バッファロー AirStation WXR-6000AX12S のレビュー/評価|どれくらいおすすめかについてまとめてみました

作成日時: 2020-12-17 15:28:54、更新日時: 2021-10-24 16:47:06

 バッファロー AirStation WXR-6000AX12S を徹底評価

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の良さとは? どれくらい利便性が高いのかを評価。バッファロー AirStation WXR-6000AX12Sを選んだ方がいいかどうか、選ぶことに慣れてない人でも理解しやすいように説明しました!

バッファロー AirStation WXR-6000AX12Sは、1.58kgという本体重量やAOSS対応など、多くの機能を備えたワイヤレスLANルーターです。無線LAN規格は、a/b/g/n/ac/axに対応し、5GHz帯においては、4803Mbpsという高速なデータ転送速度を実現しています。また、2.4GHz帯においても、1147Mbpsという高速なデータ転送速度を提供しているため、大容量のデータをストレスなく転送することができます。

セキュリティ面においては、WPA/WPA2/WPA3/WEPの規格に対応し、WPA2/WPA3対応やビームフォーミング対応、MU-MIMO対応などの機能が搭載されています。また、中継機能やバンドステアリング機能、ゲストポート機能を備えており、利便性にも優れています。

有線通信規格については、10Mbps/100Mbps/1Gbps/10Gbpsに対応し、1Gbps(有線)対応や10Gbps(有線)対応といった高速な有線通信も実現しています。NAS機能やIPv6対応、VPNパススルー機能、4K通信にも対応しており、多様なニーズに応えられる点も魅力の一つです。

総合的に見て、バッファロー AirStation WXR-6000AX12Sは、高速なデータ転送速度や多機能性、利便性に優れ、セキュリティにも配慮されているため、おすすめできるワイヤレスLANルーターです。

メリット

  • 5GHz帯におけるデータ転送速度はかなり速い
  • 2.4GHz帯におけるデータ転送速度はかなり速い
  • 搭載されているアンテナの数はかなり多い

デメリット

  • サイズはかなり大きい
  • 重量は非常に重い

特徴

  • 無線LANの自動設定がボタン一つでできる「AOSS」に対応している
  • 今使っているルーター設定を引き継げる
  • 5GHz帯が使える
  • セキュリティ規格「WPA2」に対応している
  • セキュリティ規格「WPA3」に対応している
  • ビームフォーミングに対応している
  • マルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくい
  • 中継機として使える
  • バンドステアリング機能を搭載している
  • 来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使える
  • 1Gbpsの有線通信に対応している
  • 10Gbpsの有線通信に対応している
  • NASが使える
  • IPv6に対応している
  • VPNパススルー機能を搭載している
  • 4K通信に対応している

よく注目される点から バッファロー AirStation WXR-6000AX12S を評価する

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の無線通信機能について評価

ビームフォーミング対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はビームフォーミングに対応している無線LANルーターです。そのため特定の通信機器に向けて電波を飛ばすことができる点で優れています。障害物の裏に回っても電波が途切れにくくなるため、スマートフォンを持ったまま部屋を移動するようなときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はオススメです。

MU-MIMO対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はマルチユーザーMIMOを搭載しているため複数台繋いで同時にネット接続するとき速度が低下しにくい無線LANルーターです。そのためMIMOをさらに進化させ「ビームフォーミング」技術と組み合わせることで、対応端末を自動で検出し集中的に電波を送信できる点で使い勝手が良いです。端末ごとに異なる電波を送信することで速度低下を防いでいるので、複数の端末を同時に活用したいときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は向いています。

中継機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は中継機として使える無線LANルーターです。そのため親機から出ている電波を中継して、電波の利用範囲を広げることができる点で優れています。有線ネットワーク機器を無線化したいときや、無線接続を安定させたい場所などに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はオススメです。

バンドステアリング機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はバンドステアリング機能を搭載している無線LANルーターです。そのため2.4Ghzと5.0Ghz、2つの周波帯から混雑のない快適なインターネット環境へ自動で切り替えができる点で使い勝手が良いです。複数のWifi端末を持っている人が使用するのに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

ゲストポート機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は来訪者のWi-Fi通信など一時的にインターネット接続だけを許可するゲストポート機能を使える無線LANルーターです。そのため来訪者の端末を介してマルウェアなどの脅威がホームネットワークに入り込むことも防ぐことができる点で使い勝手が良いです。ホームネットワークにつながる機器にアクセスされたくないようなときに使用するのに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は向いています。

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S のルーター機能について評価

IPv6対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はIPv6に対応している無線LANルーターです。そのため回線の混雑が起きにくくなる点で秀でています。インターネット回線が安定し、通信速度を改善するのに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

VPNパススルー機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はVPNパススルー機能を搭載している無線LANルーターです。そのためルータがVPNパケットをそのまま通過させることができる点で秀でています。すでにVPNを構築した環境下で使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

4K通信について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は4K通信に対応している無線LANルーターです。そのためインターネットを通じて4K映像を視聴できる点で優れています。解像度が高く、精細で美しい映像を楽しみたいときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の有線通信について評価

1Gbps(有線)対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は1Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

10Gbps(有線)対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は10Gbpsの有線通信に対応している無線LANルーターです。

有線LANのポート数について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」の有線LANのポート数は4です。この無線LANルーターのハブ数は平均的な無線LANルーターと比べて比較的多いと言えます。有線LANのポート数の多さランキングでは1396製品中360位に位置します。そのため有線LANのポート数という観点で選ぶなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は比較的おすすめでしょう。普通に使う分には不満を感じない水準と言えますが、ストレスフリーのためにワンランク上の無線LANルーターを検討してもいいでしょう。

有線LANのポート数評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S467/100

NAS機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はNASが使える無線LANルーターです。そのため個人や家族専用のファイルサーバーとして活用できる点で使い勝手が良いです。動画や写真のデータをまとめて保存し、みんなで共有したいときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の設定支援機能について評価

AOSS対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は無線LANの自動設定がボタン一つでできる「AOSS」に対応している無線LANルーターです。

設定引越し機能について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は今使っているルーター設定を引き継げる無線LANルーターです。そのため設定をワンタッチで引き継げるだけでなく、スマートフォンやパソコンなどの端末側の設定を変更する必要がない点で優れています。ルーターの買い替えなどで、今まで使用していたルーターの設定を新しいルーターに引き継ぎたいときに使用するのに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の基本情報について評価

本体サイズについて

サイズを確認すると「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mmです。これは平均的な無線LANルーターよりかなり大きいです。サイズの小ささランキングでは1406製品中1389位くらいになります。またこの商品は置き場所が制限される点で良くないと言えるでしょう。配線周りをスッキリさせたり、一人暮らし用のアパートなど狭い部屋で使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は非常に不向きです。サイズの大きさに興味が無くても日常的に使っていてストレスを感じることがあるでしょう。従ってもう一つ上の無線LANルーターの検討をおすすめします。

本体サイズ評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mm5/100

本体重量について

重さを見ると「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は1.58kgです。普通の無線LANルーターより、これは非常に重いと言えます。軽さランキングでは1362製品中1309位くらいになります。重さに興味が無くても利用していてストレスを感じることがあるでしょう。そのため一つ上を見てみた方がいいかもしれません。

本体重量評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S1.58kg2/100

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の無線通信性能について評価

5GHz帯対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は5GHz帯が使える無線LANルーターです。そのためほぼWi-Fi専用の電波のため、身の回りの様々な電化製品が出す電波と干渉しにくく、通信が途切れることが少ない点で秀でています。電子レンジなどの家電を使いつつ、動画の視聴やアプリなどをダウンロードしたいときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は向いています。

5GHz帯におけるデータ転送速度について

5GHz帯におけるデータ転送速度について見ると「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は4803Mbpsです。一般的無線LANルーターと比較して、この無線LANルーターの速度はかなり速いです。5GHz帯におけるデータ転送速度の速さランキングで699製品中79位です。従って「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はかなり有力な候補の一つになるでしょう。これ以上速度の速い無線LANルーターを選んでもあまり意味がないと思われます。

5GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S4803Mbps98/100

2.4GHz帯におけるデータ転送速度について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」の2.4GHz帯におけるデータ転送速度は1147Mbpsです。標準的な無線LANルーターと比べてこの無線LANルーターの速度は非常に速いと言えるでしょう。2.4GHz帯におけるデータ転送速度の速さランキングで861製品中43位です。従って「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はかなりおすすめです。これより速度の速い無線LANルーターでも「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」とほとんど同じだと思います。

2.4GHz帯におけるデータ転送速度評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S1147Mbps98/100

搭載アンテナ数について

搭載されているアンテナの数を確認すると「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は12です。一般的無線LANルーターと比べこの無線LANルーターのストリーム数はかなり多い部類に分けられます。ストリーム数ランキングで580製品中25位です。またこの商品は電波が安定しより理論値に近い通信速度を実現でき、また電波の届かない死角を減らすことができる点で優れていると言えます。複数の端末を同時接続する場合や、部屋数の多い家で使用したいときに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はとても適しています。そのため「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」を選ぶ上で大きな要因になると思います。これ以上ストリーム数の多い無線LANルーターを選んでも「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」との違いはほとんど体感できないと思います。

搭載アンテナ数評価
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S1299/100

電波接続範囲について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は標準的な無線LANルーターと比較して非常に広いと言えるでしょう。電波接続範囲の広さランキングでは492製品中97位に位置します。場所を選ばずに、安定したインターネット環境を構築できる点でこの商品はどちらかといえば優れています。置き場所を考えずに設置したり、大きい家で使用するときに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は多少おすすめです。従って電波の届く範囲という観点なら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は比較的おすすめでしょう。普通に使う分には十分と言えますが、ヘビーユーザーはワンランク上の無線LANルーターを見てみてもいいでしょう。

WPA2対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はセキュリティ規格「WPA2」に対応している無線LANルーターです。そのため通信の傍受や不正アクセスを避けるために、通信を暗号化できる点で使い勝手が良いです。無線LAN経由で会社のサーバーにアクセスしたいようなときに使用するなら「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」は適しています。

WPA3対応について

「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はセキュリティ規格「WPA3」に対応している無線LANルーターです。そのため「WPA2」の暗号化プロトコルをより強固にしたセキュリティが実現できる点で使い勝手が良いです。パスワードが破られてもWi-Fiの暗号化の解除を防げる仕組みになっているので、インターネットバンキングや個人情報を扱うようなときに使用するのに「バッファロー AirStation WXR-6000AX12S」はオススメです。

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S の詳細情報

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S
画像バッファロー AirStation WXR-6000AX12S
本体サイズ横:300mm、縦:195mm、厚さ:75mm
本体重量1.58kg
AOSS対応
設定引越し機能
無線LAN規格a/b/g/n/ac/ax
5GHz帯対応
5GHz帯におけるデータ転送速度4803Mbps
2.4GHz帯におけるデータ転送速度1147Mbps
搭載アンテナ数12
セキュリティ規格WPA/WPA2/WPA3/WEP
WPA2対応
WPA3対応
ビームフォーミング対応
MU-MIMO対応
中継機能
バンドステアリング機能
ゲストポート機能
有線通信規格10Mbps/100Mbps/1Gbps/10Gbps
1Gbps(有線)対応
10Gbps(有線)対応
有線LANのポート数4
NAS機能
NASの接続端子USB
IPv6対応
VPNパススルー機能
4K通信

類似の無線LANルーターを探す

他の無線LANルーターと比較する

価格をチェック

選択中の製品
選択中の製品を変更する
バッファロー AirStation WXR-6000AX12S

総合評価: 62.5/100

(総合: 295位)

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S

バッファロー AirStation WXR-6000AX12S と評価が同程度の無線LANルーターを探す