White/Green/Orange, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):159mm x 246mm x 7.2mm, 本体重量:460g

Huawei MatePad Pro 5G

29.0色:Gray/White/Green/Orange, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):159mm x 246mm x 7.2mm, 本体重量:460g

Huawei Mate Xs

66.7色:Interstellar Blue, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):146.2mm x 161.3mm x 5.4mm, 本体重量:300g

Huawei MatePad

33.5色:White/Gray, 本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ):155mm x 245.2mm x 7.4mm, 本体重量:450g

画面の綺麗さ

画像製品名評価比較したときのおススメ度画面の綺麗さ

Huawei Mate Xs 2

90.3-ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:424ppi

Huawei Mate X

90.1ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:414ppi

Huawei Mate 20 X (5G)

86.4ディスプレイの種類:OLED, 画面解像度(横 x 縦):1080 x 2244, ピクセル密度:346ppi

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

87.2ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:359ppi

Huawei MatePad Pro

81.9ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:280ppi

Huawei MatePad Pro 5G

81.9ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:280ppi

Huawei Mate Xs

90.1ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:414ppi

Huawei MatePad

69.6ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1200 x 2000, ピクセル密度:224ppi

画面の見やすさ

画像製品名評価比較したときのおススメ度画面の見やすさ

Huawei Mate Xs 2

52.9-ディスプレイの大きさ:7.8インチ, ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:424ppi

Huawei Mate X

54.4ディスプレイの大きさ:8インチ, ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:414ppi

Huawei Mate 20 X (5G)

47.0ディスプレイの大きさ:7.2インチ, ディスプレイの種類:OLED, 画面解像度(横 x 縦):1080 x 2244, ピクセル密度:346ppi

Huawei MediaPad M6 Turbo 8.4

57.3ディスプレイの大きさ:8.4インチ, ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:359ppi

Huawei MatePad Pro

74.3ディスプレイの大きさ:10.8インチ, ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:280ppi

Huawei MatePad Pro 5G

74.3ディスプレイの大きさ:10.8インチ, ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1600 x 2560, ピクセル密度:280ppi

Huawei Mate Xs

54.4ディスプレイの大きさ:8インチ, ディスプレイの種類:Foldable OLED, 画面解像度(横 x 縦):2200 x 2480, ピクセル密度:414ppi

Huawei MatePad

68.7ディスプレイの大きさ:10.4インチ, ディスプレイの種類:IPS LCD, 画面解像度(横 x 縦):1200 x 2000, ピクセル密度:224ppi

タブレットランキング

カテゴリ一覧

人気タブレット

関連人気記事

新着情報