WRC-1750GSの優れた点やイマイチな点を解説|レビューしました!

作成日時: 2019年12月07日 07時44分05秒、更新日時: 2020年04月22日 06時46分39秒

WRC-1750GSを徹底評価

WRC-1750GSはどのような点にメリット・デメリットがあるのでしょうか? 関心度の高い情報から詳しくレビュー。ほかと比べながら、使い勝手について評価します。

メリット

  • 搭載されているアンテナの数はかなり多い

デメリット

  • -

特徴

  • ボタン一つで無線LANを自動設定できる「WPS」に対応している
  • 5GHz帯が使える
  • セキュリティ規格「WPA2」に対応している
  • ビームフォーミングに対応している
  • マルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくい
  • 複数のアンテナでデータの送受信を行なえるMIMOに対応している
  • 中継機として使える
  • 来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使える
  • 1Gbpsの有線通信に対応している
  • 10Gbpsの有線通信に対応している
  • VPNパススルー機能を搭載している
  • 4K通信に対応している

よく注目される点からWRC-1750GSを評価する

WRC-1750GSの無線通信機能について評価

ビームフォーミング対応可否について

WRC-1750GSはビームフォーミングに対応している無線LANルーターです。そのため特定の通信機器に向けて電波を飛ばすことができる点で優れています。障害物の裏に回っても電波が途切れにくくなるため、スマートフォンを持ったまま部屋を移動するようなときに使用するならWRC-1750GSはオススメです。

MU-MIMO対応可否について

WRC-1750GSはマルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくい無線LANルーターです。そのためMIMOをさらに進化させ「ビームフォーミング」技術と組み合わせることで、対応端末を自動で検出し集中的に電波を送信できる点で使い勝手が良いです。端末ごとに異なる電波を送信することで速度低下を防いでいるので、複数の端末を同時に活用したいときに使用するならWRC-1750GSは向いています。

MIMO対応可否について

WRC-1750GSは複数のアンテナでデータの送受信を行なえるMIMOに対応している無線LANルーターです。そのため送信機と受信機の両方に複数のアンテナを搭載することで、通信品質を向上させデータ通信を高速化できる点で使い勝手が良いです。仕事の効率化をはかりたいようなときに使用するのにWRC-1750GSはオススメです。

中継機能について

WRC-1750GSは中継機として使える無線LANルーターです。そのため親機から出ている電波を中継して、電波の利用範囲を広げることができる点で優れています。有線ネットワーク機器を無線化したいときや、無線接続を安定させたい場所などに使用するならWRC-1750GSはオススメです。

ゲストポート機能について

WRC-1750GSは来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使える無線LANルーターです。そのため来訪者の端末を介してマルウェアなどの脅威がホームネットワークに入り込むことも防ぐことができる点で使い勝手が良いです。ホームネットワークにつながる機器にアクセスされたくないようなときに使用するのにWRC-1750GSは向いています。

WRC-1750GSのルーター機能について評価

VPNパススルー機能について

WRC-1750GSはVPNパススルー機能を搭載している無線LANルーターです。そのためルータがVPNパケットをそのまま通過させることができる点で秀でています。すでにVPNを構築した環境下で使用するならWRC-1750GSは適しています。

4K通信について

WRC-1750GSは4K通信に対応している無線LANルーターです。そのためインターネットを通じて4K映像を視聴できる点で優れています。解像度が高く、精細で美しい映像を楽しみたいときに使用するならWRC-1750GSは適しています。

WRC-1750GSの基本情報について評価

サイズについて

WRC-1750GSのサイズは横:160 mm、縦:141 mm、厚さ:36.5 mmです。普通の無線LANルーターと比べるとWRC-1750GSのサイズはほぼ同じと言えるでしょう。置き場所を選ばない点でWRC-1750GSはよいです。配線周りをスッキリさせたり、一人暮らし用のアパートなど狭い部屋で使用したいならWRC-1750GSは比較的オススメです。そのためサイズという点から選ぶならWRC-1750GSは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には十分と思われますが、不満を感じないためにはもうワンランク上を検討してもいいかもしれません。

サイズ評価
WRC-1750GS横:160 mm、縦:141 mm、厚さ:36.5 mm54/100

重量について

重さについて見るとWRC-1750GSは370 gです。WRC-1750GSは平均的な無線LANルーターと比較するとほとんど同じ重さと言えます。通常利用であればあまり困らないものですがWRC-1750GSが決定的という程ではないでしょう。少しのストレスも感じたくない人には不十分である可能性があるので、もう一つ上を見てみることをおすすめします。

重量評価
WRC-1750GS370 g41/100

WRC-1750GSの無線通信性能について評価

5GHz帯の利用可否について

WRC-1750GSは5GHz帯が使える無線LANルーターです。そのためほぼWi-Fi専用の電波のため、身の回りの様々な電化製品が出す電波と干渉しにくく、通信が途切れることが少ない点で秀でています。電子レンジなどの家電を使いつつ、動画の視聴やアプリなどをダウンロードしたいときに使用するならWRC-1750GSは向いています。

5GHz帯におけるデータ転送速度について

WRC-1750GSの5GHz帯におけるデータ転送速度は1300Mbpsです。平均的な無線LANルーターよりもWRC-1750GSの転送速度はやや速いです。通常利用であれば比較的問題を感じにくいという程度であるためWRC-1750GSが特別によいとまでは言えません。強いこだわりがある人には不十分であるかもしれないため、もう一つ上の検討をおすすめします。

5GHz帯におけるデータ転送速度評価
WRC-1750GS1300Mbps66/100

2.4GHz帯におけるデータ転送速度について

2.4GHz帯におけるデータ転送速度を確認するとWRC-1750GSは450Mbpsです。WRC-1750GSの転送速度は標準的な無線LANルーターと同じくらいです。通常利用であればあまり困らないという程度であるためWRC-1750GSが特段優れているという程ではありません。少しのストレスも感じたくない人や強いこだわりがある人は不満を感じる可能性が高いので、ワンランク上を考えた方がいいかもしれません。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度評価
WRC-1750GS450Mbps48/100

搭載されているアンテナの数について

搭載されているアンテナの数を確認するとWRC-1750GSは11です。一般的無線LANルーターと比べWRC-1750GSのストリーム数はかなり多い部類に分けられます。またWRC-1750GSは電波が安定しより理論値に近い通信速度を実現でき、また電波の届かない死角を減らすことができる点で優れていると言えます。複数の端末を同時接続する場合や、部屋数の多い家で使用したいときにWRC-1750GSはとても適しています。そのためWRC-1750GSを選ぶ上で大きな要因になると思います。これ以上ストリーム数の多い無線LANルーターを選んでもWRC-1750GSとの違いはほとんど体感できないと思います。

搭載されているアンテナの数評価
WRC-1750GS1199/100

電波の届く範囲について

WRC-1750GSは平均的な無線LANルーターと比べて比較的範囲が広いです。場所を選ばずに、安定したインターネット環境を構築できる点でWRC-1750GSはどちらかといえば優れています。置き場所を考えずに設置したり、大きい家で使用するときにWRC-1750GSは多少おすすめです。従って電波の届く範囲という観点ならWRC-1750GSは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には十分と言えますが、ヘビーユーザーはワンランク上の無線LANルーターを見てみてもいいでしょう。

接続可能な端末の数について

接続可能な端末の数を確認するとWRC-1750GSは18です。標準的な無線LANルーターと比較してWRC-1750GSの接続可能端末数はほぼ同じだと言えるでしょう。またWRC-1750GSは複数の端末を同時にWifi接続できる点でよいです。Wifi対応端末やIoT家電を多く持っている人が使用したい場合にWRC-1750GSは比較的オススメです。従って接続可能な端末の数という観点から選ぶならWRC-1750GSは一つの候補でしょう。普通に使う分には問題ないと言えますが、もう少し接続可能端末数の多い無線LANルーターもあるため最高レベルとは言えないでしょう。

接続可能な端末の数評価
WRC-1750GS1857/100

WPA2対応可否について

WRC-1750GSはセキュリティ規格「WPA2」に対応している無線LANルーターです。そのため通信の傍受や不正アクセスを避けるために、通信を暗号化できる点で使い勝手が良いです。無線LAN経由で会社のサーバーにアクセスしたいようなときに使用するならWRC-1750GSは適しています。

WRC-1750GSの設定支援機能について評価

WPS対応可否について

WRC-1750GSはボタン一つで無線LANを自動設定できる「WPS」に対応している無線LANルーターです。

WRC-1750GSの有線通信について評価

1Gbps(有線)対応可否について

WRC-1750GSは1Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

10Gbps(有線)対応可否について

WRC-1750GSは10Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

有線LANのポート数について

WRC-1750GSの有線LANのポート数は4です。WRC-1750GSのハブ数は平均的な無線LANルーターと比べて比較的多いと言えます。そのため有線LANのポート数という観点で選ぶならWRC-1750GSは比較的おすすめでしょう。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、ストレスフリーのためにワンランク上の無線LANルーターを検討してもいいでしょう。

有線LANのポート数評価
WRC-1750GS467/100

WRC-1750GSの詳細情報

WRC-1750GS
画像WRC-1750GS
サイズ横:160 mm、縦:141 mm、厚さ:36.5 mm
重量370 g
ボタン一つで無線LANを自動設定できる「WPS」に対応しているかどうか
無線LAN規格a/b/g/n/ac
5GHz帯が使えるかどうか
5GHz帯におけるデータ転送速度1300Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度450Mbps
搭載されているアンテナの数11
接続可能な端末の数18
セキュリティ規格WPA/WPA2/WEP
セキュリティ規格「WPA2」に対応しているかどうか
ビームフォーミングに対応しているかどうか
マルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくいかどうか
複数のアンテナでデータの送受信を行なえるMIMO技術に対応しているかどうか
中継機として使えるかどうか
来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使えるかどうか
有線通信規格10Mbps/100Mbps/1Gbps
1Gbpsの有線通信に対応しているかどうか
10Gbpsの有線通信に対応しているかどうか
有線LANのポート数4
VPNパススルー機能を搭載しているかどうか
4K通信に対応しているかどうか

類似の無線LANルーターを探す

他の無線LANルーターと比較する

価格をチェックする

WRC-1750GSの価格を今すぐチェック

WRC-1750GSと評価が同程度の無線LANルーターを探す

AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4

サイズ:横:159 mm、縦:131 mm、厚さ:55 mm, 重量:265 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:866Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:300Mbps, 搭載されているアンテナの数:2, 接続可能な端末の数:9, 有線LANのポート数:4

Archer C2300

サイズ:横:216 mm、縦:164 mm、厚さ:36.8 mm, 5GHz帯におけるデータ転送速度:1625Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:600Mbps, 接続可能な端末の数:18, 有線LANのポート数:4

Archer C4000

サイズ:横:200 mm、縦:200 mm、厚さ:39 mm, 重量:760 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:1625Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:750Mbps, 接続可能な端末の数:52, 有線LANのポート数:4

WN-SX300GR/E

サイズ:横:132 mm、縦:126 mm、厚さ:71 mm, 重量:180 g, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:300Mbps, 搭載されているアンテナの数:2.4, 接続可能な端末の数:8, 有線LANのポート数:3

AirStation WMR-433W2-TB

サイズ:横:45 mm、縦:45 mm、厚さ:15 mm, 重量:19 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:433Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:150Mbps, 搭載されているアンテナの数:11

WRC-2533GHBK2-T

サイズ:横:182.5 mm、縦:130 mm、厚さ:26 mm, 重量:260 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:1733Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:800Mbps, 搭載されているアンテナの数:4, 接続可能な端末の数:18, 有線LANのポート数:4

AirStation WXR-6000AX12S

サイズ:横:300 mm、縦:195 mm、厚さ:75 mm, 重量:1.6 kg, 5GHz帯におけるデータ転送速度:4803Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:1147Mbps, 搭載されているアンテナの数:12, 有線LANのポート数:4

WN-DX1300GNEX

サイズ:横:130 mm、縦:114 mm、厚さ:54 mm, 重量:240 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:867Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:400Mbps, 搭載されているアンテナの数:2, 接続可能な端末の数:30, 有線LANのポート数:1

ZenWiFi AX Mini (XD4)

サイズ:横:90 mm、縦:90 mm、厚さ:80 mm, 重量:295 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:1201Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:574Mbps, 搭載されているアンテナの数:5, 接続可能な端末の数:30, 有線LANのポート数:2

ZenWiFi AX Mini (XD4)

サイズ:横:90 mm、縦:90 mm、厚さ:80 mm, 重量:295 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:1201Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:574Mbps, 搭載されているアンテナの数:5, 接続可能な端末の数:30, 有線LANのポート数:2

RT-AX89X

サイズ:横:343 mm、縦:343 mm、厚さ:80 mm, 重量:1.3 kg, 5GHz帯におけるデータ転送速度:4804Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:1148Mbps, 搭載されているアンテナの数:8, 接続可能な端末の数:90, 有線LANのポート数:9

RT-AX82U GUNDAM EDITION

サイズ:横:275.5 mm、縦:184.4 mm、厚さ:165 mm, 重量:740 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:4804Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:574Mbps, 搭載されているアンテナの数:5, 接続可能な端末の数:88, 有線LANのポート数:4

RT-AX86U ZAKU II EDITION

サイズ:横:325 mm、縦:242 mm、厚さ:100 mm, 重量:814.5 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:4804Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:861Mbps, 搭載されているアンテナの数:5, 接続可能な端末の数:88, 有線LANのポート数:5

WRC-X3200GST3-B

サイズ:横:190 mm、縦:147 mm、厚さ:47 mm, 重量:570 g, 5GHz帯におけるデータ転送速度:2402Mbps, 2.4GHz帯におけるデータ転送速度:800Mbps, 搭載されているアンテナの数:4, 接続可能な端末の数:36, 有線LANのポート数:4

もっと見る ▼

無線LANルーターランキング

カテゴリ一覧

メーカー名で無線LANルーターを探す

ブランド名で無線LANルーターを探す

無線LANルーター 新着記事

クラベル[kuraberu]のコンテンツは可能な限り正確に情報を掲載し維持するよう努めていますが正確性を保証するものではありません。クラベル[kuraberu]の利用および掲載内容によって生じた損害などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。