Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の性能を評価を解説

作成日時: 2023-03-24 16:24:00

Huawei MatePad 11 (2023) 256GBは、Qualcomm SM8250のCPUを搭載し、最大3.2GHz+2.42GHz+1.8GHzのクロック数を持ちます。また、Kryo 585のアーキテクチャーを持つCPUは、8つのコアで構成されています。これにより、タブレットは高速で滑らかなパフォーマンスを提供しています。

RAMは8GBであり、大規模なアプリケーションや複数のタブを開いても、遅延がなくスムーズに動作します。ストレージ容量は256GBで十分な容量を持っています。また、microSDXCにも対応しており、必要に応じてストレージ容量を拡張することができます。

11インチのIPS LCDディスプレイは、色鮮やかで鮮明な画像を提供します。Full HDにも対応しており、映画やビデオを楽しむのに最適です。

急速充電能力は22.5Wで、コンセントに繋いでいる間に素早く充電することができます。加速度センサー機能が備わっており、画面を回転させるといった操作がスムーズに実行できます。Wi-Fi Directにも対応しており、他のWi-Fi Direct対応の機器と簡単に接続することができます。

背面カメラは1300万画素で、前面カメラは800万画素を搭載しています。カメラ機能はオートフォーカスやHD動画撮影にも対応しており、撮影した写真や動画は鮮明でクリアな仕上がりになります。背面カメラでのHDR撮影にも対応しており、暗い屋内や外光の強い場所でも美しい写真を撮影することができます。

背面カメラ開放F値はf/1.8で、前面カメラ開放F値はf/2となっています。これにより、背面カメラでの撮影時には、よりクリアで明るい写真を撮ることができます。

色は、Black、Blue、White、Purpleから選ぶことができます。Bluetooth 5.1にも対応し、a/b/g/n/ac/6の無線LAN規格にも対応しています。

Huawei MatePad 11 (2023) 256GBは、高性能で多機能なタブレットです。CPUもGPUも高速で、RAMやストレージ容量も充実しており、性能面でも優れています。また、カメラ機能も高い水準を持っており、他のタブレットでは味わえない高品質な写真やビデオを撮影することができます。このタブレットをお勧めできます。

メリット

  • 凄く小さい本体サイズ
  • RAMは極めて大きい
  • プロセスノードがとても小さい
  • 並外れて高いGPU性能
  • わりと大きいストレージ容量
  • 非常に高い画面解像度
  • 背面カメラ開放F値が並外れて小さい
  • ほどよく小さい前面カメラ開放F値

デメリット

    -

特徴

  • Full HDに対応している
  • Wi-Fi Directに対応している
  • 加速度センサーを搭載している
  • カメラを搭載している
  • オートフォーカスに対応している
  • HD画質の動画撮影ができるカメラを搭載している
  • 背面カメラがHDR撮影に対応している

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の特性と特長

搭載センサーに関する Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の評価詳細について

加速度センサー機能について

画面を自動で回転させたり、カメラアプリでタブレットが縦向きか横向きかを判断できる点において加速度センサーを搭載しているタブレットは良い部類に入るといえなくもありません。歩数計などの距離を測ったりかしたいようなときに向いています。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は加速度センサーを搭載しているタブレットです。そのためこのタブレットは車を運転する時にカーナビのように使用できるという点で優れていると思います。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は人の動きを正確にとらえて作業したい人が使用するときに適しています。

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の性能についての評価詳細

処理性能について

処理性能が高いタブレットは重く負荷のかかる処理もさくさく処理できる点においてよいです。高負荷の情報処理も素早く簡単にできるため、3Dアクションゲームなどをプレイするような時向いています。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の処理性能はQualcomm SM8250(3.2GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)です。これは普通よりもやや高い方に入る処理性能でしょう。アプリケーションの作業効率が上がり、ラグがなく素早く作業できるので、この商品は割と良いです。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はより快適な映像や音楽などのダウンロードをする場合におすすめです。

そのため処理性能で見るつもりならこのタブレットは候補の一つになります。通常利用であれば問題ないと言えますが、もう少し高い性能のタブレットもあるため決め手になるほどではありません。

処理性能評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GBQualcomm SM8250(3.2GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)63/100

RAMについて

処理速度が上がるので、一度に多くのアプリを起動することができる点においてRAMが大きいタブレットは秀でた部類に入るでしょう。たとえば高負荷の情報処理でも安定して動作するため、ストレスなく使用するときに適しています。

RAMについて「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は8GBです。これはもの凄く大きいです。サクサクと処理してくれるため、ストレスなく使用できるためこの商品はとても優秀です。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は情報処理速度が速く効率的な作業をするような場合にとてもお勧めだと思います。

実のところRAMという観点で見たときの実際の使用感はすごく秀でているでしょう。そのためこのタブレットはかなり有力な候補の一つに挙げられるでしょう。これよりも大きいメモリーのタブレットを選んでもあまり意味がないと思われます。

RAM評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB8GB88/100

プロセスノードについて

CPUの処理速度を向上できるといった点でプロセスノードが小さいタブレットは優秀と言えるでしょう。省電力で使用をしたいならオススメだと思います。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」のプロセスノードは7nmです。これは普通のタブレットよりも並外れて小さい方に入るタブレットと言えるでしょう。またこの商品は高速に演算ができるといった点で大変よいです。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は処理性能が高く効率的に作業するのにお勧めです。

プロセスノードという観点でみたときの実際の使用感は非常に優れているといえるかもしれません。そのためこのタブレットに決める上で大きな要因となります。プロセスノードという点でこれ以上小さいタブレットを選んでもあまり意味がないと思われます。

プロセスノード評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB7nm98/100

GPU性能について

高いGPU性能を要求するゲームでもストレスなくプレイできるといった点で高いGPU性能のタブレットは秀でていると言えるでしょう。重いゲームを快適に遊びたい人が使用したいような時に適していると言えるでしょう。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」のGPU性能は145567です。これは平均的なタブレットと比べてとても高いと言えます。処理速度が上がるため、作業効率を上げることができるので、この商品はとてもよいでしょう。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は処理負荷の高い映像処理をしたいならかなりおすすめと言えるでしょう。

実のところの「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はGPU性能という点について非常に優秀です。そのためこのタブレットを選ぶ上で大きな判断材料の一つとなります。GPU性能という点でこれ以上高いタブレットでも「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」との差をほとんど体感出来ないと思います。

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB のカメラを詳しく評価してみた

背面カメラ画素数について

綺麗で鮮明な画質で撮影できるため、背面カメラ画素数が多いタブレットは優れた部類に入るといえなくもありません。たとえば色鮮やかできれいな撮影をしたいような場合にオススメだと思います。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の背面カメラ画素数は1300万画素です。これは平均とくらべるとほぼ同じくらいと言えるでしょう。風景を綺麗に撮影したい場合について通常の場合なら「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」でおそらく問題ないと思われます。

背面カメラ画素数という観点についての実の所の「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は中程度と言った感じです。全くストレスを感じたくない人には不十分であるかもしれないため、もう一つ上を見てみた方がいいでしょう。

背面カメラ画素数評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB1300万画素56/100

前面カメラ画素数について

自撮り撮影でも綺麗に撮影ができる点で前面カメラ画素数が多いタブレットは優秀な部類に入るかもしれません。特により繊細で高画質な写真を撮影するような場合、オススメと言えそうです。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の前面カメラ画素数は800万画素です。普通とくらべるとこのタブレットの前面カメラ画素数はほとんど同程度と言えるでしょう。SNS用の動画や写真などを撮る際に、セルフビューを確認しながら撮影したい場合でも「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」でも通常のケースであれば多分問題はないと思われます。

実のところ「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は前面カメラ画素数という視点から見た時及第点レベルです。こだわりが強い人にとっては不足しているかもしれないため、一つ上を見てみることをおすすめします。

前面カメラ画素数評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB800万画素52/100

カメラ搭載について

カメラを搭載しているタブレットは他機材を所持していなくても、本体のみで撮影できるといった点で優秀と言えそうです。写真撮影やビデオチャットをしたい時に向いています。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はカメラを搭載しているタブレットです。写真の撮影やビデオチャットなどもスムーズにできるのでこのタブレットは良いといえそうです。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は写真をすぐに撮影でき、他の機器に写真データを共有するようなときに向いているといえるかもしれません。

オートフォーカス機能について

自動でピントを合わせる事ができるため、オートフォーカスに対応しているタブレットは優れた部類に入ると思います。ピントをに自動で合わせたい人が使用するようなときにおすすめと言えるかもしれません。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はオートフォーカスに対応しているタブレットです。そのためこのタブレットはカメラ撮影時に自動で焦点を合わせることができるという点でよいです。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は焦点を効率よく合わせたい人が使用したいようなときに向いていると言えるかもしれません。

背面カメラ開放F値について

背面カメラ開放F値が小さいタブレットは背面での撮影時に、背景をぼやけた写真を撮影できるという点で良いかもしれません。光をより多く取り込むので背景をぼかした画像にするような場合におすすめだと思います。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の背面カメラ開放F値はf/1.8です。これは普通のタブレットよりもものすごく小さい開放F値でしょう。きれいな写真を撮ったりできるため、この商品は大変秀でた部類に入るかと思います。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はブレを抑制して撮影するならかなり向いています。

背面カメラ開放F値という観点についての「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の使用感は上位レベルに位置づけられるほど優秀です。そのためこのタブレットに決める上で大きな要因になるでしょう。背面カメラ開放F値という視点でこれよりも小さいタブレットを選んでもほとんど「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」との差を感じられないでしょう。

背面カメラ開放F値評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GBf/1.885/100

前面カメラ開放F値について

前面の写真や動画を高画質で撮影できるため、前面カメラ開放F値が小さいタブレットは優れていると言えそうです。前面カメラが取り込む光の量を多くするような場合、オススメです。

前面カメラ開放F値について「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はf/2です。一般的なものとくらべてこのタブレットの開放F値はほどよく小さい方に入るタブレットと言えるでしょう。綺麗にぼやけた画像を映し出すことができる為、この商品はどちらかと言うと秀でているでしょう。周囲をボカシた撮影をするような時に「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はどちらかといえば適しているといえるかもしれません。

そのため前面カメラ開放F値という観点で選ぶ場合、このタブレットは候補の一つに挙がります。通常利用であれば十分と思われますが、全体でみるとワンランク上のタブレットもあるため決め手になるほどではありません。

前面カメラ開放F値評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GBf/274/100

背面カメラでのHDR撮影について

高精細な画像を撮影できる為、背面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットは優れているかと思います。カメラやスマホを使用することなく写真を撮影する時にオススメといえるかもしれません。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は背面カメラがHDR撮影に対応しているタブレットです。背面カメラで明暗の差をよりダイナミックに撮影できるため、このタブレットは良いです。明暗差がある場面でも彩度とコントラストを調整した写真を撮影するなら「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は向いていると言えそうです。

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB のストレージをレビューしてみた

ストレージ容量について

ストレージ容量が大きいタブレットは大容量のデータを保存できる為優秀です。より多くの動画を撮影し保存したいような時にお勧めと言えそうです。

ストレージ容量について「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は256GBです。これは標準的なタブレットと比較してどちらかといえば大きい方のタブレットと言えます。データを的確に保存できるのでこの商品は割と良いかと思います。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は多くのデータやアプリを保存したい人が使用するような時にオススメと言えるかもしれません。

ストレージ容量という視点に関する実際の「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はややよいでしょう。従ってストレージ容量で選ぶつもりならこのタブレットは一つの候補でしょう。普通に使う分には不満を感じない水準ですが、こだわりがある人は一つ上を検討してもいいのかもしれません。

ストレージ容量評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB256GB71/100

画面について

画面サイズについて

画面を見る際の疲労を軽減できるため、画面サイズが大きいタブレットは優秀といえそうです。特に迫力ある画面で楽しみたい人が使用するような時に適していると言えるでしょう。

画面サイズについて「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は11インチです。これはほぼ同一だと言えるでしょう。一画面内で表示できる情報量が増え動画視聴やゲームも大画面で堪能したい場合でも通常の場合であれば「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」でもおそらく問題ないです。

実際の所画面サイズにおける実際の使用感は中程度な感じです。通常利用であればあまり問題を感じにくいもののため、特別に良いとは言えないでしょう。

画面サイズ評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB11インチ48/100

Full HDについて

非常に高精度な映像を表示できるため、Full HDに対応しているタブレットは優秀な部類に入ると言えるかもしれません。鮮明な画像を視聴したい時にお勧めだと思います。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はFull HDに対応しているタブレットです。HD映像を縮小せずにそのまま表示することができる為、このタブレットは優秀な部類に入るでしょう。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はより鮮明で美しい映像を視聴したい人が使用する時にオススメと言えるかもしれません。

画面解像度について

画面解像度が高いタブレットは映像をより高画質で楽しむことができるといった点で秀でています。たとえば高画質の映像を表示するようなときにおすすめだと思います。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の画面解像度は1600×2560です。標準的なタブレットとくらべるとこのタブレットの解像度は上位に位置づけられるほど高いでしょう。またこの商品はきめ細かい画像や動画を見ることができる点ですごく秀でていると言えそうです。精細かつ視認性の高い表示を実現したいときに「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はオススメと言えるでしょう。

これ以上高い解像度のタブレットでもあまり意味がないと思います。

画面解像度評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB1600×256091/100

バッテリーに関する Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の情報詳細

急速充電能力について

急速充電能力が高いタブレットは充電時間を短くでき、すぐに持ち出すことができるので、優れた部類に入るといえなくもありません。電子機器が複数ある中で、早急な充電するとき適していると言えるかもしれません。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」の急速充電能力は22.5Wです。これは標準的なものと比べるとほとんど同程度と言えます。充電し忘れて寝てしまった際などにも、翌日使用する時「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」を選んでも通常のケースであればたぶん問題はないかと思われます。

実のところ急速充電能力という観点に関する実際の使用感は中程度です。通常利用であればほぼ問題を感じずに使えるくらいのモノであるため、このタブレットが特段という程ではないでしょう。少しでもストレスを感じずに使いたい人には物足りなさを感じる可能性があり、もうワンランク上を見てみた方がいいのかもしれません。

急速充電能力評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB22.5W45/100

基本情報を徹底評価

本体重量について

本体重量が軽いタブレットは持ち運びに負担を感じずどこでも作業できるので優れていそうです。持ち運び使用したいときにおすすめです。

本体重量について「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は480gです。これは平均的なタブレットよりやや軽いでしょう。持ち運びを手軽にできるため、この商品はやや秀でています。「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は軽量なため持ち運んで使用するならわりと適していると言えるかもしれません。

実の所本体重量という視点に関する実際の使用感は比較的よいでしょう。従って本体重量で見るならこのタブレットは一つの候補です。通常利用であれば不満を感じない水準と言えますが、ストレスフリーのためもう一つ上のタブレットを検討してもいいのかもしれません。

本体重量評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB480g67/100

本体サイズについて

本体サイズが小さいタブレットは持ち運びしやすく、抵抗なく外に持っていけるできるという点で優秀な部類に入るかと思います。持ち運びしやすく、外で気軽に使用するようなとき、適しています。

本体サイズについて「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は横:165.3mm、縦:253.7mm、厚さ:7.2mmです。これは標準的なタブレットと比べると上位に位置づけられるほど小さい方の本体サイズです。コンパクトなため負担なく携帯できるので、この商品は極めて優れています。鞄やポケットに入れて、外で使用するようなとき「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はオススメだと思います。

本体サイズについての「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」は実のところ使用感は上位レベルに位置づけられるほど優れています。そのためこのタブレットはかなり有力な候補の一つに挙がるでしょう。本体サイズという観点でこれ以上小さいタブレットでもほとんど「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」との違いを感じられないと思います。

本体サイズ評価
Huawei MatePad 11 (2023) 256GB横:165.3mm、縦:253.7mm、厚さ:7.2mm82/100

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の外部通信機能の詳細情報について

Wi-Fi Direct対応について

無線LANルーターやアクセスポイントを介さず、相手のデバイスと直接、1対1で通信できる点においてWi-Fi Directに対応しているタブレットはよいと言えるかもしれません。Wi-Fi Direct対応機器やWi-Fi機器を操作する場合におすすめです。

「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はWi-Fi Directに対応しているタブレットです。そのためこのタブレットはWi-Fi Direct対応機器やWi-Fi機器を操作できる点において優れていると言えるでしょう。無線LANルーターを使わずに、Wi-Fi機能が搭載されている機器同士を無線で直接接続したいなら「Huawei MatePad 11 (2023) 256GB」はおすすめと言えそうです。

表で Huawei MatePad 11 (2023) 256GB について詳細を確認する

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB
画像Huawei MatePad 11 (2023) 256GB
本体重量480g
本体サイズ横:165.3mm、縦:253.7mm、厚さ:7.2mm
Black/Blue/White/Purple
処理性能Qualcomm SM8250(3.2GHz+2.42GHz+1.8GHz, 8コア)
CPUの型番Qualcomm SM8250
CPUのクロック数3.2GHz+2.42GHz+1.8GHz
CPUのコア数8
RAM8GB
プロセスノード7nm
CPUのアーキテクチャーKryo 585
搭載しているGPUAdreno 650
ストレージ容量256GB
対応SDカードmicroSDXC
画面サイズ11インチ
ディスプレイの種類IPS LCD
Full HD対応
画面解像度1600×2560
急速充電能力22.5W
モバイルデータ通信×
Wi-Fi Direct対応
NFC対応×
Bluetooth規格Bluetooth 5.1
無線LAN規格a/b/g/n/ac/6
加速度センサー機能
背面カメラ画素数1300万画素
前面カメラ画素数800万画素
カメラ搭載
オートフォーカス機能
HD動画撮影対応
背面カメラ開放F値f/1.8
前面カメラ開放F値f/2
背面カメラでのHDR撮影

類似のタブレットを探す

他のタブレットと比較する

価格をチェック

Huawei MatePad 11 (2023) 256GB の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。