バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK と バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH のレビュー。違いや差を比べてみた

作成日時: 2020-11-10 20:28:29、更新日時: 2021-10-24 21:22:02

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
総合評価:
本体サイズrating-image2.5
横:160mm、縦:160mm、厚さ:37.5mm
rating-image2.5
横:160mm、縦:160mm、厚さ:36.5mm
本体重量rating-image2.0
390g
rating-image2.1
373g
5GHz帯におけるデータ転送速度rating-image4.9
2401Mbps
rating-image3.1
1201Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度rating-image4.7
800Mbps
rating-image3.4
573Mbps
搭載アンテナ数rating-image4.9
5
rating-image4.9
5
電波接続範囲rating-image3.4
rating-image2.6
有線LANのポート数rating-image3.4
4
rating-image3.4
4

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKは、重量が390gであり、WPS対応、AOSS対応、設定引越し機能も備えています。また、無線LAN規格はa/b/g/n/ac/axであり、5GHz帯対応もしています。5GHz帯におけるデータ転送速度は2401Mbpsであり、2.4GHz帯におけるデータ転送速度は800Mbpsです。セキュリティ規格はWPA2/WPA3/WEPであり、WPA2対応、WPA3対応もしています。さらに、ビームフォーミング対応、MU-MIMO対応、MIMO対応、中継機能、バンドステアリング機能、ゲストポート機能が備わっています。有線通信規格は10Mbps/100Mbps/1Gbpsであり、1Gbps(有線)対応、10Gbps(有線)対応もしています。IPv6対応、VPNパススルー機能、4K通信にも対応しています。

バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WHは、重量が373gであり、WPS対応、AOSS対応、設定引越し機能も備えています。また、無線LAN規格はa/b/g/n/ac/axであり、5GHz帯対応もしています。5GHz帯におけるデータ転送速度は1201Mbpsであり、2.4GHz帯におけるデータ転送速度は573Mbpsです。セキュリティ規格はWPA/WPA2/WPA3であり、WPA2対応、WPA3対応もしています。さらに、ビームフォーミング対応、MU-MIMO対応、中継機能、バンドステアリング機能、ゲストポート機能が備わっています。有線通信規格は10Mbps/100Mbps/1Gbpsであり、1Gbps(有線)対応、10Gbps(有線)対応もしています。IPv6対応、VPNパススルー機能にも対応しています。しかし、セキュリティ規格にWEPが含まれているという点で、バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKと比べるとセキュリティ面に不安が残ります。

総合的に、バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKは、重量やデータ転送速度、セキュリティ規格などが優れており、ビームフォーミング対応やMU-MIMO対応などの機能も備えており、高い性能を発揮します。一方で、バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WHは、軽量であり、同じく5GHz帯に対応していますが、データ転送速度はやや低く、セキュリティ規格に不安が残ります。そのため、高性能のバッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKをお勧めします。

icn
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH と比較して バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK を選ぶメリット
転送速度(5GHz)
97.7点(2401Mbps) vs 62.4点(1201Mbps)
転送速度(2.4GHz)
93.1点(800Mbps) vs 67.3点(573Mbps)
電波の届く範囲
67.1点 vs 51.6点
4K通信
icn
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK と比較して バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH を選ぶメリット

-

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を徹底比較する

ルーター機能について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

IPv6対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もIPv6に対応している無線LANルーターです。そのため回線の混雑が起きにくくなる点で使い勝手が良いです。どちらもインターネット回線が安定し、通信速度を改善するのに適しています。

VPNパススルー機能について

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」もVPNパススルー機能を搭載している無線LANルーターです。そのためルータがVPNパケットをそのまま通過させることができる点で優れています。どちらもすでにVPNを構築した環境下で使用するのにオススメです。

有線通信について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

1Gbps(有線)対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も1Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

10Gbps(有線)対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も10Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

有線LANのポート数について

有線LANのポート数を「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」と「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」で比較すると「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は4であるのに対して「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は4です。「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もハブ数についての違いはほぼゼロです。他の視点を見て比べる方がよさそうです。

有線LANのポート数評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
467/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
467/100

無線通信機能について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

ビームフォーミング対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もビームフォーミングに対応している無線LANルーターです。そのため特定の通信機器に向けて電波を飛ばすことができる点で優れています。どちらも障害物の裏に回っても電波が途切れにくくなるため、スマートフォンを持ったまま部屋を移動するようなときに使用するのにおすすめです。

MU-MIMO対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もマルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくい無線LANルーターです。そのためMIMOをさらに進化させ「ビームフォーミング」技術と組み合わせることで、対応端末を自動で検出し集中的に電波を送信できる点で使い勝手が良いです。どちらも端末ごとに異なる電波を送信することで速度低下を防いでいるので、複数の端末を同時に活用したいときに使用するのに向いています。

中継機能について

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も中継機として使える無線LANルーターです。そのため親機から出ている電波を中継して、電波の利用範囲を広げることができる点で優れています。どちらも有線ネットワーク機器を無線化したいときや、無線接続を安定させたい場所などに使用するのに適しています。

バンドステアリング機能について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もバンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターです。そのため2.4Ghzと5.0Ghz、2つの周波帯から混雑のない快適なインターネット環境へ自動で切り替えができる点で優れています。どちらも複数のWifi端末を持っている人が使用するのに向いています。

ゲストポート機能について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使える無線LANルーターです。そのため来訪者の端末を介してマルウェアなどの脅威がホームネットワークに入り込むことも防ぐことができる点で優れています。どちらもホームネットワークにつながる機器にアクセスされたくないようなときに使用するのに向いています。

設定支援機能について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

WPS対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もボタン一つで無線LANを自動設定できる「WPS」に対応している無線LANルーターです。

AOSS対応について

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も無線LANの自動設定がボタン一つでできる「AOSS」に対応している無線LANルーターです。

設定引越し機能について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も今使っているルーター設定を引き継げる無線LANルーターです。そのため設定をワンタッチで引き継げるだけでなく、スマートフォンやパソコンなどの端末側の設定を変更する必要がない点で秀でています。どちらもルーターの買い替えなどで、今まで使用していたルーターの設定を新しいルーターに引き継ぎたいときに使用するのに適しています。

無線通信性能について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

5GHz帯対応について

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も5GHz帯が使える無線LANルーターです。そのためほぼWi-Fi専用の電波のため、身の回りの様々な電化製品が出す電波と干渉しにくく、通信が途切れることが少ない点で秀でています。どちらも電子レンジなどの家電を使いつつ、動画の視聴やアプリなどをダウンロードしたいときに使用するのにオススメです。

5GHz帯におけるデータ転送速度について

5GHz帯におけるデータ転送速度について比べると「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は2401Mbpsで「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は1201Mbpsです。1200Mbpsの違いがあります。「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」より「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の方がかなり速度が速いです。実際に利用する上では「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の方が「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」よりもとても優れているでしょう。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」に決めるための一つの重要な理由となるでしょう。

5GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
2401Mbps97/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
1201Mbps62/100

2.4GHz帯におけるデータ転送速度について

2.4GHz帯におけるデータ転送速度を比べると「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は573Mbpsで「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は800Mbpsです。227Mbpsもの差があります。「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」より「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の方がかなり速度が速いです。実際に利用する上では「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の方が「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」よりもかなり優れています。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」に決めるための主な決め手の一つとなります。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
800Mbps93/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
573Mbps67/100

搭載アンテナ数について

搭載されているアンテナの数を「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」と「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」で比較すると「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は5で「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は5です。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も違いはほぼゼロです。感覚的にわかるほどの違いは無いです。別の角度から比べる方がいいでしょう。

搭載アンテナ数評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
598/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
598/100

電波接続範囲について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」より「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の方が比較的範囲が広いです。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は場所を選ばずに、安定したインターネット環境を構築できる点で「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」よりも多少優れているかもしれません。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は置き場所を考えずに設置したり、大きい家で使用するのに多少向いています。実際に利用する上では「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」と「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」の実用的な違いは比較的大きいです。選ぶなら「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」より「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」が良いでしょう。ただ決定的に優れていると言える程の差はないです。

WPA2対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もセキュリティ規格「WPA2」に対応している無線LANルーターです。そのため通信の傍受や不正アクセスを避けるために、通信を暗号化できる点で優れています。どちらも無線LAN経由で会社のサーバーにアクセスしたいようなときに使用するのに向いています。

WPA3対応について

「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」も「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」もセキュリティ規格「WPA3」に対応している無線LANルーターです。そのため「WPA2」の暗号化プロトコルをより強固にしたセキュリティが実現できる点で使い勝手が良いです。どちらもパスワードが破られてもWi-Fiの暗号化の解除を防げる仕組みになっているので、インターネットバンキングや個人情報を扱うようなときに使用するのにオススメです。

基本情報について「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」を比較

本体サイズについて

サイズを「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」と「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」で比べると「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は横:160mm、縦:160mm、厚さ:36.5mmであるのに対して「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は横:160mm、縦:160mm、厚さ:37.5mmです。「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」のサイズは「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」とほぼ同一です。体感できるほどの差は無いです。別の視点を見て比較した方がよいでしょう。

本体サイズ評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
横:160mm、縦:160mm、厚さ:37.5mm49/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
横:160mm、縦:160mm、厚さ:36.5mm50/100

本体重量について

重さについて比較すると「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」は390gであり「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」は373gです。「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」も「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」もほぼ同じくらいの重さです。他の視点で比べた方がよさそうです。

本体重量評価
バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK
390g39/100
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
373g41/100

「バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK」と「バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH」の違いを表で比較する

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
画像バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBKバッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH
本体サイズ横:160mm、縦:160mm、厚さ:37.5mm横:160mm、縦:160mm、厚さ:36.5mm
本体重量390g373g
WPS対応
AOSS対応
設定引越し機能
無線LAN規格a/b/g/n/ac/axa/b/g/n/ac/ax
5GHz帯対応
5GHz帯におけるデータ転送速度2401Mbps1201Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度800Mbps573Mbps
搭載アンテナ数55
接続可能な端末の数21 -
セキュリティ規格WPA2/WPA3/WEPWPA/WPA2/WPA3
WPA2対応
WPA3対応
ビームフォーミング対応
MU-MIMO対応
MIMO対応 -
中継機能
バンドステアリング機能
ゲストポート機能
有線通信規格10Mbps/100Mbps/1Gbps10Mbps/100Mbps/1Gbps
1Gbps(有線)対応
10Gbps(有線)対応
有線LANのポート数44
IPv6対応
VPNパススルー機能
4K通信 -

類似の無線LANルーターを探す

他の無線LANルーターと比較する

価格をチェック

類似の無線LANルーターを探す

他の無線LANルーターと比較する

価格をチェック

価格をチェックする

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK の関連記事
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH の関連記事

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK と評価が同程度の無線LANルーターを探す

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S/DBK の関連記事
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH の関連記事
バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH

総合評価: 48.7/100

(総合: 564位)

詳細を見る

バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH

バッファロー AirStation WSR-1800AX4-WH と評価が同程度の無線LANルーターを探す

新着情報