Huawei Mate 20 Xの評価レビュー。機能やスペック・性能のメリット・デメリットを徹底解説

Huawei Mate 20 X の徹底性能レビュー

機能、スペック・性能、使いやすさの観点から徹底評価して、Huawei Mate 20 Xを買うべきなのかをレビューしました。また良い点と悪い点が一目で分かるようにHuawei Mate 20 Xを選ぶメリットとデメリットについても簡潔にまとめています。

Huawei Mate 20 Xのメリット・デメリット

Huawei Mate 20 Xのメリット

  • 持ち運びにやや便利な大きさ
  • 片手で扱いやすい大きさ
  • かなり軽量で持ち運びに適している
  • 長時間手に持って使うのに向いている軽さ
  • かなりきれいな画面
  • 非常に高性能で処理性能に優れており、ゲームなどに適している
  • 素早く操作してもサクサク動き、ストレスをほとんど感じない性能
  • 非常に多くのデータを保存できるストレージ容量
  • アプリやゲームの利用に向いている保存容量
  • インカメラの画質はかなり高い

Huawei Mate 20 Xのデメリット

  • 比較的小さい画面で、やや迫力に欠ける

Huawei Mate 20 Xの機能・性能・レビュー

Huawei Mate 20 Xの基本情報

Huawei Mate 20 Xはmidnight blue,phantom silverの2色です。製造元はHuaweiで、発売日は2018年11月です。OSはAndroidです。非常に安定したOSでカスタマイズも容易です。その反面、端末ごとに異なる面も多いため周囲に聞きにくいデメリットがあります。Google Playを利用することでスマホと同じアプリを利用することができます。また防水に対応しています。

それでは、各機能や性能の詳細を見ていきましょう。

Huawei Mate 20 Xの大きさや重さ

Huawei Mate 20 Xの大きさは85.4mm x 174.6mm x 8.2mmです。Huawei Mate 20 Xはややコンパクトに感じる大きさです。

ビジネス用のバックにはもちろん、プライベートで使うような小さい鞄にも入れられる大きさです。さっと出し入れしやすいので、隙間時間で軽く利用するのに向いています。スマホとやノートなど一緒に持ち運べる大きさで、室内での持ち運びに適しています。片手で持てる大きさです。手が小さな女性や子供だと落としやすい大きさため注意が必要です。

Huawei Mate 20 Xの重さは232gです。Huawei Mate 20 Xはかなり軽い端末です。

鞄の中に入れておくにはほとんど気にならない重さですが、上着のポケットなどに入れて持ち運ぶような場合ではやや重さを感じます。人によっては肩が凝るような重さです。手に持って使う場合でも重たさを感じにくく、長時間に向いています。しかし慣れていない人が長時間使っていると手や腕が疲れてしまうような重さなので、両手で持ったり持ち替えたりする必要があります。

Huawei Mate 20 Xの画面・ディスプレイ

Huawei Mate 20 Xの画面サイズは7.2インチです。Huawei Mate 20 Xは標準よりやや画面が小さく感じます。

Huawei Mate 20 Xの画面はAMOLEDです。画面解像度は1080 x 2244で、画素数は346ppiになります。Huawei Mate 20 Xは非常に画面が綺麗です。非常にきれいな画面です。動画の細かい部分まできれいに映るため、映画の字幕を見たりゲームなどを遊ぶのにも最適な画面です。不満を感じることはほとんどないでしょう。

Huawei Mate 20 Xの処理性能

Huawei Mate 20 XはHiSilicon Kirin 980で、処理性能は2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)です。またメモリー容量は6GBです。Huawei Mate 20 Xはかなり性能が高いです。

非常に滑らかな動作をするためかなり快適に使えます。全体的に動作がもたつくことがなくストレスを感じることはほぼありません。検索や動画、画像編集などほとんどの用途で快適に使うことができます。FPSなどやや重めのゲームも十分遊べる性能です。素早く操作したり頻繁にアプリを切り替えたりしてもかなり快適に使えます。また複数のアプリを同時に利用するといった用途にも適しているためおすすめの機種です。

Huawei Mate 20 Xのストレージ容量

内蔵ストレージには最大128GBのデータを保存できます。Huawei Mate 20 Xはかなり多くのデータを保存できます。ちょっと写真を撮ったり音楽を入れておくくらいなら十分すぎる容量です。どちらかといえば長期的に保存しておくようなストレージとしての利用に適しています。ゲームを遊んでいて容量不足を感じることはほとんどないでしょう。3Dゲームや音声つきのゲームに適しています。また遊ばなくなったゲームを残しておいても余裕のある容量なのでいちいちアプリを消す必要がないメリットもあります。

SDカードで容量を増やせるため、画像や動画などの保存ならあまり容量は気にする必要ないでしょう。一方でゲームやアプリなどはSDカードに移せないことが多く、多くのゲームやアプリを入れる予定なら可能な限り容量の大きい端末を選んでおくと安心です。

Huawei Mate 20 Xのバッテリー性能

Huawei Mate 20 Xのバッテリー容量は5000mAhです。Huawei Mate 20 Xは比較的電池容量に余裕があります。メールやネットサーフィンくらいであれば十分なバッテリー容量です。1日の利用であれば十分な容量ですが、常にフル充電で使う必要があるためもう少しバッテリー容量に余裕がある端末の方がいいでしょう。連続でYoutubeなどの動画を見たりゲームをするような使い方でもかなり長持ちします。普通に使う分には電池もちは十分といえます。

Huawei Mate 20 Xのカメラ性能

Huawei Mate 20 Xのリアカメラ性能は800万画素です。Huawei Mate 20 Xはそこそこのリアカメラ性能です。リアカメラの性能はそれなりです。近距離の撮影であればそれなりに満足できる性能なのでSNSなどにアップする画像を取るには十分です。一方で、写真の細部はあまり鮮明に映らないため、風景の撮影や撮影した写真をプリントアウトするなどの使い方には不向きです。

Huawei Mate 20 Xのインカメラ性能は2400万画素です。Huawei Mate 20 Xはかなり高性能なインカメラです。インカメラの性能はかなり高く、高精細な写真や動画を撮影できます。細部まできれいに撮影できるため、性能面で不満を感じることはないでしょう。

Huawei Mate 20 Xの仕様・スペック

Huawei Mate 20 X
画像Huawei Mate 20 X
メーカーHuawei
発売日2018年11月
midnight blue,phantom silver
OSAndroid
本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ)85.4mm x 174.6mm x 8.2mm
本体重量232g
ディスプレイの大きさ7.2インチ
ディスプレイの種類AMOLED
画面解像度(横 x 縦)1080 x 2244
ピクセル密度346ppi
バッテリー容量5000mAh
チップセットHiSilicon Kirin 980
処理性能2.6GHz+1.92GHz×8(オクタコア)
メモリ容量6GB
ストレージ容量128GB
リアカメラの画素数800万画素
インカメラの画素数2400万画素

類似した性能のタブレットを見る

他のタブレットと比較する

価格をチェックする

Huawei Mate 20 Xの価格を今すぐチェック

評価が同程度のタブレットを探す

もっと見る ▼

他のHuawei製のタブレットを見る
タブレットランキング
対応カテゴリ
メーカー名でタブレットを探す
ブランド名でタブレットを探す
タブレット 新着記事
カメラ 新着記事