【2024年最新】 バッファロー AirStation WXR18000BE10P 評価レビュー

2024-01-23 18:52:49

総合評価

59/100

(総合順位: 1113/1589)

評価項目点数
本体サイズ
6/100
本体重量
9/100
5GHz帯におけるデータ転送速度
100/100
2.4GHz帯におけるデータ転送速度
69/100
搭載アンテナ数
64/100
電波接続範囲
70/100
接続可能な端末の数
78/100
有線LANのポート数
74/100
総合評価59/100

評価レビュー

ルーター機能

IPv6対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはIPv6に対応している無線LANルーターと言えます。IPv6は、インターネット接続に必要なプロトコルであり、IPv4と同じ役割を持ちます。この無線LANルーターは、IPv6に対応しているため、より高速で快適なインターネット接続が可能となっています。

IPv6に対応している無線LANルーターは、大手プロバイダーなどにも採用され、汎用性が高くなっています。国内においても、IPv6に対応したサービスやシステムが増えつつあります。無線LANルーターにおいても、IPv6に対応したルーターが増えていることから、今後、IPv6に対応していないルーターは使い勝手が悪くなる可能性があります。

VPNパススルー機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはVPNパススルー機能を搭載している無線LANルーターであると言えます。セキュリティを重視する方におすすめのこの無線LANルーターは、VPNパススルー機能を搭載しています。VPN接続に必要なポート番号がパススルーできるため、安定した通信を実現することができます。

最後に、VPNパススルー機能を搭載している無線LANルーターのメリットの1つは、リモートアクセスのコスト削減につながることです。VPN接続を使用することで、リモート作業や遠隔地からのアクセスが必要な場合でも、オフィスにいるかのように業務を進めることができます。これにより、交通費や宿泊費などのコストを抑えることができます。また、オンラインミーティングなどの業務効率も向上するため、コストだけでなく生産性の向上にもつながります。

設定支援機能

WPS対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはWPSに対応している無線LANルーターであるといえるでしょう。WPSに対応しているこの無線LANルーターは、セキュリティー設定を自動で行えるため、安全に利用することができます。また、高速な通信スピードも魅力の一つです。

WPSに対応している無線LANルーターのメリットは、セキュリティの向上です。WPSを使用することで、パスワードの設定や接続が簡単になります。これにより、セキュリティの意識が低いユーザーでも、簡単かつ正確な設定が可能となります。

AOSS対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはAOSSに対応していると言えるでしょう。この無線LANルーターのAOSS対応は、今や当たり前となっています。しかし、その使い勝手の良さは他のルーターとは一線を画しています。AOSSによってセットアップが簡単にできるだけでなく、安全にネットワークを構築することができるため、選ぶべきルーターの一つと言えます。

AOSSに対応している無線LANルーターは、設定が簡単なだけでなく、安心して利用することができます。AOSSにより、暗号化キーを自動生成することができるため、セキュリティ上の心配が軽減されます。また、高速で安定した通信が可能であるため、モバイル環境でのパフォーマンスにも貢献します。このように、AOSSに対応している無線LANルーターは、快適なネットワーク環境を実現するための頼もしい存在です。

設定引越し機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは設定引越し機能を搭載している無線LANルーターとなります。設定引越し機能を搭載したこの無線LANルーターは、使い勝手が良く、操作が簡単です。設定値やパスワードなどの情報を手動で入力する必要がなく、スムーズに新しいルーターに移行することができます。

設定引越し機能を搭載している無線LANルーターは、利用者にとって非常に優れた製品です。この機能を使うことで、手間と時間をかけずに以前のルーターと同じ環境を再現することができます。また、多くの製品で自動的に設定が反映されるため、操作が苦手な方にもおすすめできます。設定引越し機能を備えた製品の需要はますます高まっており、今後もさらなる進化が期待されます。

基本情報

本体サイズ

本体サイズにおいてバッファロー AirStation WXR18000BE10Pは横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mmというデータになっています。すべての無線LANルーターの中で本体サイズのスコア評価は下回っている無線LANルーターで、100点中6.5点というデータです。本体サイズが相当微妙な水準にあります。

本体サイズが小さい無線LANルーターは、設置する際にも目立ちにくく、スタイリッシュなデザインが好まれます。そのため、インテリアに合わせた選び方ができることも魅力の一つです。また、小型であるために精密な部品を使用していることが多く、高性能な製品も多いため、性能とデザインの両方を大切にするユーザーにもおすすめです。

これらの評価情報で明確なように本体サイズという点で言えばバッファロー AirStation WXR18000BE10Pはとてもイマイチな水準にある無線LANルーターであるということが分かるでしょう。この無線LANルーターを選ぶべきではない一つの重視すべき判断材料になります。本体サイズに着目して比較することでより的確な選択につながると思います。

本体サイズ評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mm6/100

本体重量

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pに関して、本体重量は1.7kgというデータになっています。すべての無線LANルーターの中で本体重量に関する評価点数はかなり物足りないレベルにある無線LANルーターであり100点中9.3点となっています。普通と比べる場合この無線LANルーターのとても本体重量が重いと言える無線LANルーターだと思います。

本体重量という点で実際には、バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは一般的な無線LANルーターと比較すると飛び抜けてイマイチな水準に感じるでしょう。したがって、この無線LANルーターを選ばない場合において、材料の一つと言えるでしょう。また、この無線LANルーターは本体重量に注目するなら全くと言っていいほどよくない選択と思われます。本体重量を見ておくことが、合理的な決断を下すことにつながると言えます。

本体重量評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P1.7kg9/100

無線通信性能

5GHz帯対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは5GHz帯が使えると言えます。この無線LANルーターには、5GHz帯が利用可能です。この帯域を利用することで、より高速な通信が可能になります。また、混雑しやすい2.4GHz帯と異なり、5GHz帯は場所を選ばず利用できます。多くの高速通信に対応したい方には最適です。

5GHz帯が使える無線LANルーターには、セキュリティ上のメリットもあります。5GHz帯は2.4GHz帯と比べて電波が弱く、通信半径が狭いため、近隣の無線LANルーターからの干渉や不正アクセスを受けにくくなります。また、5GHz帯では無線LANルーター同士の通信も行われないため、外部からの脅威にも強いという特徴があります。

5GHz帯におけるデータ転送速度

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pにおいて、5GHz帯におけるデータ転送速度は5764Mbpsというデータになっています。5GHz帯におけるデータ転送速度についていえば全ての無線LANルーターの中で上位20%以内に位置づけられます。これは5GHz帯におけるデータ転送速度が最も速い無線LANルーターの中の一つと言うことができます。この無線LANルーターの5GHz帯におけるデータ転送速度は、驚くほど速いものです。他の製品と比較しても卓越した性能を発揮し、ストレスフリーな通信環境を提供します。オンラインゲームや大容量のファイル転送にも最適です。

5GHz帯におけるデータ転送速度が速い無線LANルーターのメリットとして、大容量のデータ通信や映像配信を行う際にストレスなく快適に利用できることが挙げられます。また、近年ではIoT機器やスマートフォン、タブレットなどの通信規格も5GHz帯に対応しているため、より快適な通信環境を実現できることも魅力の一つです。

実際の使用を想定すると、5GHz帯におけるデータ転送速度についてバッファロー AirStation WXR18000BE10Pはかなり上位と考えることができます。この無線LANルーターにするべき決め手の一つと言えるかもしれません。5GHz帯におけるデータ転送速度は大きな影響を与えると言えるでしょう。

5GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P5764Mbps100/100

2.4GHz帯におけるデータ転送速度

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pに関する2.4GHz帯におけるデータ転送速度について688Mbpsというデータになっています。全ての無線LANルーターの中でも幾分か高位といえます。標準的な無線LANルーターと比べると、優秀であるでしょう。安定性の高いこの無線LANルーターは、速い2.4GHz帯におけるデータ転送速度が大変優れています。障害物や電波干渉が生じる環境でも、高速かつ安定した通信が可能です。信頼性に優れ、ビジネスシーンでも大変役立ちます。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度において体感的に言えばバッファロー AirStation WXR18000BE10Pはそこそこ有利にある無線LANルーターであることが分かるでしょう。ただ決定的とまでは必ずしも保証できないため要注意であると言えます。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P688Mbps69/100

搭載アンテナ数

搭載アンテナ数について、バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは6というデータになっています。普及している無線LANルーターと比べる場合、これは高い水準であると言うことができる無線LANルーターだと思います。搭載アンテナ数でいえば、すべての無線LANルーターの中でもそこそこ上回っています。得点評価は100点満点中64点と言うことができるでしょう。この無線LANルーターは、多くの搭載アンテナ数を備えています。それにより、より強力な電波伝送が可能となり、接続品質が向上しました。また、電波の届きにくい場所でも安定した通信を行うことができます。

搭載アンテナ数が多い無線LANルーターは、高速なインターネット接続が可能となるだけでなく、スマートホーム機器の利用にも効果的です。例えば、多くのスマートホーム機器を利用している場合、アンテナ数が多い無線LANルーターを選ぶことで、より安定した接続が実現できます。

搭載アンテナ数に関して実際に使用する場面を考えるとバッファロー AirStation WXR18000BE10Pは幾分か高位グレードにあると考えることができます。この無線LANルーターは搭載アンテナ数にこだわるのであれば採用すべきでしょう。ともあれ、搭載アンテナ数を判断材料として加えることは、より的確な決断を下す上で大きな基準と言えます。

搭載アンテナ数評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P664/100

電波接続範囲

これは電波接続範囲がある程度秀逸である無線LANルーターと言えるでしょう。クラベル[kuraberu]の独自評価では100点中70点となります。この無線LANルーターは、広い電波接続範囲を誇ります。家の中だけでなく、庭や車庫など室外でも十分な電波が届くので、使い勝手が非常に良いです。また、電波の安定性も高く、ストレスなく快適に使用することができます。

電波接続範囲が広い無線LANルーターのメリットとして、広いスペースでも繋がりやすく、速度も安定するという点が挙げられます。また、複数の端末が同時に接続しても負荷がかからないため、ストレスなく使用できます。

実際に使用する場合にはバッファロー AirStation WXR18000BE10Pはそれなりに高いレベルに位置づけられると言うことができます。したがってこの無線LANルーターは有力な選択肢の一つになります。またこの無線LANルーターは電波接続範囲を優先する場合オススメの選択肢でしょう。いずれにしても電波接続範囲で比較することでより的確な決定を下すことができると思います。

接続可能な端末の数

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pの接続可能な端末の数については63というデータとなっています。得点は100点満点中78.4点となっています。これはすべての無線LANルーターの中で高いグレードに位置すると考えられます。これは基本的な無線LANルーターと比較する場合優れているといえそうです。多数のデバイスを扱うことが多いユーザーにとって、この無線LANルーターは最適な選択肢の一つとなり得ます。高速で安定した通信環境を提供するこの製品は、多様なニーズに対応することができます。

接続可能な端末の数が多い無線LANルーターのメリットは、複数のデバイスを同時に接続できることです。一般家庭では、スマートフォンやタブレット、パソコンなど様々な端末を利用することが多いため、一つのルーターで複数の端末を接続できることは便利です。また、ビジネスにおいても、会議室や事務所などで多数の端末を接続する必要がある場合に、接続可能な端末の数が多いルーターは必須アイテムとなります。

接続可能な端末の数において実際の使用を想定すると、バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは高いグレードに位置づけられると思います。ただし、確定的とまではいい切れないため要注意です。

接続可能な端末の数評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P6378/100

WPA2対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはWPA2のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターです。当社が調査したこの無線LANルーターは、WPA2のセキュリティ規格にしっかりと対応しています。この規格に対応していることが、ハッキングや不正アクセスからユーザーを守る上で必要不可欠な条件です。

WPA2のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターのメリットは、安全性の高さです。WPA2は最も安全性の高い暗号化方式であり、無線LANルーターとの通信を暗号化するため、機密情報の漏洩を防ぐことができます。加えて、 WPA2に対応している無線LANルーターは、より高速な通信速度で利用することができ、電波の干渉を避けるため、安定した通信環境を保ちます。

WPA3対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはWPA3のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターとなっています。この無線LANルーターはWPA3のセキュリティ規格に対応しているため、高いセキュリティレベルが期待できます。今の時代、ネットワークの脅威が常にある中で、このルーターを使用することで、安心してインターネットを利用できます。

WPA3のセキュリティ規格に対応している無線LANルーターは、セキュリティに対する懸念が高まる現代において、必要不可欠な存在です。WPA3は、暗号化方式や認証方式の改善によって、より強固なセキュリティを提供しています。

有線通信

1Gbps(有線)対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは1Gbpsの有線通信に対応しているといえます。1Gbpsの有線通信に対応したこの無線LANルーターは、高速なデータ通信を可能にします。短時間での大容量データ転送ができるため、ビジネスシーンでの利用においても信頼性が高く、生産性を向上させることができます。

1Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターは、高速かつ安定した通信を可能にすることができます。このため、接続デバイスが多くなってもストレスを感じることなく使用することができます。また、有線接続により、無線通信の電波が届かない場所でも快適に通信することができます。さらに、高いセキュリティを実現することができるため、外部からの侵入を防ぎ、安全に通信することができます。

10Gbps(有線)対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは10Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターと言うことができます。

有線LANのポート数

有線LANのポート数においてバッファロー AirStation WXR18000BE10Pは5です。これは有線LANのポート数がまあまあ多い無線LANルーターということができます。すべての無線LANルーターの中でも有線LANのポート数における得点評価はまあまあ抜きん出た無線LANルーターであり当サイトの独自評価では100点中74点をつけています。この無線LANルーターは、有線LANのポート数が多く、オフィスや家庭での利用に最適です。また、高速かつ安定した無線LAN環境を提供するため、ビジネスやプライベート、どちらの場面でも重宝されます。

有線LANのポート数が多い無線LANルーターのもう一つのメリットは、高速なネットワーク接続が可能であることです。有線LANは無線LANよりも速度が速く、ポート数が多い無線LANルーターであれば有線LAN接続を利用することができます。そのため、インターネットの速度やファイルのダウンロード速度が向上し、快適なネットワーク環境を実現することができます。

体感上の観点で見るとバッファロー AirStation WXR18000BE10Pは感覚的にいって高いレベルであるといえそうです。そのためこの無線LANルーターは有線LANのポート数を気にする場合お勧めの選択と考えられるかもしれません。この無線LANルーターは一つの有力な選択肢に挙がります。

有線LANのポート数評価
バッファロー AirStation WXR18000BE10P574/100

NAS機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはNASが使える無線LANルーターとなっています。この無線LANルーターはNAS機能を備えることで、外出先から自宅のデータにアクセスすることもできます。保存した音楽や動画などをいつでも手元で再生することが可能です。高速で安定した通信速度により、ストレスなくデータを管理できます。

NASが使える無線LANルーターを選ぶことで得られるメリットは、大きく以下の3点です。まず第一に、NAS機能を使用することで、ファイル共有が簡単になります。家族全員が同じネットワークに接続するだけで、複数人で同じファイルにアクセスすることができます。次に、外出先からでもデータにアクセスできるため、家庭内の写真や動画をいつでも見ることができます。そして、最後に、NAS機能を持つルーターは、セキュリティ面でも優れた性能を発揮します。ファイル共有やネットワークの管理ができるため、不正アクセスなどに対する対応がしやすくなります。

無線通信機能

メッシュWi-Fi対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはメッシュWi-Fiに対応していると言えるでしょう。この無線LANルーターは、メッシュWi-Fiに対応しているため、広い範囲に信号を届けることができます。また、簡単なセットアップにより、複数のルーターを連結することができます。

メッシュWi-Fiに対応している無線LANルーターのメリットはいくつかあります。まず、複数のルーターを使うことで、家全体を広範囲にカバーすることができます。また、ルーター同士が連携し、信号を最適化することで、より高速で安定したインターネット環境を提供することができます。最後に、ネットワークに接続するデバイスの数を増やすことができ、快適な利用が可能となります。

ビームフォーミング対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pはビームフォーミングに対応している無線LANルーターとなっています。ビームフォーミングに対応しているこの無線LANルーターは、複数のデバイスが同時に接続しても速度を落とすことなく、ストレスフリーなネットワーク環境を提供してくれます。さらに、設定も簡単で、操作性が良いため、初心者でも扱いやすい製品となっています。

ビームフォーミングに対応している無線LANルーターは、高密度なネットワーク環境に向いているといえます。ビームフォーミングによる信号の向き先の調整により、複数の端末に対して同時に信号を送信することができます。これにより、複数の端末が同時に接続することが多い環境でも安定した通信が維持され、ネットワークの快適な利用が可能となります。

MIMO対応

バッファロー AirStation WXR18000BE10PはMIMOに対応しているということができます。この無線LANルーターは、MIMOに対応しているため、高速で安定した通信を可能にします。複数のアンテナを搭載し、複数のデバイスを接続しても速度低下がほとんどないため、ネットワーク環境の改善に役立ちます。

MIMOに対応している無線LANルーターは、家庭内での通信環境に大きな改善をもたらします。ネットワークに接続するデバイス数や場所を選ばず使用できることで、快適な通信環境が実現します。

中継機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pは中継機能を搭載している無線LANルーターとなっています。この無線LANルーターは、中継機能を搭載しているため、広いエリアでも安定した接続が可能です。また、設定も簡単で、初めてのユーザーでも問題なく使用できます。

中継機能を搭載している無線LANルーターは、多彩な使い方ができます。例えば、広範囲に渡ってアンテナを設置することができない場合や、建物内を移動しながらネットに接続する必要がある場合に便利です。

バンドステアリング機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pはバンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターとなります。この無線LANルーターは、バンドステアリング機能が装備されており、同時接続デバイス数に関わらず、安定した通信が可能です。オートモードで最適な帯域を判断するので、毎回手動で設定しなくても、よりスムーズに接続できます。

バンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターは、2.4GHz帯と5GHz帯の自動切り替えを行ってくれます。これにより、使用する周波数帯に応じた最適な環境を自動調整することができ、高速通信を実現します。また、電波干渉によって通信速度が低下することも少なくなり、スムーズな通信が可能になります。

ゲストポート機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10Pはゲストポート機能を搭載していると言えるでしょう。この無線LANルーターは、ゲストポート機能を搭載しており、家庭用でもオフィスでも利用しやすいです。設定も簡単で、耐久性も高いので長期間安心して使用できます。

ゲストポート機能を備えた無線LANルーターは、多くの利点があります。例えば、ホストがネットワークの安全性を確保することができます。さらに、ネットワークのスピードに影響することなく、複数の利用者が同時に接続することができます。これにより、より快適なWi-Fi利用環境を提供することができます。

スペック

バッファロー AirStation WXR18000BE10P
画像バッファロー AirStation WXR18000BE10P
本体サイズ横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mm
本体重量1.7kg
WPS対応
AOSS対応
設定引越し機能
無線LAN規格a/b/g/n/ac/ax/be
5GHz帯対応
5GHz帯におけるデータ転送速度5764Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度688Mbps
搭載アンテナ数6
接続可能な端末の数63
セキュリティ規格WPA/WPA2/WPA3/WEP
WPA2対応
WPA3対応
メッシュWi-Fi対応
ビームフォーミング対応
MIMO対応
中継機能
バンドステアリング機能
ゲストポート機能
有線通信規格10Mbps/100Mbps/1Gbps/10Gbps
1Gbps(有線)対応
10Gbps(有線)対応
有線LANのポート数5
NAS機能
NASの接続端子USB
IPv6対応
VPNパススルー機能

バッファロー AirStation WXR18000BE10P の価格を今すぐチェック

お探しの情報は見つかりましたか?性能や機能名などのキーワードで検索することでさらに詳しい情報を知ることができます。