iPad mini (2019)の評価レビュー。機能やスペック・性能のメリット・デメリットを徹底解説

作成日時: 2019年03月18日 21時23分33秒, 更新日時: 2019年10月01日 11時45分29秒

iPad mini (2019) の徹底性能レビュー

機能、スペック・性能、使いやすさの観点から徹底評価して、iPad mini (2019)を買うべきなのかをレビューしました。また良い点と悪い点が一目で分かるようにiPad mini (2019)を選ぶメリットとデメリットについても簡潔にまとめています。

iPad mini (2019)のメリット・デメリット

iPad mini (2019)のメリット

  • 比較的軽くやや持ち運びやすい
  • 短時間手で持って使う分にはほとんど疲れを感じない軽さ
  • かなりきれいな画面
  • 非常に高性能で処理性能に優れており、ゲームなどに適している
  • 普通に使う分にはフリーズすることもなく申し分ない性能
  • 非常に多くのデータを保存できるストレージ容量
  • アプリやゲームの利用に向いている保存容量

iPad mini (2019)のデメリット

  • no data

iPad mini (2019)の機能・性能・レビュー

iPad mini (2019)の基本情報

iPad mini (2019)はspace gray,silver,goldの3色です。製造元はAppleで、発売日は2019年3月0日です。OSはAppleが開発するiOSです。使いやすいOSであり、iPhoneも同じOSを使っています。そのため周囲のiPhoneユーザーやiPadユーザーに使い方のアドバイスを聞くことできます。iTunes Storeを利用することでスマホと同じアプリを利用することができます。

それでは、各機能や性能の詳細を見ていきましょう。

iPad mini (2019)の大きさや重さ

iPad mini (2019)の大きさは134.8mm x 203.2mm x 6.1mmです。iPad mini (2019)はややコンパクトに感じる大きさです。

書類などを入れるようなビジネス用のバックにはさっと出し入れしやすい大きさです。通勤時にも向いている端末です。プライベートで使うような小さい鞄にも入る大きさです。スマホとやノートなど一緒に持ち運べる大きさで、室内での持ち運びに適しています。片手で持てる大きさです。手が小さな女性や子供だと落としやすい大きさため注意が必要です。

iPad mini (2019)の重さは300.5gです。iPad mini (2019)はやや軽く感じる重さです。

持つとやや重みを感じますが、鞄で持ち運ぶにはあまり大した重さではありません。手で持ち運ぶにはやや不便を感じる重さです。手に持って使う場合でも重たさを感じにくく、長時間に向いています。しかし慣れていない人が長時間使っていると手や腕が疲れてしまうような重さなので、両手で持ったり持ち替えたりする必要があります。

持ちやすさ
iPad mini (2019)65/100

iPad mini (2019)の画面・ディスプレイ

iPad mini (2019)の画面サイズは7.9インチです。iPad mini (2019)は標準よりやや画面が小さく感じます。

iPad mini (2019)の画面はIPS LCDです。画面解像度は1536 x 2048で、画素数は324ppiになります。iPad mini (2019)は非常に画面が綺麗です。非常にきれいな画面です。動画の細かい部分まできれいに映るため、映画の字幕を見たりゲームなどを遊ぶのにも最適な画面です。不満を感じることはほとんどないでしょう。

ディスプレイの種類評価
iPad mini (2019)IPS LCD51/100

iPad mini (2019)の処理性能

iPad mini (2019)はApple A12 Bionicで、処理性能は2.5GHz+1.6GHz×6(ヘキサコア)です。またメモリー容量は3GBです。iPad mini (2019)はかなり性能が高いです。

非常に滑らかに動きます。ほとんど不満を感じることはなく、瞬時に反応するレベルといってもいいでしょう。ほぼすべてのアプリを快適に使うことができます。性能面で不満を感じることはほとんどないレベルといえます。素早く操作したりほかのアプリを切り替えたりする際、特に違和感なくスムーズに動作するため非常に快適に使うことができます。

チップセット評価
iPad mini (2019)Apple A12 Bionic81/100

iPad mini (2019)のストレージ容量

内蔵ストレージには最大256GBのデータを保存できます。iPad mini (2019)はかなり多くのデータを保存できます。ちょっと写真を撮ったり音楽を入れておくくらいなら十分すぎる容量です。どちらかといえば長期的に保存しておくようなストレージとしての利用に適しています。ゲームを遊んでいて容量不足を感じることはほとんどないでしょう。3Dゲームや音声つきのゲームに適しています。また遊ばなくなったゲームを残しておいても余裕のある容量なのでいちいちアプリを消す必要がないメリットもあります。

SDカードで容量を増やせないため、可能な限り容量の大きい端末を選んだ方がいいでしょう。

ストレージ容量評価
iPad mini (2019)256GB87/100

iPad mini (2019)のバッテリー性能

iPad mini (2019)のバッテリー容量は5124mAhです。iPad mini (2019)は比較的電池容量に余裕があります。メールやネットサーフィンくらいであれば十分なバッテリー容量です。1日の利用であれば十分な容量ですが、常にフル充電で使う必要があるためもう少しバッテリー容量に余裕がある端末の方がいいでしょう。連続でYoutubeなどの動画を見たりゲームをするような使い方でもかなり長持ちします。普通に使う分には電池もちは十分といえます。

バッテリー容量評価
iPad mini (2019)5124mAh55/100

iPad mini (2019)のカメラ性能

iPad mini (2019)のリアカメラ性能は800万画素です。iPad mini (2019)はそこそこのリアカメラ性能です。リアカメラの性能はそれなりです。近距離の撮影であればそれなりに満足できる性能なのでSNSなどにアップする画像を取るには十分です。一方で、写真の細部はあまり鮮明に映らないため、風景の撮影や撮影した写真をプリントアウトするなどの使い方には不向きです。

リアカメラの画素数評価
iPad mini (2019)800万画素51/100

iPad mini (2019)のインカメラ性能は700万画素です。iPad mini (2019)はインカメラ性能はそこそこです。インカメラの性能はそれなりです。近距離の撮影であればそれなりに満足できる性能なので自撮りには十分です。一方で、写真の細部はあまり鮮明に映らないため、自撮りの背景をきれいに撮影したり撮影した写真をプリントアウトするといった使い方には不向きです。

インカメラの画素数評価
iPad mini (2019)700万画素52/100

iPad mini (2019)の仕様・スペック

iPad mini (2019)
画像iPad mini (2019)
メーカーApple
発売日2019年3月0日
space gray,silver,gold
OSiOS
本体サイズ(横 x 縦 x 厚さ)134.8mm x 203.2mm x 6.1mm
本体重量300.5g
ディスプレイの大きさ7.9インチ
ディスプレイの種類IPS LCD
画面解像度(横 x 縦)1536 x 2048
ピクセル密度324ppi
バッテリー容量5124mAh
チップセットApple A12 Bionic
処理性能2.5GHz+1.6GHz×6(ヘキサコア)
メモリ容量3GB
ストレージ容量256GB
リアカメラの画素数800万画素
インカメラの画素数700万画素

類似した性能のタブレットを見る

他のタブレットと比較する

価格をチェックする

iPad mini (2019)の価格を今すぐチェック

iPad mini (2019)と評価が同程度のタブレットを探す

MediaPad M3 LTE SIMフリー

ディスプレイの大きさ:8.4インチ, 本体重量:310g, チップセット:Huawei Kirin 9502.3GHz+, 処理性能:2.3GHz+1.8GHz×8(オクタコア), メモリ容量:4GB, ストレージ容量:64GB, バッテリー容量:5100mAh

全912機種の中からiPad mini (2019)と評価が同程度のタブレットを探す

タブレットランキング
カテゴリ一覧
メーカー名でタブレットを探す
ブランド名でタブレットを探す
タブレット 新着記事
スマートフォン 新着記事
ノートパソコン 新着記事

Kuraberu [クラベル]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。Kuraberu [クラベル]の利用および掲載内容によって生じた損害等については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。