TP-Link Archer AC1900 レビュー評価

2023-12-01 17:30:21

総合評価

57.8/100

(総合順位: 1141/1589)

評価項目点数
本体サイズ
52/100
5GHz帯におけるデータ転送速度
50/100
2.4GHz帯におけるデータ転送速度
66/100
電波接続範囲
70/100
接続可能な端末の数
66/100
有線LANのポート数
42/100
総合評価57.8/100

評価レビュー

ルーター機能

IPv6対応

TP-Link Archer AC1900はIPv6に対応している無線LANルーターと言えます。現在、IPv6に対応しているルーターを選ぶことが求められていますが、この無線LANルーターは、安定した動作と高速な通信速度を両立させ、IPv6に完全対応していることが素晴らしいです。ユーザーにとって使いやすいインターフェースも備えており、お勧めできる1台です。

IPv6に対応している無線LANルーターを使用することで、IPv4のアドレス不足問題を回避できます。また、IPv6は、セキュリティの向上にも貢献しています。異なるIPv6アドレスを持つデバイスは、インターネット上で正しく識別されるため、ハッカーによる侵入などからの保護にも役立ちます。

4K通信

TP-Link Archer AC1900は4K通信に対応している無線LANルーターとなっています。高品質な映像やゲームを楽しむにあたり、この無線LANルーターは4K通信に対応しております。品質の良いストリーミングが可能であり、複数人で使用しても問題ないパフォーマンスを発揮いたします。

4K通信に対応している無線LANルーターを使うことで、より高品質な映像や音声を楽しむことができます。高速な通信速度が必要な動画ストリーミングやオンラインゲーミングにも対応しており、ストレスなく快適に利用できます。また、複数のデバイスにも接続が可能であり、家族や友人との共有もしやすくなります。

無線通信性能

5GHz帯対応

TP-Link Archer AC1900は5GHz帯が使える無線LANルーターとなります。この無線LANルーターは、5GHz帯を利用することで、高速かつ安定した通信が実現します。ウェブページの読み込みや動画の視聴、オンラインゲームのプレイなど、重たいデータを扱う際も快適に利用できます。信頼性が高く、素晴らしいパフォーマンスを発揮しています。

5GHz帯が使える無線LANルーターは、通信品質に関するメリットがあります。その一つが、5GHz帯は2.4GHz帯よりも帯域幅が大きいため、多くのデータを高速に送信できます。また、電波の干渉が少なく、オフィスやマンションなど密集した場所でも安定した通信が期待できます。

5GHz帯におけるデータ転送速度

5GHz帯におけるデータ転送速度に関してTP-Link Archer AC1900は1300Mbpsというデータです。これはまあまあなレベルということができる無線LANルーターであることが分かります。弊サイト上の独自評価では100点中50点という評価をつけています。この無線LANルーターは、5GHz帯におけるデータ転送速度が非常に速いため、膨大なデータの送受信も短時間で完了することができます。さらに、この高速通信は、4Kのストリーミング動画などの高画質コンテンツをスムーズに視聴することを可能にします。

5GHz帯におけるデータ転送速度が速い無線LANルーターは、最近ではゲームプレイや動画視聴などの娯楽用途にも多く利用されています。5GHz帯の高速かつ安定した通信環境は、遅延やブレなどのトラブルを最小限に抑え、より快適なエンターテインメント体験を実現することができます。

実際的な視点から判断すると、5GHz帯におけるデータ転送速度に関してTP-Link Archer AC1900は普通の無線LANルーターということができます。5GHz帯におけるデータ転送速度の情報を評価しても、あまり意味がないと言えるでしょう。

5GHz帯におけるデータ転送速度評価
TP-Link Archer AC19001300Mbps50/100

2.4GHz帯におけるデータ転送速度

TP-Link Archer AC1900について、2.4GHz帯におけるデータ転送速度は600Mbpsというデータです。これは2.4GHz帯におけるデータ転送速度が幾分か優秀である無線LANルーターです。2.4GHz帯におけるデータ転送速度についての評価点は100点中66点ということができます。これは全無線LANルーターの中でも上位に位置づけられます。この無線LANルーターについて詳しく調べました。その結果、2.4GHz帯においては、速いデータ転送速度が実現できることがわかりました。さまざまな用途において、ユーザーにとって必要不可欠な機能であるため、このルーターはおすすめできます。

実際の利用を考えると、2.4GHz帯におけるデータ転送速度についてTP-Link Archer AC1900はわりと高い水準であると感じると思います。この無線LANルーターは2.4GHz帯におけるデータ転送速度を重要視する場合理想的な選択肢と考えられそうです。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度評価
TP-Link Archer AC1900600Mbps66/100

電波接続範囲

これは普通の無線LANルーターより、やや秀逸であるでしょう。電波接続範囲に関しては、全ての無線LANルーターの中でも割と上位に位置し、当サイトのレビューワーによる評価では100点満点中70点であると言えます。この無線LANルーターは、広い電波接続範囲が特徴的です。そのため、多くの部屋でも安定した接続が可能で、ストレスなくインターネットを利用できます。また、接続が不安定な場合でも、セットアップが簡単で初心者でも使いやすい点が魅力的です。

電波接続範囲が広い無線LANルーターのメリットとして、広い範囲での安定した通信が可能となります。このため、大規模な建物や広い敷地がある場所での通信も安心です。また、複数の端末で同時に使用する際にも、十分なパフォーマンスを発揮します。

実用的な視点から言えばTP-Link Archer AC1900は体感的にそこそこ高い水準ということが分かります。この無線LANルーターは電波接続範囲を優先したい人にとって選択肢にあがると考えることができそうです。この無線LANルーターを考える判断材料になります。いずれにしても、電波接続範囲を参考にすることが、合理的な決定を下すことにつながると思います。

接続可能な端末の数

接続可能な端末の数に関して、TP-Link Archer AC1900は36というデータになっています。接続可能な端末の数を見ると、すべての無線LANルーターの中でもそこそこ秀逸であると言えるかもしれません。これは普通と比べると、そこそこ秀でていると考えられそうです。この無線LANルーターは、多くの接続可能な端末の数に対応しており、大人数でのネットワーク利用に最適です。ビジネスシーンなどで複数のデバイスが同時接続される場合にも、スムーズな通信環境を提供します。

接続可能な端末の数が多い無線LANルーターのメリットは、複数の家族や仕事上で複数のデバイスを使用する場合に非常に便利であるということです。また、ゲスト用Wi-Fiを設定することで、家族や友人が来た際にスムーズにインターネットに接続することができます。さらに、高速なインターネット接続を求める方にも最適な選択肢となります。

これらの評価からわかるように、接続可能な端末の数において実際に利用する上でTP-Link Archer AC1900はまあまあ上位水準にあると言えるでしょう。一方で、絶対的とまでは必ずしも保証できない点には要注意といえるでしょう。

接続可能な端末の数評価
TP-Link Archer AC19003666/100

WPA2対応

TP-Link Archer AC1900はWPA2のセキュリティ規格に対応していると言えます。無線LANルーターは、快適なインターネット生活に欠かせない機器ですが、セキュリティには十分に気を配る必要があります。この無線LANルーターは、WPA2のセキュリティ規格に対応しており、ネットワークを安全に保てる製品です。安心して利用できる製品をお求めの方におすすめです。

WPA2のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターのメリットは、ハッキングや不正アクセスからネットワークを守ることができる点です。家庭やオフィスなど、複数の端末を接続する場合にも、安心して利用することができます。また、WPA2のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターは、機密情報を扱う企業にとっても必要なセキュリティ対策の一つとなっています。

WPA3対応

TP-Link Archer AC1900はWPA3のセキュリティ規格に対応しているといえます。WPA3のセキュリティ規格に対応しているこの無線LANルーターは、ネットワークのセキュリティ性を大幅に向上させるため、非常に重要な機能といえます。この規格に対応することで、不正アクセスやハッキングなどの攻撃からユーザーを守ることができます。加えて、高速で安定したインターネット接続を実現することができます。

WPA3のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターを使用することで、より安心してインターネットを利用することができます。WPA3により、より高度な暗号化技術によるデータ送信が可能になり、不正アクセスに対するセキュリティレベルが向上します。

基本情報

本体サイズ

本体サイズにおいてTP-Link Archer AC1900は横:150mm、縦:130mm、厚さ:40.3mmとなっています。本体サイズという点においては全無線LANルーターの中でそこそこな感じであるといえます。100点満点中52.6点という得点を本体サイズにつけています。これはそこそこな感じと言うことができる無線LANルーターです。この無線LANルーターは、小さい本体サイズが優れた特徴の1つと言えます。限られたスペースに設置したい方や、スピードと年間コストのバランスを考えたい方にもおすすめです。また、スリムでスタイリッシュな外観が、部屋の雰囲気を損なうことがありません。

本体サイズが小さい無線LANルーターのメリットは、場所を取らずに設置できることです。家具や壁に隠すことができ、デスクやテーブルの上に置いても邪魔になりません。また、小型であるため、持ち運びが容易で、外出先でも利用できます。

本体サイズに関して実際の使用においては、TP-Link Archer AC1900は標準的といえます。別の角度から考慮することを提案します。

本体サイズ評価
TP-Link Archer AC1900横:150mm、縦:130mm、厚さ:40.3mm52/100

有線通信

1Gbps(有線)対応

TP-Link Archer AC1900は1Gbpsの有線通信に対応していると言えます。この無線LANルーターは、1Gbpsの有線通信に対応し、仕事やプライベートの両面で必要とされる高い通信品質を提供します。加えて、設定も簡単で分かりやすいため、初心者でも使いやすい点も評価できます。

1Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターは、快適なネットワークライフを提供する若者やビジネスマンに必要不可欠なものです。高速な通信速度は、ストリーミングやビデオ通話、ファイル送信といった処理をスムーズに行うことができ、生産性の向上やコミュニケーションの円滑化に繋がります。また、最新技術を採用したルーターならば、安定した通信が可能となるため、ネットワーク上でトラブルが発生することもありません。

10Gbps(有線)対応

TP-Link Archer AC1900は10Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターといえるでしょう。

有線LANのポート数

TP-Link Archer AC1900に関して、有線LANのポート数は3というデータと言えます。有線LANのポート数という側面において専門家による独自評価では100点中42点というデータになっています。これは標準レベルと言うことができる無線LANルーターだと思います。この無線LANルーターの多い有線LANのポート数を活用すれば、ネットワークを自由に構築することができます。例えば、複数のルーターを接続して複雑なネットワークを構築することも可能です。このようにフレキシブルにネットワークを構成することで、様々な用途に応じたネットワーク環境を実現することができます。

有線LANのポート数が多い無線LANルーターのメリットは、複数の有線機器を接続できる点です。これにより、有線機器が多い家庭やオフィスでも心配する必要がありません。加えて、有線接続は信頼性の高い接続として知られています。よって、有線機器を多く使用する場合は有線LANのポート数が多い無線LANルーターがおすすめです。

実際に使う場面で考えるとTP-Link Archer AC1900は普通の無線LANルーターと比較して相当似ていると言うことができます。他の角度から考慮することをかなり推奨します。

有線LANのポート数評価
TP-Link Archer AC1900342/100

設定支援機能

WPS対応

TP-Link Archer AC1900はWPSに対応していると言えます。WPSに対応しているこの無線LANルーターは、安全性も確保されています。ボタンを押すだけで接続できるため、誤ったパスワードの流出が防がれます。また、セキュリティ機能も除かれないため、大切な情報を安心して保護することができます。

WPSに対応している無線LANルーターの使い方 WPSに対応している無線LANルーターの使い方は、非常に簡単です。まず、WPS機能を搭載しているルーターと接続したいデバイスを近づけます。次に、ルーターのWPSボタンを押し、10秒程度待ちます。すると、自動的に暗号化やSSIDの設定等が完了し、デバイスがルーターに接続されます。

無線通信機能

メッシュWi-Fi対応

TP-Link Archer AC1900はメッシュWi-Fiに対応している無線LANルーターであると言うことができます。この無線LANルーターには、メッシュWi-Fiに対応しているため、複数の機器を接続しても速度が落ちにくいという特徴があります。また、離れた場所でも安定したWi-Fiを利用することができ、ストレスなくインターネットを楽しむことができます。さらに、簡単な設定で利用できるため、使い勝手も良いです。

メッシュWi-Fiに対応している無線LANルーターは、家庭内のWi-Fiの受信範囲を広げることができます。従来の無線LANルーターでは範囲が限られたり、電波の届かない場所があったりすることがありましたが、メッシュWi-Fiに対応した無線LANルーターは複数台設置することでそれらの課題を解決できます。

ビームフォーミング対応

TP-Link Archer AC1900はビームフォーミングに対応していると言えるでしょう。この無線LANルーターはビームフォーミングに対応しており、より高速で安定した接続が期待できます。また、信号の方向性を調整することで、電波干渉を少なくすることができるため、ユーザーにとって利便性が向上します。

ビームフォーミングに対応している無線LANルーターは、家庭やオフィスにおいても高速かつ安定したWi-Fi環境を実現します。多くの無線LANルーターでは、周囲の電波干渉により、通信速度が低下することがありますが、ビームフォーミングにより電波の選択を正確に行うことができます。そのため、高品質な通信環境を維持することができます。

MU-MIMO対応

TP-Link Archer AC1900はマルチユーザーMIMOに対応している無線LANルーターと言えるでしょう。この無線LANルーターは、マルチユーザーMIMOに対応しており、複数の端末が同時に接続されても、快適な通信が可能です。また、高速で安定したWi-Fi環境を提供することができます。

今や家庭にとって、インターネットは欠かせないものとなっています。そのため、高速・安定なインターネット接続を実現するためにも、マルチユーザーMIMOに対応している無線LANルーターの選択は必須です。この機能を搭載したルーターは、複数のデバイスが同時接続中でも、快適なネット環境を提供できます。また、WiFiのカバー範囲も広くなり、家中どこでも高速なネット環境を実現できるというメリットがあります。

バンドステアリング機能

TP-Link Archer AC1900はバンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターです。設置環境によって、2.4GHz帯と5GHz帯のWi-Fi帯域で通信速度に差が生じることがあります。この無線LANルーターはバンドステアリング機能を搭載しているため、自動的に最適な帯域を選択することで、通信速度を最大限に保ちます。

バンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターの優れた点は、高密度なネットワーク環境でも優れたパフォーマンスを発揮することです。例えば、アパートやマンション内のような多くの人々がWi-Fiを利用する場所で、バンドステアリング機能があるルーターを選択することで、多くのデバイスが同時に接続されても、速度が低下することなく快適に利用することができます。

ゲストポート機能

TP-Link Archer AC1900はゲストポート機能を搭載している無線LANルーターであるといえるでしょう。ゲストポート機能を搭載しているこの無線LANルーターは、セキュリティーと利便性を両立させるための最適解です。

ゲストポート機能を搭載している無線LANルーターのメリットは、家族や友人、同僚などが訪れた際に、簡単にインターネットに接続することが出来ることです。通常のWi-Fi接続とは別の専用ポートがあるため、セキュリティリスクを抑えられるのが一番の魅力です。また、ゲストネットワークに設定することで、自宅のWi-Fiルーターのパスワードを知られる心配もありません。

スペック

TP-Link Archer AC1900
画像TP-Link Archer AC1900
本体サイズ横:150mm、縦:130mm、厚さ:40.3mm
WPS対応
無線LAN規格a/b/g/n/ac
5GHz帯対応
5GHz帯におけるデータ転送速度1300Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度600Mbps
接続可能な端末の数36
セキュリティ規格WPA/WPA2/WPA3
WPA2対応
WPA3対応
メッシュWi-Fi対応
ビームフォーミング対応
MU-MIMO対応
バンドステアリング機能
ゲストポート機能
有線通信規格10Mbps/100Mbps/1Gbps
1Gbps(有線)対応
10Gbps(有線)対応
有線LANのポート数3
IPv6対応
4K通信

TP-Link Archer AC1900 の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。